タイピング

タッチタイピングではバックスペースをどの指で押すの?文字以外のキーに対する指使いを解説!

更新日:

バックスペースをどの指で押すのかを紹介している女性の画像

タッチタイピングと指のポジション

タッチタイピングとは、キーボードに書かれた文字表示を確認せず、パソコン画面を見ながら入力を行うタイピング手法のことです。

別名「ブラインドタッチ」とも呼ばれます。

タッチタイピングで重要なのは、常にホームポジションと呼ばれる位置に指を置くことです。

ホームポジションの位置から各キーの位置関係や距離を把握することで、キーボードを見ないでも正しく文字を打てるようになるのです。

タッチタイピングの指使いモデル図には「文字キーをどの指で打つか」が明確に書かれています。

ホームポジションからみて、動かしやすい指をキー上に配置しているのです。

ところが、これらの図では文字以外のキーをどの指で打てばよいのかは曖昧になっていることが多いです。

キーボードには文字を消すバックスペースや入力内容を確定するエンターなどがあります。

これらは文字キーではないですが、文章を入力する上では不可欠な存在です。

文字キー以外はどの指で押すのが良いのでしょうか。

タイピングをする時のキーボードの絵

タッチタイピングとバックスペース(Backspace)

タッチタイピングのホームポジションから見て、バックスペースは右手の上部にあります。

そのため、バックスペースは基本的には右手の一番右に来る小指で押すことになっています。

ただし小指を右上にまで伸ばしてキーを押すのはなかなか難しいので、右手をキーボードの端まで移動させたうえで、薬指で押す人もいます。

ホームポジションから手首を動かさず、キーボードの右上に手を移動させれば、大体薬指でバックスペースを押すことができます。

手がかりになるのはエンターです。エンターは他のキーより大きいので目標とするのに最適です。

右はじの一番大きなキー(エンター)の真上がバックスペースになります。

なお、昔のWindowsではコントロール(Ctrl)+Hキーでバックスペースの変わりができたのですが、今ではこのショートカットは「置換」の機能に置き換わって使えなくなっています。

タッチタイピングとエンター(Enter)

タッチタイピングのホームポジションから見て、エンターは右側にあります。

タッチタイピングにおいては、エンターはバックスペース同様に右手の子指で押すとされています。

エンターは右端という分かりやすい位置にあり、加えてキーの大きさも大きめです。

動かしずらい子指でもさほど打鍵に問題はないはずです。

また手の動きが若干オーバーしてしまって薬指で押してもタイピングにそれほど支障は出ないでしょう。

タッチタイピングとデリート(Delete)

カーソルの前の文字を消すバックスペースに対し、カーソルの後の文字を消すのがデリートです。

デリートもバックスペースと同じくホームポジションから右上にあたりますので、右手小指で押すことになっています。

キーの位置的に薬指でバックスペースを、子指でデリートを押すと使い分けている人もいます。

ただデリートの位置はバックスペースに比べて少し遠く、打ちづらいです。

また文字の入力間違えを修正するために頻繁に使用するバックスペースに対し、デリートを使う機会は少ないのではないでしょうか。

ホームポジションの崩れが気になる場合は、頻度の低いデリートならキーボードを見ながら打ってもさほど問題はないでしょう。

タッチタイピングとタブ(Tab)

タブは文字と文字の間に一定の空白を挿入したり、行頭にインデントをつける時に使えるキーです。

ホームポジションの左上の位置にあるため、タッチタイピングでは基本的に左手子指で打つことになっています。

ただしタブの機能は、文章を打つ上ではバックスペースやエンターほど使用頻度が高くなく、空白を挿入する機能はスペースでおおむね代用することができます。

たまに使いたいときはキーボードの表示を確かめてから打鍵しても良いでしょう。

タッチタイピングとスペース(Space)

スペースキーはホームポジションでは両手の親指が担当することになっています。

スペースはキーが大きいので、あまり繊細な動きができない親指でも間違いなく押すことができます。

では、スペースは右手の親指で押すべきか、左手の親指で押すべきか、どちらでしょうか。

スペースは文字キーを打つ合間に押すものですので、直前に右手を使って文字キーを打った(右手がホームポジションから遠くなっている)なら、左手の親指で打つと速いです。

逆に左手を使って文字キーを打った直後なら、右手親指を使うとよいでしょう。

ただし、利き腕の関係などもありますから、自分が打ちやすい方を使えば大丈夫です。

タッチタイピングとシフト(Shift)

シフトはローマ字入力モードの時にアルファベットを入力したり、各種ショートカット機能を使うときに重宝するキーです。

文字キーではありませんが、案外使用頻度は多いのではないでしょうか。

シフトキーはタッチタイピングでは左手小指もしくは右手小指で押すことになっています。

ホームポジションで左手小指の位置は「A」、右手小指の位置は「+」になっており、これはシフトキーにかなり近い位置です。

シフトキーは左右両方にあるので、状況に応じて打ちやすい方を使いましょう。

ただ左手小指の方がシフトキーに近いので、左手を使った方が若干打ちやすいかもしれません。

ホームポジションから少しだけ移動すればシフトキーを小指で打つことができるので、さほど難しくはないでしょう。

タッチタイピングを習得するまでの時間はどれぐらいかかる?

タッチタイピングを習得するまでの時間は、何を目標にしているかによって変わってきます。

速度を気にせず下を見ないでタイピングできるようになるレベルでしたら、1日6時間程度で達成可能です。

スピードアップが目的なら、もっと時間がかかります。

身に着けたい速度や個人によって差がありますが、1日10~15分の練習を数週間~1ヶ月程度続けてみてください。

ブラインドタッチ練習方法|超初心者でも1日でマスターできる方法公開

今回の記事は「ブラインドタッチ練習方法|タイピングを1日でマスターする技公開」について書いております。
出来るようになりたいけど、練習の方法が分からない方が多いと思います。
練習方法を動画付きで詳しく解説してみました。

続きを見る

スピードアップをしているかどうか確かめるにはタイピングゲームを利用すると便利です。

タッチタイピングが無料で練習出来るパソコン講師オススメ10選

この記事では無料で遊べるタイピングゲームを10個ご紹介します。ブラインドタッチのやり方が覚えたい方は別記事に書いているので下記をご覧ください。

続きを見る

仕事で特技になるレベルを目指すというと、さらに時間がかかります。

与えられた例文をタイプするというだけでなく、頭で考えた内容を直接タイプする技術が必要になるからです。

このレベルを身に着けるには、ブログやSNSの利用を通じて定期的にオリジナルの文章をタイプする機会を作っていくとよいでしょう。

またパソコンを触る機会が少ないと、一度身に着けたはずのタッチタイピングをまた忘れてしまうこともあります。

習得したと思っても油断せずに、タイピングを続けていきましょう。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-タイピング
-

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.