MOS・パソコン資格のノウハウ

MOS Excel2016エキスパート|問題は何が出る?|傾向を詳しく解説

更新日:

今回は、MOS Excel2016エキスパート問題例は?どんな問題が出るのかを徹底解説します。

MOS Excel2016エキスパートの難易度や合格率に関しては別記事に書きました。

MOS Excel2016エキスパートの難易度・合格率・合格点を人気講師が解説

Excel 2016 エキスパート (上級):出題範囲

Excel 2016 エキスパート(上級)はExcel 2016 スペシャリスト(一般)の上位に該当する試験であり、より難易度が高い内容の問題が出題されます。

具体的な出題範囲は

  • ブックのオプションと設定の管理
  • ユーザー定義の表示形式やレイアウトの適用
  • 高度な機能を利用した数式の作成
  • 高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成

などとなっています。

次はそれぞれの項目の詳細について、さらに詳しく確認してみましょう。

ブックのオプションと設定の管理

ブックのオプションと設定の管理では、ブックを管理する能力・校閲する能力などが確認されます。

具体的にはブックをテンプレートとして保存することができるかどうか、ブック間でマクロをコピーすることができるかどうか、別のブックのデータを参照することができるかどうかなどがチェックされるのです。

その他には構造化参照を使ってデータを参照すること、マクロを有効にすること、非表示のリボンタブを表示することなどが確認されます。

ユーザー定義の表示形式やレイアウトの適用

ユーザー定義の表示形式やレイアウトの適用では、ユーザー定義の表示形式と入力規則をデータに適用する能力詳細な条件付き書式やフィルターを適用する能力ユーザー設定のブックの要素を作成する変更する能力ほかの言語に対応したブックを準備する能力などが確認されます。

具体的には連続データの詳細オプションを使ってセルにデータを入力することができるかどうか、ユーザー設定の条件付き書式ルールを作成することができるかどうか、ユーザー設定の色の書式を作成することができるかどうかなどがチェックされるのです。

高度な機能を利用した数式の作成

高度な機能を使用した数式の作成では、数式に関数を適用する能力・関数を使用してデータを検索する能力・高度な日付と時刻の関数を適用する能力・データ分析やビジネス分析を行う能力などが確認されます。

具体的にはVLOOKUP・HLOOKUP ・MATCH を使ってデータを検索することができるかどうか、NOW、TODAY を使用して日付や時刻を参照することができるかどうか、AND・OR・NOT関数を使って論理演算を行うことができるかどうかなどがチェックされるのです。

MOS Excel エキスパートに出てくる関数について詳しくは、こちらを参考にしてください。
MOS Excel エキスパートに出てくる関数はどんなものがあるか徹底解説

高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成

高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成では、高度な機能を使用したグラフを作成する能力・ピボットテーブルを作成する、管理する能力・ピボットグラフを作成する能力や管理する能力などが確認されます。

具体的にはグラフに近似曲線を追加することができるかどうか、フィールドの選択項目とオプションを変更することができるかどうか、既存のピボットグラフのオプションを操作することができるかどうかなどが確認されるのです。

問題例は参考書を見るのがベスト

MOS資格は、ある程度「このような問題が出る」といった参考テキストが出ています。

そのテキストを購入して実際の試験に向けた学習をするのがベストです。

テキストは複数出ていますが、おススメテキストに関しては別記事にまとめました。

MOSエキスパートおすすめテキスト問題集|Excel/Word/2016/2013

MOS資格が学習したいけど、どんな方法がある?

サイトを紹介してきましたが、基本的には「本」を使っての学習か、パソコン教室での学習で無いとMOS試験に合格するのは難しいです。

あなたのパソコンスキルがどのくらいあるのか?によって、お勧めは変わります。

パソコンが比較的得意だと思われる方は独学が良いでしょう。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

あなたが、

パソコンは苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われるほうが良いでしょう。

実は、本当のオススメは独学よりも、パソコン教室に通うことです。

確かに独学でも勉強すれば合格できるのですが、あくまでも合格できるという結果しか残りません。

本来の資格取得の目的は何でしょうか?

「履歴書に書ける」というのも一つの目的かもしれませんが、最も大切なのは「使いこなす」という事ではないでしょうか?その為にMOS資格を取得されるかと思います。

本当の意味でMOS資格の習得を目指したい方は、別記事に書きましたので下記をご覧下さい。

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

まとめ

今回は、MOS Excel2016エキスパートではどんな問題が出るのかを徹底解説しました。

  • ブックのオプションと設定の管理
  • ユーザー定義の表示形式やレイアウトの適用
  • 高度な機能を使用した数式の作成
  • 高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成

など、スペシャリストに比べより高度で難易度が高い内容の問題が出題されます。

エキスパートレベルを取得することで、知識に余裕を持つことができ、仕事の効率もアップさせることができます

しっかり学習して、MOS Excel2016エキスパートの合格目指して頑張ってください。

MOS エキスパートについては、次の記事も参考にしてください。

MOS・Word2016エキスパートの難易度・合格率・合格点を人気講師が解説

MOS・Excel2016エキスパートの難易度・合格率・合格点を人気講師が解説

MOS エキスパートにかかる勉強時間はどのくらい?

 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-MOS・パソコン資格のノウハウ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.