タイピング

タッチタイピングで親指はどう使えばよいのか正しい方法を解説します

更新日:

タッチタイピングで親指はどう使えばいいのかを紹介している女性の画像

今回はタッチタイピングで親指をどう使えばよいかのお話をします。

親指ってタイピングの時に使った方が良いのか、使わなくても良いのかがわからないと言われる事が多いです。

その辺りの疑問点を解決していきます。

タッチタイピングとは

パソコンのキーボードには英字とひらがなが振られており、キーボードを見れば誰でもタイピングができるようになっています。

しかし、キーボードを見ながらの入力はとても時間がかかります。

その上パソコンの画面とキーボードを交互に見なければならないため、ミスが多くなりがちで、目も疲れてしまいます。

そこでお勧めなのがタッチタイピングです。

タッチタイピングとはキーボードを見ないで、パソコンの画面だけを見ながらタイピングを行う方法です。

別名ブラインドタッチとも呼ばれます。

タッチタイピング身に着けると指がキーの位置を覚えてしまうので、「この文字はどの場所だろう?」と考えることもなく、自然と指が動くようになります。

これはピアノ奏者が鍵盤を見ないで曲を奏でることができるのと同じです。

タッチタイピングとホームポジション

タッチタイピングで重要になるのは、ホームポジションとよばれる「最初に手の指を置く位置」です。タッチタイピングの練習では、まずホームポジションを覚えることから始めます。

ホームポジションは「一度キーを打ったら必ず戻ってくる手の位置」でもあります。

ホームポジションから各キーまでの位置関係を指に覚えさせることで、キーボードを見ないでも文字が入力できるようになるのです。

ホームポジションでの親指の位置

それではホームポジションにおける親指の位置はどこになるのでしょうか。

人差し指、中指、薬指、子指をホームポジションに置くと、親指は自然とスペースキーの上に来るはずです。

これは、右手親指でも左手親指でも同じです。

ホームポジションに構える時は、親指以外の指をまず指定の位置においてから、親指をスペースキーの上に軽く載せるようにすると楽です。

タッチタイピングでの親指の役割

タッチタイピングでは、1本の指がたくさんのキーを担当することになります。

ただし、動かしにくい親指の役割は、1つだけ。

ホームポジションに構えたときに指を置いたスペースキーを打つことです。

スペースキーはひらがなの文字を漢字に変換するという機能があります。

役割は1つとは言え、親指はとても大切な仕事をしているのです。

スペースキーを打つのは左手親指?右手親指?

親指でグッドとしている写真

ホームポジションに構えたとき、スペースキーには左手親指と右手親指の2本がのっています。どちらの指でスペースキーを打てばよいのでしょうか?

スペースキーを打つのが左手親指か、右手親指か、実は明確な決まりはありません。

利き腕の指で打つことが推奨されていますが、逆の手の方が打ちやすい場合はそれでも構いません。

例えば右利きの人でも、右手でホームポジションから遠いエンターキーや長音符(-)を打った後に、同じ手でスペースキーを打つのはタイムラグが生じます。

そんな時は左手でスペースキーを打鍵した方が楽です。

スペースキーを右手親指で打つか左手親指で打つかは、自分の手の動きの癖と状況に応じて判断しましょう。

親指の位置はスペースキーから離れてもよい?

両手親指の位置をスペースキーの上に置くのは、ホームポジションの基本の形です。

親指の位置がスペースキーから離れるということは、ホームポジションが崩れているということです。

ホームポジションが崩れてしまうと、タッチタイピングでのミスが多くなってしまいます。

親指はなるべくスペースキーの位置から離れないようにしましょう。

とはいえ、打つキーの位置によってはどうしても親指がスペースキーから外れてしまうことがあります。

しかし、タッチタイピングに慣れてくると、ホームポジションの位置から指が離れても無意識かつ瞬間的に指がホームポジションに戻るようになります。

無理に親指の位置を固定しようとするのではなく、一度離れてもすぐにスペースキーの上に戻ってくるように手に覚えさせることが大事です。

親指でスペース以外のキーを打ってもよい?

タッチタイピングで親指の役割はスペースキーを打つことでした。

しかし、スペースキーの周りには、bやn等の文字があります。

これら文字キーを親指で打つこともできそうです。

しかし、基本的に文字キーを親指で打つのはあまり良いことではありません。

親指で文字キーを打つことで、ホームポジションの位置が崩れ、キーの位置全体の認識がずれてしまいます。

自己流でタイピングを行っていると、親指に変な癖がついていることがあります。

親指に文字キーを打つ癖がついているときは、正しいタッチタイピングの方法を根気よく指に覚えさせ、矯正していくことが大切です。

親指の付け根が痛いときは要注意?!

肘を痛がっている人形の写真

スペースキー1つのみを担当して、ホームポジションから動かない親指。

しかし日本語でタイピングする以上、必ず漢字変換の操作は必要であり、そのためにはスペースキーを何度も打つ必要があります。

親指が活躍する機会はとても多いのです。

そのため、長時間のタイピングを続けると親指の付け根が痛み出すことがあります。

この親指の付け根の痛みは「パソコン腱鞘炎」の始まりです。ほおっておくと、指全体に痛みが広がり、箸を動かしたり、ズボンの上げ下げができなくなるなど日常生活に深刻な被害が及びます。

親指の付け根が傷みだしたら、極力手を休め、サポーターなどで手を固定しましょう。

あまりに痛みがひどい場合は整形外科の受診も検討してください。

タッチタイピングを習得するまでの時間はどれぐらいかかる?

タッチタイピングを習得するまでの時間は、何を目標にしているかによって変わってきます。

速度を気にせず下を見ないでタイピングできるようになるレベルでしたら、1日6時間程度で達成可能です。

スピードアップが目的なら、もっと時間がかかります。

身に着けたい速度や個人によって差がありますが、1日10~15分の練習を数週間~1ヶ月程度続けてみてください。

ブラインドタッチ練習方法|超初心者でも1日でマスターできる方法公開

今回の記事は「ブラインドタッチ練習方法|タイピングを1日でマスターする技公開」について書いております。
出来るようになりたいけど、練習の方法が分からない方が多いと思います。
練習方法を動画付きで詳しく解説してみました。

続きを見る

スピードアップをしているかどうか確かめるにはタイピングゲームを利用すると便利です。

タッチタイピングが無料で練習出来るパソコン講師オススメ10選

この記事では無料で遊べるタイピングゲームを10個ご紹介します。ブラインドタッチのやり方が覚えたい方は別記事に書いているので下記をご覧ください。

続きを見る

仕事で特技になるレベルを目指すというと、さらに時間がかかります。

与えられた例文をタイプするというだけでなく、頭で考えた内容を直接タイプする技術が必要になるからです。

このレベルを身に着けるには、ブログやSNSの利用を通じて定期的にオリジナルの文章をタイプする機会を作っていくとよいでしょう。

またパソコンを触る機会が少ないと、一度身に着けたはずのタッチタイピングをまた忘れてしまうこともあります。

習得したと思っても油断せずに、タイピングを続けていきましょう。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-タイピング
-

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.