ワード

ワード|右寄せ・左寄せする方法を解説|動画解説付き

ワードの右寄せ・左寄せをする方法を紹介する女性の画像

今回は、ワードで右寄せ・左寄せする方法についてお話しします。

何気なくやっている右寄せ・左寄せですが…

解説を読むともっと楽に操作できます。


Word(ワード)は特徴を覚えないと操作するのに苦労します。

そんな方のために、Word(ワード)を操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

今「パソコン教室パレハのLINE友達登録」をするだけ(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Word(ワード)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン豪華特典

無料LINE登録はこちら

詳しい動画解説

詳しい動画解説を紹介している画像

文字を「右に寄せる」「左に寄せる」といったときにどう選ぶか?

これが重要です。

実は文字を選ばなくても出来ます。

なぜかというと「右寄せ」などは文字に対してつけるものではなく「行」に対してつけるものだからです。

これが結構大きなポイントです。

この指示は「何に対して出すか?」

それがわかってくればパソコン操作がかなり楽になります。

右寄せのやり方・操作方法

右寄せの説明

 

今回は、こちら例で説明してみますね。

まず、ポイントとして、文書を作成するときは、文章を先に入力しましょう。

たまに、入力しながら右に寄せたりする人もいますが、効率が悪いので、文章をすべて入力してから、そのあとに文字の位置を変えたりする方がいいです。

1行だけ右寄せにする

①右寄せしたい行のどこでもいいので、カーソルを合わせる

右寄せの説明

②「ホーム」タブ→「段落」グループ→「右寄せ」を使う

右寄せの説明

 

これで「右寄せ」ができます

右寄せの説明

 

★1行だけを右寄せにするときのポイント★

右寄せにするときに、行を選択する人もいますが、1行だけ右寄せにする場合は行選択はしなくても大丈夫です。

右寄せしたい行のどこかにカーソルがあればOK!

なぜかというと、右寄せは「段落」に対して行う操作です。

例えば、例にある「20XX年X月X日」という文字列ですが、右寄せしたいのはこの段落にある文字列全部です。

20XX年だけ左に残したまま、残りだけを右寄せにするわけではないので、文字列を選択しなくてもすべての文字が右寄せになるわけです。


Word(ワード)は特徴を覚えないと操作するのに苦労します。

そんな方のために、Word(ワード)を操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

今「パソコン教室パレハのLINE友達登録」をするだけ(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Word(ワード)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン豪華特典

無料LINE登録はこちら

複数行を右寄せにする

①右寄せしたい行をまとめて選択する

右寄せの説明

★ポイント★

行選択をするときのポイントは、左側の余白にカーソルをもっていくと矢印に変わるので、この状態で下にドラッグするとまとめて行選択できます。

右寄せの説明

②「ホーム」タブ→「段落」グループ→「右寄せ」を使う

右寄せの説明

 

これでまとめて「右寄せ」ができます

右寄せの説明

★複数行を右寄せにするときのポイント★

複数行まとめて右寄せを行いたい場合は、行選択をしましょう。

右寄せしたいところが複数ある場合は、そのほかの方法もあるので以下を参考にしてください。

右寄せしたい行が複数個所ある場合

2つの手順を紹介しましたが、この2つを一度で行うこともできます。

手順は

①1行目を選択する

②(一度マウスから手を離して)「Ctrl」キーを押す

③「Ctrl」キーを押したまま、次の行を選択する右寄せの説明

こんな感じです。

パソコンに慣れていない方は手順②に気を付けてくださいね。

「一度クリックしている指を離す」というのがポイントになります。

クリックしたまま、次の行の選択に進むと、間の行まで選択をしてしまうので正しい選択ができません。

 

正しく選択をして、右寄せをすると右寄せの説明

このようにまとめて右寄せを行うことができます。

「F4」キーの活用もオススメ

「F4」キーは「直前の操作を繰り返す」という機能があります。

例えば、1行目の右寄せを行った直後に、次に右寄せしたい行を選択したあと「F4」キーを押すと右寄せをすることができます。

※ただし、1回目の右寄せを行ったあとに別の操作を行うと「直前の操作」が変わってしまいます。
「F4」キーは右寄せではなくても、使える機能なのでいろいろと試してみてくださいね。

 

こんな時は行選択がオススメ

中央揃え

右寄せの説明

 

文書のタイトルは「中央揃え」を行うことがほとんどです。

さらに文字の書式を変更することも多いです。

例えば、今回の「ツアー企画プレゼン大会開催のお知らせ」というタイトルに対して、中央揃えだけでなく、太字、文字の大きさや書体、下線の設定など、複数の操作を行う場合は、最初から行選択をするのが効率がいいです。

中央揃えだけであれば、行のどこかにカーソルがあれば操作は可能ですが、その後改めて行選択をして、文字の装飾を行うので二度手間になりますね。

なので、この場合はあらかじめ行選択をする方が効率的ですね。

①行選択をする

右寄せの説明

②「中央揃え」をする

右寄せの説明

右寄せの説明

これで、中央揃えができます。

この時点で、まだ行選択されたままですね。

このまま次の操作を行いましょう。

③「フォント」のグループから文字に対しての設定を行う

右寄せの説明 右寄せの説明

 

この手順で行えば、効率よく編集ができます。

Word(ワード)の操作で慢性的に悩んでいらっしゃる方はパソコン教室がおすすめです

Word(ワード)って実は奥が深く、知識を得ただけは操作が身に付けにくいものです。

そんな時には、弊社のようなパソコン教室を利用するのも一つの手です。

「オンライン」にも対応している「苦手な方専門パソコン教室パレハ」にお任せください。

オンラインというと「動画を見るだけ」とか「オンラインなんてやったことがない」というご不安があるかと思います。

ですが「苦手な方専門のパソコン教室パレハ」の「オンラインレッスン」は、動画ではなく、直接講師に質問できる生レッスンです。

生レッスンでありながらリーズナブルに学べるのが人気の秘密です。

また、苦手な方に特化しているのでパソコンが特に苦手だと言う方には最適です。

パソコンが苦手でも、オンラインできる仕組みがあります。

詳細は下記をご覧ください。

パソコンが苦手な人向けワード講座

パソコンが苦手な方向けワード講座の詳細はコチラ

Word(ワード)は特徴を覚えないと操作するのに苦労します。

そんな方のために、Word(ワード)を操作する上でのコツをまとめたページを用意しました。

今「パソコン教室パレハのLINE友達登録」をするだけ(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Word(ワード)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン豪華特典

無料LINE登録はこちら

ココがおすすめ

パソコン教室パレハ直営校

パソコン教室パレハ直営校

■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校

ココがおすすめ

パソコン教室パレハグループ加盟校

自信をもってご紹介できるパソコン教室

下記はパレハグループ加盟校となります。

料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

全国加盟校一覧

全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

ココがおすすめ

オンライン形式をご希望の方はこちら

オンライン形式をご希望の方はこちら

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

ココがおすすめ

パソコン教室講座一覧はこちら

パソコン教室講座一覧はこちら

他にもパソコンの講座は多数ございます。

詳しくは下記をご覧ください。

パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

ココがおすすめ

パソコン教室に関連する情報はこちら

 

こちらも是非ご覧ください

ココがおすすめ

ワード操作情報

ワードで「記」と書いて「以上」を出す方法|詳しい動画解説付き

ワード(Word)の裏技を公開|超簡単!PDF変換方法|動画付

ワード(Word)で太線にする方法|超簡単裏技

ワードで表を作成する方法|作り方完全マスター|無料解説動画

ワードで下線を引く方法|詳しい動画解説付き

ワードで縦書きにする方法|動画解説付き

ワード裏技!日付を自動的に入れる方法

ワード|入力すると元の文字が消える対処法を動画で解説

ワード(Word)で自在に調整!行間を簡単に詰める方法|動画付き

ワード (word)で表を分割する方法解説します|解説動画

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら