エクセル・VBA

ウインドウ枠の固定方法|縦横を固定する方法|解説動画付き|エクセル先生

更新日:

今回は、エクセルで「行」や「列」を固定する方法をお話します。

表の「データ」の数字が多いと確認するときに表の「項目」が見えないことがあります。

「データ」を確認して「項目」が入っている「セル」に戻って確認する手間があります。

その手間を省くため、スクロールをするときに縦横の「項目」の固定する方法をお話します。

分かりやすい解説動画

「行」を固定する方法

選択が重要です。

動かないようにしたい、部分の次を選んでください

その後は「表示」タブの「ウンドウ枠の固定」のボタンを押します。

「項目」が入っている「セル」の下の行をクリックします。

※必ず固定したい「セル」の下の行を選択します。

「リボン」→「表示」タブ

「ウインドウ枠の固定」ボタンを押します。

「ウインドウ枠の固定」を選択します。

設定すると変わった様子は分かりませんが、スクロールをすると「項目」が固定されていますので確認してみてください。

「列」を固定する方法

選択が重要です。

動かないようにしたい、部分の次を選んでください

その後は「表示」タブの「ウンドウ枠の固定」のボタンを押します。

「項目」が入っている「セル」の右横の縦列をクリックします。

※C列を固定したい場合は、その横のD列をクリックします。

「リボン」→「表示」タブ

「ウインドウ枠の固定」ボタンを押します。

「ウインドウ枠の固定」を選択します。

設定すると変わった様子は分かりませんが、スクロールをすると「項目」が固定されていますので確認してみてください。

行も列も固定したいなら

選択が重要です。

動かないようにしたい、部分のクロスするところを選んでください。

その後は「表示」タブの「ウンドウ枠の固定」のボタンを押します。

「項目」が入っている「セル」の下の行と「項目」が入っている「セル」の右横の縦列の交差する「セル」をクリックします。

「リボン」→「表示」タブ

「ウインドウ枠の固定」ボタンを押します。

「ウインドウ枠の固定」を選択します。

縦と横が固定されていますのでスクロールをして確認してみてください。

この方法で行ってみてください。

 

 

全国55カ所 パソコン教室キュリオステーションのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

トップページへ

キュリオステーションの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

キュリオステーションFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・ザ・キュリオ在宅ワーク詳細はこちら

-エクセル・VBA
-, , , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved.