エクセル・VBA

Excel(エクセル)|VLOOKUP関数とは?|使い方を徹底解説

Excel(エクセル)でvlookup関数について解説

今回の記事はExcel(エクセル)のVLOOKUP関数についてお話します。

苦手な方専門のパソコン教室

VLOOKUP関数とは?

VLOOKUP(ブイルックアップ)関数は、縦方向に表のデータを検索して、値を返す関数になります。

VLOOKUP関数のほかに、HLOOKUP(エイチルックアップ)関数やXLOOKUP(エックスルックアップ)関数があります。

VLOOKUP関数縦(Vertical:垂直)方向に表を検索して、値を返します。
HLOOKUP関数横(Horizontal:水平)方向に表を検索して、値を返します。
XLOOKUP関数VLOOKUP関数の改良版で、VLOOKUP関数よりもさらに効率よく検索を行うことができます。
ただし、Microsoft 365 ユーザー向けにリリースされており、Office365に加入しているユーザーまたはExcel2021しか使用できません。※2019以前のバージョンは未対応です。

 

VLOOKUP関数は、ビジネス シーンでも非常に使用頻度が高く、実務で必須のスキルと言えます。

しかし、「VLOOKUP関数がよくわからない」「やってみたけどうまくいかない」「エラーになる」とお困りの方も非常に多いです。

今回は、VLOOKUP関数の使い方はもちろん、うまくいかない原因や対処法、エラーになる原因も詳しく解説します。

VLOOKUP関数の画像解説

まずは、ザックリとVLOOKUP関数ってこんな関数なんだというイメージをわかりやすいイラストで解説しています。

下記を開いてご覧ください。

VLOOKUP の構文はこちら

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索の型)

検索値何に対応するものを探したいのか、どのデータを使って検索するのか
範囲どの範囲から検索してほしいのか
列番号指定した範囲の左から何列目にあるものを検索するのか
検索の型ピッタリ同じものを探すのか、近いものを探すのか

このような感じになります。

関数が苦手な人は、こういった構文の「検索値」という単語から「ん?」となることが多いので、自分にわかりやすい言葉に置き換えて嚙み砕くとわかりやすくなります。

実際に関数を挿入して、どのような手順で使うのか解説しますね。

VLOOKUP関数の使い方(直接入力)

下記の例で紹介しますね。

セルA2に商品コードを入力したら、セルB2に商品名が自動で表示されるよう、セルB2にVLOOKUP関数を挿入します。

VLOOKUP関数の説明

 

①関数を挿入したいセルを選択して、関数を入力する

 

VLOOKUP関数の説明

 

セルを選択したら、半角で「=vl」と入力し、「VLOOKUP」をマウスでダブルクリック、またはキーボードの「Tab」キーを押し、関数を確定させます。

★ポイント①
入力は半角で行います。全角で入力した場合、関数の候補の一覧が表示されませんし、入力も難しくなります。

★ポイント②
関数の入力は、小文字でOK!わざわざ大文字で入力しなくても関数を挿入したら自動的に大文字になるので、小文字でOKです。

★ポイント③
「=v」だけでもいいのですが、「V」が付く関数が多いので、表示される候補も多くなります。関数を入力するときは、2~3文字入れてあげると、候補が絞り込まれ操作もしやすくなります

 

VLOOKUP関数の説明

 

ダブルクリック、または「Tab」キーで関数を確定させると、「=VLOOKUP( 」と表示されます。

これで準備は完了です。

※ちなみに、関数は一覧からの選択ではなく、自分で手入力することももちろん可能です。
その際は、「=VLOOKUP( 」と関数の後ろのカッコまで入力しましょう。

 

②検索値を選択する

 

VLOOKUP関数の説明

 

今回は、セルA1に入った商品コードに対応する商品名を表示させたいので、セルA1をマウスでクリックします。

セルをクリックすることで、自動的にセル名が入力されます。

★ポイント①
セルの入力は、マウスでセルを選択して行いましょう。もちろん「A1」と手入力も可能ですが、数式や関数でセルを手入力すると、効率も悪いですし、入力ミスが起こる可能性もあるので、マウスの使用がオススメです。

★ポイント② ※重要※
VLOOKUP関数に慣れていない人に一番多いミスはここです。「商品コードを選ぶ」ということは、うろ覚えでわかっているのですが、ついつい目立っている表の方を選択してしまう方が非常に多いです。
例の場合、セルA1を選択するというのが正しいですが、セルA5を選択してしまうミスが非常に多いです。
ですので、ここで覚えておくべきことは、「表は"範囲"でしか選択しない」ということです。

 

VLOOKUP関数の説明

 

手入力で関数を挿入する場合、それぞれの引数の間を半角のカンマで区切る必要があります。

キーボードで半角カンマを入力しましょう。

 

③範囲を選択する

 

VLOOKUP関数の説明

 

続いて、範囲選択ですが、ここで表を選択します。

今回は、セルC2の単価にも使えるように単価の列まで含めて選択しています。

★ポイント①
検索値となっている、商品コードも含めて範囲選択をしましょう。

★ポイント②
検索値が、左端に来るように範囲選択をしましょう。

 

VLOOKUP関数の説明

 

範囲選択ができたら、半角カンマを入力します。

 

④列番号を入力する

 

VLOOKUP関数の説明

 

列番号は、キーボードを使って直接入力します。

手順③で選択した範囲で、左から何列目に入っている値を返してほしいのかを、数字で入力します。

今回は、先ほど選択した範囲の2列目にある商品名を返してほしいので、「2」と入力します。

※単価を返してほしいときは、左から3列目にあるので、「3」と入力しましょう。

 

⑤検索方法を指定する

 

VLOOKUP関数の説明

 

手順④で列番号を入力し、半角のカンマを入れたら、検索方法が表示されます。

今回は、商品コードに完全に一致するものを求めたいので、「(FALSE)完全一致」をダブルクリック、または「Tab」キーを押しましょう。

 

VLOOKUP関数の説明

これで、すべての引数が揃い、関数が入力されたので、「Enter」キーを押しましょう。

 

VLOOKUP関数の説明

 

これで、商品コードに対応する商品名を自動で表示できるようになりました。

 

VLOOKUP関数の使い方(ダイアログボックス)

上記で説明した手順で、VLOOKUP関数の挿入は可能です。

しかし、関数が苦手な方、慣れていない方は直接入力が難しいと感じることもあるでしょう。

そんなときにオススメなのが、ダイアログボックスの使用です。

ダイアログボックスを使用することで以下のようなメリットがあります。

  • 入力する場所や内容がわかる
  • 引数の間に半角のカンマが自動で付く
  • 文字列には自動でダブルクォーテーションが付く
  • 間違っている時は先にエラーが表示される

直接入力すると、エンターを押して関数を確定するまで、合っているかの判断が付きませんが、ダイアログボックスを使用すると、合っているのかいないのかその時にわかるのでとても便利です。

では、ダイアログボックスを使用してVLOOKUP関数を使用する方法をご紹介します。

 

①関数を挿入したいセルを選択して、関数を入力する

 

VLOOKUP関数の説明

 

関数を入力する手順は、直接入力の時と同じ方法で行うことができます。

関数が入力出来たら、数式バーの左側にある「fx」マークをクリックしましょう。

「fx」をクリックすると、ダイアログボックスが開きます。

 

VLOOKUP関数の説明

 

②検索値を入力する

 

VLOOKUP関数の説明

 

検索値の入力欄にカーソルがあることを確認したら、セルA2をクリックします。

選択したセル番地が自動的に、ダイアログボックスの検索値の欄に入力されます。

同時に、数式バーにも同じようにセル番地が入力されます。

また、入力欄の下には、選択しているセルに入力することの説明や、操作をするうえで気を付けるべき内容が書かれています。

つまり、手順や関数のヒントを与えてくれている部分になります。

 

③範囲を選択する

 

VLOOKUP関数の説明

 

続いて、「範囲」の欄をクリックして、カーソルを移動させましょう。※ここ大事です。

入力欄を移動しないまま、次の操作に移ってしまうと正しく関数が挿入されません。

今回は範囲でセルA5からC10を選択します。

すると、自動的に範囲が入力され、半角カンマも自動で入ります。

それぞれの入力欄の右側には、そのセルやセル範囲を参照した結果の詳細が表示されます。

この時点で、誤った範囲を選択、または入力を行うと赤い文字でエラーが表示されますので、その時点で間違っていることがわかり、修正を早い段階で行うことができます。

 

④列番号を入力する

 

VLOOKUP関数の説明

 

列番号の入力欄に移動して、直接列番号の入力します。

 

⑤検索方法を指定する

 

VLOOKUP関数の説明

 

検索方法を「FALSE」または「TRUE」、もしくは「0」または「1」で入力します。

「0」や「1」で入力した場合、入力欄の右側に「FALSE」または「TRUE」と表示されます。

すべての欄を入力すると、その数式で返される結果が表示されます。

正しく入力出来ていることを確認したら「OK」をクリックしましょう。

★ポイント①
検索方法の入力は省略することができますが、ダイアログボックス内の検索方法の説明にあるように、省略すると「TRUE」を指定したのと同じことになりますので、完全一致で検索を行う場合は、必ず「FALSE」または「0」を入力しましょう。

 

VLOOKUP関数の説明

 

これで関数が正しく挿入されました。

 

ダイアログボックスなら、間違った入力をしたときにすぐにわかる

ダイアログボックスを使えば間違った入力をしたときにすぐに気づくことができるメリットがあります。

先ほどと同じ例で、今度は間違った参照をしてみましょう。

VLOOKUP関数の説明

範囲で、検索値となる列を選択せずに参照した結果です。

この場合、検索値に合う条件を見たいしてないので、該当するものがなく数式の結果が表示されません。

もちろん、このまま「OK」を押してもエラーになります。

 

VLOOKUP関数の説明

また、直接入力で同様に間違った入力を行った場合、Enterを押して関数を確定しなければ、間違っていることにも気付かないので、関数に慣れていない方、苦手な方はダイアログボックスを使用して関数を挿入する方がわかりやすく、間違いも少ないです。

半角のカンマなども自動で付くので、入れ忘れる心配もありません。

 

VLOOKUP関数の動画解説

下記では、パソコン教室の現役講師がVLOOKUP関数の使い方を動画でわかりやすく解説していますので、どうぞご覧ください。

 

苦手な方専門のパソコン教室

パソコン教室パレハのライン登録

ココがおすすめ

パソコン教室へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

    【 お名前 *必須

    【 携帯電話 *必須

     
    【 メールアドレス 】

    【 ご希望レッスン 】
    実店舗レッスンオンラインレッスン企業研修パソコン修理依頼

    【 都道府県名 & 市区町村名 &(あれば区名) 】

    【 ご質問などあればご記入ください 】

    お問い合わせいただきありがとうございます。送信ボタンを押した後、下に「内容を送信しました。ありがとうございます。」とでれば送信完了です。基本的には「090-9503-8923」の電話番号にておかけします。教室の内容についてご質問などあればお伺いできればと思います。

    お問合せリンク画像

    ココがおすすめ

    オンライン対応しております

    オンライン対応しております

    パソコン教室でのレッスン」も「Zoom(ズーム)」を利用した「オンラインレッスン」どちらも対応可能です。

    パレハのパソコンレッスンは、オンラインなのに「生で質問」出来るのが特徴です。

    詳しくは下記をご覧ください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハ直営校

    パソコン教室パレハ直営校

    ■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

    ■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

    ■ 広島市西区にあるパソコン教室パレハ横川校|マンツーマン教室

    ■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校・静岡市葵区伝馬町校

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハグループ加盟校

    自信をもってご紹介できるパソコン教室

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    ■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

    ■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

    ■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

    ■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

    ■ 福岡県福岡市中央区にある福岡市パソコン教室平尾校

    ■ 福岡県福岡市中央区にある 「福岡市パソコン教室平尾校」の公式サイトはこちら

    ■ 調布市にあるパソコン教室キュリオステーションつつじヶ丘店

    ■ 調布市にあるパソコン教室「キュリオステーションつつじヶ丘店」の公式サイトはこちら

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

    全国加盟校一覧

    全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

    ココがおすすめ

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室講座一覧はこちら

    パソコン教室講座一覧はこちら

    他にもパソコンの講座は多数ございます。

    詳しくは下記をご覧ください。

    パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

    ココがおすすめ

    パソコン教室に関連する情報はこちら

    こちらも是非ご覧ください

    さらに詳しく

    パソコン操作情報

    Excel(エクセル)対処法|数字がE+(1.23E+12)となった時

    Excel(エクセル)|チェックボックスの作成や削除する方法

    メールの画像

    メールはこちら

    ラインの画像

    LINEはこちら

    電話の画像

    お電話はこちら