MOS資格・パソコン資格

MOSマスター難易度・価値(オフィスマスター)|取得方法や概要を徹底解説

更新日:

今回は、ぜひ皆さんにオススメしたい、MOSマスターの意味について解説していきます。

MOSについて調べている人の中には、「MOSオフィスマスター」という言葉に出会った人もいらっしゃるのではないでしょうか。

体験したことの無い世界かなと思います。

「MOSにはスペシャリストとエキスパートの2種類があるけど、マスターって??」と感じていませんか?

MOSマスターを詳しく

正式名称は?

Microsoft Office Specialist Master(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト・マスター)

Microsoft Office Master(マイクロソフト・オフィス・マスター)

とも言います。

略してMOSマスターです。

同じバージョンで「Office 2016」「Office 2013」「Office 2010」の所定の4科目に合格した人に贈られます。

複数ソフトの総合的なスキルを証明されます。

多くのオフィスソフトが得意だと十分にアピールできます。

いわゆる、Officeアプリケーションを使いこなすスキルを証明します。

営業職、事務職などオフィスソフトは幅広く使われる汎用性が高いアプリケーションです。

Officeを使ってデータを扱う効率アップが図れ、結果的に業務の作業に必要なスキルレベルを十分持っていることを簡単に身につける事が出来るのがこのオフィスマスターになります。

効果的なメリットとしては、転職や、キャリアアップを目指す人がアピールする場合に適しています

マスターまで取得すれば、他に取得者がいないので、履歴書で確実に差がつけられる」という声もあります。

やはり、パソコンのスキルアップの基礎底辺が身についているということで、パソコン作業を重要視している企業からは採用されやすくなります。

それだけでなく

  • オフィスマスター取得という結果が自分自身の自信にもつながった
  • 複数科目の合格を目標にするので取得後の達成感が違う
  • オフィスソフトが何なのか?が良く分り深く理解できた

という点も大きいです。

職場で働く際に取得した場合も

  • いろいろな仕事を任せられるようになり、実務をこなせるようになった
  • 上司や同僚からからの信頼感が高まった
  • パソコンスキルを言葉だけではなく客観的に資格として証明書を提示できた

という声も多く聞きます。

学生さんであれば、費用がかかってもぜひ取得しておく事を強くオススメします。

取得しておくのが当たり前と思っておくと、自分のメンタルレベルを高く保つ事ができて良いでしょう。

オフィスソフトの総合的なスキルの証明

MOSマスターの正式名称は、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト・マスターです。

受験者数の最も多いMOS資格の最上級の証明になります。

マスターという名前の通り、同じバージョンのMOSを4つ以上取得することで得られる称号なのです。

Microsoft Officeを総合的に使いこなすことができるという公式な証明になります。

バージョンによって微妙に異なりますが、ざっくりいうと

エクセルエキスパート、ワードエキスパート、パワーポイント、アクセス(アウトルック)の4科目合格できれば、称号がもらえます。

後述しますが、通常のエクセルとワードではなくて、「エキスパート」っていう一つ上のランクのものを取らないといけないのがポイントです。

MOSマスター取得に必要な条件とは?基準は?

バージョンによって異なる

MOSマスターは、Officeソフトのバージョン別に5種類あります。

それぞれの取得に必要な科目を表にしましたので、見てください。

必須科目選択科目(表内の科目のいずれか1つ)
MOS2016マスターWord 2016 Expert(上級)
Excel 2016 Expert(上級)
PowerPoint 2016
Access 2016
Outlook 2016
MOS2013マスター
Wordコース
Word 2013エキスパート Part 1
Word 2013エキスパート Part 2
Excel 2013
PowerPoint 2013
Access 2013
Outlook 2013
MOS2013マスター
Excelコース
Excel 2013エキスパート Part 1
Excel 2013エキスパート Part 2
Word 2013
PowerPoint 2013
Access 2013
Outlook 2013
MOS2013マスター
エキスパートコース
Word 2013エキスパート Part 1
Word 2013エキスパート Part 2
Excel 2013エキスパート Part 1
Excel 2013エキスパート Part 2
なし
MOS2010マスターExcel 2010 エキスパート
Word 2010 エキスパート
PowerPoint 2010
Access 2010
Outlook 2010

MOS2013(Office 2013)だけは特殊で、Word、Excelそれぞれのマスターが存在します。

MOS2013は少し特殊で、Wordの上級スキルを取得することに焦点を当てるか、Excelの上級スキルを取得することに焦点を当てるか、エキスパートレベルに焦点を当てるかによって異なります。

※MOS2013の試験形式は、問題も最初から最後まで通しの問題だったりと、他のバージョンと比較して異なる点が多いです。

基本的には規定の科目に4つすべて合格する事が条件になります。

それらに合格したすべての方に贈られる称号です。

複数のアプリケーションソフトの総合的なスキルを証明できます。

これらは、どれも「MOSオフィスマスター」と呼ばれます。

取得条件を満たした方にマスター認定証が無料で発行されます。

どの試験から開始しても大丈夫です。

特に取得に順番は必要ありません。

ちなみに、アクセスというのはデータベースソフトです。

また、アウトルックというのはメールソフトです。

MOSマスターに認定される条件

MOSマスターに認定されるために、申請は必要ありません。該当する科目に合格した時点で自動で付与されます。

認定証も申請なしで送付されてくるので安心ですね。

ここで注意しておきたいのが、バージョンが違うもので合格してもマスターとして認定されないこと。

例えば、

  • ワード:MOS2016
  • エクセル:MOS2013
  • パワーポイント:MOS2016

で取得している人がマスターの認定を受けようとすると、MOS2016マスターを目指す場合は、選択科目の他にMOS2016エクセルの試験に合格することが必要になります。

MOS2013マスターを目指す場合は、エクセル以外の全ての科目をMOS2013で合格する必要が出てきます。

全部同じバージョンで合格が必要となります。

また、同じバージョンですが、規定の4つの試験を「同じ受験者ID」で取得することが必要です。

同じ「受験者ID」で取得すると最後に取得した科目の合格から約4週間後くらいに自動的に発行され、賞状が届きます。

3つのメリット その1 履歴書に書ける

単純に履歴書にかけます。多くの方が書いているMOS資格は、「ワード」と「エクセル」。

もう一つあって「パワーポイント」っていうところでしょう。

アクセスも持っている人はそうそういませんし、また、「ワード」や「エクセル」も「エキスパートレベル」です。

これらを網羅している人はそういないです。

単に面接官の心象も違うでしょう。使う使わないはどうでも良いのです。

それだけ、チャレンジしてきて、ある程度知っているという事が重要なのです。

これはアピールポイントとして他の人に大きく差をつけられるでしょう。

MOS資格を履歴書に書くことについてや、正しい方法についての記事も参考にしてください。

MOSを履歴書に書くのは恥ずかしい?|実際どうなのか調べてみた

この記事は「MOS資格を履歴書に書くのは恥ずかしい」といわれる噂について書いたものです。
この噂について、本当なのかどうか徹底的に調べてみました。
「MOS資格を履歴書に書くのは恥ずかしい」といわれる噂について参考にしてみてください。

続きを見る

MOS|履歴書への正しい書き方|間違えやすい注意点掲載

この記事はMOS資格を履歴書へ記入するときの正しい書き方について書いたものです。
MOS資格の正しい書き方や間違えやすい注意点についても書いています。
MOS資格を履歴書へ記入するとき参考にしてみてください。

続きを見る

3つのメリット その2 オフィスソフトの全般的なスキルアップになる

MOSマスターを取得すると、そのバージョンのMicrosoft Officeのほぼ全てのソフトを使いこなすことができます。

事務系の仕事でも、ワードしか使わない職場やエクセルしか使わない職場よりは、ワードで書類を作成し、ワードの書類の中にはエクセルで作成した表・グラフが挿入され、プレゼン資料の作成もお願いされるような職場の方が給与面で優遇される場合が多いです。

「エクセルではこの機能は使えるけど、この機能は使えない。それはワードの機能」

という感じで、特徴がつかめます。これは仕事上非常に効率が良いのです。使い分けられます。

エクセルだけしか使えない人は、知識が歪んでいます。

トータルで知る事が出来るというのは一つ大きなポイントです。

マルチに使える人材として、職場で好遇されることは間違い無いでしょう。

パソコンに関する複合的なスキルが就職活動でメリットになることも多いです。

パソコン資格を取得してスキルアップするメリットについては、こちらの記事にあります。

パソコンスキルで必要な資格一覧|取得しておきたい資格とメリット

今回の記事は「パソコンスキルで必要な資格一覧|取得しておきたい資格とメリット」について書いております。
パソコン資格には様々な資格があり、どういったメリットがあるのか知らない方が多いです。
資格とメリットについて詳しく解説してみました。

続きを見る

3つのメリット その3 自信が付く

マスターの取得によって得られる自信と達成感は何者にも変え難いものです。

マスターを取得することによって、今までは諦めていたことにチャレンジできるようになった人も見てきました。

「1つの道を極めた」ことが、人生に与える影響は計り知れないものがありますよ。

また、マスターを取得したことで職場内での信頼が上がり、今まで任せてもらったことのない仕事を任せられるようになったという人もいらっしゃいます。

「なんとなく」使えることは多くても、公式資格を持っていてきちんと使える人は少数です。

信頼できる人に業務を任せたいと感じるのは、社内でも社外でも変わりませんね。

MOS資格のメリットは?|取得後に得られるスキルと全体像解説

今回の記事は「MOS資格のメリットは?|取得後に得られるスキルと全体像」について書いております。
MOS資格のメリットについて気になっている方が多いと思います。
調べて詳しく解説してみました。

続きを見る

MOSを取得すると、オフィスソフトについて理解を深めることができます。

例えばトラブルが起こった時でも、落ち着いて対処ができます。

また、原因があらかじめ分かっていれば、予防ができます。パソコンにトラブルはつきものです。

パソコンは、仕事でも日常の生活でもほぼ毎日使うものです。

トラブルで修理業者に連絡するとなにかと負担がかかってしまいます。

大きなトラブルになる前に、日頃の対策をしっかりできるようになったら職場でも頼りにされるでしょう。

MOSマスターの認定証に関する疑問

MOSマスターって日本でどのくらいいるの?

MOSマスターの累計認定者数は累計7万人を超えました。

科目ごとに受験者IDが異なる場合はどうなるの?

IDを統合する事ができます。

オデッセイコミュニケーションズという日本においてMOS試験を管轄している団体があります。

そのサイトで統合が可能です。

オデッセイコミュニケーションズの公式サイトにて統合ができます。

科目ごとにバージョンが異なる場合はどうなるのですか?

バージョンが同一でないと、マスターの認定はされません。

例えば、

MOS2016ワードエキスパート
MOS2016エクセルエキスパート
MOS2016パワーポイント
MOS2013アクセス

と「アクセス」だけが2013の場合は、「アクセスのみ2016で取得」もしくは「MOS2010」の3科目を取得というような流れになります。

改姓しましたが、改姓前に取得した科目がある場合はどうなるの?

同一人物であれば認められます。同じIDでその人が同じ人物だと証明できれば大丈夫です。

IDが一緒であることが条件となります。登録内容は変更する事が可能です。

別々の試験会場で受けても大丈夫ですか?

大丈夫です。結果さえあればどこでも認定可能です。

仕事や引っ越しなど様々な事情で会場を分けることがあると思います。

受験会場の探し方で悩んでいる人は、以下の記事を参考にしてください。

MOS試験会場|合格しやすい会場の探し方をお話します

この記事はMOS試験の会場のことについて書いています。
会場の様子や受験生の様子、受験可能な日程などわかりやすくまとめています。
受験しやすい条件がそろっている会場探しの参考にしてみてください。

続きを見る

会場は塾や予備校のような雰囲気です。受験する年代は20代から50代以上まで幅広いです。

随時試験であれば受験日を選自分で選択することができます。

試験日の申し込みは、1ヶ月前から2週間前に受け付けているところが多いです。

自分のベストタイミングで受験できる会場を探すようにしましょう。

認定はいつされるの?

最終科目を取得して1ヵ月後くらいにマスターの証書が届きます。特に申請などは必要ありません。

履歴書への記載方法は?表記方法は?

「MOS2016マスター」というようにかけばよいです。

ですが、マスターの存在を知らない方も多いので、あえて、4科目を書いて、その上でさらに「MOS2016マスター」と書いておくとより効果的でしょう。

面接の時に説明をするきっかけになるかもしれません。

なお、MOSは略称です。正式には、「Microsoft Office Specialist」です。

MOSの履歴書への書き方については以下の記事でまとめています。悩んだら参考にしてください。

MOS|履歴書への正しい書き方|間違えやすい注意点掲載

この記事はMOS資格を履歴書へ記入するときの正しい書き方について書いたものです。
MOS資格の正しい書き方や間違えやすい注意点についても書いています。
MOS資格を履歴書へ記入するとき参考にしてみてください。

続きを見る

略称を知らない人もいるため、正式名称で書く方が無難かと思います。ただし、英語の場合は長いため、スペルミスと履歴書のスペースが気になるところです。

「パソコンを使える人」と募集要項にある場合は、MOSを知っている可能性が高いです。こういう場合は略称で、その他の場合は正式名称で書くなど、その場に応じて使い分けるようにしましょう。

試験の料金はいくらですか?

スペシャリストレベルは9,800円(税別)です。

エキスパートレベルは11,800円(税別)です。

2013のみ全ての科目が9,800円(税別)です。しかしながら、エキスパートレベルは2科目受けて初めてエキスパートと認められます。

MOS受験料については、次の別記事も参考にしてください。

MOS受験料一覧|スペシャリスト&エキスパートの価格はこちら

この記事はMOS受験料について書いたものです。
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)受験料は、科目やグレードによって異なってきます。
MOS受験料一覧や、支払方法についても書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

MOS受験料高すぎ!|受験料金をお得にする裏技5つ紹介

この記事はMOS受験料金をお得にする裏技について書いたものです。
MOS受験料が高すぎると思われている方が多いです。
MOS受験料金をお得にする裏技について書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

2013年版を持っていますが、2016が出たら自動更新されますか?

更新されません。

あくまでも、バージョンごとに認定されるものになります。

2016が欲しければ、再度、2016で4科目取り直しになります。

いきなりエキスパートを受験するのはハードルが高いですか?

あなたがある程度パソコンを使っていらっしゃるのであれば、スペシャリストを飛ばして、エキスパートに挑戦しても良いでしょう。

しかしながら、エキスパートを取得したら、スペシャリストレベルの内容も理解できるかと言われたらそれは異なります

よくある勘違いなのですが、エキスパートの内容は、スペシャリストの内容とはかぶりません。

若干かぶりますが基本的にはかぶらないと思ったほうが良いです。

その為、エキスパートを取ったほうが、スペシャリストも覚えられて効率がよいというのは間違いです。

詳しくは別記事に書きました。下記をご覧下さい。

MOSスペシャリストとエキスパートの違いを徹底解説します

この記事はMOSスペシャリストとエキスパートの違いを徹底解説したものです。
MOSにはスペシャリストとエキスパートの2段階のレベルがあります。
MOSスペシャリストとエキスパートの違いについて詳しく書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

マスターがあると就職に有利ですか?

マスターに限らず、MOSを取得すると就職に有利に働きます。

MOSというのは、オフィスでよく使われる「ワード」や「エクセル」といったソフトをどのくらい使いこなせるか?という証明となる試験です。

持っていれば、単純にスキルレベルの証明になります。

詳しくは別記事に書きました。下記をご覧下さい。

MOS資格で就活・就職に有利なのはどの科目なのか?徹底的に調べてみた

この記事はMOS資格が就職や就活に有利かどうかを書いたものです。
就職活動をするうえで資格は必須ですがMOS資格が役に立つかどうか気になると思います。
そのあたりの疑問を解決できる内容になってます。

続きを見る

MOS資格を勉強したいけど、どんな方法がある?

就職に役立つというお話をしてきました。

実際に取得するにはどうしたら良いのでしょうか?

基本的には「本」を使っての独学か、パソコン教室での学習を行なうのが良いでしょう。

あなたのパソコンスキルがどのくらいあるのか?によって、オススメは変わります。

パソコンが比較的得意だと思われる方は独学が良いでしょう。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

また、平日にまとまった時間がとれない人はアプリを活用した勉強をいてみてください。

MOSの勉強アプリ一覧|パソコン教室講師が選んだ厳選3つ

この記事はMOSの勉強ができるアプリについて書いたものです。
隙間時間を有効活用してMOSの勉強ができるアプリをパソコン教室講師が厳選して3つ紹介しています。
MOSの勉強ができるアプリをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

個人のパソコンを持ち歩くことは難しくても、スマホを持ち歩く人は多いでしょう。

勉強用のアプリをインストールしておけば、空いた時間に勉強することが可能です。

平日は空き時間を利用してアプリで勉強し、休日のまとまった時間にテキストやサイトを使って勉強するという方法もあります。

無理はせず、自分のスケジュールに合った勉強法を探してみてください。

あなたが、パソコンは苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われるほうが良いでしょう。

実は、本当のオススメは独学よりも、パソコン教室に通うことです。

確かに独学でも勉強すれば合格できるのですが、あくまでも合格できるという結果しか残りません。

本来の資格取得の目的は何でしょうか?

「履歴書に書ける」というのも一つの目的かもしれませんが、最も大切なのは「使いこなす」という事ではないでしょうか?その為にMOS資格を取得されるかと思います。

ちなみに合格までにどのくらい期間がかかるの?

学習を始めるのは良いですが、どのくらい学習期間がかかるのでしょうか。

人によって大きく異なります。

ふり幅で言うと「1日~1年」くらいの幅があります。

一般的には1ヶ月~3ヶ月くらいと考えるのがよいかなと思いますが、あくまでも目安です。

別記事で書いております。ご参考になさってください。

MOSスペシャリスト(一般レベル)の勉強時間は?|合格までどのくらい?

この記事はMOSスペシャリスト(一般レベル)の勉強時間について書いたものです。
MOSのスペシャリストとエキスパートの2つのレベルのうち、スペシャリストについての勉強時間です。
MOSスペシャリストを目指しておられる方は参考にしてみてください。

続きを見る

MOSエキスパートにかかる勉強時間は?合格までどのくらいかかる?

今回の記事は「MOSエキスパートにかかる勉強時間は?合格までどのくらいかかる?」について書いております。
どのくらい勉強したら合格できるのか気になっている方が多いと思います。
勉強時間と勉強法について詳しく解説してみました。

続きを見る

エキスパートに挑戦したい人もいるのではないでしょうか。

スペシャリストもそうですが、パソコンに慣れている人ほど勉強時間は短くてすみます。

エキスパートはスペシャリストよりも専門的なスキルを要求されます。エキスパート勉強時間は、大まかに50時間程度となります。

独学の場合は、60時間を超えても珍しくはありません。

エキスパートにかかる勉強時間や学習方法の詳細は以下の記事にまとめています。ぜひ参考にしてください。

MOSエキスパートにかかる勉強時間は?合格までどのくらいかかる?

今回の記事は「MOSエキスパートにかかる勉強時間は?合格までどのくらいかかる?」について書いております。
どのくらい勉強したら合格できるのか気になっている方が多いと思います。
勉強時間と勉強法について詳しく解説してみました。

続きを見る

まとめ

MOSマスターについて簡単にご紹介しました。

Officeソフトのテクニックを極めるなら、ぜひ取得しておきたいMOSマスター。

マスターという響きが、プロフェッショナル感を持たせるので単体で取得しているよりも、就職活動時に通じやすいかもしれないですね。

特に、MOSを活かせる仕事や職種においては重要なアピールポイントになります。

MOSを活かせる仕事や職種一覧|有利な仕事を調べてみた

この記事はMOSを活かせる仕事や職種一覧について書いたものです。
MOS資格取得後の就職先やMOS資格があると有利な仕事を調べてみました。
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格と仕事について、参考にしてみてください。

続きを見る

事務職だけではありません。資料や報告書を作成する営業職や管理職。

官公庁との書類のやりとりが必要な法律系の事務所や税理士事務所。POPの作成業務がある保育園や幼稚園の先生。また、講師なども当てはまります。

社会人として働いている人や、アルバイトをしている人は分かると思いますが、広い職種でパソコンは使われています。MOSのスキルを活かせる場面が多いです。

ぜひ、取得を目指してみてください。

MOSでお悩みの方の関連記事はこちら

MOSのテキスト・参考書おすすめ一覧|2020年最新人気はこれ

この記事はMOSの勉強をする際のおすすめの参考書・テキストについて書いたものです。
MOS資格の現役講師が、「おススメテキスト」と「その理由」をたっぷりお話しています。
MOSの参考書・テキストをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

 

 

全国55カ所 パソコン教室キュリオステーションのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

トップページへ

キュリオステーションの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

キュリオステーションFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・ザ・キュリオ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格
-, , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved.