MOS資格・パソコン資格

MOSの科目はいくつあるのか?パソコン教室講師が徹底解説

MOSの科目はいくつあるのか紹介している女性の画像

今回は、MOSの試験科目と難易度について解説していきます。

試験科目や難易度について知りたい!と思っている方は、参考にしてくださいね。

MOS試験科目は5科目

5科目を表現している画像

MOSの試験科目は、全5科目です。

  • Word(ワード・文書作成ソフト)
  • Excel(エクセル・表計算ソフト)
  • PowerPoint(パワーポイント・プレゼンテーションソフト)
  • Access(アクセス・データベース管理ソフト)
  • Outlook(アウトルック・電子メール・情報管理ソフト)

Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイン)は、聞いたことがあるのではないでしょうか。

MOS WordとMOS Excelの試験科目は2種類ある

ワードとエクセルを表現している画像

次に難易度ですが、5科目のうち、WordとExcelの2科目は、スペシャリスト(一般レベル)とエキスパート(上級レベル)の2つの難易度があります。

他の3科目(PowerPoint、Access、Outlook)は、スペシャリスト(一般レベル)のみです。

スペシャリスト(一般レベル)は、そのソフトについての基本的な技能ができるというもの。

一般事務などの事務系職種ではスペシャリストレベルがあれば日常業務をこなすことができると考えて問題ないでしょう。

エキスパート(上級レベル)は、スペシャリストより高度な技能ができるというもの。

日常的に使用することはあまりないけれど、このレベルの技能を知っていて使いこなすことができれば、業務の改善なども行うことができるレベルです。

次からは、それぞれの技能について具体的に解説しますね。

「MOSスペシャリスト」で求められる技能

求められる技能を紹介している画像

それでは、スペシャリスト(一般レベル)から解説します。

まず、MOS試験の公式サイトから、WordとExcelで求められる技能について引用しますね。

試験科目スペシャリスト(一般)レベル
Word(文書作成ソフト)文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方
Excel(表計算ソフト)数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方

一般的に、事務系の職場で求められるWordの技能は、

  • 指定のフォーマットに文字を入力し、ビジネスで使用できる文書にすること
  • メモ帳などに書かれた文章や、手書きの議事録をデジタル文書にすること
  • 表や写真などの挿入ができること
  • 作成した文書の印刷ができること

などが必要とされます。Wordのスペシャリストの技能があればこれらの技能はまず問題なくこなすことができるでしょう。

同様に事務系の職場で求められるExcelの技能は、

  • 四則演算や平均値計算がExcelでできること
  • 手書きのデータを入力できること
  • グラフや表を作成できること
  • 表や写真などの挿入ができること
  • 作成した文書の印刷ができること

などです。これらの技能もスペシャリストレベルの技能があればまず問題ないと言えます。

他の3科目についても、スペシャリストのレベルは「基本的な技能」をスムーズに使うことができるというレベルです。

これらですが、バージョンによってそれぞれ異なります。詳しくは別記事に書きました。下記をご覧下さい。

MOS2010が廃止される?|MOS2010が終了されるとどうなるか?仕組みを徹底解説

今回の記事は「MOS2010が廃止される?|MOS2010が終了されるとどうなるか?」について書いております。
MOS2010が廃止されることを知らない方が多いと思います。
廃止されるとどうなるのか詳しく解説してみました。

続きを見る

2019年、オフィス2019が発売されました。MOS2019については、こちらの記事に書いています。

MOS365&2019試験の試験概要・難易度は?|2021年最新情報

今回の記事は「MOS2019試験はいつから開始されるの?内容はどうなる?」について書いております。
MOS2019試験がいつから始まるのか気になっている方が多いと思います。
開始時期について詳しく解説してみました。

続きを見る

MOSスペシャリストを取得するための勉強時間の目安はどれくらいなのでしょうか。

勉強時間は、受験する科目とその人のパソコンスキル、学習にあてられる時間によって大きく異なってきます。

ざっくりいうと、学校や職場で日常的にオフィスソフトを使っている方は20時間(1ヶ月ほど)、全くの初心者で苦手な方は80時間(4ヶ月)程が目安になります。

おすすめの勉強方法や、テキストについても以下の記事にまとめていますので、参考にして下さい。

エクセルで引き算する方法
MOS資格の勉強方法や勉強時間合格までどのくらいかかるか調べてみた

この記事はMOSスペシャリスト(一般レベル)の勉強時間について書いたものです。
MOSのスペシャリストとエキスパートの2つのレベルのうち、スペシャリストについての勉強時間です。
MOSスペシャリストを目指しておられる方は参考にしてみてください。

続きを見る

「MOSエキスパート」で求められる技能

求められる技能を紹介している画像

 

次に、エキスパートで求められる技能について解説しますね。先ほどと同じくMOS試験の公式サイトから、引用します。

試験科目エキスパート(上級)レベル
Word(文書作成ソフト)スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
Excel(表計算ソフト)ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

スタイル機能、目次、索引作成…。ピボットテーブル、条件付き書式??

あまり耳慣れない言葉が並んでいますね。

エキスパートレベルは上級者レベルというだけあって、WordやExcelの隅々まで使いこなすイメージです。実用性を考えればスペシャリストを先に受験した方が、実践的でしょう。

エキスパートに関しては、別記事に詳しくまとめました。下記をご覧下さい。

MOSエキスパートとスペシャリストの違い|パソコン講師が徹底解説

この記事はMOSスペシャリストとエキスパートの違いを徹底解説したものです。
MOSにはスペシャリストとエキスパートの2段階のレベルがあります。
MOSスペシャリストとエキスパートの違いについて詳しく書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

MOSエキスパートおすすめテキストはコレ|人気パソコン教室講師が秘密教えます

今回の記事は「MOSエキスパートおすすめテキストはコレ」について書いております。
どのテキストで勉強したらよいのか分からなくて悩んでいる方が多いと思います。
オススメのテキストについて詳しく解説してみました。

続きを見る

MOSエキスパートにかかる勉強時間は?独学でどのくらいかかる?

今回の記事は「MOSエキスパートにかかる勉強時間は?合格までどのくらいかかる?」について書いております。
どのくらい勉強したら合格できるのか気になっている方が多いと思います。
勉強時間と勉強法について詳しく解説してみました。

続きを見る

MOSエキスパートを受験する場合は、MOSマスターの取得に挑戦することをおすすめします。

MOSマスターは、同じバージョンで所定の4科目に合格した人に贈られる称号です。

バージョンによって受験科目は微妙に異なります。ざっくりいうと、エクセルとワードのエキスパート、パワーポイント、アクセス(またはアウトルック)の4科目です。

オフィスソフトを総合的に使いこなすことができる証明になります。

MOSマスターの詳細は、以下にまとめています。

MOSマスター難易度・価値(オフィスマスター)|取得方法や概要を徹底解説

この記事はMOSマスター(オフィスマスター)について書いたものです。
MOSには、MOSマスター(オフィスマスター)という称号があります。
この難易度・や価値、取得方法や概要など詳しく書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

MOSのエキスパートにかかる勉強時間は、おおまかに50時間程度とされています。

独学とパソコン教室などで授業を受けるのとでは勉強時間も前後します。

独学をする場合、元々知識がある状態で最低でも45時間。調べものをしながら勉強をすると60時間は必要になります。

パソコン教室などの授業を受ける場合だと、2~3時間程の授業を合計で20回は受講します。45時間ほどかかります。

勉強時間や、勉強方法などの詳しい情報はこちらの記事にまとめました。

MOSエキスパートにかかる勉強時間は?独学でどのくらいかかる?

今回の記事は「MOSエキスパートにかかる勉強時間は?合格までどのくらいかかる?」について書いております。
どのくらい勉強したら合格できるのか気になっている方が多いと思います。
勉強時間と勉強法について詳しく解説してみました。

続きを見る

<まとめ>必要な技能・科目に応じて受験しよう

まとめを紹介している女性の画像

MOSの試験科目と難易度についてお伝えしました。

試験科目は、5科目。難易度は、WordとExcelのみスペシャリスト(一般レベル)とエキスパート(上級レベル)があり、他の3科目はスペシャリストのみでしたね。

スペシャリストは、パソコンを使用する職種に就くのなら必ず押さえておきたい技能でしたが、エキスパートは難易度が高く、どちらかというとスキルアップを目指す人や試験の出題範囲に仕事で使用する内容が含まれている人が受験に向いているのでした。

どちらを受験したらいいのかは、プロフェッショナルな講師にきくと安心ですね。

MOS試験のバージョンを選ぶポイントは、こちらの記事を参考にして下さい。

MOSの種類は?バージョンどれがいい?2019・2016・2013|選び方と違い

今回の記事は「MOSバージョンどれがいい?2019・2016・2013|選び方と違い」について書いております。
MOSのバージョンでどれを選んだらよいのか悩まれている方が多いと思います。
選び方について詳しく解説してみました。

続きを見る

さらに詳しく

MOS試験情報はこちら

MOS資格とは?|パソコンの人気資格を徹底的に調べてみた

公務員にMOS資格は役立つ?実際どうなのか調べてみた

MOS随時試験とは?|一斉試験との違いを徹底解説

MOSって国家資格?|どうなのか徹底的に調べてみた

サーティファイとMOSどっちを受けたら良いの?|無駄にしない資格選び

MOS試験の持ち物一覧|試験当日の持ち込み禁止物一覧

MOS資格のAccess(アクセス)の難易度はどのくらい?調べてみました

MOS資格を認定している機関はどこ?

MOS Word(ワード)エキスパートの難易度はどのくらい?

MOS資格を最短で取得する方法|パソコン講師が全戦略公開

MOS Excel 2013 エキスパートPart1とPart2の違いを徹底解説します

MOS世界学生大会とは?|就活に役立てられる秘密をこっそり公開

MOSエクセル(Excel)解説動画|出題範囲完全網羅

MOS資格は独学で取得できる?|パターン別4つの具体策公開

MOS資格ログイン方法|ID登録(デジタル認定証)の簡単4ステップ

MOS Excel(エクセル)エキスパートの難易度はどのくらい?

MOSエキスパートおすすめテキストはコレ|人気パソコン教室講師が秘密教えます

MOSの合格証いつ届く?|再発行は出来る?

MOSは簡単すぎる?実際どうなのか調べてみた

MOS試験会場|合格しやすい会場の探し方をお話します

MOS資格は中学生でも取れるのか?調べてみました

MOSの科目はいくつあるのか?パソコン教室講師が徹底解説

MOSエキスパートで就職が有利になる?実際のところを調べてみた

MOS対策講座あんしん合格コース|パソコン教室お勧め講座

MOSを履歴書に書くのは恥ずかしい?|実際どうなのか調べてみた

MOS資格を勉強したいけどソフトが無い時の対処法

MOS資格取得で単位になる大学一覧を調べてみました

モス(MOS)とマウス(MOUS)の違いは?

もっと詳しく

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

パソコン教室パレハの在宅ワーク

パソコン教室パレハの在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格
-, , , , ,

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ