Word(ワード)のコツ ブログ ワード

Word|ワードで行間詰める方法|2016・2013・2010|裏技公開

更新日:

今回は、ワードで行間を詰める方法のお話をしたいと思います。

書類など作成する際にワードを使用することが多々あると思います。

ワードで文字を大きくすると行間が広がることがあります。文字は大きくしたままで行間を調整する方法を今回お話したいと思います。

状況はこんな感じでは?

文字だけ大きくしたいのに・・・

なぜか、行まで高さが大きくなってしまいます。

これはワードの中に「文字を大きくする」と行間も大きくするという設定がされているためです。

それを小さくする方法があります。

具体的操作方法

まずは選ぶ

これかなり重要です。

操作方法をお伝えしても「できませんでした」という声がかなり多いです。

その理由の大半が「選択ミス」です。

・選択をしていない

・選択したけど後から解除になっていた

・正しい選択が出来ていなかった

ということが多いです。

図のように縮めたい行を全て選択して「グレーの状態」にしてください。

グレーになっていれば選択できています。

2016の場合は「フォントを変える」

2016年版の場合ですが、フォントを変えましょう。

「游明朝」というのが標準なのですが、このフォントだと行間が縮まりません。

他のフォントにします。

ここでは一般的な「MS 明朝」に変えました。

ホームタブ → 段落グループのボタンを押します

「ホーム」タブの「段落」グループの画像のボタンを押します。

 

「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックを外します。

右下の「OK」ボタンを押します。

それでも行かない時は「最小値」「0」の設定にする

もっと縮めたい場合は「固定値」を使います

もっと縮める方法があります。

まずはフォントがどのくらいの大きさかを見ておいてください。

ここでは「48」のサイズです。

フォントサイズ+2くらいの大きさを入れます。

フォントサイズ丁度だと本当に「ピッタリ」になります。

上下の隙間が全くない状態になるので、少しゆとりを持たせるために「+2」くらいがオススメです。

 

この方法で行ってみてください。

今日はこのぐらいで終わりにしておきましょう!ではまたお会いしましょう!さようなら(^o^)/

動画も撮影しました。

より詳しく見たい方はこちらをご覧ください。

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国から、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


おすすめ記事

-Word(ワード)のコツ, ブログ, ワード

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.