エクセル・VBA

Excel|SUMIF関数の使い方|条件に合った値の合計を出す

Excel|SUMIF関数の使い方|条件に合った値の合計を出す

今回の記事は、SUMIF関数の使い方についてお話しします。

指定した条件に合ったセルのみを抽出して、その合計値を計算できます。


Excel(エクセル)を使いこなすのって結構難しいです。

Excel(エクセル)は、出来ることが多くて覚えるのがかなり大変です。

そんな方のためにExcel(エクセル)の使い方や、関数のコツ、ピボットテーブルやグラフなどをまとめたページをライン登録で無料プレゼントしております。

Excel(エクセル)以外にも、Word(ワード)、パソコン基本、PowerPoint(パワーポイント)、Mac、ブラインドタッチなどの特典もございます。

ご興味ある方は下記よりご登録ください。

ライン豪華プレゼント

無料LINE登録はこちら

SUMIF関数構文

SUMIF関数の例

SUMIF関数をザックリ解説

わかりやすい動画解説

わかりやすい画像解説

SUMIF関数をザックリ解説

SUMIF関数をザックリ解説

SUMIF関数解説

わかりやすい動画解説

わかりやすい画像解説

Excel|SUMIF関数の使い方|条件に合った値の合計を出す

SUMIF関数の画像解説


さらに詳しい解説

SUMIF関数はどんなことができる?

SUMIF(サムイフ)関数は、指定した範囲の中から条件を検索し、その条件に合ったデータだけの合計を計算することができます。

例えば、電化製品店の売り上げ一覧表からテレビの売上だけを抽出して合計したり、家計簿の中から光熱費のみを取り出して合計することができます。

ビジネスでも特定の商品の売上を計算したり、社員ごとの売上金額や販売個数などを簡単に出すことができる、とても便利な関数です。

今回は、SUMIF関数の使い方やワンランク上の便利な活用まで詳しく解説します。

SUMIF関数の画像解説

SUMIF関数とは

さらに詳しい解説

SUMIF関数の構文はこちら

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)

範囲検索したい条件が含まれている範囲
検索条件検索した条件(セル参照または数値や文字列で指定します)
合計範囲合計したい値が入力されているセル範囲

このような感じになります。

範囲が2回も出てくるので少々ややこしいですが、中身をわかりやすくすると、下記のようになります。

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)

この範囲の中からこの条件に合うものを見つけてこの範囲から合計出してね

って感じです。

SUMIF関数の使い方(直接入力)

では、下記の例で紹介します。

左の表の中から、指定した商品No.だけ合計を計算します。

①関数を挿入したいセルを選択して、関数を入力する

SUMIF関数の説明

結果を表示させたいセルを選択して、「=su」と入力し、一覧から「SUMIF」をマウスでダブルクリック、またはキーボードの「Tab」キーを押し、関数を挿入します。

 

★ポイント★

  1. 関数の挿入は、半角で行いましょう。全角で入力すると、関数の候補の一覧が表示されません。
  2. 関数の入力は、小文字でも可能です。関数を挿入した時点で、自動的に大文字に変わります。
  3. 入力は「=s」だけでもOKですが、候補が多いので、2~3文字入力すると、候補が絞り込まれます。

 

SUMIF関数の説明

ダブルクリック、または「Tab」キーで関数を確定させると、「=SUMIF( 」と表示されます。

これで準備は完了です。

※ちなみに、関数は一覧からの選択ではなく、自分で手入力することももちろん可能です。
その際は、「=sumif( 」というように関数の後ろのカッコまで入力しましょう。

 

②範囲を選択する

SUMIF関数の説明

最初の引数である「範囲」を選択します。

この「範囲」は、条件を検索する範囲です。

今回の場合だと、指定した商品No.に合うデータを探したいので、商品No.の列が検索範囲となります。

 

SUMIF関数の説明

結果を求めるセルが1つだけであれば、セル範囲の固定は必要ないですが、今回のように、他のセルにドラッグしてコピーする場合は、範囲を固定する必要があります。

範囲を選択後、キーボードの「F4」キーを押します。

すると、$マークが付き、選択した範囲が固定されます。

 

SUMIF関数の説明

続いて、半角カンマを入力します。

手入力で、直接関数の入力を行う場合は、各引数の間に半角カンマを入力して区切る必要があります。

 

③検索条件を入力する

SUMIF関数の説明

続いて、検索条件の入力です。

先ほど選択した検索範囲の中から探してほしい条件を指定します。

この時、直接入力しても構いませんが、今回のように結果を表示するセルの横などに条件となるデータを入力している場合は、セル参照しましょう。

★ポイント★

セル参照をすることで、今回のように下のセルにドラッグをしたときでも、検索条件を自動で変更することができます。

 

④合計範囲を選択する

SUMIF関数の説明

最後に、合計を計算するための数値が入力されている範囲を選択します。

今回は、売上金額の値を計算して、合計金額を求めたいので、売上金額の列を選択します。

また、今回は、ドラッグして下のセルにも数式をコピーするので、参照した範囲が動かないようにキーボードの「F4」キーを押して固定します。

合計範囲の選択が完了したら、Enterキーを押して関数を確定させます。

 

SUMIF関数の説明

これで、結果を求めることができました。

今回は、商品No.「101」だけを商品No.の列から検索し、その条件に一致した値のみを売上金額の列から計算して合計を出しています。

 

SUMIF関数の説明

下のセルにも、数式をコピーしてみましょう。

 

SUMIF関数の説明

参照の範囲を固定しているので、正しく結果を表示することができました。


Excel(エクセル)を使いこなすのって結構難しいです。

Excel(エクセル)は、出来ることが多くて覚えるのがかなり大変です。

そんな方のためにExcel(エクセル)の使い方や、関数のコツ、ピボットテーブルやグラフなどをまとめたページをライン登録で無料プレゼントしております。

Excel(エクセル)以外にも、Word(ワード)、パソコン基本、PowerPoint(パワーポイント)、Mac、ブラインドタッチなどの特典もございます。

ご興味ある方は下記よりご登録ください。

ライン豪華プレゼント

無料LINE登録はこちら

SUMIF関数(ダイアログボックス)

関数は、直接入力をすることができますが、関数に慣れていないうちや、分かりやすく進めたい時には、ダイアログボックスを活用した関数の入力がオススメです。

SUMIF関数の説明

結果を求めたいセルを選択します

「=su」と入力し、一覧から「SUMIF」をダブルクリックします

数式バーの左側の「fx」をクリックし、ダイアログボックスを開きましょう

 

SUMIF関数の説明

ダイアログボックスが開かれます。

 

SUMIF関数の説明

「範囲」の欄をクリックして、「条件を探したい範囲」を選択して入れましょう。

 

SUMIF関数の説明

次に「検索条件」の欄に「検索してほしい条件」を入れます。

※今回のように数式をコピーして複数行うときはセル選択が効率良いです。

 

SUMIF関数の説明

最後に「合計範囲」の欄に「合計を出したい値が入力されている範囲」を選択します

 

SUMIF関数の説明

各欄に入力した内容をわかりやすくすると、上記のようになります。

また、ダイアログボックス内に数式の結果が表示されます。エラーになっていなければ「OK」をクリックしましょう

 

SUMIF関数の説明

あとは、数式を下のセルにコピーするだけです。

★ダイアログボックスを開くメリット★

ダイアログボックスを開くと、入力をする欄が明確になります。

何を入れればいいのかヒントも出てくるので、関数に慣れていない人にも便利です。

また、手入力と違い「  ,(カンマ)」や「  "(ダブルクォーテーション)」を入力する手間が省けます。

さらに、関数を完全に挿入する前の段階、入力の段階でエラーに気付くことができますし、各入力欄に何を入れたら良いのか説明も表示されます。

さらに便利!テーブルと組み合わせ

すでに作成してあるデータを集計するときは、前述の方法でSUMIF関数を活用してOKです。

しかし、日々データを入力して、その都度、最新の集計をしたい時、前述の方法では参照する範囲が固定されているので正しい結果を返すことができません。

そこでオススメなのが、SUMIF関数をテーブルの組み合わせです。

SUMIF関数の説明

上記の例で説明します。

 

SUMIF関数の説明

まず、表をテーブルに変換します。

範囲を選択して、挿入タブからテーブルをクリックします。

 

SUMIF関数の説明

テーブルが適用されます。

 

もう片方の表も、テーブルに変換しておきましょう。

 

SUMIF関数の説明

あとは、そのままSUMIF関数を挿入します。

今回は、表をテーブルにしているのでセル参照やセル範囲を選択した時、テーブル1[商品No.]や[@[商品No.]]と表示されます。

 

SUMIF関数の説明

関数を確定させると、その下のセルにも自動で結果が表示されます。

 

SUMIF関数の説明

左側の表に新たにデータを入力すると、自動で参照する範囲が広がり、SUMIF関数の結果も自動で更新されます。

 

SUMIF関数の説明

また、SUMIF関数が挿入されているテーブルに新たにデータを追加した場合も、自動で関数が適用され結果が表示されます。

 

分かりやすい動画解説

動画解説を紹介している画像

SUMIF関数の簡単な使い方

簡単な使い方を紹介している画像

それではSUMIF関数の最も簡単な使い方を見てみましょう。

この例ではとある会社の月間売上表について取り上げます。表は「製品№」「月間売上金額」「期間限定」「取扱い部署」の5項目に分かれて記録されていますが、その中で季節限定の品だけの合計売上金額をだして、右の合計表に入力したいとします(図の黄色い部分だけ取り出して合計したい)。

月間売上表を表示しているエクセルの画像

まず、エクセル上部のタブメニューから「数式」を選び、続いて一番左にある関数の挿入をクリックします。

関数の検索ダイアログボックスにsumifと入力し、Enterキーを押します。

関数名のボックスにSUMIFが表示され、選択されていることを確認してからOKをクリックします。

サムイフ関数の場所を示しているエクセルの画像

すると、関数の引数を入力するためのダイアログボックスが表示されます。

まず、最初の「範囲」という部分に抽出したい条件が並んでいるセルの範囲を入力します。

この例の場合は「季節限定」の〇×が書き込まれているB3~B16の部分です。「C3:C16」でB3~B16という範囲を指定したことになります。

「範囲」のボックスをクリックした後、B3~B16の部分をドラッグするともっと簡単に範囲を指定することができます。

次に「検索条件」を入力します。

入力項目に入力していることを示しているエクセルの画像

結果が表示されているエクセルの画像

213301円と「季節限定」に〇が付いた商品のみを取り出し、合計することができました。

このとき、季節限定商品の合計セルには

=SUMIF(C3:C16,"〇",B3:B16)

という数式が記入されているのが分かります。

「関数の挿入」を使わず、この数式を直接合計欄に入力してもSUMIF関数を使うことができます。

SUMIF関数の基本文法はこの例から分かるように

=SUMIF(条件を検索するセル範囲,抽出条件(文字列の場合はダブルクォーテーション(”)で囲みます。セル番地や数字の場合はそのまま入力します),合計を出したいセル範囲)

という形をとります。

※「合計を出したいセル範囲」は省略することが可能です。省略した場合、「条件を検索するセル範囲」の中から条件に合致するものを直接合計して表示します。

SUMIF関数の応用的な使い方

応用的な使い方を紹介している画像

SUMIF関数の基本的な使い方が分かったところで、応用的な使い方も見てみましょう。

ワイルドカードを用いた条件設定

条件設定の仕方を紹介している画像

ワイルドカードは部分一致条件を指定するのに便利な記述方法です。

例えば検索条件に「“お?”」(ダブルクォーテーション必須)と書くと、?の部分にはどんな文字が入っていても良いことになり、「おに」「おき」など「お」のつく2文字をピックアップすることができます。

また*は文字の長さを指定しないワイルドカードです。検索条件に「“お*”」と書くと「おにぎり」「おかゆ」「おせんべい」など「お」が頭につく文字を文字数に関係なく抽出することができます。

比較演算子を用いた条件設定

条件設定の仕方を紹介している画像

SUMIFで抽出したい条件を比較演算子を用いて指定することができます。

  • 「>」・・・より大きい
  • 「<」・・・より小さい
  • 「>=」・・・以上
  • 「<=」・・・以下
  • 「=」・・・等しい
  • 「<>」・・・等しくない

比較演算子を使って先の月間売上表から「取扱い部署」に記載がある製品のみの月間売上金額合計を計算してみましょう。

条件に”<>”(「等しくない」の論理演算子のみ)と入力すると「空白のセルと等しくない」という意味になるので取扱い部署に数字が入っている欄のみを抽出して合計することができます。

検索条件の場所を示しているエクセルの画像

SUMIFで複数の条件を設定する

条件を設定するを紹介している画像

SUMIFで複数の条件を設定することもできます。

例えば製品№が10番台の売上だけを合計したい場合、単純に>=10と設定すると8など1桁の数字も合計されてしまいうまくいきません。

そこで以下のように条件を設定します。

=SUMIF(A3:A16,"<20",B3:B16)-SUMIF(A3:A16,"<10",B3:B16)

数式バーの場所を示しているエクセルの画像

最初に20より小さい値を抽出して売上金額を合計し、その中から10より小さい条件で抽出した売上合計を引いています。

これで製品№10番台のみの売上合計を算出することができました。

なお、エクセルの関数にはSUMIFS関数という複数条件指定に特化した関数も存在します。SUMIFと状況に応じて使い分けましょう。

複数行列でのSUMIF関数の使い方

使い方を紹介している画像

SUMIFは複数行列に対して使用することもできます。

SUMIFの合計は検索条件の範囲と合計範囲を相対的に指定します。そのため条件指定のためのセルと合計したいセルの位置関係(検索条件のセルが常に合計したい数字の右隣にあるなど)が同じであれば、複数行列にまたがった表でもSUMIFを使うことができるのです。

例えば月間売上として担当者名と売上個数が交互に並んでいる以下の図のような表の場合、検索条件に担当者名を含む全範囲を、合計範囲に売上個数を含む全範囲を指定します。

入力項目に範囲を設定することを示しているエクセルの画像

この例の場合、検索条件の範囲内(A3:C6)には担当者名だけでなく売上個数のセル(B2:B6)も含まれてしまっていますが特に問題なく担当者「佐藤」の売り上げのみを合計することができています。

相対位置が取れないことを示しているエクセルの画像

ちなみに上のような互い違いの表の場合、担当者名の右隣に売上個数が来るという相対関係が崩れてしまっているので正しい合計ができていません(佐藤の売上合計は55のはずですが40という結果が返っています)。

SUMIF関数は条件に合ったものを合計することができるため、集計作業には非常に便利な関数です。例のように売上合計をカテゴリー別に表示して、さまざまな分析に役立ててください。

SUMIF関数は集計に便利!

Excel(エクセル)のSUMIF関数を使うことで、範囲内のデータから条件に一致する集計をすることができました。SUM関数とIF関数を組み合わせて、範囲内の合計を求めるものでしたね。

ただ足し算だけするのではなくエクセル範囲内でデータを抽出して計算できるため、とても汎用性が高い関数です。

エクセルには便利な関数がたくさんありますので、表の集計でSUMIF関数をどんどん使って覚えていきましょう。

ビジネスに役立つ関数を習得するためにはパソコン教室という選択肢もおすすめです

Excel(エクセル)は、仕事の中で最も使われているソフトといっても過言でありません。

仕事の現場では、かなり多くの事を要求され、またそれが当たり前になってきています。

中々Excel(エクセル)が覚える事が出来ない方は、ちょっとしたコツを知らないので操作を苦手とされているケースが多いです。

そのコツを覚えるだけで日常のストレスは大幅に改善されます。その感覚を覚えれば使いこなせます。

ご自身で学習されるのもよいですし、弊社のようなパソコン教室を利用するのも良いです。

パソコン教室パレハは、特に「パソコンが苦手な方に特化した」パソコン教室で、Excel(エクセル)の使い方を実践力を交えて学べる講座をご用意しております。

ご興味ある方は下記をご覧ください。

Excel関数講座

パソコンが苦手な方向けエクセル関数講座の詳細はコチラ

Excel関数実践講座

パソコンが苦手な方向けExcel関数実践講座の詳細はコチラ

パソコンが苦手な人向けエクセル講座

パソコンが苦手な方向けエクセル講座の詳細はコチラ


Excel(エクセル)を使いこなすのって結構難しいです。

Excel(エクセル)は、出来ることが多くて覚えるのがかなり大変です。

そんな方のためにExcel(エクセル)の使い方や、関数のコツ、ピボットテーブルやグラフなどをまとめたページをライン登録で無料プレゼントしております。

Excel(エクセル)以外にも、Word(ワード)、パソコン基本、PowerPoint(パワーポイント)、Mac、ブラインドタッチなどの特典もございます。

ご興味ある方は下記よりご登録ください。

ライン豪華プレゼント

無料LINE登録はこちら

パレハ直営校

パレハ直営校

■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校

パレハグループ加盟校

パレハグループ加盟校

下記はパレハグループ加盟校となります。

料金体制などは異なりますが、パレハが自信をもってご紹介できる教室です。

■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

■ 岩出市にある「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

■ 愛知県名古屋市緑区にある 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

全国加盟校一覧

全国の教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

オンライン形式をご希望の方はこちら

オンライン形式を希望の方はこちら

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Googleミートを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

オンラインレッスンは全国対応しています。

オンライン教室|オンラインなのに生レッスン

講座一覧はこちら

講座一覧はこちら

他にも講座は多数ございます。

詳しくは下記をご覧ください。

受講コース案内(講座のご紹介)

こちらもご覧ください

こちらもぜひご覧ください

人気のパソコン講座情報

エクセル(Excel)講座|パソコン教室パレハ|オンライン+教室レッスン

エクセル短期集中プラン|1ヶ月・1週間・1日プラン|パソコン教室

エクセル操作情報

エクセル|SUMIFS関数で複数条件で数値を合計する方法

Excel(エクセル)IF関数で複数条件の使い方を解説します

Excel|エクセルで円グラフの色分け(色変更)を行う方法

Excel|置換でワイルドカードの使い方|わかりやすい動画解説付き

Excel(エクセル)で割り算|四捨五入・切り捨て・切り上げ|動画解説

エクセル (Excel) で円グラフで大きい順|順番並び替える方法|動画解説

エクセル(Excel)で名刺を作成する超簡単な方法

Excel|エクセルで千円単位の切り捨てを行う方法|表示形式を使う

エクセル (Excel) |ボタンで並べ替えの使い方を詳しく動画解説

MOS資格情報

MOS Excelエキスパート|問題は何が出る?|傾向を詳しく解説

MOS Excel 2013 エキスパートPart1とPart2の違いを徹底解説します

MOS エキスパートの難易度はどのくらい?|ExcelとWord

こんな記事も読まれています

SUMIF関数 - 条件を指定して数値を合計する

SUMIF 関数 - Microsoft サポート

SUMIF関数の使い方

SUMIF関数で条件にあう数値の合計を求めよう

SUMIF関数の使い方とは?検索条件で数値を合計するExcel関数について

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら