エクセル・VBA

Excel(エクセル)|文字列にルビを付ける方法|ひらがな表示・変更・修正

Excel(エクセル)|ルビを付ける方法|ひらかなや表示されないときの対処法

今回の記事はExcel(エクセル)で文字列にルビを付ける方法を紹介します。

ひらがなで表示する方法やふりがなの修正方法も詳しく解説します。


Excel(エクセル)を使いこなすのって結構難しいです。

Excel(エクセル)は、出来ることが多くて覚えるのがかなり大変です。

そんな方のためにExcel(エクセル)の使い方や、関数のコツ、ピボットテーブルやグラフなどをまとめたページをライン登録で無料プレゼントしております。

Excel(エクセル)以外にも、Word(ワード)、パソコン基本、PowerPoint(パワーポイント)、Mac、ブラインドタッチなどの特典もございます。

ご興味ある方は下記よりご登録ください。

ライン豪華プレゼント

無料LINE登録はこちら

Excelでルビを付ける方法の画像解説

まずは、ザックリとルビを付ける方法についてイメージをわかりやすいイラストで解説しています。

Excel(エクセル)|ルビを付ける方法|ひらかなや表示されないときの対処法

Excel(エクセル)|ルビを付ける方法|ひらかなや表示されない時の対処法

さらに詳しい解説

文字列の上にルビ(ふりがな)を設定する方法

では、ルビの設定方法について下記の例を使って説明します。

ルビの設定の説明

 

ルビの設定の説明

まず、ルビを付けたいセル範囲を選択します。

次に、ホームタブのフォントグループにある「ふりがなの表示/非表示」をクリックします。

 

ルビの設定の説明

これで、ルビを付けることができます。

ルビは意外と簡単で、ボタン一つで実行することができます。

 

付けたルビを修正する方法

ルビの設定の説明

例えば、例のように「高田」という文字列にルビを付けた結果、本来は「タカタ」という読み方に対し、「タカダ」と表示されてしまった場合、修正をすることができます。

 

ルビの設定の説明

まず、修正したい文字列のセルを選択します。

次に、ホームタブのフォントグループにある「ふりがなの表示/非表示」の一覧から「ふりがなの編集」をクリックします。

 

ルビの設定の説明

修正したい箇所をクリックすると、編集可能な状態になります。

 

ルビの設定の説明

ルビを正しく修正し、修正ができたらEnterキーを押して確定します。

 

ルビの設定の説明

これで、ふりがなを修正することができました。

 

ルビの設定を変更する方法

ルビを付けると、左詰めのカタカナ表示で表示されます。

この設定は、変更が可能です。

ルビの設定の説明

 

ルビの設定の説明

まず、修正したいセル範囲を選択します。

次に、ホームタブのフォントグループにある「ふりがなの表示/非表示」の一覧から「ふりがなの設定」をクリックします。

 

ルビの設定の説明

すると、ダイアログボックスが開きます。

 

ルビの設定の説明

種類を、「全角カタカナ」から「ひらがな」に変更し、

配置を、「左寄せ」から「均等割り付け」に変更し、「OK」をクリックしましょう。

 

ルビの設定の説明

これで、表示は「ひらがな」に、配置は文字列に対して均等に配置されます。


Excel(エクセル)を使いこなすのって結構難しいです。

Excel(エクセル)は、出来ることが多くて覚えるのがかなり大変です。

そんな方のためにExcel(エクセル)の使い方や、関数のコツ、ピボットテーブルやグラフなどをまとめたページをライン登録で無料プレゼントしております。

Excel(エクセル)以外にも、Word(ワード)、パソコン基本、PowerPoint(パワーポイント)、Mac、ブラインドタッチなどの特典もございます。

ご興味ある方は下記よりご登録ください。

ライン豪華プレゼント

無料LINE登録はこちら

ルビが表示される仕組み

ルビは自動で付けられているわけではなく、入力時にどういう文字を入力して変換をしたかによって変わります。

つまり、先ほど「ふりがなの編集」の例で紹介した「高田」の「タカダ」という表示は、エクセルが勝手に判断したわけではなく、入力者が「タカダ」と入力した結果、そう表示されたということです。

同じように「友一」という同じ漢字でも、何と入力したかによってルビの表示が変わるわけです。

下記の例で入力の流れをご覧ください。

ルビの設定の説明 ルビの設定の説明

このように同じ漢字でも、「ともかず」と「ゆういち」で入力時の文字列が異なっているので、表示が違うというわけです。

また、人名など通常の入力で変換しても一度で表示されない場合、分けて入力・変換することもありますよね。

通常の入力変換では出ないので、違う読み方で入力するということも多いでしょう。

例えば、「隆央」と書いて「たかひろ」と読む場合、通常で変換しても出てきません。

こういった場合は分けて入力します。

 

ルビの設定の説明 ルビの設定の説明 ルビの設定の説明

この文字列に、ルビを付けると下記のようになります。

 

ルビの設定の説明 このように、文字を入力したそのままの文字列がルビとして表示されるので、人名などは注意しておくと良いでしょう。

Excelでフリガナを付ける方法

わかりやすい動画解説

わかりやすい画像解説

Excelでフリガナを付ける方法

Excelでフリガナを付ける方法

ビジネスに役立つエクセルのスキルを習得するためにはパソコン教室という選択肢もおすすめです

Excel(エクセル)は、仕事の中で最も使われているソフトといっても過言でありません。

仕事の現場では、かなり多くの事を要求され、またそれが当たり前になってきています。

中々Excel(エクセル)が覚える事が出来ない方は、ちょっとしたコツを知らないので操作を苦手とされているケースが多いです。

そのコツを覚えるだけで日常のストレスは大幅に改善されます。その感覚を覚えれば使いこなせます。

ご自身で学習されるのもよいですし、弊社のようなパソコン教室を利用するのも良いです。

パソコン教室パレハは、特に「パソコンが苦手な方に特化した」パソコン教室で、Excel(エクセル)の使い方を実践力を交えて学べる講座をご用意しております。

ご興味ある方は下記をご覧ください。

パソコンが苦手な人向けエクセル講座

パソコンが苦手な方向けエクセル講座の詳細はコチラ


Excel(エクセル)を使いこなすのって結構難しいです。

Excel(エクセル)は、出来ることが多くて覚えるのがかなり大変です。

そんな方のためにExcel(エクセル)の使い方や、関数のコツ、ピボットテーブルやグラフなどをまとめたページをライン登録で無料プレゼントしております。

Excel(エクセル)以外にも、Word(ワード)、パソコン基本、PowerPoint(パワーポイント)、Mac、ブラインドタッチなどの特典もございます。

ご興味ある方は下記よりご登録ください。

ライン豪華プレゼント

無料LINE登録はこちら

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら