タイピング

ブラインドタッチ練習方法|超初心者でも1日でマスターできる方法公開

更新日:

今回は、タイピングがどんなに苦手な方でも「ブラインドタッチ」がマスターできる方法を伝えます。

正しい練習方法とは?美タイピングを目指す

正しい練習方法をグッドサインで表現している女性の画像

「い・う・お・あ・え」で覚える

それは「い・う・お・あ・え」という順番で入力する事」です。

ローマ字入力の基本となるのが「母音」です。

「あいうえお」「AIUEO」です。これらと「K」「S」「T」などといった「子音」と呼ばれるものの組み合わせが「ローマ字の入力の基本」です。

人間の指は、動かしやすいものと動かしにくいものがあります。

動かしやすいものを先に動きを覚えさせる事によって矯正し、後から動かしにくいものを矯正するのです。

動かしやすい指とは「人差し指」です。

なので練習方法としては

「いうおあえ」と言う順番で入力するのが良いでしょう。

「手」や「指」に覚えさせましょう

これを手に徹底的に覚えさせてください

一見「何がどう違うのか?」というのが理解できないと思います。

ですがこれが非常に重要なのです。「あ・い・う・え・お」といれていくと指が動かしにくいのです。

「あ・い・う・え・お」というのは人間が勝手に順番として並べただけであって、指にとって入力しやすい順番ではないのです。

指にとっての入力しやすい順番と言うのは「い・う・お・あ・え」になります。

この順番で、「か行」「さ行」と順番に入力練習をしていってみてください。そうすれば驚くほど入力が楽になっていきます。

それが出来てきて初めて文章の入力練習やスピードアップを目指していきましょう。

1日でブラインドタッチがマスターできる方法の概要

基本的にはタッチタイピングだけのマスターであれば1日あれば十分に可能です。

よく「一ヶ月かかります」とか「最低でも半年かかります」といった事を言われますが、基本的にブラインドタッチだけであれば1日で取得が可能です必ずそれには自分自身がきちんと守るそのルールさえ守れば大丈夫です。

守るべきルールと言うのは

  1. 下を見ずに、前を向いて入力する練習をする
  2. 最初のうちは「手全体で動かす」。指だけで動かさない
  3. 入力後に必ずホームポジションに戻す
  4. スピードアップは指の位置を覚えてから実施

これだけを徹底してやってくださいその状態で、順番を行ってひらがなを全部打てるようになります。

実際に詳しく見ていきましょう。

ありがちな失敗例

良くありがちな間違いで言うと「スピード重視」で練習をして結果、指がバラバラに覚えてしまい、結果変な癖がついて、入力速度が遅くなったというものです。

スピードを上げたい気持ちはわかりますが、スピードよりも重要なのが、正しいフォームで入力する事です。

あなたは間違った練習をしようとしていませんか?

間違いを表現している大きなバツが書かれた画像

「あ・い・う・え・お」の順番は間違いです

よくありがちな「間違い」や「指導方法」で言うと「あ・い・う・え・お」「A・I・U・E・O」という感じで、順番にローマ字の入力を覚えていくと言う方法です。

実はこの方法はあまり良くありません。

キーボードには「正しい位置」と言うものが存在します。その最初の位置を「ホームポジション」と言います。

その位置に常に戻ってくるという癖付けをしていかないと指がバラバラになっていきます。

指がバラバラになると入力速度が遅くなる

指がバラバラになった結果、指の動き自体が適当になってしまい結果、入力速度が遅くなります。

正しくない方法で一度覚えたものを自力で治すのはかなりの労力が必要です。

まだ、変な癖が付いておらず、まっさらな状態なのであれば、遠回りしてでも正しいタイピングの方法を覚えたほうが良いです。

最初はスピードを追わない。ゆっくり行なう

ゆっくりを表現している亀の画像

「ブラインドタッチが出来るようになるという事」と「スピードがアップさせること」は全く異なります。

まずは、「見ずに入力できるようになる」という「ブラインドタッチ」を目指してください。

指の位置も考えて、スピードを追うというのは非常にしんどい作業です。

まずは、指の位置だけ考えましょう

スピードをアップさせたい方は別記事に書きましたのでこちらをご覧ください。

タイピングが速くなるコツ|スピードアップできる練習方法公開

  今回は、タイピングが速くなれるコツをお話しします。 タイピングが速くなれると、日常の作業がはかどります。 なんだかんだでパソコンを触る時間の大半は「入力」になります。 パソコン操作を覚え ...

続きを見る

ホームポジションとはキーボードの真ん中の位置のこと

ホームポジションの指の置く場所を示しているキーボードの画像

まずは、ホームポジションを覚えることが重要です。

指の位置は決まっています。

その指の置く位置を必ず決めて下さい。全ての指の位置が決まっています。

左の人差し指は「F」右の人差し指は「J」

ホームポジションは置く位置が決まっています。

  • 左の人差し指は「F」
  • 右の人差し指は「J」

この「F」と「J」の位置には「突起物」があります。

ホームポジションを確認する方法は、この突起物を触る事でわかります。

これを決めると、あとは真横に指を置いてください

左の手は「A」「S」「D」「F」の位置に置く

左手の指の置く場所を示しているキーボードの画像

  • 左の小指「A」
  • 左の薬指「S」
  • 左の中指「D」
  • 左の人差し指「F」

右の手は「J」「K」「L」「;」の位置に置く

右手の指の置く場所を示しているキーボードの画像

  • 右の人差し指「J」
  • 右の中指「K」
  • 右の薬指「L」
  • 右の小指「;」

このようにおきます。

これをホームポジションといいます。

この位置に必ず戻ってくる事を行なってください。

必ず「ホームポジション」に戻す事が重要

ホームポジションの場所を示しているキーボードの画像

キーボードを打った後は、必ずホームポジションに戻すことが大切です。

この「ホームポジションに必ず戻す」これが重要です。

「ホームポジション」に戻すとどんな良いことがあるかというと、「下を見ずに入力」できるようになります

ホームポジションとはその名の通り「ホーム(家)」「ポジション(位置)」なのです。

直訳すると「家の位置」家というのは、必ず戻ってくる場所です。

必ず指を戻して、どの指がどの場所かというところに常に配置をするのです。

行きっぱなしになると、「指がどの位置にあるのか?」という事が把握できません。

そんな時の対処法は別記事にまとめました。

タイピング|ホームポジションがずれる時の対処法を解説します

今回の記事は「タイピング|ホームポジションがずれる時の対処法」について書いております。
ホームポジションが苦手な方が多いと思います。
対処法について詳しく解説してみました。

続きを見る

人差し指は2列動かします

両手の人差し指で打つキーの場所を示しているキーボードの画像

最初の位置は

  • 左がF
  • 右がJ

こうなります。

指の位置を決めるのは非常に重要です。

指の位置がわからない場合は別記事にまとめております。

タイピングで指の位置はどこ?正しい指の位置はココだ!

今回の記事は「タイピングで指の位置はどこ?入力しやすい指の位置」について書いております。
キーボードは「指をおく位置」というのが決まっているということを知らない方が多いと思います。
「指をおく位置」について詳しく解説してみました。

続きを見る

「速度」の前に「見ずに入力する」を目指す

楽しげにキーボード入力をする女性の画像

良くありがちな間違いで言うと、速度を徹底的に求めて、タイピングの練習ばかりする方です。

それはあまり良くありません。指が間違ったほうに矯正されていきます。

人間は使いやすい指と使いにくい指があります。よって、使いやすい指を多用するようになってしまいます。

どれだけ入力が早い人でも指使いがバラバラな方がいらっしゃいます。それでは本当の意味での速度アップにはならないのです。

まずは速度の前に「見ずに入力できる」というのを目指す必要があります

タイピングで指が動かない時の原因と対策

今回の記事は「タイピングで指が動かない時の原因と対策」について書いております。
タイピングをマスターしたいけどうまく動かせないという方が多いと思います。
原因と対策法について詳しく解説してみました。

続きを見る

実際の練習方法|下記の表を見ながら入力してみましょう

入力練習表を見ることを表現しているパソコンが虫眼鏡を持った画像

下記に入力の順番を置いておきます。この順番どおりに行なってください

順番に10回ずづ。ゆっくりでよいです。

決して惰性にならないように、1回1回をかみ締めるように行なってください。

今は、スピードではなくて、「指を慣れさせるための訓練」です。

下記の表に書いてある単語を10回ずつ繰り返してください。

い・う・お・あ・えに・ぬ・の・な・ね
き・く・こ・か・けぢ・づ・ど・だ・で
ひ・ふ・ほ・は・へぎ・ぐ・ご・が・げ
ゆ・よ・やし・す・そ・さ・せ
ぴ・ぷ・ぽ・ぱ・ぺり・る・ろ・ら・れ
きゃ・きゅ・きょち・つ・と・た・て
ひゃ・ひゅ・ひょを・わ
ぴゃ・ぴゅ・ぴょび・ぶ・ぼ・ば・べ
み・む・も・ま・めじ・ず・ぞ・ざ・ぜ

このターンをひたすら繰り返してください。

覚える為にはこの操作が重要です。

同じ読みでも、文字を「打つとき」は押すキーが違うので注意が必要です。

そもそもタッチタイピングが出来ない理由は?

タイピングが出来なくて困った表現をしている男性の画像

タッチタイピングが出来ない人が多い

パソコン教室のコンサルタントも行なっているのでわかりますが、まず、きちんとした「タッチタイピング」を行なっている教室はいません。

どうしても学びたい方は1日で学べる講座を実施しておりますので下記をご覧ください。

1日でタイピングをマスターできる講座のご案内

なぜあなたはタイピングが出来ないのか?出来ないには理由がある

この理由って非常に単純で「今まで練習する機会がなかった」もしくは「入力をする場面がなかった」というだけのお話です。

おそらくあなたは

●35歳以上の方

●23歳以下の方

なぜ分かるかと言うと、この2つに当てはまる世代の方は「パソコンのキーボードに触れる機会が少ない世代」だからです。

スマホが普及してパソコンを触る機会が減った

スマホが普及してからはパソコンを触る機会が非常に減りました。

スマホの普及により「タッチタイピングが出来ない若い世代が増えている」という新聞記事を見ました。

若い世代でも、キーボード入力が非常に不得意で、また、場合によっては、入力さえ全く出来ない人も多いと言うことが書いてありました。

このブログの補足動画を撮影しました

文章では書ききれなかった部分を動画で解説しました。

ブラインドタッチが出来ないと仕事に不利

ブラインドタッチが苦手だと仕事が不利に働きます。

何をするにしても「入力」から入るのです。

入力がもたついているようであれば全てにおいて遅れが出ます。

よって、遠回りなようでも、「入力をスムーズにする」ことを先に考えたほうが良いのです。

詳しくは別記事に書きました。

下記をご覧ください。

ブラインドタッチが出来ない人でも就職できる方法教えます

今回の記事は「ブラインドタッチが出来ない人でも就職できる方法教えます」について書いております。
どうすればいいのか悩んでいる方が多いと思います。
タッチタイピングが出来ない方が就職するための解決策について詳しく解説してみました。

続きを見る

ブラインドタッチの習得期間はどのくらい?

ブラインドタッチ(タッチタイピング)を習得するのは1日あれば可能です。

と言っても「ブラインドタッチ(タッチタイピング)」と「速く入力できる」と言うのは話が異なります。

段階があります。

  1. 下を見ずに入力できるようになる
  2. 速く入力できるようになる

この順番で考えると良いです。

詳しくは別記事に書きました。

ブラインドタッチ練習方法|超初心者でも1日でマスターできる方法公開

今回の記事は「ブラインドタッチ練習方法|タイピングを1日でマスターする技公開」について書いております。
出来るようになりたいけど、練習の方法が分からない方が多いと思います。
練習方法を動画付きで詳しく解説してみました。

続きを見る

ブラインドタッチの習得期間はどのくらい?

今回の記事は「ブラインドタッチを習得するには期間はどのくらいかかるの?」について書いております。
タイピングを習得するにはものすごく時間が必要と勘違いされている方が多いと思います。
詳しく解説してみました。

続きを見る

まとめ

基本的にはタッチタイピングだけのマスターであれば1日あれば十分に可能です。

よく「一ヶ月かかります」とか「最低でも半年かかります」といった事を言われますが、基本的にブラインドタッチだけであれば1日で取得が可能です必ずそれには自分自身がきちんと守るそのルールさえ守れば大丈夫です。

守るべきルールと言うのは

・下を見ない

・最初のうちは「手全体で動かす」

・必ずホームポジションに戻す

これだけを徹底してやってくださいその状態で、順番を行ってひらがなを全部打てるようになります。

そうしていくと必ず入力ができるようになります。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-タイピング
-, , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.