エクセル・VBA

エクセルで選択肢を複数選ぶ「入力規則」の使い方|動画解説付き

更新日:

エクセルの入力規則の使い方を紹介している女性の画像

今回は、エクセルで文字を入力するのではなくて、「リスト」から選べるようにする方法をお話しします

分かりやすい動画解説は下記をご覧下さい

動画解説を紹介している画像

入力規則を使う

入力規則を使うことを紹介している画像

リスト化したいセルを選択することを示しているエクセルの画像

【1】入力規則をつけたいセルを選択

セルを選択を表現している画像

【2】データタブを選択

データタブを選択することを紹介している画像

【3】データの入力規則を選択

データの入力規則を選択することを紹介している画像

データの入力規則ボタンの場所を示しているエクセルの画像

【4】設定を選択

設定を選択することを紹介している画像

【5】入力値の種類をクリック

クリックを表現している画像

設定の入力値の種類の場所を示しているエクセルの画像

【5】リストを選択

リストを選択を表現している画像

【6】元の値の欄にリストにしたい文字を入力

入力を表現している画像

この時に文字を入れた後は「,」で区切ってください。

例えば「男」「女」と入れたいのであれば「男,女」と言う感じで入れてください。

ちなみに、複数はいります。2つ以上でも大丈夫です。その都度「,」で区切ってください。

リストを選択してデータをカンマで区切ることを示しているエクセルの画像

これで設定は完了です。

下記動画の文字起こしです

動画の文字起こしを紹介している画像

【今回行うこと】

今回行うことを紹介している画像

「エクセルの複数選択肢が出来る入力規則・ドロップダウンリスト」についてお話ししたいと思います。

【複数選択肢が出来る入力規則・ドロップダウンリストとは】

ドロップダウンリストを紹介している画像

表の「セル」に入力する際、「顧客番号」など決まった番号を自分で1つ1つ入力するよりも複数の選択肢から選べるとスムーズに入力することができます。今回は複数選択肢が出来る入力設定についてお話します。

【具体的操作方法】

具体的操作方法を表現している画像

今回は、表の「顧客番号」の「セル」に複数選択肢が出来る設定をします。
※別のシートに「顧客情報一覧」の表を作成していますのでここから「顧客番号」を範囲選択します。

【1】ドロップダウンリストの設定の仕方

「顧客番号」下の入力予定空白の「セル」をすべて範囲選択します。

「リボン」→「データ」タブ

「データの入力規則」ボタンを押します。(「データツールグループ」に表示されています。)

「データの入力規則」の設定画面が表示されます。

【2】「データの入力規則」の設定の仕方

「データの入力規則」の設定画面の
「入力値の種類」下の「すべての値」右横の∨を押します。

「リスト」を選択します。

「元の値」下の枠を1回クリックします。

「顧客一覧」のシートを選択します。

表の「顧客番号」下の番号が入っている「セル」を
すべて範囲選択します。
※「元の値」下の枠は入力をしてもいいです。
例) 110,111,
必ず区切りに「,カンマ」を入れます。

「OK」ボタンを押します。(「データの入力規則」設定画面の右下に表示されています。)

「顧客番号」下の空白「セル」右に▼のマークが表示されました。

▼を押すと先ほど範囲選択した番号が表示されていますのでここから番号を簡単に選択することができますので確認してみてください。

 

 

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-エクセル・VBA
-, , , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.