エクセル・VBA

VLOOKUPでテーブルを使用して効率よく参照する方法

Excel(エクセル)|VLOOKUPでテーブルを参照する方法

今回の記事はExcel(エクセル)|VLOOKUPでテーブルを参照する方法についてお話します。

VLOOKUP関数で範囲を参照するとき、セル範囲を選択して参照する範囲を固定して指定することもできますが、テーブルにするともっと便利になります。

テーブルの使い方を詳しく紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

VLOOKUP関数に関する関連記事は下記をご覧ください。

Excel(エクセル)|VLOOKUPで完全一致の使い方

Excel(エクセル)|VLOOKUP関数で近似値の使い方

Excel(エクセル)|VLOOKUP関数とIF関数を使って複数条件を設定する方法


Excel(エクセル)の操作が苦手な方のために、操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

VLOOKUPでテーブルを参照する方法 画像解説

Excel(エクセル)|VLOOKUPでテーブルを参照する方法

Excel(エクセル)|VLOOKUPでテーブルを参照する方法

さらに詳しい解説

VLOOKUPで表をテーブルにして参照する方法

VLOOKUP関数テーブルの説明 VLOOKUP関数テーブルの説明

上記のように、表を参照してVLOOKUP関数を挿入したものの、エラーが表示されることがあります。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

このように、参照した表に行が追加されたことで、範囲に含まれないため結果がエラーになってしまいます。

だからと言って、毎回毎回セル参照を変更して修正するのも現実的ではありません。

そこで便利なのが表をテーブルを使って参照することです。

では、詳しい方法について解説します。

表をテーブルに変換する方法

VLOOKUP関数テーブルの説明

まず、表の範囲を選択して、挿入タブ→テーブルの順でクリックしましょう。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

テーブル作成の確認のメッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

選択した範囲がテーブルに変換されます。

ココがポイント

テーブルを作成するときのポイント

今回の例では、表のすぐ上に空白の行がなかったので、セル範囲の選択をしてテーブルに変換しましたが、表の上に空白行がある場合は、範囲選択なしでテーブルに変換できます。

詳しい内容は、下記を開いて確認してください。

テーブルを参照してVLOOKUP関数を挿入する方法

では、作成したテーブルを使用してVLOOKUP関数を挿入していきましょう。

VLOOKUP関数テーブルの説明

まず通常通りVLOOKUP関数を挿入して、検査値まで入力しましょう。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

範囲の所で、先ほど作成したテーブルの範囲を選択しましょう。

テーブル[#すべて]と表示されたらOKです。

※この時、「テーブル」の後ろに数字が表示されることがありますが、これはテーブルを作成したときに自動で振られている番号なので気にしなくても大丈夫です。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

続けて、列番号と検索方法を入力したらEnterキーを押して関数を確定させます。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

結果が表示されたら、下のセルにもコピーしましょう。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

マスタ表に新しいデータを追加しましょう。

データを追加すると、テーブルの範囲が自動で拡張されます。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

参照の範囲が自動で拡張されるので、追加された情報(検索値)を入力しても、正しい結果を表示することができます。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

さらに新しいデータを追加してもテーブルの範囲が拡張されます。


Excel(エクセル)の関数は慣れるまでは中々頭に入ってきません。

そんな方のために、Excel(エクセル)を操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

Excel(エクセル)の操作が苦手な方向けに「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

さらに便利なテーブルの活用方法

前述した方法では、マスタ表のみをテーブルにする方法をお伝えしました。

下記では、VLOOKUP関数を挿入する方の表もテーブルにすることでとても効率の良い表になります。

VLOOKUP関数テーブルの説明

どちらの表も、項目の塗りつぶしなどもなしで大丈夫です。

VLOOKUP関数を挿入する方の表は、入力行も1行あれば問題ないです。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

まず、左側の表を範囲選択して、テーブルに変換します。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

続いて、マスタ表も同様にテーブルに変換します。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

ちなみに、テーブルの色などは、「テーブルデザイン」タブにある、「テーブルスタイル」から選択することができます。

では、関数を挿入してみましょう。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

通常通りの流れで、VLOOKUP関数を挿入しましょう。

※この時、両方の表がテーブルになっているので、テーブル内のセルを参照したときにセル名ではなく見出しの名前で表示されます。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

隣のセルにも同じようにVLOOKUP関数を挿入しましょう。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

両方の表をテーブルに変換したら準備は完了です。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

まず、マスタ表に行を追加してみましょう。

テーブルになっているので、参照する範囲が自動で拡張されます。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

続いて、VLOOKUP関数を挿入した表にデータを追加しましょう。

新たにデータを入力すると自動で罫線が引かれます。

検索値となる「所属No.」を入力すると2行目以降にも自動でVLOOKUP関数が適用され、自動的に結果が表示されます。

 

VLOOKUP関数テーブルの説明

上記の例だと、テーブルにしておけば、「日付」と「所属No.」を入力すれば簡単に表が作成できるので非常に便利です。

Excelを習得するためにはパソコン教室という選択肢もおすすめです

Excel(エクセル)はかなり奥が深く、知識を得ただけは操作が身に付きにくいものです。

そんな時には、弊社のようなパソコン教室を利用するのも一つの手です。

「オンライン」にも対応している「苦手な方専門パソコン教室パレハ」にお任せください。

オンラインというと「動画を見るだけ」とか「オンラインなんてやったことがない」というご不安があるかと思います。

ですが「苦手な方専門のパソコン教室パレハ」の「オンラインレッスン」は、動画ではなく、直接講師に質問できる生レッスンです。

生レッスンでありながらリーズナブルに学べるのが人気の秘密です。

また、苦手な方に特化しているのでパソコンが特に苦手だと言う方には最適です。

パソコンが苦手でも、オンラインできる仕組みがあります。

詳細は下記をご覧ください。

Excel関数講座

パソコンが苦手な方向けエクセル関数講座の詳細はコチラ

Excel関数実践講座

パソコンが苦手な方向けExcel関数実践講座の詳細はコチラ

パソコンが苦手な人向けエクセル講座

パソコンが苦手な方向けエクセル講座の詳細はコチラ

Excel(エクセル)の操作が苦手な方のために、操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Excel(エクセル)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン登録プレゼント

無料LINE登録はこちら

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら