就職・転職・復職

MOS資格で就職・転職に有利?どの科目がいいのか調べてみた

よく聞かれるのがMOS資格を取った方が良いのは分かるのですが、どれを取ったら良いのか知りたいというものです。

就職・求人情報で「MOSがあれば有利」「MOS保有者」と書かれるものにはどんなものがあるのでしょうか?

パソコン資格というと「事務職」というイメージがありますよね。

実は、事務職以外にもMOSが役に立つ職種やMOS必須の業種があります。

調べてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

苦手な方専門のパソコン教室

結論:MOS資格は就職・転職で有利になりやすい

結論:MOS資格は就職・転職で有利になりやすい

MOS資格はMicrosoft Office Specialistの略で、マイクロソフト社公認の資格です。

マイクロソフト社といえば、オフィスソフト(Word・Excel・PowerPoint)を開発した会社で、その会社公認の国際資格がMOS資格です。

パソコンの使用率は年々増加傾向にあり、ほとんどの企業でパソコンが使われています。

仕事をする上でパソコンは切っても切れないものなので、取得していて損はない資格ですね。

パレハの安心MOS講座

MOS資格は就職・転職でのアピール材料になる

MOS資格は就職・転職でのアピール材料になる

せっかく取得した資格であれば、思う存分にアピールしたいところですが、正直それ1本で勝ち抜けるものではありません。

ただ、「パソコンは使えますか?」と面接官に質問されたときに明確に答えることは出来ますよね。

  • パソコンはWordもExcelも使えます
  • MOS資格でWord・Excelを取得しましたので、基本的な操作は問題なくできます

さて、どちらが説得力ありますか?

明確に自分はこの資格を持っていて、これくらいのことは問題なくできますというのが伝わりやすい後者の方が説得力がありますよね。

MOS資格は資格自体の人気も高いですが、認知度も高いので面接でアピールもしやすいでしょう。

MOS資格は珍しい資格ではない

MOS資格は珍しい資格ではない

MOS資格はパソコンが得意な人、普段から使い慣れている人には比較的取りやすい資格と言えます。

受験者数も非常に多いです。上級レベルのエキスパートは受かる人も半数よりやや多めくらいになりますが、スペシャリストの資格であれば一般レベルなので、受かる人も多いです。

ということは、MOS資格自体は人気も認知度も高い資格ですが、「珍しい資格」「希少な資格」ではありません

その分、同じ会社内にMOS資格を持っている人が多い場合、資格の価値が高いとは言いにくいと思います。

逆に、社員数が多くない会社などであれば、「救世主」的な存在となり、資格の価値は高くなるかもしれませんね。

MOS資格がアピールポイントにならない仕事

MOS資格がアピールポイントにならない仕事

MOS資格はあくまでもパソコンのオフィスソフトのスキルレベルを証明する資格です。

つまり、業種によってはアピールにならない可能性もあります。

例えば、スーパーのレジスタッフだったらパソコンのスキルよりもレジ経験重視。飲食店スタッフも経験重視ですね。

同じパソコンを使う仕事でも、Webデザイナーやプログラマーなら、そのスキルや経験が重視されます。

このように直接大きく関係しない仕事で、「MOS資格持っています!」とアピールしても響かないでしょう。

資格の価値のアピールには多少無理がありますが、取得までの努力などあなた自身がどういう人なのかをお話しする材料にはなると思いますので、そういった角度からお話はしても良いですね。

MOSが活かせる職種はコレ

やはりパソコンの使用頻度が高いオフィスでの仕事の方がアピールできますね。

  • 経理・総務営業など事務(事務職)全般
  • 職種を問わず管理職・マネージャー(候補生)
  • 営業マン
  • 法律系事務所や税理士事務所など士業
  • 幼稚園・保育園などの先生
  • インストラクターなど講師業

このようなパソコンメインの仕事が多い方は特にアピールになりますね。

詳しく見ていきます。

経理・総務・営業事務全般

「MOS必須」とまで書かれていない求人もありますが、会社の規模が大きいほど「MOS必須」という文言を多く見かけました。

総務や営業事務の場合は、MOSにプラスして「TOEICスコア○点以上」という条件があるところもあります。

経理はエクセルとアクセス、総務は全般的に、営業事務はパワーポイントの能力が求められることが多いようです。

職種を問わず管理職・マネージャー(候補生)

意外にもアパレルや物販の店長・マネージャー候補「MOSレベルのパソコンが使える方」という文言が入っている場合が多いです。

管理職ともなると売り上げ管理が必要になってきますし、自店舗で取扱いたい商品に関する社内プレゼンや本部への報告書作成などで、日常的にパソコンを使用するからでしょう。

将来的に管理職に就くことも予想されますので、今の段階からMOS資格を持っておくと有利です。

営業マン

営業において、資料作成や報告書作成にパソコンは必須です。

特にオフィスソフトは多く使います。

ワード、エクセル、パワーポイントのいずれも使うのでMOSは必須になります。

法律系事務所や税理士事務所など士業

官公庁に提出する書類は、パソコンで作成されます。

「フォーマットに入力すればいいだけ」「専用のソフトに入力するだけ」であったとしても、パソコン慣れしていない人は敬遠されるのでしょう。

「行政書士」「司法書士」「簿記2級以上」は「あれば尚可」「ある方優遇」となっていることが多いですが、MOSに関しては「必須」となっている場合が多かったです。

幼稚園・保育園などの先生

幼稚園や保育園ではPOPなどを多く作ります。

お子さんたちが喜ぶものを多く作っていく必要があります。

オフィスソフトは必須と言えるでしょう。

インストラクター・講師

真っ先に思い浮かぶのが「パソコン教室の講師」です。

パソコン教室の講師の他にも、失業者向けの職業指導員や障害者へのパソコンインストラクターなどもMOS取得がほぼ必須です。

パソコン関係の講師以外でも講師と名のつくものは「資料作成」を多く実施します。

よって、オフィス関係のソフトは必須となります。

MOS資格は転職者向けサイトに多い

その他にも、エンジニア大学の留学生対応事務官公庁への派遣事務などで「MOS必須」となっている求人を見つけることができました。

新卒の正社員求人よりも、転職者向けのサイトに多かったように思いますよ。

やはり、転職者には「これまでのキャリアに見合った実力」を求める企業が多いということでしょうか…。

まずは一般レベルのWordとExcelを取得

まずは一般レベルのWordとExcelを取得

MOS資格には一般レベルのスペシャリストと、上級レベルのエキスパートがあります。

まずはスペシャリストのWordとExcelから取得がオススメです。

使用頻度はExcelの方が高い場合が多いですが、Excelだけを取得していると「Wordは苦手なのかな?」と余計なイメージを持たれてしまうかもしれません。

両方取得しておけば、そういった問題もないですね。

両方を取得したら、次はエキスパートを目指すのも良いでしょう。

さらに差別化を目指すなら上級レベル

さらに差別化を目指すなら上級レベル

最初に「珍しい資格ではない」とお話ししたように、受験者数が多く、一般レベルは受かる人も多いです。

ですので、一般レベルだけでは、資格の価値が埋もれてしまう可能性も・・・。

そこでおすすめしたいのが、一般レベルのPowerPointと、上級レベルのWordとExcelの取得です。

合計5つの資格を取得していると他の人との差別化にもつながりますね。

上級レベルだけでもいいのか

上級レベルだけでもいいのか

中には、一般レベルの試験を受けずに、いきなり上級レベルの試験に挑まれる方もいます。

「上級レベル」「エキスパート」の言葉の響きで、取るなら最初からこれの方がいいね!と受験をされる方もいますが、

しかしここでお話しておきたいのが、「一般レベル」と「上級レベル」の試験範囲は、かぶりません!

出題される範囲もExcelなら使われる関数の種類も異なります。

確かに上級レベルの方が難しいので、履歴書に書く場合、上級レベルの方が反応はよくなるかもしれませんが、一般レベルの出題範囲はその中に含まれていないので、両方取得されると面接でのアピールにもなりますし、自分のスキルも上がるので一石二鳥でおすすめです。

MOS資格は最新版2科目取得が良い

最低限の取得を紹介している画像

MOS試験の種類は、バージョンも含めるとすべてで21種類くらいあります。

どれを取っておけばよいのか迷いますよね。

最低限取得しておいた方が良いのは

  • MOS2019エクセルスペシャリスト
  • MOS2019ワードスペシャリスト

この2つになります。

あくまでも最低限です。

余力があれば

  • MOS2019エクセルエキスパート
  • MOS2019エクセルスペシャリスト
  • MOS2019ワードエキスパート
  • MOS2019ワードスペシャリスト
  • MOS2019パワーポイント

この5つが良いです。

詳しく見ていきますね。

MOS資格はOffice製品の操作スキルを証明出来る資格

証明できる資格を表現している画像

そもそもMOSとは、Microsoft Office specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)のそれぞれの頭文字をとってMOS(モス)といいます。

MOSはその名前の通り、Office製品のスキルを証明する資格なんです。でも、これだけでは少しわかりづらいですよね。

ところで、「Microsoft」ってどこかで聞いたことがありますよね。そうです!会社や家のパソコンを起動した時に出る、旗のマークの企業です!

Microsoftは、「問題は未来だ。だから私は、過去を振り返らない」の名言で有名なビル・ゲイツが設立したソフトウェア会社です。

Windowsの会社と言ったほうが身近かもしれないですね。

そして「Microsoft Office」は、Microsoft社が販売しているオフィス・スイートのこと。
オフィス・スイートとは、簡単にいうとパソコンに入っているソフトウェアのセット
のことです。

さらにソフトウェアとは、皆さんもご存知のWord(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)などのことです。

「Word・Excel・PowerPointなどを、どれだけ使いこなせるかを証明する資格」ということになります。

MOSとは、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の略です。

マイクロソフトが出している「オフィススキル」を証明できる国際資格です。

MOSの試験科目には

  • Word(ワード)
  • Excel(エクセル)
  • PowerPoint(パワーポイント)
  • Access(アクセス)
  • Outlook(アウトルック)

の計5科目があります。

それぞれ、各アプリケーションの基本操作、応用的な操作の習熟度を測る試験に合格すると資格が認定されます。

さらに言うと

  • 2019年版
  • 2016年版
  • 2013年版

と言うようにバージョンごとでも異なります。

バージョンの違いは別記事にまとめました。下記をご覧ください。

MOS2019とMOS2016どっちを受けたら良い?|パソコン教室講師が教えます

MOS資格は役に立たないというのは事実?

事実?を表現している画像

半分事実で半分ウソです。

「知り合いからMOSは役に立たない」と言われたのですが本当ですか?と言う質問をよく聞きます。

なりたい職種によって異なります。

MOSは「オフィスソフト」を証明する資格です。

WebデザイナーやCAD、プログラマーになろうとしているのであれば、MOSは全く必要ありません。

ですが、事務職などオフィスワークを使うのであれば大いに役立ちします。

別記事にまとめました。

MOS資格は役に立たないって本当?無駄と言われる理由を調べてみた

Microsoft Officeが使えないと困る

パソコンを使って困っている様子の女性のイラスト

 

企業では普段の業務に「マイクソフト社」のオフィスソフトを使っていることが多いです。

多いと言うか殆どです。

文書作成には「Microsoft Word(ワード)」を使用します。

「見積書」や「決算書」の作成には「Microsoft Excel(エクセル)」を使用します。

プレゼンテーションのスライド作りには「Microsoft PowerPoint(パワーポイント)」という具合に、会社ではオフィス系ソフトを使う機会が殆どです。

また、取引先からもらう契約書のドラフト・見積書などもオフィス系ソフトのフォーマットであることが多く、オフィスが使えるということは社会人として必須です。

以上のことからもMOSの資格を持っているということは、そういった基本的なオフィスの操作ができるということに加え、複雑な文書・グラフなどの作成ができることの証明になります。

MOS資格保持者に注目する企業が多い

男性が笑顔でパソコンを使っているイラスト画像

会社でのパソコンスキルの需要はますます高まっている

需要が高まっていることを紹介している画像

最近は会社でのパソコンスキルの需要はますます高まっており、会社に入ってからパソコンが使えなくて困る、いうケースが殆どです。

「パソコンが使えない=仕事が出来ない」といっても過言ではありません。

パソコンがまったく使えないとなると仕事に支障をきたしてしまいますから、MOS資格保有と履歴書に記載されてあれば、採用担当者も安心して採用できます。

事務などエクセルで複雑な数式を使うような職種の場合は、さらに資格の価値は高くなるでしょう。

MOSを持っていることで、志望する企業や職種に応じて具体的にアピール出来て、面接でもプラスにつながるでしょう。

各企業の求人条件、またその水準による

条件や水準によることを紹介している画像

ただし、パソコン系の資格としては非常に有名なMOSではありますが、他の資格と同様にどこまで有効かは、各企業の求人条件、またその水準によります

求人情報に「ワード、エクセルが使えること」などの条件がある場合には優遇されるでしょうが、一方で企業によってはあまり優遇されないところもあります。

例えば「Web系」の仕事に就きたいと思っている方が「MOS資格」を習得してもあまり意味がありません。あくまでも職種によります。

「エクセル」「ワード」「パワーポイント」あたりは普通に使えないと仕事にならない

仕事にならないを表現している画像

ですが、どの職種でも、「エクセル」「ワード」「パワーポイント」あたりは普通に使えないと仕事にならないですから、持っていて当たり前という感覚でいたほうが良いでしょう。

過度に期待するのは問題ですが、仕事をするにおいて役に立つことは間違いないため、学生のうちにMOSに挑戦しておくことをお勧めします。

今の時代パソコンは使えて当然の流れ

男女数名が笑顔でパソコンを囲むイラスト画像

元採用担当の方に言わせると

パソコンは使えることが当たり前レジ打ちのアルバイトの子でも、出退勤処理や有給休暇の取得などは、事務所のパソコンでしてもらいます。

採用年齢の上限を65歳までにしていた受付業務も、業務日報や入館人数の入力はパソコン。同じレベルなら『パソコンが使えない』『触ったこともない』という人には、遠慮していただくことが多いです」

とのこと。

事務ではない仕事でも、パソコンに一切触れない業務は少ないというのが現実です。

企業はあなたのパソコンレベルが知りたい

やる気のある表情でパソコンに向かう女性のイラスト画像

応募者の意識には差がある

認識の差があることを表現している画像

「パソコンは使えるのが当たり前」といっても、企業が「ここまで使えて欲しい」というレベル「パソコンでこんなことができます」という応募者の意識には差があります

MOSのような「パソコンレベルの指標」になるものがないと、口頭での質疑応答では実際のパソコンレベルはわかりづらいからです。

面接時に「あなたが希望する部署は経理部になるので「VLOOKUP関数」などを日常的に使用します。できますか?」

というように、具体的なやりとりをすることができれば、このミスマッチは防ぐことができます

ミスマッチが起こることもある

ミスマッチすることがあることを紹介している画像

でも、中小企業であっても採用部署と実際に働く部署は異なるもの。面接時に具体的なやりとりができる可能性は少なく、

「『パソコンが使える』というから雇ったのに、基本操作もできない人だった」

「『基本レベルができれば大丈夫』といわれて安心していたのに、働いてみたらマクロを使うなど上級レベルが必要だった」

という悲劇が生じてしまいます。

MOSは「Officeソフトをここまで使えます」という指標になりますから、持っていればパソコンレベルのアピールをすることができるのです。

公認の試験を取得しておいた方が良い

必ず良いを表現している画像

パソコン資格を取得するならMicrosoft公認の試験を取得しておいた方が必ず良いです。

英語レベルを表すのに、英語検定ではなくTOEICの取得が推奨されるのと同じように、パソコン資格なら世界基準のMOSを取得しましょう。

というのも、パソコンの資格もピンからキリまであるからです。

中には、小学生でも無勉強で取れてしまうようなものもあり、資格の存在自体に疑問がつくものもあるんですよ。

面接官に通じないなら、面接時にMOSがどんな資格かしっかり説明すれば良い

説明するを表現している画像

面接官に通じないなら、面接時にMOSがどんな資格かしっかり説明すればいいだけのことです。

自分の実力がきちんと証明できる、メジャー資格を取得しておくにこしたことはありません。

「パソコン基礎検定」っていう資格があります。それって、小学生がとるような簡単なレベルのものです。

そんな資格を社会人がもっていても何のメリットもありません。そろばん10級を持っていて履歴書に書きますか?そのようなお話しと同じです。

社会人であれば、それ相応の資格を書くべきです。それに最適なのがMOS資格になります。MOSは世界基準の資格でマイクロソフトが公認しています。それ以上のオフィスソフトの資格はありません。

MOS以外の検定試験との比較について、別記事にまとめています。参考にしてください。

パソコン技能検定Ⅱ種試験とは?|MOS試験とどう違う?

サーティファイ資格とは?どんな人が取得?

サーティファイとMOSどっちを受けたら良いの?|無駄にしない資格選び

P検(ICTプロフィシエンシー検定)とは?|試験概要解説

パソコン資格|MOSと日商PC検定どっちが良い?|パソコン教室

「履歴書に書くのは恥ずかしい」は間違いです

履歴書に書ける資格を表現している画像

履歴書に書いたほうが良い

たまに「履歴書にかける資格がないからMOSを取得したけれど、パソコンは使えて当たり前だし、履歴書に書くのは恥ずかしい」という方がいらっしゃいます。

でも、MOSは履歴書に書くのが恥ずかしい資格ではないです。

MOSは、数あるパソコン資格の中でもマイクロソフトが公認している資格です。

パソコン資格の中には、「取得が簡単すぎて、資格の名前の割に実力が伴わないもの」も多くあります。

そんな中で、企業の採用担当者に「この人のパソコン資格はこのレベルですよ」としっかり証明できるのが、MOSなのです。

履歴書に記載するときの正しい書き方については、こちらを参考にしてください。

MOS資格|履歴書への正しい書き方完全公開|2022年最新版

パソコンの資格のスタンダードとして考える

英語が話せて当たり前の職場に応募する人は、TOEICのスコアの提示を求められますよね。

それと同じように、パソコンの実力の証明としてMOSがあると考えれば、履歴書に書くことは全然恥ずかしいことではないんです。

MOS資格はオフィスソフトを使いこなせるスタンダードと考えるほうが良いでしょう。

詳しくは別記事で書きました。ご覧下さい。

MOSを履歴書に書くのは恥ずかしい?|実際どうなのか調べてみました

事務以外にもMOS資格取得がほぼ必須の求人

必須の職種を表現している画像

MOSの取得が必須の求人は、求人票に「MOS Word2013をお持ちの方」「MOSをお持ちでいない場合は、入社後に取得していただきます」といった文言が書かれている場合がほとんどです。

こういった求人は、MOSを取得できるレベルの技術が最低レベル。

実際に行う作業は、MOS以上であったりオフィスソフトの機能の中でもマニアックなものを使用する場合も多くあります。

ですので、この文言が書かれていた場合「最低でもMOSを取得できるレベルのパソコンスキル」がないと、入社後に非常に苦労する可能性が高いです。

MOS取得が必須の求人には、例えばこんなものがあります。

MOSを昇進条件の1つにしている海外企業もある

昇進を表現している画像

生徒様から良く伺います。

「この資格を取らないといけないので」という感じで来られます。

資格を持つ為には、それなりに学習をしなくてはいけません。

日々の業務を行なっている中で、勉強時間を確保するのは非常に大変な事です。

日常の計画の立て方も重要になってきます。

そういった意味も含まれているのかなと個人的には思います。

MOSが業務効率をあげる手段として有効であると認められている一例ですね。

MOS資格を取ることのメリットについて詳しくは、こちらの記事も参考にしてください。

MOS資格を取得するメリットは?|合格後に得られるスキル

転職の場合はアピール素材になる

差し棒でポイントを示す女性のイラスト画像

自分を示す尺度として使える

「パソコンが使える」というお話を面接でした場合「どのくらい使えるの?」といった説明が非常に難しいです。

そんな時に資格があると「そのくらいはできる」と認めてもらいやすいです。

詳しくは別記事に書きました。ご参考になさってください

MOSエキスパートで就職が有利になる?実際のところを調べてみた

資格があると、自分にスキルがあることをアピールできます。

パソコン教室が教える事務未経験でPCできない人が就職・転職する裏技

こちらの記事では、未経験でも人気の事務職に転職する裏技を公開しています。

未経験歓迎という求人に応募する際に、資格を持っていない人より資格を持っている人が有利なのは想像がつくと思います。

自分でパソコンを勉強していても、資格がないと具体的にどれくらい使うことができるのか、採用担当者は分かりません。

せっかく勉強しているのですから、目に見える「資格」という形にしておくと、今後役立ちますよ。

次の職に向けて勉強をする人材である

勉強する人材を表現している画像

転職の場合は、パソコンレベルの証明の他に、「次の職に向けて勉強をする人材である」というアピール素材になります。

営業職やサービス業から事務職に転職を希望する人の中には「今よりも楽に金が稼げるから事務職に就きたい」という方が少なからずいらっしゃいます。

2017年4月にも発言小町に「暇な職場(事務)の見つけ方を教えて下さい。」という接客業の方の質問が出ていましたね。

事務職に転職するにあたりMOSを取得しました

MOSを取得することを紹介している画像

「業務に向上心は求めません」と言い切り、「出勤さえしてくれればいい」と思われるような楽な職場に転職したいというこちらの方への回答には、辛辣なコメントが並んでいました。

企業も、「この質問者のような方はできるだけ採用したくない」と考えています

そこで、「事務職に転職するにあたりMOSを取得しました」という実績が事務職に対する熱量のアピールになります。

「楽がしたくて事務職に転職するわけではない」ということのアピールのためにも、希望職種に関連する資格は取得しておくにこしたことはないでしょう。

パソコン資格を取得してスキルアップするメリットについては、こちらを参考にしてください。
パソコンスキルで必要な資格一覧|取得しておきたい資格とメリット

就職や転職で評価されやすいといわれる理由

評価されやすい意を表現している画像

 

MOS資格はMicrosoft社の公式認定

公認認定疾駆を紹介している画像

MOSが「Word・Excel・PowerPointなどをどれだけ使いこなせるかを証明する資格」というお話までしました。

でもそれだけなら、他のパソコン資格にも言えることなのです。
例えば、商工会議所主催の日商PC。こちらも「文書作成」という科目ではMicrosoftのWordを使用してその技能を段階別に認定しています。

でも、「就職試験には日商PCよりもMOSが有利らしい…」と噂されていますよね。

なぜでしょうか。

それにはたった一つの理由があるんです。
それは、

「MOSがMicrosoft社がOffice製品の技能試験として、公式認定している試験である」

という理由です。

ソフトの発売元が公式に認定しているってすごいですよね。「それでは他の試験は、Microsoft社は公式認定していないのか」と、思われた方もいらっしゃると思います。そうなのです、していないのです。

Microsoftのオフィス・スイートに関しては、唯一MOSだけがMicrosoft社の公式認定資格なのです。

参考までに、日商PC検定についてはこちらの記事にまとめていますので、ご覧ください。

パソコン資格|MOSと日商PC検定どっちが良い?|パソコン教室

パソコン技能アピールの強力な味方

技能アピールを表現している画像

MOSがどんな資格なのかについてと、どうしてMOSがパソコン資格の中でもこれほど人気なのかについて解説しました。

お話をまとめると、MOS資格は、

  • Word、Excel、PowerPointなどをどれだけ使いこなせるかを証明する資格
  • Microsoft社が公式認定している唯一の資格
  • 世界で通用する資格

というものでした。

数多くあるパソコン資格の中で、MOSは有名で実践力があり、履歴書に効く資格の一つです。

パソコン技能のアピールとしてMOS取得を目指してみてはいかがでしょう。オフィススキルをアピールするための履歴書に書けるパソコン資格として最強の資格です。

経験不足を補う事もできる

また、実務経験がなくてもエキスパートレベルまで取得していれば、経験不足を補うことも可能です。

実技試験のみで実施されているため、確かな技術の証明となり即戦力の人材であると明確に証明することができるでしょう。

そもそも、持っているということは「ある程度は使える」とみなしてもらえます。

こちらの記事も参考にしてください。

パソコン教室が教える事務未経験でPCできない人が就職・転職する裏技

事務職で有利といわれる3つの理由

事務職を表現している画像

有利といえる3つの理由

  1. パソコンが使えるというフラットな証明になる
  2. 取得によりスキルアップできる
  3. 自分に自信がつく

この3つです。

まずは単純に証明になります

人事の方から見て、「この人良いな」と思っても、パソコンが使えないと採用にはならないでしょう。

そんなときに「パソコンは使えます」と言っても「本当に使えるのかな?」という疑問が起こります。

そこで、証明書があればそれが分かるという自然な考えです。

スキルアップが出来る

また、資格をとるということなので、必然的にスキルアップします。

資格を取るというのはどんな資格でもそうですが「必要最低限のスキルを得る」ということなのです。

パソコンの事務作業でいうとそれがMOSというだけのお話しです。

自分に自信が付く

あとは自分に自信がつきます

これが大きいと思います。

事務職に就く際の面接時に「パソコンが使えます」と大きな声で言えるでしょう。

MOSをもっているということはそれなりに学習を行っていないといけないはずです。その学習量が自信につながります

こういった観点からMOS取得が非常に有利に働きます。

他にもあります!MOSがあれば効率アップできる職種

効率アップを表現している画像

求人要項を見てみる

求人票や募集要項に「パソコンが使える方優遇」「パソコンで入力ができる方」「事務職経験者歓迎」といった文言が並んでいたら、MOSがあると業務効率がアップする可能性が高いです。

具体的に、こういった文言がある職種で使われるオフィスソフトと代表的な作業は以下のようなものです。

エクセルを使った作業

  • 日報入力
  • 勤怠入力
  • チラシ作成
  • 顧客管理
  • 顧客データ作成
  • 発注書・請求書作成
  • 売上管理
  • 仕訳入力(パソコン知識の他に簿記の知識が必須)

ワードを使った作業

  • 送付状作成
  • チラシ作成
  • 案内状作成
  • 宛名作成(住所録印刷)
  • 行政文書作成

パワーポイントを使った作業

  • プレゼン資料作成
  • チラシ作成
  • 写真の加工

パソコンの基本的な知識が必要な作業

  • メールチェック
  • インターネットを使用した調査
  • 文書などのフォルダ管理

他にも職種によってバリエーションが増えますが、「パソコンが使える人」と大雑把に書かれた求人ではこれらを組み合わせた作業を依頼されることが多いようですね。

パソコンの資格を取得してスキルアップするメリットについて詳しくは、こちらもご覧ください。
パソコンスキルで必要な資格一覧|取得するメリット

まとめ:MOSで熱意と実力をアピール

男女のガッツポーズのイラスト画像

意外な仕事がMOS必須になっていたのではないでしょうか?

MOSがあれば業務効率がアップできる職種でもご紹介しましたが、事務職で使うパソコンスキルも様々です。

これから応募したい職種が具体的にどんなパソコンテクニックを必要としているのかを見極めて、MOSの受験科目を決めたいですね。

職種によって、必要とされる科目や難易度も異なってきます。

「パソコンは使えて当たり前なんだから、MOSを取得しても『だから何?』と言われて恥ずかしい思いをするだけ」

そんなことを言われることもありますが、MOSは自分のパソコンの実力と就職後の熱心さを企業に伝えるためにはもってこいのパソコン資格です。

勉強時間さえしっかり確保できれば、比較的短期間で取得することが可能ですし、就職後も間違いなく役立ちます

「就職に役立ちそうな資格は何も持っていない」という方にこそ、MOSはオススメですよ。

通常の事務職では、ワードとエクセルが基本となります。

営業職になるとプレゼンの資料を作成するためにパワーポイントが必要とされるでしょう。

取得したら、迷わず履歴書の資格欄に書きましょう。

MOS資格|履歴書への正しい書き方完全公開|2022年最新版

こちらの記事では、履歴書に書くときの注意点をまとめています。

MOSは「Microsoft Office Specialist」の略称です。募集要項でパソコンスキルを求めていると明記されている場合は、MOSと書いても通じます。しかし、中には略称を知らない人もいますので、正式名称で書くほうが無難かと思います。

複数取得している場合や、MOSの他にもアピールしたい資格を所持している場合もあります。資格欄に書ききれないと判断したら略称で書いてもいいでしょう。

その場に応じて使い分けるようにしてください。

更に就職に有利になる、MOSオフィスマスターについては別記事にあります。ご覧ください。

MOSマスターとは?(オフィスマスター)|取得方法・概要解説

MOS資格の全体像を知りたい方は別記事にまとめております。下記をご覧ください。

MOS資格とは?|パソコンの人気試験を徹底的に調べてみた

ココがおすすめ

パソコン教室へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

    【 お名前 *必須

    【 携帯電話 *必須

    【 ご希望授業 *必須
    実店舗レッスンオンラインレッスン企業研修パソコン修理依頼

    【 ご質問などあればご記入ください 】

    お問い合わせいただきありがとうございます。送信ボタンを押した後、下に「内容を送信しました。ありがとうございます。」とでれば送信完了です。「090-9503-8923」の電話番号にておかけします。説明会の日時を決めさせて頂けたらと思います。

    お問合せリンク画像

    ココがおすすめ

    オンライン対応しております

    オンライン対応しております

    パソコン教室でのレッスン」も「Zoom(ズーム)」を利用した「オンラインレッスン」どちらも対応可能です。

    パレハのパソコンレッスンは、オンラインなのに「生で質問」出来るのが特徴です。

    詳しくは下記をご覧ください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハ直営校

    パソコン教室パレハ直営校

    ■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

    ■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

    ■ 広島市西区にあるパソコン教室パレハ横川校|マンツーマン教室

    ■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校・静岡市葵区伝馬町校

    ■ オデッセイCBT・サーティファイ試験申込パソコン教室パレハ伝馬町校

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハグループ加盟校

    自信をもってご紹介できるパソコン教室

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    ■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

    ■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

    ■ 名古屋市緑区にある有松パソコン教室

    ■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

    ■ 福岡市パソコン教室平尾校

    ■ 福岡県福岡市中央区にある 「福岡市パソコン教室平尾校」の公式サイトはこちら

    ■ 調布市にあるパソコン教室キュリオステーションつつじヶ丘店

    ■ 調布市にあるパソコン教室「キュリオステーションつつじヶ丘店」の公式サイトはこちら

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

    全国加盟校一覧

    全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

    ココがおすすめ

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室講座一覧はこちら

    パソコン教室講座一覧はこちら

    他にもパソコンの講座は多数ございます。

    詳しくは下記をご覧ください。

    パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

    ココがおすすめ

    パソコン教室に関連する情報はこちら

    こちらも是非ご覧ください

    ココがおすすめ

    MOS資格の情報はこちら

    MOS資格の難易度はどのくらい?合格率はどのくらい?徹底調査

    MOS資格を取得するメリットは?|合格後に得られるスキル

    MOSのMac版はありません|資格を取得する方法公開

    MOSの種類は?バージョンどれがいい?2019・2016・2013|選び方と違い

    MOS受験料一覧|各バージョンや項目の価格はこちら

    メールの画像

    メールはこちら

    ラインの画像

    LINEはこちら

    電話の画像

    お電話はこちら