苦手克服

パソコンが使えない理由|パソコンを使えるようにさせる方法公開

更新日:

パソコンを使えるようにさせる方法を紹介している女性の画像

「最近の新入社員の中に、パソコンを使えない社員が混じっている」と、思われている方多いのではないでしょうか?

大学時代を通じてスマホしか使ったことがない新世代の社会人が職場に進出してきます。

ニュースでもかなり話題になりました。

スマホのあげられますが、なぜスマホの普及がパソコンが使えないということになるのかが理解できない方が多いかと思います。

そのあたりを知った上で、若い世代にパソコンを使ってもらう為の対処法をお話しします。

また、パソコンが使えない人の特徴に関しては別記事で書きました。

下記をご覧ください。

パソコン使えない人の特徴|苦手な人を得意にさせる方法

今回の記事は「パソコン使えない人の特徴|苦手な人を得意にさせる方法」について書いております。
「なんでこの人はこんなにもパソコンが苦手なのか?」と思われている会社の上司の方多いと思います。
得意になる方法について詳しく解説してみました。

続きを見る

スマホ登場以前の家庭環境

家庭環境を表現している家族の画像

1995年にウインドウズ95が登場しました。

その結果、今までは、一部の方のものだったパソコンが、徐々に一般家庭に進出して行きました。

主に大きく普及したのはウインドウズXPの頃でしょう。

2002年頃から一般家庭に1台は行き渡った時代です。

その頃の、パソコンを使う目的は「インターネット」でした、

ウインドウズXPが出てくる頃に、ちょうどブロードバンドも普及をし始めます。

この2つが重なりあり、「インターネットを見ることがパソコンを使う」という感じになってきました。

一般家庭のパソコンの使用目的はインターネットだったのです。

スマホの登場で何が変わったのか?

スマホ登場を表現しているスマホの画像

iPhoneが登場したのが、2007年です。

一部ユーザーが使い始め、そのよさが徐々に浸透していきました。

iPhoneだけだったスマートフォンを各社が出し始め、今までの携帯電話の買い替えのタイミングでスマートフォンに買える方が増えてきました。

予想よりもかなり急激なスピードでスマートフォンは普及しました。

2011年頃から多くの方が持ち始めました。

スマホが登場したことで大きく変わった点は、これまた「インターネット」です。

今までは情報を得るための手段として「パソコン」を使って「インターネット」を行なっていましたが、常に持ち歩いているスマートフォンの方がかなり便利です。

起動時間も無い

すぐにつながる

手元にある

どこでも検索できる

他アプリとの連携も出来る

というような点から、インターネットを見るためにわざわざパソコンを使うという事を行なわなくなりました。

ご家庭での、パソコン使用の目的は「インターネット」だったので、家庭内で触る機会が大きく減りました。

また、職場では当たり前のように存在するパソコンですが、家庭ではパソコン自体を必要としない方も増えてきました。

この頃から「パソコンは書類を作るもの。仕事上のもの」「スマホは閲覧用」という流れに変わってきました。

10代や20代は家でパソコンを触る機会がなかった

各世代を表現している家族の画像

以前は、インターネットを見るために家庭でパソコンを使っていました。

その時に、キーボードに触るとか、インターネット以外のことも行なう機会が多々ありました。

パソコンを触れば、どんなものなのか?とか、幼少期から慣れ親しむ事が出来る環境にあったのです。

それが、スマホノ普及により、親がパソコンを触らないため、子供もパソコンを触らなくなりました。

その結果、パソコンを触る機会の無い世代が多くなってきました

最近は学校で習わないの?

学校の授業風景を表現している画像

40代以上の方々はパソコンを学校で学んだ事がありません。

なので勝手なイメージで、学校でパソコンを教えていると思われているでしょう。

確かに教えられていますが、それはあくまでも数時間です。

みっちりやるわけではありません。

いわゆる「技術」「家庭科」「美術」といった部類の授業になります。

週に1時間程度の授業ではマスターする方が難しいでしょう。

また、正直申して、学校の先生もあまりスキルがあるとはいえ無い方が多いかなと思います。

学校のパソコンの先生に会う機会が数度ありましたが、多少は知っていらっしゃいますが、あくまでも、「学校の教団で教えるギリギリレベル」という感じです。

使いこなしの作業を教えるのは難しいでしょう。

社会に出て困る新入社員続出

社会に出て困っている人を表現している男女の画像

そんな環境で育った人たちが社会に出て最初に困るのがパソコンの壁です。

40代以上の方から見ると「スマホが出来るのならパソコンも出来るのでは?」と「スマホ」と「パソコン」を一括りにしますが基本的な部分が全く異なります。

そのあたりを書いてきます。

パワーポイントがまったく使えなくてプレゼンが発表できなかった

『プレゼンは学生時代に散々やっていたので得意』と言っていたので期待したのです。しかし、スピーチは上手なものの、パワーポイントがまったく使えず資料作成が出来ないということがあったそうです。

エクセルなのに計算機を使う

「エクセル使える?」と聞いて「大丈夫です」というので、見ていると「計算」が出てきたら、スマホを開いて電卓で計算していました。

「こうやったら簡単だよ」とSUM関数を教えると「そんな裏技があるんですね!」と言われました。裏というかかなり王道の表なのですが。

そもそもファイルが開けない

メールで送られてきたデータをそもそも開くことが出来ない。添付されている事も分っていないし、それを教えても、保存も開き方も分らない

現状はそんな20代若者が増えています。

スマホとパソコンの大きな違い

スマホとパソコンの違いを表現している画像

スマホとパソコンの大きな違いを上げます。

キーボードを使う

これはわかるでしょう。

キーボードの使いこなしが出来ないと、パソコンを使う事は出来ません。

ローマ字入力は出来ますが、入力のスピードが遅いです。

また、細部の「ボタン」が理解できていません。

「Ctrl」「Alt」「Shift」といったものなど、どう使ったらよいかが見えていない方が多いです。

ファイルやフォルダといった保存の概念が無い

これは非常に大きなポイントです。

パソコンでは保存が出来ます。

例えば「エクセル」で作ったものを「ドキュメント」に保存しておけば、次回続きからまた出来ます。

スマートフォンの場合、「どこに保存する」という部分を簡略化しています。

アプリを使って行なって、アプリ内で自動保存される事が多い設計です。

よって、保存したファイルを引っ張り出すという概念がそもそも無いのです。

「どこに保存したの?」と聞いても「アプリの中です」という答えが返って来ます。

間違いではないのですが、アプリで管理されているだけで、実際の保存は、「見えないフォルダ」の中にあるわけです。

スマホは分りやすくする為に保存作業を簡略化した設計です。

それが、パソコンになると「自分で保存場所を決める」という作業が出てくるのです。

その作業がわからないのでとりあえず保存は出来ますが、「どこに保存したのか?」という概念がありません。

その結果「あのエクセルで作ったファイルはどこに保存したの?」って質問すると「エクセルの中です」といったトンチカンな答えが返ってくるのです。

仕事上でキーボードやパソコンがなくなる事は無い

パソコンやキーボードがなくなることが当面ないことを説明している男性の画像

こういう話をすると「そのうちパソコンも無くなって、スマホとかで作業できるようになり、キーボードもなくなって、音声入力になるよ」という声が聞こえます。

確かに、そういう可能性はあるでしょう。

ですが、それが数年、十数年の間で起こりうるとは考えにくいです。

なんだかんだで、パソコンが出てきてから、数十年経過しています。

形、性能、デザインなどは変わってきましたが、仕事上の基本は、「パソコンで行なう」というのが基本です。

作業面で楽になる事はあるでしょうが、基本的にパソコンがなくなる事は無いでしょう。

システムを大きく変えるとなると、膨大な費用がかかります。

それらを買える費用を捻出するくらいなら、従来のパソコンのままで行く事でしょう。

全体の仕組みが変わるには、まだまだ先のお話です。

そのいつ起こるか分らない時代を待つよりも、20代の若者を指導してく方がよほど効率よいです。

若者のパソコン離れに警鐘!「こいつ大丈夫か?」と感じる瞬間

意外と多い? 「ブラインドタッチ」ができない社会人は約6割!

パソコンが普及した当初はキーボードで入力したりマウスを使ったりと覚えることも多かったですが、今の時代は音声で文字の入力もできますので楽になりました。

しかしその反面ブラインドタッチができない社会人が多くなってしまいました 。

フリック入力は速いけど、タイピングができない新卒社員

キーボードは携帯と違って複雑です。
フリック入力は、簡単で入力にも速さがありますがパソコンのタイピングは覚えるまでが難しいので出来ないことが多いです。

スマホ世代、キーボード克服への道 会社では必要

キーボード操作を習得してから社会に出るべきではありませんが、今は出来ない人が多いので会社で研修を導入するべきかもしれません。

キーボードの前に最近の若者はパソコンが苦手

最近の若者のパソコンスキル

パソコンで何かをするより iPhone やスマホなどの電子機器が主流になっていますのでパソコンスキルというよりもパソコンをさわらない人が多いように思います。

タイピングが人差し指だけ

タイピングをするとき担当する指が決まっていますが最近は人差し指だけで入力する方もいらっしゃいます。

ダブルクリックで左右のボタンを同時押し

マウスのダブルクリック操作もパソコンが分かる人は簡単ですが、なかなか出来ない人もいます。

ワードもエクセルも入力だけ

最近はまんべんなくパソコンができる人が少なくなったように思います。一部に特化することは悪いことでありませんが、全体を把握することは大事です。

「若者=パソコンに強い」は古い

パソコンが使えない若者増加中。パソコン離れの弊害と原因

iPad やパソコン使用にもITがすすみ入力や書式設定など簡単になってきました。しかし、それが原因でパソコンの基本的操作覚える機会が減ってしまい使える人が少なくなりました。

パソコンの普及の時期

パソコンは普及している と言ってもやはり高価なものであります。
一家に一台まではいかないようです。

スマートフォンの登場

通販で買い物する時以前はパソコンが当たり前でしたがスマートフォンの登場で出番が少なくなったように思います。

若者のパソコン離れの原因

携帯があれば何でもできると言っても過言ではなくなってきました。
そのため若者のパソコン離れが加速している気がします。

スマートフォンとパソコンの操作方法の違い

若い世代は下記が理解できていない

コピーはかろうじて知っているがペーストを知らない方がいます。
パソコン用語でも深刻化しています。

キーボード

スマートフォンは小さい画面に文字入力ありますが簡単です。しかし、パソコンのキーボードはキー操作がうまくできるまでは難しいと思います。

マウス

マウスがないノートパソコンも今はありますので、マウスクリックや操作を知らない方もいらっしゃいます。

コピー&ペースト

携帯だとコピー貼り付けですがパソコン用語だと貼り付けをペーストと言いますのでちょっとした違いが厄介です。

フォルダー・階層構造

携帯やパソコンにもフォルダがありますが、パソコンの中にあるフォルダの方が様々な設定がしやすいです。

会社の経費でパソコンを学ばせるところが増えている

では、20代の若者を育てる場合どのような方法があるでしょうか。

おすすめの方法を挙げていきます。

タイピングだけを学ばせるだけでも生産性が向上

タイピングだけでも身につけてから会社に来てほしいという思いが強いとは思いますが、そこを我慢して会社の経費で、人材育成のタイピングを学ばせることも生産性の向上にもつながることかと思います。

MOS試験を入社時の条件にしている企業

入社してからパソコンスキルが低いのがわかったでは遅いこともあります。
そのためMOS試験を必要とするところもあります 。

入社前にパソコン関係の資格を取らせているところも多い

パソコンスキルがある人材が欲しい場合は資格を取らせて実力を見える化する会社もあります。

入社後にパソコン教室に通わせる

パソコンスキルがあれば一番ですが入社後にパソコン教室に通わせて人材育成をするところもあります。

これらの具体的なやり方は以下の記事にまとめてあります。

新入社員(新社会人)へのパソコンの教え方|パソコン講師が教え方伝授

今回の記事は「新入社員(新社会人)へのパソコンの教え方」について書いております。
スマートフォンを利用する方が増え、パソコンに触れる機会が少ない、操作がわからないという方も増えています。
教え方について詳しく解説してみました。

続きを見る

やはり、基本的なパソコン操作は、今後会社に勤める上でも必要不可欠のスキルになります。

エクセルもワードも、基礎的なことを覚えるだけで業務の効率がぐっと上がります。

早いうちから学んでもらうことで、仕事上のトラブルも起こしにくくなります。

参考にしてみてください。

20代の若者にパソコンを覚えてもらうポイント

20代の若者を表現している女性の画像

意外と簡単です。

業務上使うものは何かというと「エクセル」「ワード」「パワーポイント」「メール」くらいです。

それ以外は、徐々にという事で良いでしょう。

これらを使う仕事が8割です。

メールは、送信、返信、添付くらい分ればよいので、実際は「エクセル」「ワード」「パワーポイント」あたりを覚えておけば大丈夫です。

これだけなら、若い人はすぐに覚えていけるでしょう。

タイピングに多少時間がかかるかと思います。

その辺は、コツがあるので、別記事に書きました。

ブラインドタッチのコツ|たった1日でマスターできる方法完全公開

今回の記事は「ブラインドタッチ練習方法|タイピングを1日でマスターする技公開」について書いております。
出来るようになりたいけど、練習の方法が分からない方が多いと思います。
練習方法を動画付きで詳しく解説してみました。

続きを見る

エクセル・ワード・パワーポイントを覚えてもらうコツ

コツを覚えたを表現している男性の画像

「パソコンが出来ないから休日に勉強したら?」

といって言う事を聞くと思いますか?

基本的に聞くことは無いでしょう。

ただでさえ、仕事でいっぱいいっぱいの状態です。

休みは「寝る」「遊ぶ」「デート」のどれかでしょう。

パソコンを覚えている時間はありません。

「最近の若いやつはやる気が足りない!」

と思ったところで、何の解決にもなりません。

そこは「時代の流れ」と考えるしか無いでしょう。

それよりも、自発的に勉強させる方法を考えたほうが良いです。

自発的に勉強させる良い方法

自発的に勉強しているを表現した女性の画像

「ワード」「エクセル」「パワーポイント」といったスキルアップを図るには「基礎的な技術力」を挙げるのが一番です。でも、それは勉強しないと上りません。

そこで、その20代の若者にどうやって勉強させるかという事なのですが、「資格を取らせる」というのが良いです。

ポイントは「会社で試験代金を負担する」「期日を2ヶ月程度も受ける」この辺です。

「え?会社が負担するの?」と思われるかもしれませんが、試験代金だけです。それも合格した時だけ出すという事にしたほうが良いでしょう。

試験代金と言っても「1科目1万円」くらいです。

たったの1万円で、20代若者のパソコンスキルアップが出来るのであれば良いでしょう。

仮に、教える時間をとるって事になると、かなりの時間を割きますし、それは全て仕事中に行なわれるので、人件費がかかります。

また、教えたところですぐ忘れるので、また教えるといった手間が2度3度ではないくらいで襲ってきます。

1つが終わったらまた1つ新しいことを教えてあげないといけません。

また、1度教えて完璧に覚えられる何人がいるでしょうか。

同じことを教えても、会得するスピードは人それぞれです。

特に自分が業務中で忙しい時に質問を繰り返されると、苛立ちを覚えることがあるかもしれません。

パソコン初心者に「教えて」と言われて「うざい」と思った時の対処法

今回の記事は「パソコン初心者に「教えて」と言われて「うざい」と思った時の対処法」について書いております。
「パソコン初心者がうざい」と思っている方おられると思います。
対処法を詳しく解説してみました。

続きを見る

にも書いてあるとおり、トコトン教える気持ちが必要です。

しかし、日常の業務をこなしながらパソコンをトコトン教えるというのも難しいと思います。

そのような無駄な使い方をするのではなくて、勝手に勉強してもらうような環境を作ってしまうのです。そうすれば、自分で時間をとって勉強してくれますし、教える手間も省けます。

この方法、大手でも良く使われます。

大学生に「入社前にMOS資格を取っておきなさい」という指示を出しておくのです。そうすれば、入社してからパソコンを教えるという手間が省けます。

出来るのあればそれが一番です。もう入社されているのであれば、期日を設けて、行なうのが良いでしょう。

MOS資格用のテキストをお渡しするのも良いかもしれません

テキストに関しては別記事に書きました

MOSのテキスト・参考書おすすめ一覧|2020年最新人気はこれ

この記事はMOSの勉強をする際のおすすめの参考書・テキストについて書いたものです。
MOS資格の現役講師が、「おススメテキスト」と「その理由」をたっぷりお話しています。
MOSの参考書・テキストをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

勉強方法が分らない場合は下記をご参考になさってください

MOS資格を独学最速1週間で合格できる方法を人気パソコン教室が公開中

この記事はMOS資格を独学で合格できる秘密の方法について書いたものです。
MOS資格を取りたいがどのように勉強していけばよいかわからないと多くの方に言われます。
「MOS資格を独学で合格できる秘密の方法」を書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

まとめ

今回は「20代の若者がパソコンが苦手な理由と対策」をお話ししました。

20代の人は、大変な状況かなと思います。

中には「自分は文系だから機会は苦手」「パソコンの操作が苦手なんです」という若者もいるでしょう。

パソコン嫌い苦手克服方法|嫌いだった人がパソコン講師になれた秘密公開

今回の記事は「パソコン嫌い苦手克服方法|嫌いだった人がパソコン講師になれた秘密」について書いております。
「パソコンが嫌い」「どうして私はパソコンが苦手なんだろう」って悩んでいる方多いと思います。
克服方法を詳しく解説してみました。

続きを見る

上記の記事では、パソコンが苦手な人の特徴と克服する方法を公開しています。

苦手意識が強いと、学ぶ前から不安になってしまいます。

業務で使う部分だけを、なるべくシンプルに教えてあげるようにしましょう。

それだけでも教えてもらう側は「これだけを覚えればいいんだ」と思って安心します。

毎日の業務の中でパソコンに触れる機会を増やすことで苦手意識も緩和されます。

仕事を覚える事もしないといけないのですが、その前にパソコンの壁が立ちはだかる。

そんな状況で仕事は出来ないと思います。

まずは、パソコンの悩みを解決させて上げる事が先決かなと思います。

 

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-苦手克服
-, , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.