エクセル・VBA

Excel(エクセル)| COUNTIF関数の使い方|基本から応用まで

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excelは、MicrosoftのOfficeソフトの中でもビジネスでの使用頻度が高く、数式や関数、グラフの作成などのスキルを求められることが多いです。

関数は、単純に計算をするだけの物ではなく、集計する時にも便利なものがあります。

今回紹介するCOUNTIF関数は、条件に一致するセルの数を数えることができる関数で、例えばリストの中から「男性」だけを数えるとか、「合格」だけ数えるなど、指定した条件のセルだけ数えることが可能です。

初心者の方にもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考になさってください。

COUNTIF関数の応用は下記の記事で紹介していますので、ご覧ください。

COUNTIF関数で複数条件(AND・OR)を指定する方法

COUNTIF関数|演算子を使って「○○以上」「○○以下」の値を設定する方法

COUNTIF関数で○○を含む条件の指定|ワイルドカードの使い方

COUNTIF関数で複数範囲(飛び飛び)の指定方法

Google スプレッドシート でCOUNTIF関数を使う方法

COUNTIF関数で特定の文字列「以外」を数える方法

COUNTIF関数で空白(以外)をカウントする方法

COUNTIFS(カウントイフス)関数の使い方|動画解説付き

オンライン経験ゼロでもできるオンラインレッスン

苦手な方向けのパソコン教室詳細はコチラ

COUNTIF関数ってどんな 関 数?

COUNTIF(カウントイフ)関数は、1つの条件に一致するセルの数をカウントしてくれる関数です。

「COUNT」と「IF」で、「もし○○を数えたら△個あるよ」と教えてくれる関数なんです。

例えば、名簿の一覧から参加者を数えたら何人なのか、受験者一覧から合格者を数えたら何人なのか、他にも指定した範囲に〇が何個あるのか…などなど、条件さえ指定することができれば、活用できる範囲はとても多いです。

自分で数えると、果てしなく時間がかかる作業も、COUNTIF関数を使えば一瞬で終わってしまう、ビジネス シーンでもとても便利な関数ですので、覚えておいて損はないですね。

また、人が数えるとミスが起こる可能性もありますが、関数を正しく活用すれば、簡単に正しく数を数えることができます。

今回は、COUNTIF関数を使ったことがない方にもわかるように、挿入の方法や基本から応用の使い方、気を付けておくべきポイントまで詳しく解説します。


見積書作成講座

見積書作成講座の詳細はこちら

 COUNTIF関数のザックリ解説

わかりやすい動画解説①

わかりやすい画像解説①

 COUNTIF関数

 COUNTIF関数

 COUNTIF関数

 COUNTIF関数

 COUNTIF関数

 COUNTIF関数

 COUNTIF関数


苦手な方専門のパソコン教室が登場

わかりやすい画像解説②

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方

Excel(エクセル)| COUNTIF(カウントイフ)関数の使い方


請求書作成講座

請求書作成講座の詳細はこちら

さらに詳しい解説

COUNTIF関数の構文はこちら

=COUNTIF(範囲, 検索条件)

範囲個数を数えたいセル範囲
検索条件「範囲」の中から探して(検索して)ほしい条件

=COUNTIF(範囲, 検索条件

=もしこの範囲から○○を数えたら何個?

こんな感じです♪関数の中でもシンプルなものになりますので、ぜひ覚えてくださいね。

それでは、実際に関数を挿入して、どのような手順で使うのかを解説します。


スキルアップ講座

企業向けスキルアップ講座の詳細はこちら

COUNTIF関数の使い方 基本編

それでは下記の例で紹介します。

COUNTIF関数の説明

左の表をもとに、男性の人数をCOUNTIF関数を使用して数えましょう。

 

COUNTIF関数を挿入する

COUNTIF関数の説明

セルを選択したら、半角で「=cou」と入力し、「COUNTIF」をマウスでダブルクリック、またはキーボードの「Tab」キーを押し、関数を確定させます。

★ポイント①
入力は半角で行います。全角で入力した場合、関数の候補の一覧が表示されませんし、入力も難しくなります。

★ポイント②
関数の入力は、小文字でOK!わざわざ大文字で入力しなくても関数を挿入したら自動的に大文字になるので、小文字でOKです。

★ポイント③
「=c」だけでもいいのですが、「C」が付く関数が多いので、表示される候補も多くなります。関数を入力するときは、2~3文字入れてあげると、候補が絞り込まれ操作もしやすくなります

 

COUNTIF関数の説明

ダブルクリック、または「Tab」キーで関数を確定させると、「=COUNTIF( 」と表示されます。

これで準備は完了です。

※ちなみに、関数は一覧からの選択ではなく、自分で手入力することももちろん可能です。
その際は、「=COUNTIF( 」と関数の後ろのカッコまで入力しましょう。


MOS資格講座

MOS資格対策講座の詳細はこちら

範囲を選択する

COUNTIF関数の説明

今回は、性別の列から条件に合うものを探したいので、セルC2からC11を選択します。

セルをクリックすることで、自動的にセルが入力されます。

★ポイント
セルの入力は、マウスでセルを選択して行いましょう。もちろん手入力も可能ですが、数式や関数でセルを手入力すると、効率も悪いですし、入力ミスが起こる可能性もあるので、マウスの使用がオススメです。

 

COUNTIF関数の説明

手入力で関数を挿入する場合、それぞれの引数の間を半角のカンマで区切る必要があります。

キーボードで半角カンマを入力しましょう。


オンライン経験ゼロでもできるオンラインレッスン

苦手な方向けのパソコン教室詳細はコチラ

検索条件を入力する

COUNTIF関数の説明

続いて、検索条件を入力します。

今回は、結果を求めたい表を作っているので、条件が入力されているセルF2を選択しましょう。

セルF2には、「男」というデータが入力されていますので、検索条件が「男」となります。

条件を入力し終わったら、Enterキーを押しましょう。

※カッコで閉じなくても大丈夫です。

 

COUNTIF関数の説明

これで結果が表示されます。

パソコン教室オンラインレッスン

苦手な方向けのパソコン教室詳細はコチラ

COUNTIF関数の使い方 絶対参照

1回ずつ同じ数式を入れるのは非効率です

続いて、下のセルにも答えを求めましょう。

COUNTIF関数の説明

もう一度先ほどと同じようにCOUNTIF関数を挿入するという手もありますが、これは手間ですね。

数式を下にコピーする方が早いのですが・・・。

数式をドラッグしてコピーするときは気を付けなければいけない

COUNTIF関数の説明

先ほど求めた結果を下にコピーしてみましょう。

そうすると結果が表示されて、一見合っているように見えますが、下記をご覧ください。

 

COUNTIF関数の説明

合っているように見えますが、実は、結果を求めるセルが1つ下にズレると、範囲も1つ下にズレてしまうんです。

これでは正しい結果を求めることができません。

でもまぁ、結果的には合ってるし、いいのでは?と思いたくもなりますが、なぜこれではダメなのか解説しますね。

 

COUNTIF関数の説明

例えば、セルC2の受験者の性別が間違っていたので「女」に修正したとします。

問題はここで発生します。

男の人数は、自動的に正しく計算され、「4」から「3」に変更されますが、女の人数はどうでしょう。

1人増えたはずなのに「6」のままですね。

 

COUNTIF関数の説明

このように、セル範囲を固定しない場合、たとえデータの修正を行ったとしても、正しく反映されない可能性が十分にあるんです。

今回は、セルC2は選択の範囲外となっていたので、修正しても正しい結果を表示することができませんでした。

苦手な方専門のパソコン教室

ドラッグしてコピーするなら「範囲」を「絶対参照」で行うこと

セルG2に入れた数式を修正しましょう。

COUNTIF関数の説明

まず、数式を修正したいセルをクリックします。

次に固定したいセル範囲を選択します。今回は「C2:C11」を固定したいのでこちらを選択します。数式バーを使うとやりやすいです。

選択ができたら、キーボードの「F4」を1回押しましょう。

 

COUNTIF関数の説明

すると「C2:C11」に$マークが付いて、「$C$2:$C$11」に変わります。変わったらEnterキーを押しましょう。

 

COUNTIF関数の説明

これで、数式が正しく修正されましたので、下のセルにドラッグしてコピーしましょう。

「$C$2:$C$11」で固定されているので、正しい結果を求めることができます。

 

COUNTIF関数の説明

このように、数式をドラッグして下のセルにコピーする際、同じ範囲を使用する場合は、「F4」で固定して絶対参照にします。

そうすることで、結果を求めるセルが1つ下にズレても、同じ範囲を参照することができます。

また、条件となるセルの参照も結果を求めるセルが1つ下にズレるので、F2から1つ下がりF3を参照します(相対参照)。


苦手な方専門のパソコン教室が登場

複数条件を指定する方法

countif複数条件

例えば、カウントする条件を2つや3つなど複数指定したい場合があります。

例の場合だと、「科目がExcel」「性別が女性」など複数の条件に一致したセルの数を数えたい時などです。

この場合は、COUNTIF関数ではなくCOUNTIFS関数を使い、個数を数えるのがオススメです。

詳細は、下記の記事をご覧ください

COUNTIF関数で複数条件(AND・OR)を指定する方法

COUNTIFS(カウントイフス)関数の使い方|動画解説付き


見積書作成講座

見積書作成講座の詳細はこちら

比較演算子を使って数える方法

countif比較演算子

カウントする条件を指定する際に、比較演算子を使った条件の指定方法を知っておくと便利です。

比較演算子は、「=」「<>」「>」「<」「>=」「<=」を使う方法で、「等しい・等しくない」「より大きい・より小さい」「以上・以下」という条件を指定することができます。

使用する種類によって、対象となる値との比較条件を変えることができ、「より大きい・より小さい」の場合は、指定した値は含まれず、「以上・以下」の場合は指定した値を含んだ条件を指定できます。

詳細は、下記の記事をご覧ください

COUNTIF関数|演算子を使って「○○以上」「○○以下」の値を設定する方法

COUNTIF関数で特定の文字列「以外」を数える方法

部分一致したセルを数える方法

countifワイルドカード

通常、指定できる条件は「〇〇に一致したセル」というように、それが「〇〇以上」であったり「○○という文字列」であったり、条件に完全に一致したセルの個数を数えることが前提です。

しかし、場合によっては、例のように一部の条件に一致したセルのみカウントしたいという場合があります。

この場合は、アスタリスクを使用した方法で、任意のデータのみに一致したセルの個数を数えることができます。

詳細は、下記の記事をご覧ください

COUNTIF関数で○○を含む条件の指定|ワイルドカードの使い方

初心者向け実践で使えるショートカットキー習得講座

ショートカットキー実践講座の詳細はこちら

パソコン教室パレハのライン登録

ココがおすすめ

パソコン教室へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

    【 お名前 *必須

    【 携帯電話 *必須

     
    【 メールアドレス 】

    【 ご希望レッスン 】
    実店舗レッスンオンラインレッスン企業研修パソコン修理依頼

    【 都道府県名 & 市区町村名 &(あれば区名) 】

    【 ご質問などあればご記入ください 】

    お問い合わせいただきありがとうございます。送信ボタンを押した後、下に「内容を送信しました。ありがとうございます。」とでれば送信完了です。基本的には「090-9503-8923」の電話番号にておかけします。教室の内容についてご質問などあればお伺いできればと思います。

    お問合せリンク画像

    ココがおすすめ

    オンライン対応しております

    オンライン対応しております

    パソコン教室でのレッスン」も「Zoom(ズーム)」を利用した「オンラインレッスン」どちらも対応可能です。

    パレハのパソコンレッスンは、オンラインなのに「生で質問」出来るのが特徴です。

    詳しくは下記をご覧ください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハ直営校

    パソコン教室パレハ直営校

    ■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

    ■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

    ■ 広島市西区にあるパソコン教室パレハ横川校|マンツーマン教室

    ■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校・静岡市葵区伝馬町校

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハグループ加盟校

    自信をもってご紹介できるパソコン教室

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    ■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

    ■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

    ■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

    ■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

    ■ 福岡県福岡市中央区にある福岡市パソコン教室平尾校

    ■ 福岡県福岡市中央区にある 「福岡市パソコン教室平尾校」の公式サイトはこちら

    ■ 調布市にあるパソコン教室キュリオステーションつつじヶ丘店

    ■ 調布市にあるパソコン教室「キュリオステーションつつじヶ丘店」の公式サイトはこちら

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

    全国加盟校一覧

    全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

    ココがおすすめ

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室講座一覧はこちら

    パソコン教室講座一覧はこちら

    他にもパソコンの講座は多数ございます。

    詳しくは下記をご覧ください。

    パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

    ココがおすすめ

    パソコン教室に関連する情報はこちら

    こちらも是非ご覧ください

    ココがおすすめ

    エクセルの操作情報はこちら

    個数を数える関数|COUNTA・COUNT|違いもわかりやすく解説

    エクセル|プルダウン(ドロップダウンリスト)で選択肢を作成する方法

    メールの画像

    メールはこちら

    ラインの画像

    LINEはこちら

    電話の画像

    お電話はこちら