エクセル・VBA

IF関数を使って文字の色を赤色にする方法?|IF関数ではできない?

エクセルでイフ関数を使って文字の色を赤色にする方法を紹介している女性の画像

エクセル21_IF関数を使って文字の色を赤色にする方法_MOS試験対策_Excel

方法を紹介している画像

今日はですね、IF関数を使って文字の色を赤色にする、というようなお話をしてみたいと思います。

結論は「IF関数」ではできません

できないことを紹介している画像

例えば

「2000以下の時は文字を赤色にする」という事をしたい場合のお話です。

実は今IF関数を使って、とは言ったのですが、できません。

衝撃的事実です。

よく質問を受けるんですね。

「IF関数を使って文字を赤色にできないんですか?」って。

IF関数を使うと「条件」を指定できるので、一見できそうな気がします。

でも「色をつける」というお話ですが、関数で色の指定はできません。

じゃあどうするのか?

タイトルに偽りがありますよね。

条件付き書式を使う

条件書式を使うことを紹介している画像

IF関数ではない違う方法があるので、そちらの方法をご説明したいと思います。

色を付けたり、文字を大きくしたりすることの事を「書式」といいます。

いわゆる「飾り」のことを「書式」といいます。

その書式ですが、「条件を付けて」書式をつける事が出来るんですね。

先ほどの例でいうと「2000以下の場合は赤色にする」という具合です。

条件付き書式の具体的方法

基本的方法を紹介している画像

「ホーム」タブにある「スタイル」グループの「条件付き書式」を使います。

最初に色を出したい場所を全て選択してください。

今回はI列の合計点が入力されているセル全てです。

選んでおいて、その場所に条件を入れていくために、「ホーム」タブにある「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックして、「新しいルール」をクリックします。

そしたら「新しい書式ルール」ダイアログボックスが出てきます。

ここで、ダイアログボックスの上側にあるルールの種類を「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。

簡単に言うと、今選んだセルをどうこうしましょうね、という感じです。

ダイアログボックスの下側にある、ルールの内容について、その分の「セルの値」だけが「次の値以下」、今回なら2000以下の場合です。最後のボックスが自分で自由に入れられるので「2000」と入力します。

2000以下だったら、どうするかの書式も自由に決められます。

今回は文字を赤色にしたいので、「セルの書式設定」ダイアログボックスの「フォント」タブで「色」ボックスを選択し、赤色を選びます。

これで「塗りつぶし」タブを使ってバックを黄色にすることも出来ます。今回は赤色の文字にしたいので、「色」ボックスだけを変更します。

これで「OK」ボックスをクリックすると、「新しい書式ルール」ダイアログボックスに戻ってくるので、また「OK」ボタンをクリックします。

そうしたら赤色になりました。

という技を使ってやります。IF関数は一度も出てきません。条件と言っても、IF関数を使うばかりではなくて、色を変えたい時には「条件付き書式」を使ってみて下さい。

今日はこのくらいで終わりにしておきましょう!
ではまたお会いしましょう、さようなら(^O^)/

 

 

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-エクセル・VBA
-, , , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

© 2020 パソコン教室パレハ