エクセル・VBA

エクセル|データの並べ替え(基本~応用)複数条件や任意条件の指定方法

データを並べ替える方法のざっくり解説

今回の記事はExcel(エクセル)のデータの並べ替えの機能について紹介します。

Excelは、Officeソフトの中でもビジネスでの使用率が一番高く、エクセルでデータを入力して表を作成することは非常に多いです。

ただ表を作成するだけであればいいのですが、表を使い、売上のデータなど、「売上日順」「担当者順」「売上順」など条件を指定してデータの並べ替えをしたい場面はよくあります。

データの並びを任意の順番に変えることで、資料は見やすくなりますし、分析もしやすくなります。

データの並べ替えは、業務での必須スキルとも言えますので、ぜひ参考になさってください。

その他のエクセルの役立つ情報

Excel(エクセル)でセル内で改行する方法|できない時の対処法

Excel(エクセル)|VLOOKUP関数でエラーを返さず空白で返す方法


Excel(エクセル)の操作が苦手な方のために、操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

エクセル 並べ替えってなに?

まずは、並べ替えと抽出の違いについて混乱されている人が意外と多いので、その違いを覚えておきましょう。

★並べ替えとは★

表示するデータの個数はそのままで、指定した条件の順番に並べ替えること

★抽出とは★

指定した条件に合ったデータのみを表示すること

このような違いがあります。

今回説明するのは「並べ替え」なので、100件のデータがあったら100件表示したまま、それを指定した順番に並べ替える方法です。

データを並べ替える方法は3種類

並べ替え

 

並べ替えと一言で言っても大きく分けて3つの方法があります。

  • 1つの列を基準にデータを並べ替えたい時に使う方法
  • 2つ以上の列を基準にデータを並べ替えたい時に使う方法
  • 独自の順番でデータを並べ替えたい時に使う方法

この3つの方法です。

並べ替えを1つの条件を基準に行う方法

並べ替え

 

まず、1つの列を基準にデータを並べ替えたいときに使う方法です。

これは例えば、

  • 氏名の五十音順に並べ替えたい
  • 金額の大きい順に並べ替えたい

など、○○を基準にデータを並べ替えたい時に使う方法です。

それでは操作方法を解説します。

 

 

さらに詳しい解説

並べ替え 昇順・降順ボタンの活用

昇順・降順で並べ替える時に使うボタンはここ

並べ替えの説明

今回、昇順と降順で使うボタンはココにあります。

「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループにある、「A→Z(昇順)」「Z→A(降順)」ボタンです。

 

「昇順」で並べ替える方法

並べ替えの説明

今回は、上記の例で、支店名の50音順に並べ替えます。

 

並べ替えの説明

まず、並べ替えたい見出しをクリックします。

次に、「昇順」をクリックします。

 

並べ替えの説明

これで、支店名を50音順に並べ替えることができました。

指定した見出しを基準に並べ替えると、そのほかの範囲の順番も一緒に変わります。

「降順」で並べ替える方法

並べ替えの説明

支店名の50音順に並んだデータを、売上実績の大きい順に並べ替えます。

 

並べ替えの説明

見出しをクリックします。

「降順」をクリックします。

 

並べ替えの説明

これで、実績の大きい順に並べえることができました。

最初の状態に戻す

ここまで、支店名の昇順、実績の降順と並べ替えましたが、元の状態に戻すのも「昇順」「降順」で行うことができます。

並べ替えの説明

支店No.の見出しをクリックします。

次に、「昇順」をクリックします。

 

並べ替えの説明

これで、ファイルを開いたときと同じ順番に並べ替えることができました。


Excel(エクセル)を使いこなすのって結構難しいです。

Excel(エクセル)は、出来ることが多くて覚えるのがかなり大変です。

そんな方のためにExcel(エクセル)の使い方や、関数のコツ、ピボットテーブルやグラフなどをまとめたページをライン登録で無料プレゼントしております。

Excel(エクセル)以外にも、Word(ワード)、パソコン基本、PowerPoint(パワーポイント)、Mac、ブラインドタッチなどの特典もございます。

ご興味ある方は下記よりご登録ください。

ライン豪華プレゼント

無料LINE登録はこちら

並べ替えで複数条件を指定する方法

並べ替え

 

次に紹介するのは、2つ以上の列を基準にデータを並べ替えたいときに使う方法です。

これは例えば、

  • 担当者の五十音順に並べ替えて、担当者が同じ場合は売上金額の大きい順に並べ替えたい
  • 物件の順番を家賃の安い順に並べ替えて、家賃が同じ場合は面積の広い順に並べ替えたい

など、Aを基準にデータを並べ替えた時に、Aが複数かぶる場合は、その中でBを基準にさらに並べ替えをしたい時に使う方法です。

それでは操作方法を解説します。

「昇順・降順」ボタンで複数の条件は対応できない

並べ替えの説明

例えば、このように、売上データを目標の大きい順に並べ替えたいとき、目標の数値が重複しているものがあります。

このような時に、最優先で並べ替える条件は「目標の大きい順」で、同じ値がある場合はその重複した中で「支店名の50音順」に並べ替えたいということがありますよね。

 

並べ替えの説明

通常通り、目標の大きい順に並べ替えたあと、支店名の50音順に並べ替えると・・・

 

並べ替えの説明

あとから操作した内容が優先となり、支店名は50音順ですが、先ほど並べ替えたはずの目標の順番はバラバラになってしまいました。

このように2つ以上の条件を指定して並べ替えたい時に便利なのが、複数条件を指定して並べ替える方法です。

複数条件を指定して並べ替える手順

並べ替えの説明

まず、使用するボタンはこちらです。

昇順・降順ボタンの右隣にある「並べ替えボタン」です。

 

並べ替えの説明

まず、表内のどこでもいいのでセルを選択します。

続いて、「並べ替えボタン」をクリックします。

 

並べ替えの説明

ダイアログボックスが表示されます。

並べ替えの説明

最優先されるキーの一覧から「目標」を選択します。

 

並べ替えの説明

次に、「目標」の順序「大きい順」を選択します。

選択ができたら、左上にある「レベルの追加」をクリックします。

 

並べ替えの説明

レベルの追加をクリックすると、「次に優先されるキー」という項目が追加されます。

今回の場合だと、目標の値で同じものがあった場合、その中でどの順番に並べ替えるのかという条件を指定することができます。

 

並べ替えの説明

一覧から「支店名」を選択します。

追加されたレベルの順序は「昇順」になっているので、今回はそのまま「OK」をクリックします。

 

並べ替えの説明

これで、目標の大きい順に並べ替えられ、目標が同じ場合は、支店名の50音順で並べ替えることができました。

このように、複数の条件を指定する場合は、「並べ替え」ボタンから、「レベルの追加」をすることで、優先順位を指定しながら並べ替える順番を決めることができます。

並べ替えでユーザー設定リストを使う方法

並べ替え

 

次に紹介するのは、独自の順番でデータを並べ替えたいときに使う方法です。

これは例えば、

  • データを「総務部」→「人事部」→「営業部」というように部署ごとに任意の順番で並べ替えたい
  • 支店名を「東京支店」→「大阪支店」→「名古屋支店」の順番に並べ替えたい

など、「昇順」「降順」に関係なく、ユーザーが設定する任意の順番で並べ替えたい時に使う方法です。

それでは操作方法を解説します。

 

ユーザー設定リストで並べ替える手順

ユーザー設定リストの並べ替え

今回はこのように、支店名を任意の順番に並べ替えます。

 

並べ替えの説明

まず、表内のどこでもいいのでセルを選択します。

選択したら、「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループ→「並べ替え」の順にクリックします。

 

ユーザー設定リストの並べ替え

「並べ替え」ダイアログボックスが開いたら、最優先されるキーを「支店名」にします。

次に、順序の一覧から「ユーザー設定リスト」を選択しましょう。

ユーザー設定リストの並べ替え

「ユーザー設定リスト」のダイアログボックスが開きます。

「リストの項目」の欄に、並べ替えたい順にデータを入力します。

この時、データはEnterキーで改行をして入力をします。

 

ユーザー設定リストの並べ替え

入力が出来たら、「追加」ボタンをクリックしましょう。

すると、ユーザー設定リストの一覧に入力した内容が反映されます。

確認ができたら、「OK」をクリックしましょう。

 

ユーザー設定リストの並べ替え

「並べ替え」のダイアログボックスに戻り、順序に先ほど入力したリストが反映されていることを確認します。

確認ができたら「OK」をクリックします。

 

ユーザー設定リストの並べ替え

これで、指定した順番通りにデータを並べ替えることができました。

並べ替えの種類がポイント

まず、並べ替えの種類について覚えておくことが必須です。

これを把握しておかないと機能の活用が難しいです。

並べ替えの種類は

  • 昇順
  • 降順
  • 複数条件を指定
  • 書式順

があり、特にビジネスでよく使われる並べ替えは「昇順」「降順」が多いです。

さらに、複数の条件を指定して並べ替えることができると、業務効率がアップし、仕事での作業もスムーズになります。

昇順

昇順とは、小さい方から大きい方へ、順番の早い物から順に数える時の並び方で、文字列だと五十音順なので比較的覚えやすいです。

数字1→10
50音あ→ん
アルファベットA→Z
日付古い日付→新しい日付

このようになります。

昇順のことを「小さい順」とも言います。

降順

降順とは、大きい方から小さい方へ、順番の遅い物から順に数える時の並び方です。

数字10→1
50音ん→あ
アルファベットZ→A
日付新しい日付→古い日付

このようになります。

降順のことを「大きい順」とも言います。

複数の条件を指定

複数の条件を指定とは、「2つ以上の条件を指定するとき」に使用します。

例えば、「成績の高い順番に並べ替えた時、同点の場合は名前の50音順にする」といったように、1つ目の条件で指定した結果、同じものがあれば、さらに2つ目の条件を指定して並べ替えることができる方法です。

書式順

書式順は、

  • セルの色
  • フォントの色
  • 条件付き書式のアイコン

といったように、セルに入力されている数値など値や文字列ではなく、書式で並べ替えの優先順位を指定します。

その他の並べ替えの解説はこちら

書式順で並べ替える方法

前述した「並べ替えボタン」を使って、セルの値ではなく、書式を指定して並べ替えることも可能です。

もちろん、優先順位さえ決めれば、値と組み合わせて使用することもできます。

これができると、さらにわかりやすく並べ替えることも可能です。

データの並べ替え

データの並べ替え

合計を含めずに並べ替える方法

合計を含めずにデータを並べ替える方法

合計を含めずにデータを並べ替える方法

複数条件で並べ替え

データを並べ替える方法

データを並べ替える方法

Excel(エクセル)が苦手であればパソコン教室で学んでみませんか?

Excel(エクセル)はかなり奥が深く、知識を得ただけは操作が身に付きにくいものです。

そんな時には、弊社のようなパソコン教室を利用するのも一つの手です。

「オンライン」にも対応している「苦手な方専門パソコン教室パレハ」にお任せください。

オンラインというと「動画を見るだけ」とか「オンラインなんてやったことがない」というご不安があるかと思います。

ですが「苦手な方専門のパソコン教室パレハ」の「オンラインレッスン」は、動画ではなく、直接講師に質問できる生レッスンです。

生レッスンでありながらリーズナブルに学べるのが人気の秘密です。

また、苦手な方に特化しているのでパソコンが特に苦手だと言う方には最適です。

パソコンが苦手でも、オンラインできる仕組みがあります。

詳細は下記をご覧ください。

パソコンが苦手な人向けエクセル講座

パソコンが苦手な方向けエクセル講座の詳細はコチラ

Excel(エクセル)の操作が苦手な方のために、操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

その他パソコン教室情報はこちら

ココがおすすめ

パソコン教室パレハ直営校

パソコン教室パレハ直営校

■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校

ココがおすすめ

パソコン教室パレハグループ加盟校

自信をもってご紹介できるパソコン教室

下記はパレハグループ加盟校となります。

料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

全国加盟校一覧

全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

ココがおすすめ

オンライン形式をご希望の方はこちら

オンライン形式をご希望の方はこちら

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

ココがおすすめ

パソコン教室講座一覧はこちら

パソコン教室講座一覧はこちら

他にもパソコンの講座は多数ございます。

詳しくは下記をご覧ください。

パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

ココがおすすめ

パソコン教室に関連する情報はこちら

こちらも是非ご覧ください

ココがおすすめ

エクセルの操作方法

条件付き書式とIF関数を使って文字色を赤にする|動画解説

Excel(エクセル)|シート保護とパスワード設定方法を徹底解説

Excel(エクセル)|文字の縦書き・横書きの設定・解除方法

Excel(エクセル)|「行」と「列」って縦と横どっち?簡単な覚え方

エクセルとワードの違いを徹底解説|どっちが役に立つ?

Excel(エクセル)対処法|数字がE+(1.23E+12)となった時

Excel(エクセル)|テキストボックスの行間を縮める方法

Excel(エクセル)| 折れ線グラフ|後からデータを追加する方法

Excel|エクセルで円グラフの色分け(色変更)を行う方法

マック(mac)|エクセルの代わりのソフトはナンバーズです

動画付き|エクセルで文字が隠れる・消える・表示されない原因を解説

Excel(エクセル)|図形を複数まとめて一括選択する方法

Excel(エクセル)でエンター押すと右(横)に行く方法&修正方法|動画付き

Excel(エクセル)| 円グラフの大きさを変更する方法

Excel(エクセル)で掛け算する方法|列ごとの方法|初心者向け|動画付

Excel(エクセル)|表の作り方の手順を徹底解説|初心者向け

役立つエクセル資格!取得するならコレ!初心者にもおすすめ試験徹底解説

エクセルでポスター作成|必要なスキルと作り方を詳しく解説

Excel(エクセル)|図形を作成・追加する方法

Excel(エクセル)で文字列の不要なスペースを削除する方法

Excel(エクセル) | 取り消し線の付け方(ショートカット)を解説

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら