Windows基本操作 パソコン知恵袋 ブログ

パソコン操作伝授|キーボード操作の使い方をパソコン教室講師が徹底解説

更新日:


キーボード操作の基本|よく使うボタンだけをまずは覚えましょう

キーボードには多くのボタンがあるため、配置を覚えるのは自分には不可能だと落胆している人もいるでしょう。

初心者は勘違いしがちですが、わざわざ全てのボタンの位置を覚える必要はありません。

格好よくブラインドタッチをしている人でも、覚えていないボタンが存在する場合もあります。

なぜなら、ボタンの利用頻度には偏りがあるからです。

つまり、大切なのはよく使うボタンを覚えてしまことです。そうするだけで一気に操作しやすくなります。

キーボードの主なキーと便利なキー操作|主なキーと働き

 

キーボードの主なキーは、アルファベットと数字が書かれたものです。

これらの位置だけでも覚えてしまえば、間違えながらでも最低期限のタイピングは行えるようになります。

間違えた場合はバックスペースを押して、入力場所の1つ前の文字を消します。

タイピングした文字を確定したい場合は、エンターを押しましょう。

こちらは改行にも用いる重要なキーとなっています。

任意の場所にカーソルを移動させたい場合は、矢印の付いたキーを押すのが基本です。

キーボードの主なキーと便利なキー操作|便利なキー操作

 

便利なキーとしてはエスケープが挙げられます。場面によって効力は異なりますが、作業のキャンセルに使用することが多いです。

また、スペースを押すと入力箇所に空白を挿入できますし、漢字の変換も行えます。

プリントスクリーンは、表示されている画面をそのままコピーできるボタンです。

インサートを押すと文字を上書きするモードに変更できます。

デリートは入力した文字を消すためのもので、バックスペースとは逆に右側の文字が対象となります。

キーの押し方のコツ|1つのキーを押すとき

基本的にはパソコンのキーは1つずつ押すことになります。同時に2つ以上のキーを押した場合は、最後に押したものが優先されることになります。

たとえば、「0」を押した後に「1」を押すと「1」がひたすら入力されるといった具合です。

したがって1つのキーを押すときは、焦って他のキーに指が触れないように気を付ける必要があります。

タイピングに慣れないうちは慌てずに、できるだけキーの中央を指の腹で押す意識を持つと良いでしょう。

キーの押し方のコツ|2つ以上のキーを組み合わせて押すとき

シフトやオルトなどは、他のキーと組み合わせて使うのが基本です。

そのため、1つずつ押すことを練習している段階ではハードルが高いと感じることがよくあります。

しかし、その難しさの多くは誤解によるものに過ぎません。

同時押しと言われると、まったく同時に押す必要があると考えがちです。

そのようなことは上級者でも不可能です。

実際には先に押すキーが決まっており、それを押したまま次のキーを押せば同時に押したことになります。

主なキーの役割

キーボードの各キーはパソコンで文字を入力する他にも、特定のコマンドやメニューを表示させたり切り替えをするという大切な役割を果たしています。

キーの役割ですが、文字・数字・記号などの入力をするものと、特定の機能を使用したり切り替えを行うものの2種類に分けられます。

入力以外の目的で使うキーの中には、半角英数字と日本語入力モードの変更や、大文字と小文字を切り替える際に利用します。

他にもカーソルを上下左右に移動させたり、入力した文字を消去する際に使うキーもあります。

キーボード配列

パソコンのキーボード配列をよく見ると、中央部分にアルファベットや数字・記号を入力するキーが配置されています。

モード切替や大文字小文字の変換などのように、特定の機能を使うためのキーは外側にあります。これは、文字入力をしやすくするという目的があります。

入力に使用するためのアルファベットや仮名ボタンは五十音順やABC順になっていません。

キーボード配列は、コンピュータが誕生する以前に使用されていたタイプライターの配列がそのまま使用されています。タイプライターのキー配列は最初はABC順でしたが、モールス信号を受信して文字をタイプしやすいように配列が改良されてきました。

単独で使うキー

機能に関係するキーには、単独で使うものがあります。

例えば、半角/全角キー・BackSpace・Delete・変換(スペースキー)・Enterなどです。

これらは、1つのボタンを1回押すだけで特定の機能を利用することができます。

単独で使うキーの多くは頻繁に使用する機会が多いとう特徴があり、これは作業をしやすくするという目的があります。

単独で使うキーは使用頻度が高くて大切な役割を果たしているので、ボタンを見ればすぐに見分けられるように表示されています。

組み合わせて使うキー

使用頻度が高くない機能については、複数のキーを組み合わせて使用します。

例えばワープロソフトで文章を入力する際に、特定の文字列をコピーして他の場所に貼り付けたり、一部分を切り取って移動させる場合があります。

このようなケースでは、Ctrl(コントロール)キーを押しながらCやVなどのアルファベットのボタンを同時に押します。

ほとんどの場合、組み合わせて使うキーは2種類のボタンを同時に押す方法で使用します。

これらのキーは、パソコンを使用しながら少しずつ覚えるようにすると良いでしょう。

記号の読み方と入力方法

パソコンで入力作業をする際に、文字や数字以外にも各種の記号を入力する場面があります。

例えばメールアドレスであれば、@(アットマーク)や-(ハイフン)などの記号が含まれています。

各記号には名称が付けられていて、文字や数字と同じように入力をすることができます。

初心者の方であれば、最初に使用頻度の高い記号の名前を覚えておくと良いでしょう。

記号が表示されているキーを単独で押しても、別のマークや数字が入力されてしまいます。入力をする場合には、Siftキーを押しながらキーを押すようにしましょう。

キーボード上の重要なキー|Shiftキー

Shiftキーには様々な機能が備わっています。

アルファベットの大文字と小文字の切り替えはこのキーで行うので、文章を入力する時やパスワードを入力して特定のサービスなどにログインする上で必須の存在です。

他にも、キーボード上の数字キーに割り当てられている様々な記号を入寮したい時にも、Shiftキーを押して数字と切り替えることが可能です。

他のキーと組み合わせることで、タスクマネージャーなど起動させるのにも使います。

パソコンを効率的に操作する上で非常に重要なキーとして、Shiftキーがあります。

キーボードは基本的にはアルファベットやかなを効果的に入力することができるようになっていますが、その他にも様々な入力をする事が出来るようになっており、この切り替えを自由に行うことが出来るのがShiftキーとなっているのです。

基本的にキーボードは予め入力モードを切り替えることでアルファベットやかなを入力する仕組みとなっていますが、Shiftキーはこれを押しながら他のキーを押下することで異なるモードの入力をすることが出来るのがポイントです。

キーボード上の重要なキー|Ctrlキー

Shiftキーのすぐ下にあるキーは、Ctrlキーと呼ばれています。

これ単体で色々するというよりは、他のアルファベットキーと同時に押すことで、色々な機能を使いこなすことができます。

例えば、CtrlキーとSを一緒に押すことで上書き保存をすることが出来たり、Oを一緒に押すことでフォルダなどを開くことができると言った具合です。

Sはセーブ、Oはオープンなどの意味があるので、同時に押すべきものとその機能も覚えやすいです。

Ctrlキーはキーボード上に割り当てられた様々な機能を制御するために使用されるもので、Ctrlキーとその他の機能のキーを同時に押下することで複雑なコンピューターの制御を簡単に行うことができるものとなっています。

この使い方を覚えることで複雑な切り替えを簡単に行うことができるようになっており、例えばアプリケーションの切り替えや現在のモードの確認など、操作を行う上で非常に効率よく行うことができるキーとなっているのです。

キーボード上の重要なキー|Altキー

Altキーは、オルトキーと読みます。

単体だとアプリケーションの表示状態を切り替える時に活用します。

沢山ウインドウを起動させていて、不要なものを閉じたくなった時にはAltキーとF4キーを同時に押せば瞬時に終了するので、沢山の作業を同時に進行させたい時に覚えておきましょう。

基本的に各アプリケーションの性質ごとに役目が異なっているので、どんな機能があるのか理解して使いこなせるようにすると、仕事の能率がアップします。

Altキーはその他のキーと合わせて使用することで複雑な制御を一度に行うことができる、非常に便利なものとなっています。

パソコンのアプリケーションを閉じることができなくなった場合などは、このキーとCtrlとDeleteを同時に効果することでアプリケーションのモニターを立ち上げることができ、その中で不要なアプリケーションを強制的に終了することができるようになっています。

その他にも画面の切り替えを行うF4キーとの組み合わせや、その他の組み合わせで複雑な制御できるようになっているのがポイントです。

キーボード上の重要なキー|Escキー

キーボードの左端の上の方に位置するキーを、エスケープキーと呼びます。

あまり使う機会がないキーなので、どういう時に使うものなのか分かりにくいという人も多いのではないでしょうか。

動画などを良く閲覧する人で、全画面モードを終了させる時にこのキーを押すので、人によっては使用頻度が高いかもしれませんね。

他にも、ブラウザを起動させたときに読み込みに非常に時間がかかっている時に、Escキーを押せば避難することができます。

Escキーは現在動作しているタスクを強制的に終了させることができるほか、アプリケーションの動作を停止させる用途によく利用されます。

また複数キーと組み合わせることで様々な制御を行うことができるので、その組み合わせを覚えておくとトラブルが発生した時などに効率的に利用することができます。

基本的には現在のアプリケーションを動作を強制的に停止させる機能となっており、様々なトラブルの発生時には非常に有効に利用できるものとなっているのが特徴です。

キーボード上の重要なキー|Tabキー

入力事務などの仕事をする人にとって、作業効率を一気に高めてくれるのが、このTabキーです。

タブキーと読むので覚えておきましょう。

入力欄ごとにマウスを押し直すのは、膨大な作業をする人にとってはいちいち面倒ですが、Tabキーを一回押すだけで楽々と次の入力欄に移動することが可能になります。

もし行き過ぎてしまった時には、Shiftキーと同時に押すことで一つ前の項目にすぐ戻れるので一緒に覚えておきましょう。

Tabキーは文字入力の際にTabづけをして美しく表示する場合などに用いられることが多いのですが、その他にも画面の切り替えなどに他のキーと用いられることが多いキーとなっています。

また様々なアプリケーションでも一定の区切り単位で操作を送ることができるため、不要な動作を早送りしたいときなどに広く用いられ、編集などを効率よく行いたい場合などにも非常に便利なキーです。

Tabキーの使い方を知ることで様々な作業を効率よく進めることができます。

文字入力の時に使うキー|Enterキー

文字入力の時に使うキーとしてEnterキーがあります。

これはよく使うキーの一つといえるでしょう。

別名でリターンキーや改行キーともいわれますが、それを言われていたのは初期の頃でもあります。

近年ではエンターキーと呼ばれることが多い傾向もあるため、一般的に認識しているすればエンターキーが主流です。

コマンドライン環境において、コマンドの入力、実行のキーであり、テキストやワープロソフトなどでは改行をするためなどに使用することになります。

文字入力の時に使うキー|Spaceキー

文字入力のときに使うキーの一つとして、Spaceキーの場合には、基本的にキーボードの一番下の行に配置されています。

他のキーと比べてもキーのサイズが幅広いというのも特徴的です。別名でスペースバーとも言われることもあります。

用途として利用する場合には、主に文字入力時のスペース文字の入力が出来るという点です。

欧文などでは単語間にスペースを入れる点からも使用頻度が高い傾向などもあるため、欧文の場合にはそれなりに使用する回数が多いキーです。

文字入力の時に使うキー|DeleteキーとBackSpaceキー

文字入力の時に使うキーとしてDeleteキーとBackSpaceキーなどもあります。

デリートキーは、DeleteやDel、削除などの刻印がされているのが特徴で、主にカーソル位置にある文字の削除をする時などに使用されます。

バックスペースキーなどの場合には、BackSpaceやBS、後退などの刻印がされているのが特徴です。

ディスプレイ上のカーソルを1文字前分後退することでそこにある文字を削除する、その位置から以降のテキストを前にずらすために使用します。

文字入力の時に使うキー|半角/全角キー

文字入力の時に使うキーとして半角、全角キーがあります。

これは、半角/全角と刻印されている点が特徴といえます。

テキストなどの文字入力時に半角と全角を切り替える機能のため、いろいろと文章を作る方などは、用途によって切り替える機会も多いでしょう。

また、アカウント作成などの際、住所や名前の登録時に全角で入力するようにサイト側からの指示に合わせて行うなど、さまざまな場面で利用するのも半角/全角キーといえます。

文字入力の時に使うキー|Caps Lockキー

文字入力のときに使うキーの一つ、CapsLockキーは、状態の有効や無効を入れ替えられる点から、アルファベットキーなど有効状態にしておくことで、大文字の入力になります。

このため、文字入力時に大文字入力などをしたい場合などは、うまくキャップスロックキーを利用して、タイピングなどをスムーズに行ってみるなど自分なりに便利に利用していきましょう。

キーにCapsLockと刻印されているのが特徴的ともいえます。

ファンクションキーとテンキー|ファンクションキー

 

パソコンには、いろいろなキーがありますがその中でファンクションキーはどのような役割をしているでしょうか。

これは、F1から12番までを意味しており特定の機能が振り分けられているのも特徴になります。

代表的なものは、5番目です。5番目は、更新のことを意味していますので頻繁に更新したい場合などはこれを利用するとよいかもしれません。

よく、これを連打する人もいますがあまり連打するとログアウトになってしまうことも少なくないでしょう。

ファンクションキーとテンキー|テンキー

 

テンキーは何を意味するかといえば、数字のことを意味しています。

通常1番から0番までならんでいるこれらのことを意味しているわけです。

それ以外にも、記号なども意味しており計算する時や数字を入力するときにはこれを使う必要があります。

ある程度の大きさのパソコンになれば、2カ所に用意されていますが小型のものの場合には1カ所にしか用意されていない可能性もあります。

2つ用意されている場合には、長く使い続けて一つがだめになっても安心です。

ファンクションキーとテンキー|Num Lockキー

Num Lockキーと呼ばれるものがありますが、一体どのような役割を果たすでしょうか。

これは、数字を固定してしまうことを意味しています。

つまり、いくら特定の数字を押したとしても反応しない状態が続きます。

これをそのままにしておくとその部分を扱うことができませんので、いったん解除しなければなりません。

解除する方法は非常に簡単で、Num Lockキーを押すだけで十分です。

ちなみに、間違えて、パソコンが壊れたのではないかと勘違いする人もいますがそんなことはありません。

Windowsキーの使い方

Windowsキー呼ばれるものがありますが、一体どのように使うのでしょうか。

おそらく、多くの人はこの存在をよく認識しているはずです。

ですが、認識している割には使い方が分からないことも多いでしょう。

たいていの場合、四角いかたちが四つ描かれているものがこれに該当します。

これは、単独で使うよりもほかのものと一緒に使うのが基本にありますので、その使い方をそれぞれ覚えておかなければなりません。

そのため、必要に応じて使い分けるようにするべきです。

ノートパソコン必須のFnキーの使い方

Fnキーの存在は、持ち運びできる種類を持っている人なら良く知っているはずです。

もちろん、普段から使わないならばそのような物があったのか認識できないかもしれませんが、よく見ればそこに存在しています。では、これは一体どのように使ったらよいのでしょうか。

この使い方は、PRと一緒に押すと画面を撮影することができます。

画像のようにすることで、これを誰かに送ったり保存したりすることが可能になります。これにより、画像を蓄えておくときには便利になるわけです。

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


おすすめ記事

-Windows基本操作, パソコン知恵袋, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.