Windows基本操作 タイピング パソコン基本操作 ブログ

パソコン・PCでキーボードのホームポジションに慣れるコツと練習方法

更新日:

「キーボードを速く打てるようになりたい」

「ブラインドタッチができるようになりたい」

と思っている方は多いと思います。とはいっても、いきなりでは難しいです。まずは、ホームポジションをマスターする事が重要です。

このホームポジションをマスターすれば、相手の目を見て話を聞きながら、パソコンで文章を作成することも可能です。文章丸写しするという事も可能です。今回は、ブライドタッチには必要不可欠なキーボードのポジションについて解説していきます。

キーボードのホームポジションとは?

キーボードは「指をおく位置」というのが決まっています。その位置において、文字を入力していきます。その中で「常に戻ってくる場所」のことを「ホームポジション」って言います。

「ホーム」というのは「家」の事。

「ポジション」というのは「位置」の事。

直訳すると「家の位置」です。「家」って必ず戻ってきます。その位置に必ず戻そうって位置なんですね。

この「ホームポジション」に戻ってくることが「ブラインドタッチ」の習得をもっとも早くするコツです。

キーボードには突起物がついている

キーボードには自然と下を見なくても、指の位置を配置できるように「突起物」が付いてます。

そのボタンは「F」と「J」です

 

左の指は「F」

左の指は「F」です。その位置において、自然と横に指を順々に置いていってください。

「D」が中指

「S」が薬指

「A」が小指

というように置けるかと思います。

右の指は「J」

右の指は「J」です。

自然と

「K」が中指

「L」が薬指

「;」が小指

と指がおけるかと思います。

ホームポジションとは

これがホームポジションです。

「A」「」「S「D」「F」「G」「H」「J」「K」「L」「;」

これらがホームポジションの位置です。

「左手がF」「右手がJ」に置けたら、自然とその横に真横に指を置いて行きます。

その場所を「ホームポジション」といいます。

ホームというのは「家の事」「家」には必ず戻ってきますね。その戻ってくるところをホームポジションと言います。

突起物がついている

基本的に「F」と「J」には突起物がついています。下を見なくても入力できるようにする為です。

その後順番に指を置いていくと、良いです。その位置がまさに「ホームポジション」です。

ちなみに人指し指は2列使います。

ブラインドタッチのコツは手全体を動かして、必ず一文字ずつ戻ってくる

最初のうちは「手全体を移動させる」という癖付けをしていくと良いでしょう。そうすれば、「指がつった」とか言う事もなくなるでしょう。

また、一文字入力して「手が行きっぱなし」にならないようにしましょう。必ず戻すという事を行なっていくと、良いです。それでこそ、ホームポジションの意味が出てきます。

まとめ

今回は「ホームポジション」についてお話をしました。ぜひ参考になさってください。

ブラインドタッチが早く覚えたい方は別記事を書いております。

ブラインドタッチ出来ない人が1日習得・上達出来るお勧め練習とコツ

 

LINE@はじめました^^ タイピング情報も満載

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。広島以外からも、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


-Windows基本操作, タイピング, パソコン基本操作, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.