トラブル対応 ブログ

シニア向け|パソコン初心者の方に教えるべき必須操作方法|パソコン講師が秘密を大公開

更新日:


電源の入れ方と切り方をゆっくり丁寧に説明する

インタ-ネットがこれだけ普及した世の中にあっては、シニアの方にも大いにパソコンを利用して欲しいものです。

しかし、教え方次第でシニアの方はパソコンは難しいものだと考え敬遠してしまう恐れがあるのではないでしょうか。

そこで、シニアにパソコンの操作を教えるには、まずは電源の入れ方と切り方という基本からゆっくりと始めてみてください。

簡単な操作なので、これなら自分にも使いこなせると、思ってもらえるに違いありません。

自信を付けたところで、次のステップを踏み出せば先の段階に無理なく進めるはずです。

パソコンを操作する際には電源を入れることが基本です。

まずは電源の入れ方と切り方をゆっくり丁寧に説明することが最も重要なポイントとなっているのです。

正常に起動し、操作をすることができる状態を確認することや、電源を切る際に必要な条件などを集中的に習得し、自由にこれらの作業をすることが出来るようになることがパソコンを利用する上で大切なことなので、これを集中的に習得させるようにすることが最も重要となっています。

マウス操作の方法を伝える|右は一切使わないので左だけ使ったらよいと極端に伝える。多く教えるのは混乱の元

パソコン操作で外せないのがマウスの使い方ですが、マウスには右クリックと左クリックがあります。

初心者シニアには、左クリックの操作だけを教えることが上達に繋がります。

右クリックで出来ることはたくさんありますが、シニアの初心者には却って混乱の元になりかねません。

左クリックの基本操作だけでも、インタ-ネットを十分に活用でき、右クリックは必要ないことを上手に伝えてください。

シニアが先走って、右クリックの操作を覚えたがったとしても、我慢強く先ずは基本から始めることが上達への近道となることを、優しく教えるようにしましょう。

マウスは複雑な操作を行うことも可能ですが、初心者にとってはいちどに複雑な操作を習得することは混乱の元となってしまうので注意をしなければなりません。

基本的には左クリックのみを使用し、しっかりとその操作を習得することが重要となっています。

右クリックは操作方法を教えると非常に便利な機能が多数存在していますが、そのほとんどは左クリックだけで手順を踏むことにより実現される機能も多いので、同時に覚えようとすると混乱してしまうため、左クリックでの操作方法をまず習得させることが必要です。

パソコンの画面でインターネットの開き方だけ伝える|他は今必要無いので触らないほうが良いと伝える

さて、電源の入れ方やマウスの左クリックの方法を身に付けたら、早速インタ-ネットの開き方に進んでみましょう。

シニアも先に行きたいと思う頃ですから、インタ-ネットが開けるようになることで、さらに楽しさを感じるはずです。

しかし、ここでも気を付けたいのが余分な知識はそぎ落とし、単純にインタ-ネットの開き方のみを教えるということではないでしょうか。

あまり最初から難しいことを教えると、折角興味を示し始めたパソコンという物に対して、後ろ向きになってしまうかもしれません。

パソコンを使い始めるとインターネットを使いたくなるものですが、インターネットは非常に複雑な操作を必要とすることも多いためはじめはその開き方だけをしっかりと習得してもらうようにすることが必要です。

その他の様々な操作に関しては、今は必要ないので触らないほうが良いと教えるのが最も良い方法です。

知識のない状態で操作をすると、様々なトラブルの原因となるほか、場合によってはコンピュータウィルスなどの問題を引き起こすこともあるので十分に注意をするように意識することが必要となっています。

文字入力の操作方法はローマ字で。ローマ字の変換表は印刷して準備しておくのが良い 文書作成等で文字入力を行う場合は、キーボードの設定はローマ字入力にすることが基本です。

ローマ字入力にすることでキーボードのアルファベットの位置を自然と覚えることができるほか、様々な入力を簡単に行うことができるようになります。

そのため、ローマ字の変換表は印刷してあらかじめ準備しておくと、入力を行う際にキーのパターンを覚えることができ、効率よく入力をすることができるようになるため、教える際にはこれらの資料を用意しておくとスムーズに教えることができます。

文字入力の操作方法はローマ字で。ローマ字の変換表は印刷して準備しておくのが良い

インタ-ネットの検索を行う際に、キーボードを打って文字を入れることは避けて通ることが出来ません。

その際に是非、文字の入力はローマ字を使用することおすすめします。

シニアは英語は取っ付きにくいと思うかもしれませんが、慣れればひらがな入力よりもずっと使い易いものです。

ロ-マ時の変換表を印刷したうえで、一からゆっくりと丁寧に指導すれば、案外簡単にロ-マ字入力は習得できます。

自信がないというシニアには、励ましながら一緒に入力してあげれば、理解をするのに役立つことでしょう。

文書作成等で文字入力を行う場合は、キーボードの設定はローマ字入力にすることが基本です。

ローマ字入力にすることでキーボードのアルファベットの位置を自然と覚えることができるほか、様々な入力を簡単に行うことができるようになります。

そのため、ローマ字の変換表は印刷してあらかじめ準備しておくと、入力を行う際にキーのパターンを覚えることができ、効率よく入力をすることができるようになるため、教える際にはこれらの資料を用意しておくとスムーズに教えることができます。

パソコンは常に変なメッセージが出るもんだから安心してと伝えておく

パソコンに慣れた人でも、時々画面に出てくる表示には不安になったりするものですが、シニアの場合ならそれは尚更ではないでしょうか。

ですから、最初からパソコンに画面には、時々よくわからない表示が出るものだと伝えておくことが肝心です。

パソコンに表示が出るのは、決しておかしな操作をしたからではなく、それが普通だと思えれば本人は安心して使うことができます。

覚えたてのパソコンをインタ-ネットに繋げて、自由に検索できるようになるだけで、世界は広がります。第二の人生、新しい趣味を見つけることも十分に可能でしょう。

パソコンを使用していると時々エラーメッセージが発生することも多くなります。そのたびに自分が何か間違いをしてしまったのではないかと強くなってしまう人も実は多いのです。

これが続くと多くの人は操作をしたがらなくなってしまうので、気にしないように指導するのが非常に良い方法となっています。

エラーメッセージが出ても動揺しないように、パソコンは常に変なメッセージが出るものだからと伝えておくのが、生徒を安心させる非常に良い方法です。

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


おすすめ記事

-トラブル対応, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.