MOS資格・パソコン資格

MOS Excel(エクセル)ってどんな資格?徹底的に調べてみました

MOS Excel(エクセル)ってどんな試験?

MOS Excel(エクセル)とは、MicrosoftのExcelに関する全般的な知識とスキルを問われる実技形式の資格試験です。

問題の指示を理解してどれだけ正しく操作できるかで合否が決まります。合格すると認定証が発行されます。

Excelは表計算ソフトで、文書作成ソフトのWord(ワード)とともによく利用されています。

そのためMOSの中でも、トップクラスの人気があります。

ExcelもWordも会社や企業やオフィスなどの職場で広く使用されていますから、その能力を示せるMOS Excelへの注目度は高いです。

MOS Excelの試験時間は50分です。

受験料はそれぞれのバージョンやレベルごとに異なりますので、申し込む前にあらかじめ詳細を確認しておく必要があります。

バージョンはMOS Excel365&2019・2016・2013です。また受験料には、一般と学割の2種類があります。

また受験対象ですが、年齢や国籍は一切関係ありません。

ただ未成年の場合は、申し込む際に保護者の同意が必要です。

申し込み方法ですが、全国一斉試験か随時試験にておこなえます。

MOS Excelは全国各地のさまざまな会場で実施されていますので、自分の家の近くの受験しやすい会場に申し込むのがおすすめです。

MOS資格ではWordとExcelどちらを選択するべきか?

MOS資格でWordとExcelのどちらを選択するか迷いがちですが、まずはっきりさせたいのは資格を取得する目的です。

そもそもWordは文書作成でExcelは表計算の作業がメインですから、それぞれまったく性質の異なる別物だと認識しなければいけません。

ですのでどちらがより目的にマッチするのか、目的を軸にして考えると選択しやすくなります。

仕事を探すために就職活動や転職活動で履歴書の資格欄に書きたいのであれば、どちらか一方だけだとやや不自然に見えてしまいかねません。

なぜならWordとExcelは、2つで1つのセットとしてとらえられることが多いからです。

つまりExcelの資格取得を目指すなら、同時にWordの資格取得も目指すのが妥当です。

両方の資格を取得すれば、履歴書にもセットで書けます。

セットで書くことで、履歴書の印象が格段に良くなります。

またもしも勉強する時間に余裕がある場合は、PowerPointの取得も目指すのがおすすめです。

WordとExcelとPowerPointの3科目の資格を取得していれば、事務作業のスペシャリストだと効果的にアピールできます。

またaccessやoutlookも同様におすすめです。

MOS Excel(エクセル)の特徴・難易度

一般レベルと上級レベル(エキスパート)で、それぞれ難易度が異なります。

一般レベルの場合はExcelの基本的な機能である書式や条件設定やグラフ作成・編集の操作を問われる程度に対し、上級レベルではさらに高度な機能のブックオプション設定やマクロや関数の作成やテーブル管理などを使えるのか応用力が要求されます。

ですので問題の概要と出題範囲の一覧や資料を余すところなく分析し、試験でしっかりと操作できるようにマスターしておく必要があります。

もしもExcelの操作にあまり自信がない場合は、まず一般レベルから受験するのが無難です。

いきなり上級レベルにチャレンジしても、操作がうろ覚えでは不合格になりかねません。

上級レベルを合格するには、まず基本と基礎のマスターが必要不可欠です。

それらを身につけたいなら、最初に一般レベルの勉強から始めるのが自然です。

一般レベルを受験して合格すれば、合格の手ごたえがそのまま自信になります。

基本と基礎をマスターしていれば上級レベルの内容も理解しやすいですし、まず一般レベルの合格を目指すのが無難です。

MOSエクセルの対策方法

もしもMOSエクセルを独学で学習しようとするなら、対策テキスト教材を購入して勉強に励むのが最適な考え方です。

やみくもに勉強するのは非効率ですので、対策テキストの内容に沿って勉強を進めるのが近道です。

ただそもそもエクセルになじみがなかったり触れた経験がない場合は、独学にはこだわらずエクセル講座のある有名なパソコン教室のWebサイトを検索して利用するのが、MOSエクセルの対策方法です。

パソコン教室ならエクセルになじみのない初心者にも講師が丁寧に指導と解説と支援をしてくれますし、わからない部分は質問によって解決できます。

独学だとわからない部分があってつまづいた時、解決するまでに時間を要してしまいがちです。

ですがパソコン教室なら講師に質問すればわかるまで対応してくれますので、つまづいても短時間で突破可能です。

性格的に独学が苦手なら、独学でのMOSエクセルの資格取得にこだわる必要はありません。

MOSエクセルの講座があるパソコン教室を受講すれば、MOSエクセルの試験対策が効率的におこなえます。

パソコン教室によっては、サービスで無料体験から受講できる場合がります。

エクセルの勉強をするメリット

エクセルの勉強をすれば、事務関連の業務スキルが確実に向上します。

パソコンのエクセルは、いろいろな仕事の事務作業で使う場面があります。

表作成や集計やデータ入力やグラフ作成など、エクセルでできる情報処理や事務作業はこれらの他にも数多くあります。

ですのでエクセルの勉強をしておけば、事務の仕事がやりやすくなるのは間違いありません。仕事の幅を広げたい人向けです。

またエクセルの勉強をした後にMOS エクセルの資格を取得すれば、就職活動や転職活動で断然有利です。

特に事務職ではMOS エクセルの資格が能力の証明となり、採用の決め手になっておかしくありません。

どんな会社の仕事でも実際に事務は必要不可欠ですから、事務をこなせる優秀な人材を雇おうとします。

事務職は人気ですから求人への応募者は多いですが、多数の応募者の中から採用されるのにMOS エクセルの資格が武器になります。

エクセルの勉強をしておくとプライベートのPCで使ってみたい時にも活用できますし、ビジネスとプライベートの両方で役立つことがあります。

もっと詳しく

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

パソコン教室パレハの在宅ワーク

パソコン教室パレハの在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ