ワード

ワードで行間を詰める方法|わかりやすい解説動画付き

更新日:

ワードで行間を詰める方法を紹介している女性の画像
今回は、ワードで行間を詰める方法についてお話をしします。

書類など作成する際にワードを使用することが多々あると思います。

ワードで文字を大きくすると行間が広がることがあります。

文字は大きくしたままで行間を調整する方法をお話しします。

分かりやすい動画解説付き

文字と文字の間が空いている

文字と文字の間が空いていることを示しているワードの画像

文字だけ大きくしたいのに・・・

なぜか、行まで高さが大きくなってしまいます。

これはワードの中に「文字を大きくする」と行間も大きくするという設定がされているためです。

それを小さくする方法があります。

行間を小さくするための具体的操作方法

まずは選ぶ

文字全体が選択されていることを示しているワードの画像

これかなり重要です。

操作方法をお伝えしても「できませんでした」という声がかなり多いです。

その理由の大半が「選択ミス」です。

  • 選択をしていない
  • 選択したけど後から解除になっていた
  • 正しい選択が出来ていなかった

ということが多いです。

図のように縮めたい行を全て選択して「グレーの状態」にしてください。

グレーになっていれば選択できています。

ホームタブ → 段落グループのボタンを押します

段落グループボタンの場所を示しているワードの画像

「ホーム」タブの「段落」グループの画像のボタンを押します。

 

1ページの行数をから始まる項目のチェックを外すことを示しているワードの画像

「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外します。

右下の「OK」ボタンを押します。

OKボタンを押した結果が表示されていることを示すワードの画像

それでもいかない時は「最小値」「0」の設定にする

行間と間隔の値を設定する場所を示しているワードの画像

もっと縮めたい場合は「固定値」を使います

フォントサイズの変更項目がある場所を示しているワードの画像

さらに縮める方法があります。

まずはフォントがどのくらいの大きさかを見ておいてください。

ここでは「48」のサイズです。

行間と間隔の設定項目で固定値と50ptに設定変更することを示しているワードの画像

フォントサイズ+2くらいの大きさを入れます。

フォントサイズ丁度だと本当に「ピッタリ」になります。

上下の隙間が全くない状態になるので、少しゆとりを持たせるために「+2」くらいがオススメです。

 

OKボタンを押した結果が表示されているワードの画像

2016の場合は「フォントを変える」

フォント変更項目の場所を示しているワードの画像

2016年版の場合ですが、フォントを変えましょう。

「游明朝」というのが標準なのですが、このフォントだと行間が縮まりません。

他のフォントにします。

ここでは一般的な「MS 明朝」に変えました。

この方法で行ってみてください。

行間豆知識動画

ワードの行間とはどこを指すのか?

行間とは「文字と文字の間」ではなく「文字の先頭から次の先頭まで」を言います。

この勘違いが多くの方の混乱を招いています。

動画で詳しく解説しています。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-ワード
-, , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.