MOS資格・パソコン資格

MOS資格を勉強したいけどソフトが無い時の対処法

MOS資格を取得することを検討している方の中には、現在Officeソフトを持っていない方もいらっしゃるかもしれません。

Officeソフトは提供されているWord、Excel、Power pointなどの組み合わせによって値段が異なります。

また、Officeソフトはそれなりの金額であるため、勉強のために購入することをためらっている方もいらっしゃるかもしれません。

今回はMOS資格を勉強する際にOfficeソフトがない場合にはどうしたらいいのかについて解説していきます。

「Microsoft office」が入っているかをパソコンで確認する方法

ご自身のパソコンにOffice製品が入っているかは簡単に確認することができます。

お使いのWindowsのスタートボタン(画面左下のWindowsマーク)から設定画面(歯車のマーク)を選択します。

設定画面を開いたらその中のアプリを開きます。

アプリを開くとパソコンにインストールされているすべてのアプリケーションを確認することが可能で、Office製品がインストールされていれば、「Word」「Excel」などと表示されます。

もしくはパソコンを購入した際の説明書や領収書にOfficeが搭載されている旨が書かれているかどうかを確認するという方法もあります。

しかしながら、説明書や領収書は購入した時点での情報しか記載されていないことが多く、後から別に購入したOfficeの場合やサブスクリプション型のOfficeを使用していた場合には確認することができません。

あとからの確認の手間を減らすためにも、Officeソフトをインストールした際にはデスクトップへショートカットを作成しておくなどご自身の目につく場所に配置しておくことも大切です。

Microsoft officeは結構高い

Office製品はサブスクリプション型のものと買い切り型の2つの方式で提供されています。

サブスクリプション型の場合には、一般的によく使用されるWord、Excel、Power Point、Outlookなどを搭載したMicrosoft 365 Personalが月額1284円で提供されています。

こちらは月額のプランになるため、継続して使用していく期間が長くなれば長くなるほど支払う金額は大きくなります。

反対に、買い切り型のWord、Excel、Power point、Outlookが搭載されたものはOffice Home & Business 2021として38284円で提供されています。

こちらの買い切り型の場合には2台のWindowsに対して使用が可能です。

サブスクリプション型、買い切り型どちらにしてもそれなりの金額になるため、長く継続的に使用する際には買い切り型を、短期間だけ使用したい場合にはサブスクリプション型のOffice製品を購入することをおすすめします。

Microsoft office場合の対処法はoffice365を1ヶ月だけ無料で使う

なるべくお金をかけずにMOS資格の勉強がしたいという方には、Office365のサブスクリプション型のサービスを契約することをおすすめします。

サブスクリプション型の場合には、契約から1か月間は無料で使用できる期間があり、お得に学習することが可能です。

もちろん、無料期間が終了したタイミングで契約を解除することによってお金が発生することはありません。

サブスクリプション型のOfficeは常に最新のOffice製品を使用することができるため、快適にMOS資格を勉強することができるでしょう。

転職やキャリアアップのためにMOS資格を取ることを検討している方には未来への投資としてOffice製品を購入もしくは契約することをおすすめします。

しかし反対に、MOS資格に興味があって少し勉強してみようかなと考えていらっしゃる方にはサブスクリプション型の無料期間を有効活用して勉強することをおすすめします。

MOSは頑張れば1ヶ月で2科目取得可能

MOS資格には一般レベルと上級レベルであるエキスパートの2つのバージョンが用意されています。

中でもWordとExcelに関してはビジネスシーンで使用することが多く、非常に人気の資格となっています。

一般レベルでは基礎的なソフトの使用方法が問われる内容が多く、しっかりと勉強時間を確保することさえできれば比較的簡単に資格を取得することができます。

Office製品の使用方法には共通している基礎的な使い方などもあるため、1か月で2つのソフトの資格を取得することも難しくありません。

もしくはWord、Excelなどそれぞれのソフトに絞って勉強することで一般レベル、上級レベル両方の資格を取得することもできるでしょう。

Office製品をお持ちでない場合でも、サブスクリプション型のOfficeを契約し、1か月無料期間を有効に活用することで、お得に勉強することも可能です。

何よりも勉強時間をしっかりと確保することは大切ですが、集中して学習する時間を確保することさえできれば、MOS資格の勉強はそこまで難しくないでしょう。

パソコン教室に通うのも方法のうちの1つ

勉強する時間の確保やパソコンがそこまで得意ではない方の場合には、パソコン教室に通って勉強することも検討してみましょう。

何よりパソコン教室に通うことによって、不明点があれば講師の方に質問することができ、一人で悩む時間を減らすことができます。

そして、パソコン教室で同じ資格試験の勉強をしている仲間もできるのでモチベーションを維持することもできるでしょう。

パソコン教室に通うことで月謝などのお金は発生してしまいますが、得られるメリットもたくさんあります。

どうしたらいいのか、何から始めたらいいのかわからないという場合にはパソコン教室に通ってMOS資格の勉強をすることをおすすめします。

さらに詳しく

MOS試験情報はこちら

MOS資格とは?|パソコンの人気資格を徹底的に調べてみた

公務員にMOS資格は役立つ?実際どうなのか調べてみた

MOS随時試験とは?|一斉試験との違いを徹底解説

MOSって国家資格?|どうなのか徹底的に調べてみた

サーティファイとMOSどっちを受けたら良いの?|無駄にしない資格選び

MOS試験の持ち物一覧|試験当日の持ち込み禁止物一覧

MOS資格のAccess(アクセス)の難易度はどのくらい?調べてみました

MOS資格を認定している機関はどこ?

MOS Word(ワード)エキスパートの難易度はどのくらい?

MOS資格を最短で取得する方法|パソコン講師が全戦略公開

MOS Excel 2013 エキスパートPart1とPart2の違いを徹底解説します

MOS世界学生大会とは?|就活に役立てられる秘密をこっそり公開

MOSエクセル(Excel)解説動画|出題範囲完全網羅

MOS資格は独学で取得できる?|パターン別4つの具体策公開

MOS資格ログイン方法|ID登録(デジタル認定証)の簡単4ステップ

MOS Excel(エクセル)エキスパートの難易度はどのくらい?

MOSエキスパートおすすめテキストはコレ|人気パソコン教室講師が秘密教えます

MOSの合格証いつ届く?|再発行は出来る?

MOSは簡単すぎる?実際どうなのか調べてみた

MOS試験会場|合格しやすい会場の探し方をお話します

MOS資格は中学生でも取れるのか?調べてみました

MOSの科目はいくつあるのか?パソコン教室講師が徹底解説

MOSエキスパートで就職が有利になる?実際のところを調べてみた

MOS対策講座あんしん合格コース|パソコン教室お勧め講座

MOSを履歴書に書くのは恥ずかしい?|実際どうなのか調べてみた

MOS資格を勉強したいけどソフトが無い時の対処法

MOS資格取得で単位になる大学一覧を調べてみました

モス(MOS)とマウス(MOUS)の違いは?

もっと詳しく

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

パソコン教室パレハの在宅ワーク

パソコン教室パレハの在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ