パソコン教室選びのコツ ブログ

通い放題のパソコン教室のメリットとデメリット

更新日:


私はパソコン教室の「インストラクター」兼「パソコン教室コンサルタント」です。

今でも現役のインストラクションを行っております。

また、最近は「パソコン教室オーナーや経営者への指導」を行っております。

この2つの顔を持つところから見た切り口からあなたのパソコン教室への疑問を分りやすく解説します^^

通い放題のパソコン教室のメリット・デメリット

何を隠そう私も以前「通い放題」を行っておりました。

月謝定額3,000円!なんていうのがキャッチフレーズでした。

しかしながらこれをやめました。

その理由はいくつかありますが、その前に、通い放題のパソコン教室の落とし穴をお話したいと思います。

まずは通い放題のメリットとデメリットをお話します^^

メリット

・毎日通える

・金額が定額

・時間の融通が聞く

デメリット

・コース代金が最初にかかる

・毎日といっても週に5日のみ

・生徒様が多いので通いにくい

・毎日通えない場合は損になる

・1回あたりの質が落ちる

・運営上厳しくつぶれる可能性がある

こんなところが「メリット」と「デメリット」になります。思いつくまま書いたのですが、メリットのほうが少ないです。一見よさそうな通い放題ですが、実際は誰にとっても良くない仕組みなのです。

通い放題のメリット

良いところだらけの通い放題です(見た目には)

メリット1 毎日通える

まずは毎日通えます。1日1時間ですが、毎日覚えるまで通うことが出来ます。時間がたっぷりとれる人には最適な仕組みです。

メリット2 金額が定額

基本的には、月謝が定額になります。なので、お金を気にせずに学ぶ事が出来ます。基本的には、増えるという事がありません。

メリット3 時間の融通が聞く

通い放題なので、「今日行けなくても明日行けばよい」という事が可能です。

この辺がメリットになります。

通い放題のデメリット

私自身、通い放題で運営をしておりました。

ですが、デメリットが多く感じました。

それは、運営者のデメリットもそうなのですが、「通う人」もデメリットが多いのです。

通い放題の仕組みをやめたのも、デメリットが多い点からです。

デメリット1 コース代金がかかる

月謝3000円通い放題といっても、最初にコース代金というものがかかります。

一見3000円だけのようなキャッチフレーズですが、最初にコース代金というのを頂きます。

例えばワードの基礎を学ぼうと思ったら「ワード基礎のコース代金20,000円」を支払ってからになります。

3,000円だけではないんですね。

よくよく考えてください。

3,000円だけの月謝の人が多くきてもお店の運営が成り立たないのは、ちょっと計算が出来る人なら分るかと思います。

仮にパソコンの台数が6台としましょう。それで昼の12時~夜の20時まで1日7時間の営業です。7時間×6台=42枠です。通い放題なので、毎日来ても良いのです。

ということは、最大で42名しか入れないのです。実際は、毎日来る人ばかりでないので、もう少しはいけます。

ですが、結局60人くらいの生徒数だとしたら、60人×3,000円180,000円になります。これでは家賃も払えません・・・。

ちょっと賢い方であれば、3000円だけでは、経営が成り立たない事はご理解いただけたでしょう。

デメリット2 通い放題は結局高くつく

でも「コース代金が最初にかかるといっても、20,000円だけならまだ良いのでは?」と思われるかもしれませんが、それはあくまでも「ワード基礎」のみです。

他に「ワード応用」「エクセル基礎」など学ぼうと思うごとに「コース代金」がついてまわります。

なので、仮に「ちょっとだけ応用のことが教えて欲しい」となってくると聞けません。

それでは本末転倒です。結局高くつくのです。

そして、その結果、生徒様はどうされるかというと「またコース代金がかかるなら今のところだけでよい」となって、結局多くを学ばれずに同じところばかり行われます。その結果、空きが来てやめられるということになります。

他の事をたくさん行ったほうがパソコンのスキルはあがります。

しかしながら、通い放題の仕組みは結局学べるエリアを狭めて、同じところばかりするという範囲の狭まれた仕組みなのです。

デメリット3 毎日といっても週に5日のみ

毎日というのは、「営業日」という意味です。多くは週5日の営業なので、結果的にそこまで通えません。また、1日1時間です。1日入り浸りではないので注意が必要です。

デメリット4 生徒様が多いので通いにくい

通い放題なので、毎日来たくなりますね。逆に行かないと損って感じがします。そのため、毎日行きたくもないけど、行かないと!って感じで必要以上に来店数が伸びます。その結果、予約がとりにくくなります

デメリット5 毎日通えない場合は損になる

毎日来ても、月に1回だけでも料金は一緒です。多く通えない人が損をする仕組みになっています。

デメリット6 1回あたりの質が落ちる

毎日来られているので、レッスンが惰性になりがちです。レッスンをやる側も、受ける側も。これは「●●し放題」というもの全部に言えるでしょう。

デメリット7 運営上厳しい。閉店の可能性がある

そもそも、通い放題という金額の安さに惹かれてきた方は、他のコースを選ばれません。

コースを多く取ってもらって、生徒数が多くないと成り立たない仕組みなのです。

これがパソコン教室ブームの頃であれば成り立ちましたが、今はその仕組みでは成り立ちません。

運営側は「新規ばかりに目が行く」ようになり、結果インストラクションの質が落ちます。

その結果、もっと悪いことに、パソコンが覚えられずに安いだけという事になるのです。この仕組みは良くないです。気をつけたほうが良いです。

秘密4 経営者によって運営体制は異なる

全部の教室が悪いといっているわけではありません。

良いところも、あります。

ですが、しっかりと見られたほうが良いです。体験レッスンというものを行っておりますので必ず見られて行われたほうが良いです。

経営者によって、パソコンスクールは大きく変わります。自分の確かな目で見極めてください。

まとめ 適正価格が一番

そもそも安く上げようと思うなら独学を行ってください。

学んで、ある程度のスキルを上げたいならある程度の金額は必要だと思ってください。

安さの先には何もありません。それは、パソコン教室に限らずです。

安さを求めて買った結果、結局何も身に付かなかったということになれば、本末転倒です。

適正価格で、運営の利益が出て、それを生徒様に還元するという教室が良い教室です。そのあたりをしっかりと無料体験でご確認下さい^^

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

-パソコン教室選びのコツ, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.