MOS資格・パソコン資格

MOS Excel エキスパートに出てくる関数はどんなものがあるか徹底解説

更新日:

MOSのエクセルエキスパートに出てくる関数を紹介している女性の画像

今回は、MOS試験のエクセルエキスパートに出てくる関数はどんなものなのか?を徹底解説したいと思います。

MOSエキスパートについては次の記事も参考にしてください。

MOSスペシャリストとエキスパートの違いを徹底解説します

この記事はMOSスペシャリストとエキスパートの違いを徹底解説したものです。
MOSにはスペシャリストとエキスパートの2段階のレベルがあります。
MOSスペシャリストとエキスパートの違いについて詳しく書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

MOSエキスパートで就職が有利になる?実際のところを調べてみた

今回の記事は「MOSエキスパートで就職が有利になる?」について書いております。
就職が有利になる?実際はどうなの?と気になっている方が多いと思います。
気になっている方のために詳しく解説してみました。

続きを見る

VLOOKUP・HLOOKUP

エクセルのアイコンを表現している画像

【読み方】

VLOOKUP → ブイルックアップ

HLOOKUP → エイチルックアップ

VLOOKUP関数は、他の表に書いてあるデータと照らし合わせて参考にし、表のフォームや編集している途中のものに値を表し示すものです。

簡単に言うと「別の表にあるものから、拾いたいものを拾ってくる」って感じです。

請求書や見積書などにおいて、商品にあるコードを入れると商品の名前が自動で出てくるという用途などが主です。

VLOOKUP関数は、検索したいと考えている値が縦の方向に配置されているときに使用することができます。

それに対して、HLOOKUP関数は、検索したいと考えている値が横の方向に配置されているときに使用をします。

どちらも基本的には同じ用途で使われます。

マスターや一覧表などの照らし合わせて参考にしたい範囲の方向にあわせて使用可能です。

VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の仲間で「LOOKUP関数」というのもあります。

それも、同じように「別の表にあるものから、拾いたいものを拾ってくる」関数です。

ですが、MOSの中には出てきません。

ちなみに「VLOOKUP」の「V」は「Vertical(ヴァーティカル)」の頭文字です。

「Vertical(ヴァーティカル)」は「垂直」という意味合いです。

要は「縦向きの表を使っている」と言うことになります。

それに対して「HLOOKUP」の「H」は「Horizon(ホライズン)」の頭文字です。

「Horizon(ホライズン)」は地平線とか水平線と言う意味です。

横向きって考えたら良いでしょう。

要は「横向きの表を使っている」と考えたら良いでしょう。

SUMIF・AVERAGEIF・COUNTIF&SUMIFS・AVERAGEIFS・COUTIFS

エクセルのアイコンを表現している画像

【読み方】

SUMIF → サムイフ

AVERAGEIF → アベレージイフ

COUNTIF → カウントイフ

SUMIFS → サムイフズ

AVERAGEIFS → アベレージイフズ

COUTIFS → カウントイフズ

この関数は「MOSスペシャリスト」にも出てきます

エキスパートでも再度出てきます。

コツは、これら6つの関数を全部まとめて覚えると良いですね。

これらの関数は複雑に思いますが、非常に簡単です。

SUMIFSは、いくつかの条件と合致する数値を合計したいときに使用されます。

条件として用いることができるものは文字列や条件式などがあります。文字列や条件式を直接条件に書くだけでなく、条件が入っているセルを選ぶことも可能です。

AVERAGEIFSは、いくつかの条件と合致する数値の平均値を調べたいときに使われます。

COUTIFSは、いくつかの条件と合ったデータの数を数えたいと思っている時に使用されています。

こうかくとイメージが浮かびにくいと思います。

SUMIFを使って解説します。

今回は、結局何をしたいのかと言うと「SUM」です。

すなわち「合計」です。

ただ、普通の合計と異なる点は「条件」があることです。

「この場所にあるものだけを合計しましょう」といった「条件のある合計」だと思ってください。

SUMIFSになったら、その「条件」が2つ以上あると言う意味です。

あとは、「平均」か「個数を数えるか」だけの違いです。

仕組みは一緒なのでまとめて覚えると便利です。

AND・OR・NOT

エクセルのアイコンを表現している画像

【読み方】

AND → アンド

OR → オア

NOT → ノット

AND関数」「OR関数」「NOT関数」は、条件を定めて調べたいときに活用される関数のことです。

別の関数と組み合わせて用いられることが多くなっています。

「AND関数」はいくつかの条件がどれも成立するのかどうなのかといったことを知りたいときに使用可能です。

簡単に言うと「尚且つ」ってことですね。

「OR関数」はいくつかの条件の中でどれか一つ成り立つかどうかを知りたいときに使用されています。

簡単に言うと「または」ってことですね。

「NOT関数」は条件が成り立っていないときに理論値を表示したいときに活用することができるものです。

簡単に言うと「否定」ですね。

MATCH・INDEX

エクセルのアイコンを表現している画像

【読み方】

MATCH → マッチ

INDEX → インデックス

「MATCH関数」は範囲の中にあるところから指定した値を見つけ出して、範囲内で数えたときの位置を調べるときに使われます。

「INDEX関数」は範囲の中にある縦と横が交差したセルの値を知りたいと思っているときに活用することが可能です。

書式を入力する際に横位置は省略することもできます

省略した場合は1列目を定めたという意味になります。

範囲が1列目となっているときは入力を省いても良いですが、いくつかの列が存在するときは整理しにくくなってしまう恐れがあるので、指定しておくと分かりやすくて良いです。

ゴールシーク・シナリオの登録・What-IF分析

エクセルのアイコンを表現している画像

What-IF分析とはセルにある値を別のものに変えた場合に、ワークシートにある数式の結果がどのように変わるのかということを調査したいときに用いると便利なものです。

その中の種類としてゴールシークシナリオなどがあります。

ゴールシークは数式から得ることが可能な結果を把握していて、その結果を得るために必須となる数値の入力値を理解していないときに利用可能です。

シナリオの登録は、既に入力してある値を変えたことで、数式の結果がどのように変わるかということを比べたいときに活用できます。

そもそもスペシャリストとエキスパートの違いは?

excelのエキスパートを受けようとする際、スペシャリストとエキスパートの違いはなんだろう?と疑問に思う人もいるでしょう。

両者の違いは「出題範囲」の違いです。

  • スペシャリスト:一般人が使う基本的なスキル
  • エキスパート:管理を意識したスキル

上記のように、それぞれ全く難易度が異なります。パソコン初心者であれば、もちろん、スペシャリストから受けることがおすすめです。

下記記事では、MOS2016excelのエキスパートの難易度を中心に、違いを比較しておりますので、ぜひ一読ください。

MOS Excel2016エキスパートの難易度・合格率・合格点を人気講師が解説

今回の記事は「MOS Excel2016エキスパートの難易度・合格率・合格点」について書いております。
エキスパートはどのくらい難しいのか気になっている方が多いと思います。
難易度・合格率・合格点について詳しく解説してみました。

続きを見る

関数以外にexcelのエキスパートでは何が出題される?

主にexcelで使用する関数について説明してきましたが、試験ではほかも出題されるので把握しておくべきです。

一部を紹介しますと、「ブックのオプションと設定の管理」「ユーザー定義の表示形式やレイアウトの適用」といったものが出題されます。

下記記事では、MOS2016のexcelエキスパートを例に、出題範囲について詳しく記載しておりますので、ぜひご確認ください。

MOS Excel2016エキスパート|問題は何が出る?|傾向を詳しく解説

今回の記事は「MOS Excel2016エキスパート|問題は何が出る?」について書いております。
どんな問題が出るのか気になっている方が多いと思います。
出題される問題について詳しく解説してみました。

続きを見る

excelのエキスパートを独学で勉強するのにおすすめのテキスト

パソコン教室に通わずに独学で勉強したい方は、FOM出版と日経BP社のテキストを選ぶのがおすすめです。

複雑な関数もわかりやすく動画で解説されていたり、より実践に近い形で出題されていたりします。

模擬問題は若干多めに作られていますので、本番に余裕を持って臨むことができます。

より詳しいテキストの内容は下記記事で記載しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

MOSエキスパートおすすめテキストはコレ|人気パソコン教室講師が秘密教えます

今回の記事は「MOSエキスパートおすすめテキストはコレ」について書いております。
どのテキストで勉強したらよいのか分からなくて悩んでいる方が多いと思います。
オススメのテキストについて詳しく解説してみました。

続きを見る

どのバージョンのMOSを受けるべき? お勧めのバージョンは?

おすすめのバージョンを紹介している女性の画像

さて、新しいバージョンMOS2016が開始しても、職場ではまだまだOffice2010や2013がたくさん使われています。

家のパソコンには、2010が入っている、という方もよく伺います。そんな中で、どのバージョンを受験するか、迷うところだと思います。

詳しくは別のページで書きました。下記をご覧ください。

MOSバージョンどれがいい?2019・2016・2013|選び方と違いを解説

今回の記事は「MOSバージョンどれがいい?2019・2016・2013|選び方と違い」について書いております。
MOSのバージョンでどれを選んだらよいのか悩まれている方が多いと思います。
選び方について詳しく解説してみました。

続きを見る

MOS2010が廃止される?|MOS2010が終了されるとどうなるか?仕組みを徹底解説

今回の記事は「MOS2010が廃止される?|MOS2010が終了されるとどうなるか?」について書いております。
MOS2010が廃止されることを知らない方が多いと思います。
廃止されるとどうなるのか詳しく解説してみました。

続きを見る

2019年、オフィス2019が発売されました。MOS2019がいつから開始されるのかについて、別記事に書いています。

MOS2019試験はいつから開始されるの?内容はどうなる?

今回の記事は「MOS2019試験はいつから開始されるの?内容はどうなる?」について書いております。
MOS2019試験がいつから始まるのか気になっている方が多いと思います。
開始時期について詳しく解説してみました。

続きを見る

MOS資格が学習したいけど、どんな方法がある?

おすすめの勉強方法を紹介している女性の画像

基本的には「本」を使っての学習か、パソコン教室での学習で無いとMOS試験に合格するのは難しいです。

あなたのパソコンスキルがどのくらいあるのか?によって、お勧めは変わります。

パソコンが比較的得意だと思われる方は独学が良いでしょう。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格を独学最速1週間で合格できる方法を人気パソコン教室が公開中

この記事はMOS資格を独学で合格できる秘密の方法について書いたものです。
MOS資格を取りたいがどのように勉強していけばよいかわからないと多くの方に言われます。
「MOS資格を独学で合格できる秘密の方法」を書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

あなたが、

パソコンは苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われるほうが良いでしょう。

実は、本当のオススメは独学よりも、パソコン教室に通うことです。

確かに独学でも勉強すれば合格できるのですが、あくまでも合格できるという結果しか残りません。

本来の資格取得の目的は何でしょうか?

「履歴書に書ける」というのも一つの目的かもしれませんが、最も大切なのは「使いこなす」という事ではないでしょうか?

その為にMOS資格を取得されるかと思います。

合格に近いのはパソコン教室に通う事

全国には何千というパソコン教室が存在します。

MOSの試験に合格しようと思ったら、まずは教室選びに注力することです。

パソコン教室に通う際、1科目でおよそ8万円という費用がかかります。結構な額なので慎重に選ぶことが重要になります。

下記記事では、授業スタイル、費用、通う回数からより良い選び方について解説しております。教室選びで失敗しないよう、検討している人は一読しておきましょう。

MOSをパソコン教室で学ぶ場合の費用や料金はどれくらいか調べてみた

今回の記事は「MOSをパソコン教室で学ぶ場合の費用や料金はどれくらいか」について書いております。
パソコンの資格は「就職」「転職」「スキルアップ」に必要だと思います。
費用がどれぐらいかかるのか詳しく解説してみました。

続きを見る

まとめ

今回は、MOSエクセル・エキスパートに出てくる関数を調べてみました。

難しそうな関数がたくさん出てきますね。

MOS エクセル エキスパートの難易度については、次の記事も参考にしてください。

MOS Excel2016エキスパートの難易度・合格率・合格点を人気講師が解説

今回の記事は「MOS Excel2016エキスパートの難易度・合格率・合格点」について書いております。
エキスパートはどのくらい難しいのか気になっている方が多いと思います。
難易度・合格率・合格点について詳しく解説してみました。

続きを見る

エクセルの関数、ぜひ正しく覚えて合格目指して頑張ってください。

 

 

全国55カ所 パソコン教室キュリオステーションのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

トップページへ

キュリオステーションの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

キュリオステーションFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・ザ・キュリオ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格
-, , , , , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved.