パソコン教室コラム ブログ

パソコンマスターしたい!初心者がパソコンマスターする秘密を大公開

更新日:


マウス操作を覚える

現在はパソコンを使用して作業をする上で既にあるアイコンを選択したり実行するといった動作が多く、アイコンの選択や実行を行うために用いるのがマウスです。

左側と右側にボタンが存在し、中央部にはホイールが配置されているという構成であり、選択や実行を行う左側のボタンを1度押します。

右側のボタンを押すと使用中のソフトに応じてメニューが表示され、より一層詳細な作業をする事ができます。

そして、中央部のホイールを前後に回転させると表示されている内容を上下させる事が可能です。

タイピング(文字入力)を覚える

パソコンを使用して文章作成やデータ入力を行う際に使用するのがキーボードであり、キーボードには共通してFとJのキーに僅かに突起が設けられています。

突起は両手の人差し指を置くために設けられておりFとJを起点にして中指と薬指、小指という順番で横方向に向かって各キーに指を置いていきます。

FとJに人差し指を置いた状態がホームポジションであり、タイピングを行い文字入力をした後はしっかりとホームポジションに戻す事が、正確かつ速やかなタイピングをするためのポイントです。

キーボードの使い方を覚える

キーボードはタイピングを行い文字入力を行う役割の他に、作業を迅速化させるためのショートカットキーとしての役割も有しています。

そのため、ショートカットキーを覚えておけばキーボードから逐一手を離してマウスに持ち替えずに作業を続ける事ができます。

マウスを使用する必要性が無いほど数多くショートカットキーが存在していますが、ソフトや作業内容に関わらず使用頻度が高いのはコントロールキーを押しながらCを押してコピーした後、Vを押して貼り付けるというコピーアンドペーストです。

トラブル対応方法を覚える

パソコンを販売しているメーカーやソフトを開発販売しているメーカーでは、使用に際してトラブルが発生したユーザーに向けたサポート体制が充実しているため、トラブルに対応する必要に迫られた時にはメーカーに問い合わせをすると迅速な解決に結び付けられます。

また新品パソコンや中古パソコン、パーツの販売や修理を行っているショップに相談したり、パソコンを持ち込む事によりトラブル解決に繋げられるため、パソコンショップに訪れてお話してみるのも良い方法です。

いざという時の連絡先を知っておく

今日ではパソコンが常時インターネットに接続された状態であったりOSや各ソフトの機能も充実している様子から、以前よりも操作に迷いを感じる方やインターネットをきっかけにした問題に直面する方が増加傾向です。

パソコンの使用に際して気になる事があった時に1人で考え込んでしまうと不安材料に発展する上に作業が中断してしまうため、いざという時の事を見越して予め連絡先を知り管理しておくと安心です。

知っておくべき連絡先としてはOSやソフトの開発企業、パソコンを購入したお店や最寄りの修理店を管理しておきましょう。

ファイルとフォルダの違いを覚える

実はパソコンの中には、基本的にファイルとフォルダしか存在していません。

何かワードで文章を作成したり写真の整理をしたいときにも使う言葉なので、その違いをハッキリさせておくと使い勝手に直結します。

そして具体的には、ファイルは小袋でフォルダは大袋と覚えておきましょう。

ファイルは何かのデータやプログラム単体を指し、フォルダはそれをまとめておくために使う括りのようなものです。

ですからフォルダの中にファイルがあるというイメージを持っておけば、そう混乱することもなくなります。

メールの操作方法を覚える

メールの操作方法は、パソコンを扱う上での基礎知識です。

上手に使いこなすことができれば、人によっては携帯電話よりも使いやすく感じるかもしれません。

そんなメールの操作方法については、最低限送信の仕方や連絡帳の管理の仕方を覚えておきましょう。

メールの受信は何もしなくても自動で受けられるので、難しく考えなくて大丈夫です。

更にパソコンのメールでは、特定のメールにタグ付けができます。

これを用いれば重要な内容を優先的に表示させられるため、急いで確認したいときにも役立つでしょう。

ワードの操作を覚える

ワードは、覚えておくとあらゆる場面で重宝します。

例えばビジネスシーンはもちろんのこと、年賀状を書きたいときにもワードで得た知識を流用することができるのです。

最初は改行やスペース、フォント変更などの簡単なところから始めてみてください。

新聞の社説をワードに写し書きしてみても結構です。

難しい操作は、ほぼ必要ありません。

タイピングの速度は慣れるしかありませんが、我慢強く続けていけばやがて上達していきます。

ワードに関する解説書は沢山出版されていますし、パソコンを購入した暁には是非とも1冊常備しておきましょう。

エクセルの操作を覚える

エクセルはやや上級者向けのツールですが、だからこそ操作を覚えることでマスターへと近付きます。

計算機能に優れているため、家計簿などの管理にも役立つようになるでしょう。

しかしエクセルについては、なかなか独学で覚えることはできません。

見たことのないような記号と入力表に戸惑う人も多く、変に自分で触ろうとすると苦手意識が生まれやすいです。

よってエクセルの操作に限っては、近しい詳しい人に教えてもらうのがおすすめです。

メールやワードを難なく使えるようになったら、誰か教えてくれる人がいないか探してみてください。

パワーポイントの操作を覚える

パワーポイントは、主にプレゼンテーションの資料などを作成するために使用します。

一般的にはあまり使うシーンがなく、本当に覚える必要があるのか疑問に思う人もいるでしょう。

ただ仮にパワーポイントと無縁そうに感じても、パソコンをマスターする上では避けて通れません。

寧ろパワーポイントの使い方には自分のセンスが出るので、上手に使いこなせれば他の人への自慢にもなるのです。

こちらもエクセル同様なかなか独学では難しい部分が多いですし、本や人に頼って少しずつ覚えていってください。

ここまで来れば、もうパソコンマスターの称号は目の前にあると考えていいでしょう。

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-パソコン教室コラム, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.