MOS資格・パソコン資格

MOS資格のAccess(アクセス)の難易度はどのくらい?調べてみました

MOS資格のAccessの難易度はどのくらい?

MOS Access(アクセス)の難易度ですが、MOSの中でも最高クラスの難易度です。

MOSでおなじみのExcelやWordには上級レベルのエキスパートがありますが、それらとほぼ同レベルだと考えてさしつかえありません。

Accessの難易度の位置付けは、1度変更された経緯があります。

2016年までは一般レベルに分類されていました。

しかしAccessは扱う内容が高度であるため、新バージョンの2019年版からは上級レベルに分類されています。

ただ変更はしたものの、それまでと比べて難易度が急激に上がったわけではありません。

Accessの試験において受験者に求められるのは、基本的な操作方法とデータベースの構造への理解、さらにクエリやテーブルなどのオブジェクトの作成および適切な管理です。

上級レベルに分類されているだけあり、一朝一夕で知識とスキルは身につきません。また出題範囲がかなり広いですから、Accessについて総合的に理解していなければ合格するのは難しい難易度です。

もし受験を検討しているなら、パソコン教室の講座を受講するなどしっかり対策をして臨みましょう。

MOS資格のAccessのメリットは?

MOS Accessの資格を取得するメリットは、Accessに関する知識やスキルがあることを証明できる点です。

MOS AccessはMicrosoftが正式に認定していて広く知られた資格ですから、取得することで会社への就職や転職の際にスキルをアピールできます。

単に「できます」と自己申告するだけとは異なり、Accessの知識とスキルを資格によって証明できます。

また事務職の仕事でよく利用されるとありMOSのExcelやWordやPowerPointの資格取得者は多いですが、MOS Accessの資格取得者となると限られてきます。

その分資格を取得していることが、ExcelやWordやPowerPointより強みになる場合があります。

その点もMOS Accessの資格を取得するメリットです。

さらにデータベースソフトは専門性あるため、これからさらに特定の職場で重宝される可能性があります。

どこの職場の採用情報でも一様に需要があるとは限りませんが、Accessの知識とスキルを有した人材を求める職場がないわけではありません。

MOS Accessの知識とスキルを身につけて資格を取得すれば、それがそのまま就職や転職において強みになります。

MOS資格のAccessの試験概要や出題範囲は?

まずMOS Accessの最新バージョンは365&2019ですが、2016とそれほど大きく違うわけではありません。

また2013も一応存在しますが、受験する人は少ないのが現状です。

次にMOS Accessの365&2019の試験概要ですが、コンピュータを使用した実技による試験がおこなわれます。

実技によって判定されますので、筆記試験はありません。

年齢や国籍に条件がないため、学生から社会人まで幅広く受験可能です。

試験時間は50分間で、

受験料は

バージョン一般価格学割価格
Access365&201912,980円(税込)10,780円(税込)
Access201610,780円(税込)8,580円(税込)
Access201310,780円(税込)8,580円(税込)

10,000円~13,000円程度です。

学割と一般で受験料が異なります。

出題範囲は、基本のデータベース管理・テーブルの入力作成および編集や変更・レイアウトビューを使用したフォームやレポートの変更などです。

全部で主に各5項目が出題範囲に一覧で指定されていますので、受験する場合はまんべんなく一通り学んでおきましょう。

出題範囲に関する操作を事前にしっかりと習得しておけば、試験でも慌てることなく対応できます。

問題の指示を正確に理解し、正しく操作できるかどうかで合否が判定されます。

MOS資格のAccessはこんな人にお勧めです

MOS Accessは、MOSの称号を獲得したい人にお勧めです。

MOSはExcelやWordをはじめいくつか資格が存在しますが、それらの中の特定の資格を複数取得することでMOSの称号の獲得対象になります。

MOS Accessに関連している主な称号は、MOS ExpertとMOS 2016マスターです。

MOS ExpertはMOS Associateが必須で、その他にExcel・Word・Accessの365&2019 Expert(上級)の中から2科目を選択する形式です。

またMOS 2016マスターは、必須3科目に加えてAccess 2016 あるいはOutlook 2016のどちらかを選択します。

これらの称号を獲得すれば、複数のソフトを総合的に使いこなせることを証明できます。

ですのでもしも他の必須科目を取得していたら、追加でMOS Accessを取得することの意味は大きいです。

単にAccessの知識やスキルを証明するだけにとどまらず、ソフトを扱う総合的な能力があることを示せます。

このような理由から、MOS AccessはMOSの称号獲得を目指す人にもお勧めです。

1つではなく複数の資格を取得してスペシャリストになりたいと考えている人は、MOSの称号獲得を目指してみるのも良いのではないでしょうか。

対象者は印刷した認定証が発行されます。

MOS資格のAccess(アクセス)試験に合格するための勉強法とは?

当然ですが、Accessを自宅で学ぶためにはソフトを用意しなければいけません。

ただ残念なことにAccessはパソコンに標準実装されているソフトではないため、まずは別売りのソフトを購入するところから考える必要があります。

もしも自己流でAccessを学ぶなら、ソフトと同時に公式のテキストをまとめて購入するのが無駄のない学び方です。

ただパソコンやソフトにあまりくわしくない段階で学ぼうとしても難しいので、その場合はAccessの講座があるパソコン教室での受講を検討しましょう。

よくわからないまま四苦八苦して学習を進めるより、講師に基礎から丁寧に教えてもらったほうが効率的です。

また誤って理解することもないため、自己流で学ぶよりも無難です。学ぶのが不安な場合は、無理をしないでパソコン教室を探すのがおすすめです。

事前にパソコン教室の情報をサイト検索し、Accessの講座があれば入会してみてはいかがでしょうか。

まったくわからない初心者でも、知識とスキルが着実に身につきます。

さらに詳しく

MOS試験情報はこちら

MOS資格とは?|パソコンの人気資格を徹底的に調べてみた

公務員にMOS資格は役立つ?実際どうなのか調べてみた

MOS随時試験とは?|一斉試験との違いを徹底解説

MOSって国家資格?|どうなのか徹底的に調べてみた

サーティファイとMOSどっちを受けたら良いの?|無駄にしない資格選び

MOS試験の持ち物一覧|試験当日の持ち込み禁止物一覧

MOS資格のAccess(アクセス)の難易度はどのくらい?調べてみました

MOS資格を認定している機関はどこ?

MOS Word(ワード)エキスパートの難易度はどのくらい?

MOS資格を最短で取得する方法|パソコン講師が全戦略公開

MOS Excel 2013 エキスパートPart1とPart2の違いを徹底解説します

MOS世界学生大会とは?|就活に役立てられる秘密をこっそり公開

MOSエクセル(Excel)解説動画|出題範囲完全網羅

MOS資格は独学で取得できる?|パターン別4つの具体策公開

MOS資格ログイン方法|ID登録(デジタル認定証)の簡単4ステップ

MOS Excel(エクセル)エキスパートの難易度はどのくらい?

MOSエキスパートおすすめテキストはコレ|人気パソコン教室講師が秘密教えます

MOSの合格証いつ届く?|再発行は出来る?

MOSは簡単すぎる?実際どうなのか調べてみた

MOS試験会場|合格しやすい会場の探し方をお話します

MOS資格は中学生でも取れるのか?調べてみました

MOSの科目はいくつあるのか?パソコン教室講師が徹底解説

MOSエキスパートで就職が有利になる?実際のところを調べてみた

MOS対策講座あんしん合格コース|パソコン教室お勧め講座

MOSを履歴書に書くのは恥ずかしい?|実際どうなのか調べてみた

MOS資格を勉強したいけどソフトが無い時の対処法

MOS資格取得で単位になる大学一覧を調べてみました

モス(MOS)とマウス(MOUS)の違いは?

もっと詳しく

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

パソコン教室パレハの在宅ワーク

パソコン教室パレハの在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ