パソコン知恵袋

手っ取り早く「パソコンスキル」を上達させる方法

手っ取り早くパソコンスキルを上達させる方法を紹介している女性の画像

仕事で使ったり、自分で勉強してパソコンが使えるようになったけど、なんか自己流…。これで使えるといえるのか?

自分ではなかなか判断しにくいですよね。

今よりスキルアップを目指すなら、今までとちょっと違った方法を考えてみませんか?

オンラインでパソコン学べます

パソコン上達の最も早い近道の講座が出来ました

パソコン上達の最も早い近道の講座が出来ました

インストラクター養成講座開講します。

インストラクター養成講座とは、「パソコンを人に教える」ことによって、自分のスキルを上げていくという講座です。

実際の現場で教える事が出来る、スキルアップが出来るレッスンとなっております。

苦手な方専門のパソコン教室

あなたはこんな経験無いですか?

あなたはこんな経験無いですか?

  • 事務職などに就職したい
  • パソコンを使う仕事に就職したい
  • 勉強しているけどもっとスキルアップしたい
  • パソコンスキルの自信をつけたい
  • パソコンのことがもっと知りたい
  • アウトプットに興味がある
  • 人とお話がしたい
  • 教える事が好き
  • パソコンが大の苦手
  • 自分の可能性を信じてみたい
  • パソコンの苦手意識をなくしたい
  • 世の中についていきたい
  • 一つでも当てはまる方は下記をご覧下さい

パソコン上達の近道は教えること

パソコン上達の近道は教えること

私がパソコンを教える側になって「一番得たもの」は、「自分自身のパソコンスキルアップ」です。

教える前よりも、教えだしてからの方が、知識が増えました。これが一番大きかったです。

「覚える」という「インプット」も大切なのですが、「自分で作る」とか「教える」といった「アウトプット」はさらに重要です。

実践を行う方は、実践を行わない方の3倍程度上達が違うといわれています。

教えると何が良いか?

「インプット」は中に入れること。パソコンでいうと勉強することですね。

テキストを見ながら、学習を進めていきます。

「アウトプット」とは「出すこと」です。

パソコンでいうと、自分で勉強して得た知識を元にして作ってみるというようなのがそれにあたります。

それで、「教える」ということも「アウトプット」にはいります。

自分が得た知識をお伝えします。

伝えるというのは、「自分の理解」と「理解を伝える」という2つの技術が必要です。

「自分自身でわかっている」と自分では使うことが出来ます。

ですが、それを「伝える」となると更にもう一つ上の理解が必要になるのです。

それが大きなポイントですね。

教える時に重要なのが、「自分自身が理解していない」と難しいです。

「自分で人に頼らず操作が出来る」このレベルがまずは重要です。

ここまでは、多くの方が勉強をして得られる部分です。

いわゆるパソコン教室で学べるレベルです。

これだけ出来たら、日常的には十分です。

ですが、本当の意味で楽に操作をする為にはこれ以上が必要になります。

これが教えるレベルです。

教えるとなったら「その人が何処で悩んでいるか?」を理解した上で教えないと、話が余計に混乱します。

身内同士の教えあいは喧嘩になる理由

身内同士の教えあいは喧嘩になる理由

よくあるのが「身内や知り合いに聞いてもよくわからない」というものです。

これはなぜ起こるかというと「教える側」が「聞いている側」の悩みを理解していないからです。

そもそも周囲の「理解している方」の多くは「元々パソコンが得意な方」が多いです。

「苦手な方」の気持ちは理解されていません。

なので「どこで悩んでいるのか?」がそもそも分らないです。

また、「理解している方」が「教え方がうまい」とはなりません。

むしろ、「下手」である可能性が高いです。

その「周囲の方」は、そもそも「教える気」はありません。

「教える気」というのは、言葉は悪いですが「どう教えるのか?」とか「その相手が何処で躓いているのか?」を理解するという気持ちがありません。

なので、うまくいかないのです。

やはり、教えるには技術が必要になります。

「自分でわかる」以上の理解が必要になります。

 

人の悩みを解決することで自分のスキルが上がっていく

人の悩みを解決することで自分のスキルが上がっていく

私はこの繰り返しで、スキルを上げていきました。同じテキストを読んでいても、人によって捕らえ方が違うんですね。

10人いたら15通りくらいの「読み方」があります。人数オーバーしていますが。

人によっては、2通りも3通りも読み方を出される方がいらっしゃいます。

なので、教える際は相手が「どんな事を考えているのか?」「どこで悩んでいるのか?」を「自分の基準」で考えずに探っていく作業が必要になります。

これが最も重要なことです。

ですが、多くの「一般素人」の方は、「自分の経験」から語るので「教わっている側」の気持ちや知りたい部分を置き去りにしていきます。

ちなみに、インストラクターの中でもこれが出来ていない方が多いです。

分りやすいインストラクターと、わかりにくいインストラクターはこの差です。

なぜ教えると自分のスキルが上がるのか?

なぜ教えると自分のスキルが上がるのか?

教えるには

「相手が何処で困っているか?」

「それをどのように伝えるか?」

この2つの技術が必要です。

それをする為には「自分自身の理解」したものと「教える」という「実践」が必要になります。

よく言われるのが「完璧に覚えてからインストラクターになる」といわれますが、こういう方は「一生涯」インストラクターになれません。

「教える」というのは「実践の中」でしか身に付かないからです。

過去に「教え方」と「要所のポイント」をレクチャーしたこともありましたが全く頭に入りません。

実践で「ドキドキ」しながら経験するしか教える技術というのは身に付かないのです。

またそれをすることで「自分の理解」が深まります。

皆さん同じテキストでも 読み方がさまざまです。

「そんな考え方もあるんだ」ということが最初のうちはたくさんありました。

それが徐々に積み重なってくると「いくつかのパターン」がわかってきます。そうなってくるとあとは簡単。

パソコンの仕組み自体が見えてきます。

また、生徒様のスキルの段階も見えてきます。

というように、教えるということは非常にスキルアップに繋がります。

皆様に今まで教えるということをしてきたので私のスキルアップが出来たといっても過言ではありません。

そこで考え付いたものがこの講座です。

インストラクター養成講座の内容

インストラクター養成講座の内容

インプット学習は通常のレッスン。

今回の「インストラクター養成講座」は「アウトプットのレッスン」です。

教える事で自分のスキルをあげていきます。

内容

  • パソコンの基礎的な仕組み、用語解説・基礎固めの為の効率良いインプット学習方法
  • 日常で出来るアウトプット学習方法
  • 相手の悩みを聞き取る方法
  • 相手に理解してもらう伝え方の方法
  • 知らない事を自分でネット検索で調べる方法
  • 実践指導

人数制限

こちらの内容を最大3名までの少人数制グループにて行います。

実践練習

それ以外の時間で、実際の現場にて教える「実務練習」は何回でも可能です。

(スタッフがフォローに入ります)。

正しい「指導」を得た上でのインストラクションになります。

「教える事」がメインの講座になりますが真の意味は「自分が完全に覚えることができる」ということに主眼を置いております。

あまり覚える事が出来ていないと言う方にはお勧めの講座です。

こんな方にお勧め

  • 事務職などに就職したい
  • パソコンを使う仕事に就職したい
  • 勉強しているけどもっとスキルアップしたい
  • パソコンスキルの自信をつけたい
  • パソコンのことがもっと知りたい
  • アウトプットに興味がある
  • 人とお話がしたい
  • 教える事が好き
  • パソコンが大の苦手
  • 自分の可能性を信じてみたい
  • パソコンの苦手意識をなくしたい
  • 世の中についていきたい

念のためお伝えしておきますが「パソコンが使える方」が来られる講座ではなく「パソコンが苦手な方」に来て頂きたい講座です。

「もっと出来るようになってから」とか「まだ早いかも」とか思われているようであればご入会をお勧めします。

あなたのパソコンライフが大きく変わるかもしれません。最初で最後のチャンスです。

あなたのパソコンライフが大きく変わるかもしれません。最初で最後のチャンスです。

私が教える事で身につけたスキルは本物です。

今、教える事で誰よりもうまい自信があります。

そのノウハウとテクニックを余すところ無くお伝えします。

それをマスターできれば、あなた自身もパソコンをマスターできます。

ココがおすすめ

パソコン教室へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

    【 お名前 *必須

    【 携帯電話 *必須

    【 ご希望授業 *必須
    実店舗レッスンオンラインレッスン企業研修パソコン修理依頼

    【 ご質問などあればご記入ください 】

    お問い合わせいただきありがとうございます。送信ボタンを押した後、下に「内容を送信しました。ありがとうございます。」とでれば送信完了です。「090-9503-8923」の電話番号にておかけします。説明会の日時を決めさせて頂けたらと思います。

    お問合せリンク画像

    ココがおすすめ

    オンライン対応しております

    オンライン対応しております

    パソコン教室でのレッスン」も「Zoom(ズーム)」を利用した「オンラインレッスン」どちらも対応可能です。

    パレハのパソコンレッスンは、オンラインなのに「生で質問」出来るのが特徴です。

    詳しくは下記をご覧ください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハ直営校

    パソコン教室パレハ直営校

    ■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

    ■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

    ■ 広島市西区にあるパソコン教室パレハ横川校|マンツーマン教室

    ■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校・静岡市葵区伝馬町校

    ■ オデッセイCBT・サーティファイ試験申込パソコン教室パレハ伝馬町校

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハグループ加盟校

    自信をもってご紹介できるパソコン教室

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    ■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

    ■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

    ■ 名古屋市緑区にある有松パソコン教室

    ■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

    ■ 福岡市パソコン教室平尾校

    ■ 福岡県福岡市中央区にある 「福岡市パソコン教室平尾校」の公式サイトはこちら

    ■ 調布市にあるパソコン教室キュリオステーションつつじヶ丘店

    ■ 調布市にあるパソコン教室「キュリオステーションつつじヶ丘店」の公式サイトはこちら

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

    全国加盟校一覧

    全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

    ココがおすすめ

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室講座一覧はこちら

    パソコン教室講座一覧はこちら

    他にもパソコンの講座は多数ございます。

    詳しくは下記をご覧ください。

    パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

    ココがおすすめ

    パソコン教室に関連する情報はこちら

    こちらも是非ご覧ください

    ココがおすすめ

    各市町のパソコン教室

    小平市のおすすめパソコン教室

    愛知県岡崎市おすすめパソコン教室

    パソコン教室|名古屋市千種区|無料体験・エクセル講座など

    愛知県東海市おすすめパソコン教室

    ココがおすすめ

    パソコン教室の選び方

    パソコン教室無料体験レッスンの内容を徹底解説

    通い放題(定額制)のパソコン教室のメリットとデメリット|徹底的に調べてみました

    パソコン教室のインストラクターになる方法|現役講師が方法教えます

    パソコン教室を辞めたいと思っている時の対処法

    パソコン購入時に初心者が失敗しないコツ|パソコン教室講師が解説

    パソコン教室でビデオ学習や動画講座の所ってどうなのか調べてみました

    パソコン教室のアルバイトの評判や内容は?

    パソコンマスターしたい!初心者がパソコンマスターする秘密を大公開

    母子家庭給付金制度はパソコン教室でも使える?

    パソコン教室に必要な持ち物って何?徹底的に調べてみた

    パソコン教室どこがいい?基準は?教室選びの5つのチェックリスト

    パソコンのウイルス対策してない|ウイルスソフトの必要性はある?無い?

    メールの画像

    メールはこちら

    ラインの画像

    LINEはこちら

    電話の画像

    お電話はこちら