エクセル・VBA

エクセルで文字を縦書きにする方法・横書きから変更する手順を解説

エクセルで文字を縦書きにする方法

Excel(エクセル)を使っていると、入力した文字列をセル内で縦書きにしたいということはありませんか?

表を作るとき、状況に応じて縦書きにできれば、見た目もスッキリとするのに…という場面もありますよね。

そこで今回の記事ではExcel(エクセル)で文字列を縦書きにする方法についてお話します。

ボタン1つで簡単にできるのでぜひ参考になさってください。

縦書きにしたものを横書きに戻す方法なども紹介します。

その他のエクセル操作情報

エクセル(Excel)の罫線を消す方法|動画解説付き

Excel(エクセル)|図形を作成・追加する方法


Excel(エクセル)の操作が苦手な方のために、操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。
「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。
Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。
良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

方法① 文字列を縦書きにするボタン

縦書きの説明

上記のような表があります。

「基礎」という文字列を横書きから縦書きに変更してみましょう。

ちなみに、例では「漢字」を使っていますが、「ひらがな」や「カタカナ」「アルファベット」や「数字」はデータの種類を問わず、文字方向が縦書きに設定することができます。

①縦書きにしたいセルを選択します

縦書きの説明

まずは縦書きに変更したいセルを選択しましょう。

 

②ホームタブの配置グループにある「縦書き」をクリック

縦書きの説明

「ホーム」タブの「配置」グループにある「ab↑」というアイコンをクリックしましょう。

一覧が開きますので、「↓ab 縦書き」をクリックします

 

縦書きの説明

これで、文字列が縦書きに変更されます。

 

このボタンには

  • 左回りに回転
  • 右回りに回転
  • 縦書き
  • 左へ90度回転
  • 右へ90度回転

があり、文字の向きを変更することが可能です。

 

方法② 右クリックから設定する

前述した方法以外にも縦書きにする方法がありますので、その他の方法もご紹介しますね。

①縦書きにしたいセルの上で右クリック

縦書きの説明

縦書きにしたいセルを選択し、そのセルの上で右クリックします。

表示されたメニューの一覧の中から「セルの書式設定」をクリックします。

②セルの書式設定を使う

縦書きの説明

セルの書式設定を開いたら、上記のようなダイアログボックスが開きます。

「表示形式」「配置」「フォント」「罫線」「塗りつぶし」「保護」のタブがあり、その前に行っていた操作によって開くタブが異なります。

今回使用するタブは「配置」になりますので、そのほかのタブが開いたときは、「配置」をクリックしましょう。

 

縦書きの説明

「配置」タブの右側にある「方向」の欄にある「縦書きの文字列」をクリックします。

クリックすると、白い塗りつぶしに黒い文字色が、黒い塗りつぶしに白い文字色に変わります。

黒い塗りつぶしに変わったら「OK」をクリックしましょう。

 

方法③ 配置の設定から実行する

配置の設定を開く

縦書きの説明

「ホーム」タブの「配置」グループの右下にある四角い「配置の設定」をクリックしましょう。

クリックすると、「セルの書式設定」のダイアログボックスが開きます。

 

縦書きの説明

操作手順は、先ほどの手順と同じです。

Q.右クリックから書式設定を開くのと何が違うの?

A.右クリックでセルの書式設定を開くと、配置タブ以外で開く可能性がありますが、「配置の設定」をクリックすると必ず「配置」タブで開きます。

 

複数のセルを縦書きにする方法

複数のセルを縦書きにする方法 その1

複数のセルを縦書きにしたいという場合も多くありますよね。

今回は、下記の例で解説します。

 

縦書きの説明

今回は、「基礎」と「応用」の縦に並ぶ2つのセルを同時に縦書きにしてみましょう。

 

①縦書きにしたいセルをまとめて選択する

 

縦書きの説明

2つまとめてセルを選択しましょう。

 

②縦書きの設定をする

縦書きの説明

選択ができたら、前述した手順と同じ方法で、縦書きの設定を行えば完了です。

 

縦書きの説明

これでまとめて2つのセルに縦書きの設定をすることができます。

 

複数のセルを縦書きにする方法 その2

複数のセルを縦書きにする場合、例えば

  • 離れたセル複数個所を縦書きにしたい

という場合があると思います。

離れたセルも一気に縦書きにする場合は、選択する段階で、「Ctrl」キーを使って複数個所選択した後に縦書きの設定を行えば一気に縦書きになります。

下記の例で解説しますね。

 

縦書きの説明

先ほどは縦に並んでいた文字列が、今回は、離れています。

この場合でもまとめて縦書きに変更が可能です。

 

①縦書きにしたいセルを複数個所まとめて選択する

縦書きの説明

まず、1つ目のセルをクリックして選択します。

そして、次のセルをクリックする前に、キーボードの「Ctrl」キーを押しましょう。

「Ctrl」キーを押したまま、次のセルを選択します。

 

②縦書きの設定をする

縦書きの説明

前述した手順と同じ方法で、縦書きの設定を行えば完了です。

 

縦書きの説明

これで離れている場所でも一気に縦書きに変更することができます。


Excel(エクセル)の操作が苦手な方のために、操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

複数のセルを縦書きにする方法 その3

縦書きの設定をする際に、

  • まとめて選択をするのを忘れた
  • Ctrlキーで離れたセルを選択する操作が苦手

ということもありますよね。

そういった場合、便利な機能がありますので、そちらもご紹介します。

先ほどと同じ例で解説しますね。

 

縦書きの説明

 

①1つ目のセルに縦書きの設定を行う

縦書きの説明

まずは、通常通り1つ目の説に縦書きの設定を行います。

 

②縦書きにしたいセルを選択する

縦書きの説明

続いて、1つ目のセルを縦書きにしたすぐ後に、次のセルを選択します。

 

③「F4」キーを押す

縦書きの説明

キーボードの「F4」キーを押します。

すると縦書きに変更されます。

★ポイント
「F4」キーは、「直前の操作を繰り返す」という機能があります。
今回は、直前の操作が「縦書きにする」とい機能を使用したため、その直後に「F4」キーを使用することで、縦書きの適用ができました。
ただし、「F4」キーは、あくまでも「直前の操作を繰り返す」という機能なので、縦書きの後に違う操作を行えば、それが直前の操作になるので、注意してくださいね。

 

設定を解除して横書きに戻す方法

「縦書きにしたけど、やっぱり横書きの方がよかった」「間違って違う場所を縦書きにしてしまった」など、横書きに戻したい時もありますよね。

ちゃんと戻せるので安心してください。

それでは、縦書きの解除方法を紹介します。

①横書きに戻したいセルを選択する

縦書きの説明

エクセルはまず、選択をすることが大切です。

横書きに戻したいセルを選択しましょう。

②縦書きをクリックする

縦書きの説明

続いて、「配置」グループの「縦書き」をクリックしましょう。

 

縦書きの説明

これで横書きに戻すことができます。

なぜ、この操作で横書きの戻るのか

なぜ、横書きに戻したいのに、縦書きをクリックするの?と疑問に思われる方もいると思います。

一覧を見ると、「縦書き」はあっても「横書き」はありません。

また、もう少しよく見てみると、「縦書き」と書かれた左側の「↓ab」がグレーになっています。

他の「〇〇に回転」というところは、グレーになっていません。

「縦書き」の機能に限らずですが、エクセルでは今適用されている書式のアイコンがグレーになっていることが多いです。

「グレーになっている=使用している、機能がオンになっている」ということを表します。

なので、もう一度クリックすることで「グレーが解除される=使用していない、機能がオフになっている」ということになります。

電気のスイッチみたいな感じで考えるといいでしょう。

グレーはオン、グレーでなければオフ。クリックすることでオンとオフを切り替えることができます。

ハイフンを縦書きにする方法

文字を縦書きにしたけど、ハイフンが横のままになってしまう場合の解決方法をいくつか紹介します。

状況に応じて使い分けてみてください。

半角のハイフンではなく全角のハイフンを使う

半角のハイフンだと縦書きの設定をしても横書きのままになってしまいます。

全角のハイフン(横棒)を使うことで文字列と同じように縦書きになります。

テキストボックスなどを活用する

全角のハイフンでは見た目が悪いなどの不都合も起こると思います。

その場合は、テキストボックスやワードアートを使って、ハイフンだけ別で入力するという方法もあります。

もちろん、ハイフンを含めた文字列すべてをテキストボックスにして配置することも可能です。

文字の間隔を詰める方法

文字列を縦書きにすると文字の間隔が広がってしまいます。

カッコを使った時などは特に目立って見えるかもしれません。

文字の間隔を詰める方法は2つあります。

詰まる間隔が異なります。

文字の間隔を詰める方法①

  1. 縦書きになっているセルをクリックする
  2. 「ホーム」タブの「フォント」グループに表示されている「フォント(游ゴシックなど)」の欄のフォント名の先頭をクリックしてカーソルを合わせる
  3. 全角で「@」を入力する

文字の間隔をさらに詰める方法②

  1. 縦書きになっているセルをクリックする
  2. 「ホーム」タブの「フォント」グループに表示されている「フォント(游ゴシックなど)」の欄のフォント名の先頭をクリックしてカーソルを合わせる
  3. 半角で「@」を入力する
  4. 「ホーム」タブの「配置」グループの「方向」ボタンをクリックする
  5. 一覧から「右へ90度回転」をクリックする

Excel(エクセル)が苦手であればパソコン教室で学んでみませんか?

Excel(エクセル)はかなり奥が深く、知識を得ただけは操作が身に付きにくいものです。

そんな時には、弊社のようなパソコン教室を利用するのも一つの手です。

「オンライン」にも対応している「苦手な方専門パソコン教室パレハ」にお任せください。

オンラインというと「動画を見るだけ」とか「オンラインなんてやったことがない」というご不安があるかと思います。

ですが「苦手な方専門のパソコン教室パレハ」の「オンラインレッスン」は、動画ではなく、直接講師に質問できる生レッスンです。

生レッスンでありながらリーズナブルに学べるのが人気の秘密です。

また、苦手な方に特化しているのでパソコンが特に苦手だと言う方には最適です。

パソコンが苦手でも、オンラインできる仕組みがあります。

詳細は下記をご覧ください。

パソコンが苦手な人向けエクセル講座

パソコンが苦手な方向けエクセル講座の詳細はコチラ

Excel(エクセル)の操作が苦手な方のために、操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

パレハ直営校

パレハ直営校

■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校

パレハグループ加盟校

パレハグループ加盟校

下記はパレハグループ加盟校となります。

料金体制などは異なりますが、パレハが自信をもってご紹介できる教室です。

■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

■ 岩出市にある「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

■ 愛知県名古屋市緑区にある 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

全国加盟校一覧

全国の教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

オンライン形式をご希望の方はこちら

オンライン形式を希望の方はこちら

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Googleミートを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

オンラインレッスンは全国対応しています。

オンライン教室|オンラインなのに生レッスン

講座一覧はこちら

講座一覧はこちら

他にも講座は多数ございます。

詳しくは下記をご覧ください。

受講コース案内(講座のご紹介)

こちらもご覧ください

こちらもぜひご覧ください

こんな記事も読まれています

【Excel(エクセル)】セル内の文字を縦書きにする

エクセル(Excel)の縦書きはどうする?横書きからの変更方法を詳しく解説

エクセルで文字を縦書きにする3つの方法!縦書きと横書きを表示させる方法や注意点も解説

エクセルで年齢を計算する方法|関数で自動更新

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら