パソコン教室選びのコツ ブログ

パソコン教室は意味無い?無駄?|必要な人と不要な人がいます

更新日:



今回は、パソコン教室が意味あるか?意味ないかについて書きます。

結論:ネット検索でパソコントラブルを解決する人は不要!それ以外の方は価値ある

パソコンでわからない事があったら「ネット検索」で、すぐに解決策を導き出せる人には、パソコン教室は全く不要な場所です。

逆に「ネットでは解決できない」と言う方は、通えば価値ある場所になります。

詳しくは下記をお読みください。

パソコン教室とは?どんな所なの?

パソコン教室は「パソコンが苦手な方」が通われるところです。

よく勘違いされるのが「ご年配の人がいくところ」みたいなイメージがあるみたいですが実際は異なります。

実際には、若い方からご年配の方までいろんな年代の方がいます。

スマホが普及したことでパソコンを使う機会が減って、若い方でもパソコンに対して苦手意識を持っている方は意外と多いです。

そういう方に共通しているのは、「なんとなく使っているけど使いこなせていない」、「パソコンの事を知らな過ぎて聞くのが恥ずかしい」、といった不安な気持ちです。

こういった不安や、パソコンに対する悩みを解決したいと思う方がパソコン教室に通われています。

パソコン教室に通った結果こうなった|どうなるのか実際に通った人に聞いてみた

パソコン教室で何が学べるの?

パソコン教室も幅広いですが、パソコンに関連するものはなんでも学べます。

ワードやエクセルといった仕事やビジネスで使うものが主流です。

他にもあります。

WEBデザイン、プログラミング、CAD、などがあります。

これらは教室によって教えていないところもあります。

パソコン教室によってそれぞれ教える得意分野があるので、もしWEBデザインやプログラミングなどを学びたいと思ったら、その教室がWEB系スキルに強い教室かどうかを確認しておいた方が良いですね。

自分が学びたいことは何かを明確にして、自分に合ったパソコン教室を選びましょう。

 

パソコン教室って必要?

こちらをご覧になられているということは、パソコン教室に通うか自分で学習するか悩んでおられると思います。

私自身パソコン教室を行っているのですが、そんな素朴な疑問にお答えしたいと思います。

また、悩んでいるって言うことは「多少は行ってみたい」っていう気持ちがあるのでは?

でも周囲の方が反対しているし。っていう感じではないでしょうか?

私は、パソコン教室運営を行っていますが、「絶対に通ったほうが良い」ともいえない部分もあるんですね。

実は、パソコン教室に「体験レッスン」とか「説明会」なんかに皆様いらっしゃるのですが、全員に入会をお勧めしません。

「この方には不必要」って思った場合は、お断りするんです。

そんな話もふまえてお話します^^

パソコン教室に「通わないほうが良い人」はこのタイプ

パソコン教室に通わないほが良い人

まずはパソコン教室に通わないほうが良い人をお話しましょう。

それは

  • 自力で解決できる力がある人
  • 検索が得意な人
  • パソコンに嫌悪感が無い人
  • 一度説明を聞いたら分る人

こういった方は必要ないです。

ご自身でスキルアップできるタイプです

ご自身で学習されたほうがスキルアップに繋がるでしょう。

わからない部分は「自分で調べて、自分でそれをやってみる。ダメだったら再度検索して、別の方法を試してみる。」

パソコンに限らず、世の中はすべてこのルールで成り立っています。

なので、これが出来るのであれば、パソコン教室に通う必要はありません。

どうしてもできない時だけスポットがオススメです

あえて言うならば、どうしても解決できなかった場合に専門的なスキルを持ったパソコン教室のインストラクターに「マンツーマン」などで聞くのが良いでしょう。

ただ、「通う」というのは違うと思います。

それだけスキルがある方が通うパソコン教室はこの世の中に存在しないと思います。

MOS資格と言う「エクセル」や「ワード」を習得できる資格があります。

独学が出来るならこちらにチャレンジしてみると良いでしょう。

MOS資格対策|初心者が独学で一発合格する秘密学習方法を公開

インターネットで分からない事はインターネット調べることができますか?

ネットでパソコンでのトラブルを事故完全解決がができるのなら必要ないです

これができるのなら、全く問題ないです。

パソコン教室に通う必要が無いです。

こちらをご覧になられて「ん?インターネットで分からない事を調べるくらい簡単じゃん。何か特別な事をするのかな?」と思われている方は「得意な方」です。

インターネットで調べても解決できない人は「不得意な人」です

「インターネットで調べてもよくわからないんだよね」って思った人は「不得意な人」

この辺で大きな差が出ますね。私は、双方の立場の人を頻繁に見るので、その差がよくわかるのです。

そもそも、インターネットで調べて解決できないから「誰かに教えてもらう」という事が必要になります。

そもそも、インターネットで調べるといっても、「これが知りたい」→「答えがすぐ出る」ではないのです。

それを理解できていない人は「インターネットで調べる」というのは難しいと思います。

インターネットで調べるには「経験」「コツ」「必ず解決するという意欲」が必要です

インターネットで調べようと思ったら「キーワードの選定」を行なって、それで検索をかける。

その出てきたページを見ながら「次なる仮説」を立てる。

その仮説を元に「キーワードを再度選定する」

という作業を何回か繰り返し、答えを見つけていくのです。

得意な方は苦手な方の気持ちはわかりません。前提がそもそも違います

「でも、そんな事言われなかった」といわれる方もいらっしゃるでしょう。

そうです。得意な方は「自然」とそのような技術を身につけているから、気がついていないのです。

また、その辺のスキルは自分では当たり前なので、まさかそこであなたが躓いているとは気がついていないのです。

ここで、前提の不一致になっている為、そもそも話が成り立たないのです。

パソコン教室に「通ったほうが良い」のはこんな人

パソコン教室に通ったほうが良い人

ではパソコン教室に通ったほうが良いのはどんな人かというと、

  • 自分でパソコンのことを解決できない人
  • 一度解説されただけでは分らない人
  • パソコンが苦手だという気持ちがある人
  • 検索が苦手な人
  • そもそもパソコンが良く分っていない人

パソコン教室は「苦手な方」が「克服する場所」

こういった方はパソコン教室に通われることをお勧めします。

そもそも、パソコン教室というのは「パソコンが苦手な方」が「パソコンを克服する」という為の場なのです。

なので、苦手ならぜひ行った方が効率的です。

周囲の方はパソコン教室が不要っていう理由

周囲の人は「パソコンが使える人」「パソコンが得意な人」なので参考にならない

でも周りの方は「パソコン教室なんていかなくても大丈夫だよ」ってよく言われるという声を聞きます。

そうでしょうね。その方はパソコン教室を必要としていない方なんでしょう。

  • 不明点があったら自分で調べて、何でも解決できる方
  • 特にパソコンを触っていないけど、メールやネット閲覧、文字入力くらいで使いこなしていると思っている方

このあたりかと思います。

自力で解決できる方は、苦手な方の気持ちがわかりません

なので、自分の感覚や経験談でしか物事を言われないので、そういったアドバイスになります。

また、自分で使える範囲だけで「パソコンが全部使えている」と言われる方も多いです。

それはそれで良いと思います。

ですが、パソコンというのはあまりにも範囲が広いので「その方がパソコンで行いたい範囲」が「自分がパソコンでやりたい範囲」とは大きく異なることが多いです。

そもそもパソコンで出来ることというのは、全く異なります。

パソコンの守備範囲は広いので一概に「使える」「使えない」っていえない

ワードやエクセルが出来ても、ホームページを作ることは出来ないですし、逆に「プログラムを組める」くらいの方であればなんでも出来そうですが、「ワード」が使えなかったりします。

他にも「CAD」が出来ても「文字入力はゆっくり」とか。そもそも「パソコン」というくくり自体で考えること自体が大きく間違っているのです。

苦手な方が独学で行う悲劇

時間がかかる。不確かな知識がつく。不安になる

苦手な方が、独学をしようと思うと大変な苦労をすることになります。

どんな苦労があるかというと

  • 時間がかかる
  • ウソの知識が身に付く場合が多い
  • 不安になる

こういったことがあげられます。

判断がつかない人は一度本を買って出来るかどうか試してみたらどうですか?

実際に本を読みながら出来るかどうか一度試してみると良いと思います。

本を読んでいるうちに分からない事はたくさんでてくると思います。

その都度、自分で調べたり、何度も本を読み返えすことになると思います。

自分で解決できるようならパソコン教室に通う必要のない人ですね。

調べる事にたくさん時間を使って疲れたり、本を読んでも理解できなくて嫌になったりする方はパソコン教室に通うと良いですね。

苦手なら正しい方法で学んだほうが正解

こういった方の為に「パソコン教室」があるのです。

「パソコン教室が必要か?必要でないか?」を考える時は「苦手な方」や「パソコン教室に行ったことがある方」に相談すると良いです。

自分の気持ちを理解してもらえていない方に相談するので「パソコン教室は意味無い」という発想が生まれてくるのです。

パソコンが苦手であり、克服したいなと思われている方はパソコン教室に通われることをおススメします。

パソコン教室選びが重要

独学が難しい人であれば、パソコン教室に通うのが良いでしょう。

パソコン教室を選ぶ時にはポイントがあります。

パソコン教室は良いインストラクターのいる教室を選びましょう。

良いというのはパソコン知識に詳しいということではなく、苦手な気持ちを分かってくれたり、同じ目線で相談できる人ということです。

詳しいだけインストラクターは苦手な人の気持ちがわかりません。

「当たり前のことを聞いてしまったかも」という気持ちになって質問できなくなったら、パソコン教室に通う意味がないですよね。

パソコン教室の選び方の重要な3つのポイント

当教室(キュリオステーション)は「内容重視」か「価格重視」かの2択で選べます

皆様がパソコン教室に出せる予算というものがあると思います。

その「予算範囲内で学ぶ事が出来る」か、もしくは「予算はオーバーしても良いので、内容を突き詰めたい」と思うのかは人によって異なると思います。

当教室(キュリオステーション)では、お選びいただけるように2パターン用意しました。

●料金体制

【入学金1万円(ご入学時のみ)】+【月謝(毎月)】

1回50分授業で1回1,000円(税別)で好きな回数をお選びいただけます。
※毎月教室維持費が2,800円(税別)かかります。

回数の一例通われるペースの一例総費用
月12回週に3回ペース14,800円(税別)
月08回週に2回ペース10,800円(税別)
月04回週に1回ペース6,800円(税別)

まとめ

得意な方はパソコン教室は必要ありません。

苦手な方はパソコン教室に行ったらよいかも。

ご自身のパソコンに対する考え方や状況によって考えてみてください^^

 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-パソコン教室選びのコツ, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.