今回は「パソコンのブラインドタッチとタッチタイピング」の意味と違いについてお話をしてみたいと思います

タッチタイピングとブラインドタッチはどう違うのか?

結論は一緒です。

終わり。

それでは少ないので、もう少しお話をします。

そもそも「タッチタイピング」や「ブラインドタッチ」ってどういう意味なのか?

そもそも「タッチタイピング」や「ブラインドタッチ」と言うのはどういう意味なのか?

「文字を入力するときに、キーボードを見ずに前だけを向いて入力すること」をいいます。

ブラインドタッチの意味合いは?

その通り「ブラインド」=「見ず」に「入力」=「タッチ」することをいいます。

ですが、ブラインドと言う意味には盲目と言う意味が含まれています。昔は、ブラインドタッチで良かったのですが、今はそういった差別的な用語になると言うことでブラインドタッチと言う言葉を使わなくなってきました。

そこで出てきたのが「タッチタイピング」です。同じ意味なんですね。場所によって使い分ける方が良いでしょう。といっても今は無理ブラインドタッチと言わないのでたちタイピングと言う方が正しい使い方になります。

 

LINE@はじめました^^ タイピング情報も満載

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。広島以外からも、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!