Windows基本操作 タイピング ブログ

ブラインドタッチが出来ないと事務や仕事が出来ない?2つの解決方法

更新日:


ブラインドタッチが出来ないと事務や仕事が出来ない

パソコンが使えたとしても、パソコンの使用歴が長かったとしても、ブラインドタッチが出来ない人という方は多いかと思います。

事務職が最も、イメージが強いですが「仕事に就きたい」とか「事務職に限らず、パソコンを仕事で使うような人」だと実際にはどうなのか?という疑問もあるかと思います。

皆、ブラインドタッチはマスターされてるのものなのでしょうか?

また「自分はブラインドタッチできないけど、どうしたら良いのか?」という疑問点のお話を「パソコン教室講師」という立場の私がお話したいと思います。

そもそも「タッチタイピング」と「ブラインドタッチ」はどう違うの?

基本的には同じ意味合いです。

昔は「ブラインドタッチ」と言っていましたが、差別用語につながるということで「タッチタイピング」に名称が変更になりました。

詳しくは別記事に書いております。

パソコンのタッチタイピングとブラインドタッチの意味と違いを解説

そもそもタッチタイピングとは?

よくある勘違いなのですが、そもそも「タッチタイピング」と言うのは「速く打つ」と言うことではありません。

「見ずに入力する」事を言います。

よく勘違いされるのは「タッチタイピング=スピードもめっちゃ早い」と言う風に勘違いされてる方が非常に多いのですが、そうではありません。

単純にタッチタイピングの下を見ずに打つことができるこれを「タッチタイピング」といいます。

とはいっても、ここで言うところの意味合いで言うと「見ずに入力する」また「スピードもある程度速い方が良い」といった意味合いになるでしょう。

後ほど、それらも踏まえた解決策をお話します。

タッチタイピングはなぜ事務職や仕事で重要なのか?

 

タッチタイピングができないと事務の仕事はできない

基本的にはタッチタイピングができないと事務の仕事はできないと思います。

また、事務に限らず、新しく再就職をしたいと言うように思っていたとしても、タッチタイピングができないと基本的には仕事ができません。

タッチタイピングが必要な理由というのは、単純に仕事の作業量がはかどるからです。

タッチタイピングができないっていう状態を考えてみてもらいたいのですが

「下を見ながら入力」

「再度画面を見る」

「また下を見ながら入力」

この繰り返し

このような方に仕事を任せたいでしょうか?

基本的に仕事がはかどるとは思えません。

企業というのは「いかに効率よく仕事をするか?」というのが大切なんです。

日常で置き換えて考えてみましょう

例えば、あなたが誰かに「料理を作ってください」と依頼をしたとします。お金を払ってですよ。

その時に「フライパンを恐る恐る触って、包丁の手つきもぎこちなくて」って言う人を見ながら「この人にお金払ってよかった」と思えますか?

自分の変わりに料理を作ってもらいたいって言う人が、自分よりも料理が下手で、技術もないってなるとちょっと困りますよね。

入力が出来ないと仕事にならない

タッチタイピングできずに事務職に作って言うのはこういうことです。

このように、「タッチタイピングができる」っていうのは、「基本的な仕事の作業の前段階の話」で、「入力ができない」とそもそも仕事にならないってことなんですね。

なので、そういったことを覚えておかないと就職がしにくいと言うことです。

タッチタイピングが出来ない方が就職するための解決策1

タッチタイピングができなくても良い職場を探すという事です。

そうです、無理なんです。仮に就職できても長続きしないです。自分が辛いだけです。

タッチタイピングを使わない仕事だと、基本的には事務職やオフィスワークは、まず難しいと思います

なので、パソコンを主にあまり使わない仕事にしましょう。

「ショップの販売」「ファミレスの店員」「コンビニの店員」そういったところで働くことを考える方が良いでしょう。他にもあるかもしれません。パソコンをあまり使わない仕事を選ぶほうが良いと思います。

タッチタイピングが出来ない方が就職するための解決策2

タッチタイピングをマスターする

「タッチタイピングをマスターする」これです。

単純な話です。タッチタイピングが出来ないならタッチタイピングを覚えればよいのです。

私は「どうしてもやっぱり事務職につきたい」と言う感じであれば、まずは、タッチタイピングを覚えることが必要かと思います。

タッチタイピングをマスターしないと仕事が出来ない

わがまま言っても仕方ありません。やっぱりタッチタイピングができないと仕事ができないのです。

採用されないんであればそれをやるしかないと思います。

実は、タッチタイピングってなそんなに難しい話ではないんです非常に簡単なんです。

例えば、当パソコン教室では「1日でマスター」なんて講座も行なっていますので。絶対に誰でもできます。

指がうまく動かない時の対処法

指が動かないという方が多いかと思います。

指だけを動かそうとするとうまくいきません。

手全体を動かすと入力がスムーズになります。

詳しくは別記事で書きました。下記をご覧ください。

ブラインドタッチ|指が動かない原因と対処法|タッチタイピング

タッチタイピングを覚えるコツ

スピードは後回しです

指の位置も考えて、スピードを追うというのは非常にしんどい作業です。

まずは、指の位置だけ考えましょう。

スピードは、後回しです。

自然と身についてきます。

まずは、指が下を見ずに自然と入力できるようになってから、スピードの事を考えましょう。

ちなみに「タッチタイピング」と「速さ」っていうのは、全く違うお話です。

タッチタイピングを覚えた後にスピードを身につける

タッチタイピングを覚えたからといってスピード速くなると思ったら間違いです。

まずは「タッチタイピング」なんです。

タッチタイピングと言うのはスピードを上げることではなくて「下を見ずに入力する」事を言います。

まずは下を見ずに打つことができて、それが出来るようになってから、初めて「スピードに力」を入れます。

後は、どんどん速さをやっていけば良いのです。

ですが、まだ覚えていないにもかかわらず速さを求めると変に他の指が動いてうまく入力できません。

詳しくは別記事で書きました。

ご参考になさってください。

ブラインドタッチのコツ|出来ない人が1日で出来る為の上達方法

ゲーム感覚で楽しく行なう

単に練習するだけではつまらないので「ゲーム」も一部に取り入れると良いでしょう。

人気のゲームソフトは別記事にまとめました。

人気のブラインドタッチ練習ソフト!10選

まとめ

今回は、事務職とブラインドタッチについて書いてみました。ご参考にしてもらえたと思います。

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国から、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


-Windows基本操作, タイピング, ブログ

Copyright© パソコンの悩みを解決できるパソコン教室キュリオステーション|パソコンスクール , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.