苦手克服

パソコンを使いこなす方法|パソコン苦手な人が克服できる方法公開

更新日:

パソコン苦手な人が克服できる方法を紹介している女性の画像

今回は、パソコンが苦手な方が克服して使いこなせる方法をお伝えします。

結論:覚えるよりも慣れる事が重要|使いこなすためには全体を知る事が大切

慣れることが重要と説明している男性の画像

パソコン講師とはパーソナルコンピューターの操作を、素人に教えることを職業にしている人達のことです。

パソコン教室を開ける程度の知識と技術を持ち合わせており、尚且つ数多くの第三者の個別レベルに合わせて分かりやすい説明や操作方法の指導をしてくれるというのが特徴になっています。

そんなパソコン講師の多くが、覚えるよりも慣れる事がパソコン操作においては重要だと言っています。慣れが結果として全体を知ることに繋がるからです。

パソコンを使いこなしたいという場合には、一から順番に覚えていくことよりも操作などに慣れていくことが大切です。

スキル的な面は、後回しでもかまいません。なんとなくパソコンを使えるという領域を目指すというのがポイントといえます。

難しく考えるよりも、キーボード操作やマウス操作、データの保存やコピー、貼り付け、テキストデータの印刷など一般的な操作を一通りできるように操作に慣れるまでいろいろと試してみましょう。

パソコンを毎日触る|時間が無いなら電源入れて切るだけでも良い

毎日触ると説明している男性の画像

パソコンの操作を上達させたいなら、出来るだけ毎日パソコンに触ることが大切だとされています。

時間が無いなら電源入れて、インターネットに繋げたりファイルを開いたりせずに、画面を見た後で切るだけでも良いと生徒に伝えているような講師の方もいらっしゃいます。

パソコンを触ることを習慣化させて、操作に行き詰まらないときの軽快さなどを生徒に教えるというのも講師にとって大切だからです。生徒も忘れずに電源だけでも入れるべきだと言えるでしょう。

パソコンを定期的に利用していないと、その時には覚えていたことを忘れてしまうこともあります。

そのため、できればパソコンに毎日触る習慣を身につけておきましょう。

時間が無い場合でも、電源を入れて切るというだけでも良いので、とにかく毎日、パソコンを触ってみましょう。

覚えるよりも慣れる!

パソコン操作に慣れるように自分なりに意識して毎日パソコンに触る、作業をしてみることが大切です。

もし、ご自宅にパソコンがない人は、ノートパソコンの購入を考えてみるのもいいでしょう。

パソコン購入時に初心者が失敗しないコツ|パソコン教室講師が解説

今回の記事は「パソコン購入時に初心者が失敗しないコツ」について書いております。
パソコンを購入したいけど、どれがいいのかよく分からないと悩んでいる方が多いと思います。
失敗しないコツを詳しく解説してみました。

続きを見る

こちらの記事では、パソコン購入時のポイントを解説しています。最近は量販店で購入することがほとんどだと思います。

しかし、初めての購入だと、どのパソコンを買えばいいのか悩むはず。

初心者だからといって、必ずしも安いものがいいとは限りません。

用途にあったパソコンを選ぶことで、のちのちソフトウェアだけを購入する手間と費用がなくて済むこともあります。

まずは自分がパソコンでなにをやりたいのかを考えてみましょう。

自分がやりたい事だけやる|パソコンが嫌いなら好きなところだけやればよい

やりたい事だけやると説明をしている男性の画像

講師の中にはパソコンが苦手だったという人も居て、自分がやりたい事だけやる内にパソコン嫌いを克服したという方も実在しています。

それが要因となりパソコンが嫌いなら好きなところだけやれば良いと指導しているような講師も多く、例えばパソコンを使って文字を書くことが好きならその分野を中心に覚えておき、操作に詰まった段階で次に覚えるべきことに進むといった方法で、パソコンの操作を上達させるようなコツもあるのです。

基本的には、自分がやりたい事だけやるということが重要です。

自分が興味を持ったことに対して集中することで、その部分に関しては覚えも早くスキルとしても身につきやすい点から、できるだけ自分が楽しい、やりたいと思えることを中心に覚えていくといいでしょう。

苦手な部分などは、誰でもあります。得意な部分から徐々に必要なことを覚えていくというスタイルで学ぶほうが、先に進むことができるためまずは自分がやりたい事を見つけそこから覚えていくようにしましょう。

スマホで検索せずにあえてパソコンを使って検索する

スマホで検索せずにパソコンで検索すると説明をしている男性の画像

パソコン操作に慣れていない高齢の方の中にも、従来型の携帯電話ではなくスマートフォンを所持しているという方は大勢いらっしゃいます。

そこで一般的なパソコン教室では、スマホで検索できることでもあえてパソコンを使って検索することで、操作技術の向上を目指す術を教えているところが多いです。

検索結果は然程変わりませんが、音声入力などとは違いスマホよりも少々面倒な方法で知りたいことを調べることで、パソコンも便利であると自覚できるといったメリットが得られるようになっているのです。

近年では、スマートフォンでインターネットでいろいろと検索することができます。

外出中などでもすこし調べたいことがあれば、インターネットで検索するのは非常に便利です。

ですが、スマートフォンばかり使っているとパソコンを使わなくなってしまいます。

自宅などでは、パソコンを使って検索する習慣を身につけましょう。

調べ物をするという場合などでも、できるだけ利用するように意識して少しでも検索などの操作に慣れていくように自分なりに心がけてみることが大切です。

パソコンからのメッセージは全部目を通す|理解しなくても良いので読むだけ読んで×で閉じる

パソコンからのメッセージは全部目を通すと説明をしている男性の画像

初心者の多くが、理解できないからという理由からパソコンからのメッセージをよく読まずに×で閉じてしまい、また同じようなメッセージが表示されることが嫌でパソコン嫌いになってしまうというケースがあります。

これを避けるために、パソコンからのメッセージは十分に理解出来なくてもとりあえず全てに目を通す、分からなくても良いので読むだけ読んだ後で×を押すという指導をしている方が多くなっています。

パソコンを好きにさせるのではなく、嫌いなることを防ぐのが目的だと言えるでしょう。

パソコンを使っていると、メッセージなどが表示されることがあります。

何かしらエラーがある場合や何かソフトなどを利用している最中などでも表示されますが、きちんと読むことが重要です。最初は、どのような内容かわからなくてもしっかりと読んでおくこと、そして×で閉じるようにしましょう。

エラーメッセージなどは、ネットを通じていろいろと情報を調べてみることで、内容や対処法などが説明されているサイトなどがあるため、確認してみるとより知識が深まります。

自分なりに調べてみる癖をつけておくということも大切です。理解できないエラーなどは、定期的に調べていくことで徐々に理解を深めていきましょう。

パソコンは単なる道具|なんでもできるが唯一出来ない事が人間の気持ちを読み取る事。それをマウスとキーボードで伝える

パソコンは単なる道具と説明している男性の画像

パソコンは、誰でも簡単に使いこなすことが出来る単なる道具になります。

パソコンを利用することで、何でもする事ができますが、パソコンは人の気持ちを汲み取ることが出来ません。

その為、自分で使いこなすことが出来るようになるには、マウスとキーボードを利用して、パソコンを活用することが大切です。

マウスとキーボードの操作さえ覚えてしまえば、誰でも簡単にパソコンを利用することが出来るので、初心者の方におすすめです。

操作の時は「今何がしたい?」「じゃあそれをパソコンに伝える」と毎回自分自身に聞く

毎回自分に聞くと説明をしている男性の画像

パソコンを操作する時には、今自分が何をしたいか考えることが大切です。

自分がしたい事を自分自身にきく事によって、自分のしたい事を確認することが出来ます。自分のしたい事を確認することが出来れば、それをパソコンに伝える為にマウスとキーボードを利用する事が大切です。

マウスとキーボードを利用することで、パソコンに自分の意志を伝える事ができます。

やりたいことが明確であれば、直ぐにパソコンを使うことが可能です。

パソコンは基本的には壊れないことを理解する|壊れたのではなく対処法を知らないだけ

基本的には壊れないことを理解すると説明をしている男性の画像

パソコンは頑丈に出来ているので、簡単に壊れることはありません。

パソコンの動作が遅くなったりしても対処法さえ知っていれば、誰でも簡単に元に戻す事ができます。

対処法がわからないと壊れてしまったと勘違いする事になりますので、注意が必要です。

パソコンがこわれる場合には物理的に本体を落としてしたり、物を当ててしまったりする以外に壊れることはありません。

基本的にはクリーンインストール等の対処法を知っていれば安心です。

パソコン使えない人の特徴|苦手な人を得意にさせる方法

今回の記事は「パソコン使えない人の特徴|苦手な人を得意にさせる方法」について書いております。
「なんでこの人はこんなにもパソコンが苦手なのか?」と思われている会社の上司の方多いと思います。
得意になる方法について詳しく解説してみました。

続きを見る

として、なにもしていないのに壊れたという人がいます。

自分が触ったから壊れたんだと思い、怖くなって苦手になってしまうパターンです。

無自覚のうちに、キーを押していることもあります。

また、クリックしたつもりではないのに、クリックしてしまっていたこともあります。

覚えていてほしいことは、パソコンのトラブルには対処法があるということです。

落ち着いて調べるか、または詳しい人に聞くことで解決することがほとんどです。

怖がらずに対応しましょう。

変なメッセージが出てきたらそのメッセージの文章そのままを入れてネット検索する。それを読むだけで良い

変なメッセージを表現している画像

パソコンを使っていると変なメッセージが表示される場合があります。

基本的には英語でメッセージが表示されるので、初めてメッセージを見ると不安に感じることもありますが、書かれている内容をそのままインターネットで検索をするだけで解決することが出来ます。

インターネットで検索をすると英語の内容でも日本語で見ることが出来ますし、メッセージに対する対処法をしる事が可能です。

慌てずに落ち着いて検索をする事が大切です。

疑問があったらとりあえずパソコンでネット検索する|理解しなくても良いが検索結果を必ず読む

パソコンでネット検索を表現している画像

何かわからないことやトラブルが起きた場合や、疑問が出た場合にはパソコンで検索をすると解決することが出来ます。

パソコンはインターネットにつなぐことが出来るので、自分が疑問に感じることを直ぐに解決することが出来ます。

検索した結果は難しい事が書かれている場合も多いですが、理解をすることが出来なくても結果を必ず読むことが大切です。

検索した結果を読むことで、初めのうちは理解をすることが出来なくても後々理解をすることが出来ます。

資格を取るのもありかも

パソコンを多く触る機会を増やす為に「資格にチャレンジ」と言う手もあります。

パソコンで最も人気が高い「MOS資格」というのがあります。

それにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

取得の仕方は別記事にまとめました。

MOS資格を独学最速1週間で合格できる方法を人気パソコン教室が公開中

この記事はMOS資格を独学で合格できる秘密の方法について書いたものです。
MOS資格を取りたいがどのように勉強していけばよいかわからないと多くの方に言われます。
「MOS資格を独学で合格できる秘密の方法」を書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

まとめ

今回は、パソコンを使いこなす方法について紹介しました。

パソコンが得意な人は、元々パソコンが好きであったり、パソコンを使ううちに慣れたりする傾向があります。

「自分は機械そのものが苦手」「まだ始めたばかり」という人も、このページのことを実行することで、徐々に使いこなせていくと思います。

それでも悩んでいる人は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

パソコン嫌い苦手克服方法|嫌いだった人がパソコン講師になれた秘密公開

今回の記事は「パソコン嫌い苦手克服方法|嫌いだった人がパソコン講師になれた秘密」について書いております。
「パソコンが嫌い」「どうして私はパソコンが苦手なんだろう」って悩んでいる方多いと思います。
克服方法を詳しく解説してみました。

続きを見る

パソコンの苦手を克服する方法を公開しています。

最初は誰でも初心者です。焦らず、ひとつひとつ慣れていきましょう。

 

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-苦手克服
-, , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.