エクセル・VBA

Excel(エクセル)|IF関数の使い方

Excel(エクセル)|IF関数の使い方

今回の記事はExcel(エクセル)IF関数の使い方についてお話します。

苦手な方専門のパソコン教室

IF関数とは?

IF関数とは、その名の通り「もし○○だったら」という条件と一致した値を返すことができる関数です。

エクセルの中でも使用頻度の高い関数で、使えると作業効率もよくなるのでビジネスでも必須の関数でしょう。

指定した条件に一致したら、Aの値を返し、条件に合わなければBの値を返すといった、とてもシンプルな中身となっています。

 

IF関数の画像解説

まずは、ザックリとIF関数ってこんな関数なんだというイメージをわかりやすいイラストで解説しています。

下記を開いてご覧ください。

IF関数の構文

=IF (論理式, 真の場合, 偽の場合)

IF関数の構文はこのようになっています。

論理式条件
真の場合条件と一致したときに返す値
偽の場合条件と一致しなかったときに返す値

このような感じになります。

もっとわかりやすく噛み砕いてみましょう。

IF関数を訳すとこんな感じ

=IF (論理式, 真の場合, 偽の場合)

=もし、○○だったら◇◇してねそうじゃなければ△△してね

という感じです。

先ほどの画像解説の例題でいうと、

もし、90点以上だったら合格にしてねそうじゃなければ不合格にしてね

となります。

では、実際に関数を挿入して、どのような手順で使うのか解説しますね。

IF関数の使い方

下記の例で紹介します。

今回は、A列に入力された各点数を元に、合格または不合格の結果をB列に表示させます。

IF関数の説明

 

セルA2が90(点以上)だったら、合格、そうでなければ不合格

という結果を出すための関数を挿入します。

 

①関数を挿入したいセルを選択して、関数を入力する

 

IF関数の説明

 

セルを選択したら、半角で「=i」と入力し、「IF」をマウスでダブルクリック、またはキーボードの「Tab」キーを押し、関数を確定させます。

 

IF関数の説明

ダブルクリック、または「Tab」キーで関数を確定させると、「=IF( 」と表示されます。

★ポイント①
入力は半角で行います。全角で入力した場合、関数の候補の一覧が表示されませんし、入力も難しくなります。

★ポイント②
関数の入力は、小文字でOKです!
わざわざ大文字で入力しなくても関数を挿入したら自動的に大文字になります。

★ポイント③
今回使用するIF関数は、VLOOKUP関数と違い、文字数が少ないです。
「=i」と入力して候補を選択してもいいですが、そのまま「=if(」と入力してもOKです。
この場合、カッコまで入力するのがポイントです。

 

②論理式を入力する

続いて、論理式を入力しましょう。

今回の論理式は、「 A2>=80 」と入れていきますので、その手順を紹介します。

 

IF関数の説明

 

まず、A2を入力しましょう。

この時、キーボードで「A2」と入力するのではなく、マウスでセルA2をクリックします。

★ポイント①
セルの入力は、マウスでセルを選択して行いましょう。もちろん「A2」と手入力も可能ですが、数式や関数でセルを手入力すると、効率も悪いですし、入力ミスが起こる可能性もあるので、マウスの使用がオススメです。

★ポイント②
エクセルに慣れている人は、マウスではなくキーボードの方向キーの使用も試してみてください。
今回は、結果を求めたいセルのすぐ隣を参照しますので、方向キーの左を押すとセルA2を参照できます。
先ほどの手順①で、関数を直接入力(またはTabで選択)→方向キーで参照の流れで続けると、マウスを使うことなくキーボードのみで操作が完結しますよ。

 

IF関数の説明

 

続いて、今回はセルの値が「90以上の場合」という条件を設定したいので、直接「>=90」と入力します。

「A2>=90」と入力することで、「セルA2が90以上」という条件を指定することができます。

 

IF関数の説明

 

論理式の入力ができたので、半角のカンマを入力しましょう。

手入力で関数を挿入する場合、それぞれの引数の間を半角のカンマで区切る必要があります。

 

③「真の場合」を入力する

続いて、真の場合に返す値を入力しましょう。

今回は、先ほどの論理式で指定した条件「 90点以上 」に一致した場合、セルに「合格」と結果を表示させます。

 

IF関数の説明

 

直接、「 "合格" 」と入力しましょう。

「合格」は文字列となりますので、ダブルクォーテーションで囲む必要があります。

ダブルクォーテーションは、キーボードの配列上部の数字の「2」と同じ場所を使用します。

「 " 」←このマークが表示されていますので、「Shift」キーを押しながら入力してください。

★ポイント
ダブルクォーテーションは半角、「合格」は全角入力のため、入力切替が必要になります。

◆入力パターン1
半角に切り替えて「 " 」→全角に切り替えて「合格」→半角に切り替えて「 " 」

◆入力パターン2
半角に切り替えて「 "" 」→方向キー左で移動し、全角で「合格」→方向キー右で移動

※Excelテクニック※
入力パターン2で、方向キーで移動しようとするとセルを移動してしまいます。
方向キーを押す前に「F2」キーを押すことで、セル内移動が可能になります★

 

IF関数の説明

 

入力ができたら、半角カンマを入力します。

 

④「偽の場合」を入力する

続いて、偽の場合に返す値を入力しましょう。

先ほどの論理式で指定した条件「 90点以上 」に一致しなかった場合、セルに「不合格」と結果を表示させます。

 

IF関数の説明

 

真の場合を入力した手順同様に、「不合格」という文字列をダブルクォーテーションで囲みます。

入力ができたら、「Enter」キーを押して関数を確定させましょう。

 

IF関数の説明

 

これで、結果が表示されます。

 

IF関数の説明

 

下のセルにも数式をコピーすると、相対参照で条件の参照が変わりますので、それぞれの条件に合った結果を表示することができます。

 

IF関数の使い方 動画解説

下記では、パソコン教室の現役講師がIF関数の使い方を動画でわかりやすく解説していますので、どうぞご覧ください。

苦手な方専門のパソコン教室

パソコン教室パレハのライン登録

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら