右手小指でEnterキーを押すかどうかでタイピングのスピードが決まる

右手小指でEnterキーを押すかどうかでタイピングのスピードが決まる

Enterキーを押すとき右手のどの指で押していますか?
右手の小指で入力することがスピードをあげるコツですので、おすすめしています

基本的に小指は使いにくい

日常で小指を使うシーンはあまりないので、どう使っていいのかわからない方が多く、使いにくさを感じることもあるようです。

右手小指でEnterキーを押しているか

Enterキーを押すとき、独自できめた指になっていないでしょうか?
最初に練習するときは右手小指でEnterキーをおすことを基本にしてください。

右手小指で押すべきキー

小指は担当するキーがどちらかというと離れていますので必ず位置確認してください。

タイピングの基本はホームポジション

①キーボードのFとJに人差し指を置く

キーボードのFとJのキーを触るとわかりますが他のキーとは違います。
まずは、触ってたしかめてください。

②ホームポジションに5本の指を置く

ホームポジションに全部の指を置いてみてください。
タイピングをしているときは、難しいように思いますが、タイピングはある程度移動できる範囲がきまっていますので初心者の方でも大丈夫です。

③それぞれの指が担当するキーを覚える

指が担当するキーを覚えるときは、タイピングソフトを使うとよいです。
どこの指でどこのキーを入力するか指示表示があるソフトもあります。
確認をしてから購入するとよいと思います。

ブラインドタッチを練習するコツ

①最初は指をずらすように打つ

ブラインドタッチをするときは、指をあげるのではなく指をずらすように移動するとよいです。

②Enterキーからホームポジションに戻る練習をする

キーボードの中心部分を押すときはいいのですが、キーボードの端付近にあるEnterキーは少し遠いので、必ず入力移動したときにホームポジションに戻るように練習をしたほうがよいです。

③Bのキーは右手の人差し指で打ってもOK

Bのキーは右手の人差し指に近い位置でもありますので、場合によっては右手の人差し指を使うとよいです。

ブラインドタッチが上達するコツ

①動かし方を身体で覚える

タイピングやブラインドタッチを練習するとき、本を見て考えるところから始める方がいらっしゃいますがそれでは上達しません。初めての方は頭でおべえる前にタイピング練習ソフトで実践をすることです。タイピングやブラインドタッチは身体で覚えないと身につきません。

②毎日入力の練習をする

たった3分でもいいので毎日入力することが大事です。どんなに短い時間でも毎日することが大事です。
どんな短い時間でも毎日するこが、ブラインドタッチができるようになる秘訣です。

タイピングで右手の小指が痛くなってどうしても小指が使えないとき方は

①左手はホームポジション、右ては小指を使わない

日常で小指は他の指のサポートをすることが多いです。小指だけに力を入れることはあまりないので小指に負担がかかりやすいです。
タイピングで痛くなったら、無理をせず他の指を使ってカバーすることが大事です。

②薬指までにとどめることで問題解決

ホームポジションは、あくまでも基本です。
基本を忠実にすることは、大事ですが痛い指を無理して動かすこととは違います。
時には。他の指を使ってタイピングする応用が大切です。

③キーボード入力はピアノ演奏に通じるかもしれない

ピアノ演奏もタイピングに似たようなところがあります。

指をふるに使いますので小指に負担がかかります。しかし、ピアノの鍵盤はキーボードより重く押す力が必要ですのでタイピングより大変です。

しかし小指も上手に活躍していますので、だからこそ演奏中の小指の使い方が参考になるのではないでしょうか?

まとめ

タイピングやブラインドタッチは最初難しいように思いますが、なれてくると言葉を話すようにスムーズに入力することができます。