エクセル・VBA

エクセルで「検索(置換)対象が見つかりません」と出てくる時の対処法

Excelで検索や置換が出来ない時の対処法です。

原因は大きく分けて8つあります。

実は違う文字だった

例えば「丸」ですが「○」「〇」この2つの丸は異なります。

「○(記号)」

「〇(漢数字)」

このように、似ているけど違うものの場合検索されません。

検索対象が「数式」になっていた

検索対象は「数式」「値」「コメント」が対象になります。

意図して選ばない場合初期値が「数式」になっています。

これを変える事で検索できるようになります。

検索対象が数式になっている

  • 数式:セルに入力された内容を検索する
  • 値:数式と、その結果の内容を検索する
  • コメント:コメントの内容を検索する

セルを複数選択していた

セルを複数選択している

セルを複数選択している場合、「その選択範囲内での検索」となります。

「1つのセル」だけにしておくと良いです。

見えない文字列(スペース・Ctrl+Jなど)が入っていた

スペースなどが入っている

検索窓に何も入っていないように見えて「空白」や開業の合図である「Ctrl+J」が入っている可能性があります。

検索ボックスをクリックして「CTRL」+「A」を押すと「全選択」ができます。

その後「Delete」を押せば、見えないものが消えます。

ユーザー定義で表示させていた

例えば日付などを「ユーザー定義」で表示させていると検索されません。

フィルターで絞り込んでいた

フィルターを付けて絞り込んでいる場合、絞り込んでいるものは表示されません。

テーブルを使って表を作っている

テーブルで表を作っていませんか?

また、「範囲に変換」ボタンを押して「テーブル状態」で無い場合でも影響があります。

テーブルで表を作った場合、その時に着いた書式などは検索されない事があります。

こういう場合は、一度全部書式を取り、その後改めて色を付け直すと検索されます。

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら