タイピング

タッチタイピングをするときは手首をつけるべき?手首を浮かせるべき? 

更新日:

タッチタイピングをするときのコツを紹介している女性の画像

タッチタイピングをする時の基本姿勢

タッチタイピングをする時は、椅子に深く腰掛け、背中をしっかり伸ばすのが基本姿勢です。

手はホームポジションに置いて、軽く指を曲げます。

自然と手のひらが卵を持つように丸まるはずですが、無理に指に手を入れる必要はありません。

両手親指はスペースキーの上に添えます。

このような基本姿勢で指先をキーボードの上に置いたとき、手首はキーボードの手前につくことも、浮かすこともできます。

どちらのポジションがタッチタイピングにふさわしいのでしょうか。

手で押さえようとしている写真

,タッチタイピングをする時の手首の位置

タッチタイピングで手首をついた場合と、手首を浮かした場合のメリットとデメリットを具体的に見てみましょう。

2-2.手首をつく場合のメリット・デメリット

メリット

手首をついてタッチタイピングを行うときのメリットは、手の動きが安定することです。

タイピングを行うとき指はキーボードから頻繁に離れますが、手首をついていることで全体の動きがぶれにくくなります。

特にタッチタイピングになれておらず、ホームポジションの位置がまだあやふやな初心者の間は手首をついてタッチタイピングの練習をした方がやりやすいでしょう。

もう1つのメリットは、手や腕が疲れにくいことです。

手や腕にかかる重力を自分の力で支える必要がないので、長時間のタイピング作業には手首をつけたほうが楽です。

タイピングに費やす時間が長い人は手首をつけてのタイピングがお勧めです。

ただし手首をつくことで姿勢が悪くなると、逆に疲れやすくなってしまうので気を付けましょう。

デメリット

手首をついてタイピングを行うと、指の可動域がどうしても狭くなってしまいます。

指の位置がキーボード手前に集まってしまうため、キーボードの端にあるキーを打鍵するときどうしても届かないこともあるでしょう。

ローマ字入力でタッチタイピングを行っているときは、キーボードの最上段(数字キー)はあまり出番がないため、手首をついていてもさほど不自由を感じないかもしれません。

ただし、かな入力をする場合は「あ」や「お」など、重要な文字キーが上段にも配置されているので、打ちにくく感じる可能性があります。

手首を置く位置について

手首をついてタイピングを行う場合、手首を置く位置はどこが良いのでしょうか。

ノートパソコンの場合、キーボードの手前にあるタッチパッドスペースに手首をつくことになります。

この際タッチパッドが誤作動しないよう、外部接続マウスを使用し、タッチパッドを無効にしておくとよいでしょう。

デスクトップパソコンの場合は、キーボード手前の机の上に手首をつくことになります。

しかしデスクトップパソコンに備え付けられたキーボードの中には、厚みがあって机との段差が大きいものもあります。

机とキーボードの高さに差があると、手が反り返り、手首にかかる負担が大きいです。

この状態が続けば、手首を痛めてしまうかもしれません。

私用パソコンならキーボードを薄型のものに変えることもできますが、会社の備品ではキーボードを取り換えてもらうことは難しいでしょう。

そんな時お勧めなのが、パームレストです。

パームレストは手首や手のひらをのせて休めるクッションで、キーボード手前において使います。

机と段差のあるキーボードでも、パームレストを使えば手首の負担を軽減することができます。

パームレストとしては低反発素材でできたもの、ジェル素材で作られたものなど様々な商品が発売されています。

自分に合った一品を探しましょう。

手首を浮かすときのメリット・デメリット

メリット

手首を浮かしてタイピングを行うメリットは、広い範囲で指を動かせることです。

ホームポジションから遠いキーを打鍵することも、手の向きを変えることも自由にできます。

上段のキーを打つことが頻繁に求められるかな文字入力では、手首を浮かした状態でのタッチタイピングの方がやりやすいといえるでしょう。

なお、手首を浮かしたタイピングでは指や手の動きに制限がなくなるので、打鍵スピードが速くなるという人もいます。

デメリット

手首を浮かしてのタイピングは動きの軸がなくなるため、指の位置がバラバラになってしまう可能性が高いです。

特にタッチタイピングに慣れていないうちは、ホームポジションから指を移動させたとき、今どこに指を置いているのかわかなくなってしまうこともあります。

指の位置が分からなくなると、タイピングミスが増えてしまいます。

また手や腕を自分の力で支えなければならないため、疲れやすくなります。

長時間タイピングをする仕事の場合は、きつく感じてしまうかもしれません。

基本はどちらでも問題ない

キーボードを入力している写真

結論をいえば、タッチタイピングをするとき手首の位置を浮かした方がいいか、浮かさない方がいいかという問題に絶対的な正解はありません。

タイピング後にスムーズにホームポジションに戻ってこれるならば、どちらの構え方でも問題ないといえます。

ただし、手首をつく場合と手首を浮かす場合では、ともにメリット・デメリットが存在します。

タイピングをする状況やタイピングの習熟度から、自分に合った手首のポジションを選んでみましょう。

タッチタイピングを習得するまでの時間はどれぐらいかかる?

タッチタイピングを習得するまでの時間は、何を目標にしているかによって変わってきます。

速度を気にせず下を見ないでタイピングできるようになるレベルでしたら、1日6時間程度で達成可能です。

スピードアップが目的なら、もっと時間がかかります。

身に着けたい速度や個人によって差がありますが、1日10~15分の練習を数週間~1ヶ月程度続けてみてください。

ブラインドタッチ練習方法|超初心者でも1日でマスターできる方法公開

今回の記事は「ブラインドタッチ練習方法|タイピングを1日でマスターする技公開」について書いております。
出来るようになりたいけど、練習の方法が分からない方が多いと思います。
練習方法を動画付きで詳しく解説してみました。

続きを見る

スピードアップをしているかどうか確かめるにはタイピングゲームを利用すると便利です。

タッチタイピングが無料で練習出来るパソコン講師オススメ10選

この記事では無料で遊べるタイピングゲームを10個ご紹介します。ブラインドタッチのやり方が覚えたい方は別記事に書いているので下記をご覧ください。

続きを見る

仕事で特技になるレベルを目指すというと、さらに時間がかかります。

与えられた例文をタイプするというだけでなく、頭で考えた内容を直接タイプする技術が必要になるからです。

このレベルを身に着けるには、ブログやSNSの利用を通じて定期的にオリジナルの文章をタイプする機会を作っていくとよいでしょう。

またパソコンを触る機会が少ないと、一度身に着けたはずのタッチタイピングをまた忘れてしまうこともあります。

習得したと思っても油断せずに、タイピングを続けていきましょう。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-タイピング
-

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.