エクセル・VBA

Excel(エクセル)|チェックボックスの作成や削除する方法

エクセルでチェックボックスの作成や削除する方法

今回の記事はExcel(エクセル)のチェックボックスの作成や削除する方法についてお話します。

チェックボックスは、クリックするだけでチェックマークがつくので、作業の進捗のチェックリストやアンケートなどでも非常に便利なので、ビジネスでも役立つスキルです。

作り方も簡単なので、ぜひ試してみてください。

苦手な方専門のパソコン教室

チェックボックスとは?

Excel(エクセル)の便利機能の1つにチェックボックスがあります。

ビジネスでも重宝する機能で、アンケートの該当するものにチェックを付けたり、あるいは業務の進捗を完了したものからチェックを付けて管理することができます。

今回は、初心者の方にもわかりやすく、チェックボックスの作成や削除、編集方法はもちろん、大きさを変えたり、効率よくきれいに作る方法などもご紹介します。

ぜひ参考になさってください。

チェックボックス 作成削除の画像解説

下記では、チェックボックスってこんなもの♪というイメージをわかりやすいイラストで解説しています。

チェックボックスをまだ使ったことがない方や、ちょっと思い出したい方も是非ご覧ください。

事前準備!開発タブを追加しよう

チェックボックスを使うためには、専用のタブが必要です。

「開発」というタブなのですが、パソコンを購入した初期設定ではこのタブがありません。

自分で、表示を追加する必要があります。

【開発タブの表示方法】

エクセルを開いたら

「ファイル」タブ→オプション→リボンのユーザー設定→右側の一覧にある「開発」にチェックを入れる→「OK」をクリック

これで、タブの中に「開発」タブが表示されます。

開発タブの追加方法

まず、エクセルの画面を確認して、画面上部のタブの一覧に「開発」タブの有無を確認します。

 

開発タブの追加説明

 

この時、「開発」と表示されていれば追加操作は不要です。

一覧に「開発」と表示されいていない方のみ、次に進みましょう。

 

⓵「ファイル」タブをクリックする

開発タブの追加説明

 

まず、ファイルタブをクリックしましょう。

 

開発タブの追加説明

 

上の画面が表示されます。

 

②一覧から「オプション」をクリックする

開発タブの追加説明

 

左端の緑の一覧から「オプション」をクリックします。

パソコンの画面の大きさによって、緑の一覧に表示されていないこともありますので、その際は、「その他」をクリックし、「オプション」を選択します。

 

③「リボンのユーザー設定」を開く

開発タブの追加説明

 

「Excelのオプション」ダイアログボックスが開くので、左側の一覧から「リボンのユーザー設定」を選択します。

右側のリストに、「開発」がありますので、チェックを入れましょう。

 

④「開発」にチェックを入れる

開発タブの追加説明

 

「開発」にチェックを付けたら、「OK」をクリックします。

 

開発タブの追加説明

 

すると、「開発」タブが追加されます。

これで準備は完了です。

ではこの開発タブを使って、実際にチェックボックスの挿入を行ってみましょう。

チェックボックスの作成方法

【大まかな手順】

  1. チェックボックスの挿入をクリック
  2. 設置したい場所をクリック
  3. 名前を変更する
  4. 大きさを調整する

こんな感じです。

では早速、作成してみましょう。

チェックボックスの挿入をクリック

チェックボックスの作成の説明

まずはチェックボックスの機能を選択します。

「開発」タブ→コントロールグループ→挿入→チェックボックス

この手順で「チェックボックス」を選択しましょう。

ちなみに、選択するチェックボックスは、「挿入」をクリックした後に開かれる一覧の中の「フォームコントロール」の中で、上の段の左から3番目にある「☑(チェックマーク)」のアイコンです。

設置したい場所をクリック

チェックボックスの作成の説明

次に、チェックボックスを設置したい場所を選択しましょう。

ワンクリックで、既定の大きさで挿入されます。

今回は、セルの大きさに合うように書いてみましょう。

チェックボックスの作成の説明

すると、上の図のようにチェックボックスが挿入されます。

続いて、名前の編集をしましょう。

名前を変更する

チェックボックスを挿入した時点では「□チェック1」と表示されます。
※2回目以降に作成した物は「チェック2」「チェック3」となります。

この文字列は、他の文字列に変更したり、削除することが可能です。

挿入直後であれば、「チェック〇」という文字列の上をクリックすることで、名前の変更ができます。

例えば、「完了」とか「確認しました」とか、必要に応じて変更してください。

文字列が不要の場合は、「チェック〇」を全て削除すると、四角だけが残ります。

今回は、文字列を削除して、チェックを入れる四角のみ残します。

チェックボックスの作成の説明

 

チェック ボックス の中をクリックして、文字列を編集できる 状態 にします。

中で、カチカチとカーソルが表示されれば編集可能な状態です。

 

チェックボックスの作成の説明

 

今回は、文字列をすべて「Delete」キーで削除しましょう。

削除ができたら、枠外のどこでもいいので、エクセルのシートのどこかのセルをクリックします。

Enterキーを押しても確定にはなりませんので、必ず他のセルをクリックしてください。

 

チェックボックスの作成の説明

 

これで編集状態が解除されました。

 

ココに注意

編集状態にできない場合

チェックボックスの挿入直後に、間違って文字列以外の場所をクリックしてしまうと、挿入が確定されてしまい、その後にチェックボックスの上にカーソルを持っていくと、指のマークになってしまいます。

この指のマークでは、名前の変更ができません。

その場合は、「Ctrlキー」を押しながらクリックすると、枠線が表示され、文字列が選択できるようになります。

チェックボックスの作成の説明 チェックボックスの作成の説明

大きさを調整する

では、続いて、チェックボックスの枠の大きさを調整しましょう。

変更した名前に合わせて、枠の大きさを変更することが可能です。

セルの枠線に合わせる方法

まずは、セルの枠線にピッタリを合わせる方法です。

チェックボックスの作成の説明

 

まず、「Ctrl」キーを押しながら、チェックボックスをクリックします。

すると、画面上部に「図形の書式」タブがでますので、「配置」グループの「配置」をクリックし、「枠線の合わせる」を選択します。

※チェックボックスを選択しないと「図形の書式」タブは表示されないので注意してください。

 

チェックボックスの作成の説明

 

チェックボックスの枠線にある丸印の所をクリックして、少し動かしてみましょう。

すると、セルの大きさにピッタリと合ってくれます。

 

チェックボックスの作成の説明

 

列幅を変更し、再度、チェックボックスの枠線を変えてもセルの大きさにピッタリと合ってくれます。

さて、ここで気になるのが、ちょっとチェックを入れる四角が左に寄ってて何か嫌…。という人もいるのではないでしょうか。

私は、気になる派なので、他の方法もご紹介しますね。

 

任意の大きさ、任意の位置に合わせる方法

枠線と合わせると、四角の位置を自分好みに調整することが難しくなります。

そんな時は、こちらの方法もお試しください。

チェックボックスの作成の説明

 

文字列を削除したら、チェックボックスを「Ctrl」キーを押しながら、選択します。

枠線に〇印があるので、丸印の所をクリックしながら、枠線を小さくしましょう。

 

チェックボックスの作成の説明

 

枠線が小さくできたら、次は、配置の調整をします。

この時注意したいのは、枠線の線をクリックして移動させるということです。

ついつい、丸印の所をクリックしてしまいたくなりますが、丸印は大きさを変えるための物なので、必ず、線の上をクリックして移動させてください。

 

チェックボックスの作成の説明

 

これで、自分の好きな位置に配置することができます。

 

チェックボックスの複製(コピー)方法

同じものを複数作成する場合はコピーが便利です。

今回のチェックリストのように、連続して何個も作成したい場合と、離れたところに複製したい場合があると思いますので、2つの方法をご紹介します。

チェックボックスを連続してコピーする場合

すぐ下のセルにいくつも同じものを作りたい時はこちらの方法でやってみてください。

チェックボックスの作成の説明

 

まず、チェックボックスがあるセルを選択します。

この時、チェックボックスが「枠線に合わせる」の状態だと、セルをクリックすると同時にチェックマークが入るだけで、一向にセルを選択できません。

この場合は、隣接するセルを選択して、方向キーでセルを選択するのがオススメです。

 

チェックボックスの作成の説明

 

セルの選択ができたら、下のセルにドラッグしてコピーします。

選択したセルの右下に■が表示されているので、そこにカーソルを合わせましょう。

■に合わせると、カーソルが+に変わります。

+に変わったら、クリックしてそのまま下にドラッグしましょう。

 

チェックボックスの作成の説明

 

これで簡単にチェックボックスをコピーすることができます。

 

チェックボックスの作成の説明

 

もちろん、自分で任意の場所に配置したチェックボックスも同様の方法でコピーが可能です。

こちらは、セルの枠よりも内側にチェックボックスが配置されているので、セル選択も簡単にクリックできます。

 

離れた場所に複製したい場合

「Ctrl」キーを使ってコピーする方法

チェックボックスの作成の説明

 

まず、チェックボックスを選択します。

 

チェックボックスの作成の説明

 

次に、「Ctrl」キーを押したまま、チェックボックスの枠線をクリックしてドラッグします。

すると、複製ができます。

【複製のコツ】

真下や真上、もしくは真横に複製したい場合は、「Shiftキー」と「Ctrlキー」を同時に押してチェックボックスをドラッグします。

2つのキーを使用することで、コピー元の位置から十字方向のみに複製が可能になるので、ブレることなく効率よく作業できます。

コピーと貼り付けで行う方法

チェックボックスの作成の説明

 

チェックボックスがあるセルを選択して、コピーします。

コピー先に貼り付けたらチェックボックスが複製されます。

 

チェックボックスの作成の説明

 

ここで注意が必要なのは、コピーして貼り付けを行うと、罫線も一緒に貼り付けられてしまうので、注意が必要です。

チェックボックスの削除方法

不要なチェックボックスは削除することも可能です。

削除する場合は

  1. 「Ctrlキー」を押しながらチェックボックスを選択
  2. 「Deleteキー」を押す

これだけです。

チェックボックス 作成削除の動画解説

苦手な方専門のパソコン教室

パソコン教室パレハのライン登録

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら