ワード

ワード(Word)使い方|超初心者向け無料動画

更新日:

ワード基本解説動画

ワードの基本を覚える事が出来る初心者向け動画です。

こちらを見るだけでワードの基本操作が理解できます。

こちらの動画を見た後に実際にワードの操作をすると操作がスムーズです。

この度「ロング版」の動画を分割しました。

見返しをしたい場合は、分割版をご覧ください。

ワードの辞書としてご利用ください。

もしも参考にテキストがあった方が良いという方はFOM出版のテキストがオススメです。

下記テキストについてまとめました。

エクセルを独学で勉強する方法|パソコン教室講師が効率よい方法教えます

今回の記事は「エクセルを独学で勉強する方法|パソコン教室講師が効率よい方法教えます」について書いております。
エクセルを独学で効率よく勉強したいという方が多いと思います。
パソコン教室講師が詳しく解説してみました。

続きを見る

Word(ワード)の使い方・初心者向け講座 その1

ワードの基本をお話しております。

下記は通しのロング版になります。

下記はパートに分けております。

1:09 ワード起動方法(ワードの開き方)

ワードのファイルを開くことが出来ても、ワードを一から開くのは意外と出来ない方が多いです。

どのパソコンでも開くことができる技をお伝えします。

5:27 シングルクリックとダブルクリックの使い分け方法

シングルクリックとダブルクリックの明確な使い分け方を覚えると日常操作が楽になります。

8:00 ワード画面の基本的な構成

ワードの画面構成を知る事でワード操作が落ち着いて出来るようになります。

8:45 リボン・タブ・グループの解説

ワードの上部の事をリボンと言います。

その中に「タブ」と「グループ」が存在します。

10:07 ステータスバーの解説

ステータスバーを知っておくといざと言う時に便利です。

11:43 スクロールバーの解説

画面をずらしていくときに使うのがスクロールバーです。

12:13 画面サイズを変える方法

画面サイズを自分のやりやすい大きさに持って行っておくと良いです。

13:38 用紙サイズの変更方法

ワードは用紙をA4やB5などサイズを自由に変えられます。

14:20 余白の設定方法

ワードである程度上下左右にゆとりを持つことができます。

それを余白と言います。

15:23 行数の変更方法

標準の設定ではA4で1ページ36行に設定されています。

その行数を変更することができます。

16:22 文字の選択方法

最も重要なのが「選択」です。

パソコンでは何をするにしてもまずは「選択」から入ります。

20:55 コピーと貼り付け

コピーと貼り付けを使えれば、ワードの作業が格段にアップします。

25:00 文字の消し方

「バックスペース」と「デリート」で消すことができます。

2つを使い分ける事で作業効率がアップします。

26:52 文字の大きさ変更穂違法

文字の大きさを変える事が出来ます。

30:00 元に戻すボタン

元に戻すボタンが使えれば1つ前の作業に戻る事が出来ます。

31:30 日付の入れ方

日付を一瞬で入れるボタンがあります。

自動的に日付を変える事も出来ます。

32:35 「記と以上」「拝啓と敬具」と出てくる技

「記」の結びは「以上」、「拝啓」の結びは「敬具」と言うように決まっておりますが、自動的に結びの言葉が出てきます。

33:10 箇条書き設定

箇条書き設定を入れると見栄えが良くなります。

34:28 インデント

インデントは「文章の先頭をそろえたまま」で右や左に動かす機能です。

35:25 文字の色変更方法

文字の色の事を「フォントカラー」と言います。

36:05 下線の引き方

下線を引くことができます。

36:35 囲み線

文字を囲むことができます。

37:00 「~」「□」「○」の出し方

これらの出し方にはコツがあります。

37:40 ファイルの保存方法

作ったものを取っておくことができます。

詳しく解説しております。

Word(ワード)の使い方・初心者向け講座 その2

表の作成方法を詳しく解説しております。

下記は通しのロング版になります。

下記はパートで見たい方は下記をご覧ください。

1:00 表の入れ方・作り方

表の入れ方の基本です。

ワードでの表の入れ方は覚えると比較的簡単です。

2:05 行と列の見分け方

行と列がごちゃ混ぜになる方が多いです。

見分け方をお話しています。

4:03 文字入力の仕方

表の中に文字を入れる事も出来ます。

4:40 選択の仕方

表の選択を知る事で複雑な表が作成可能になります。

5:33 セルの選び方

1つ1つのマス目の事をセルと言います。

セルの選び方を解説しております。

7:40 行の選び方

表の横方向に選択することを「行の選択」と言います。

8:39 列の選び方

表の縦方向に選択することを「列の選択」と言います。

9:05 表全部を選ぶやり方

表全部を選ぶことができます。

10:30 行の消し方

行を入れ間違えた場合消すことができます。

10:39 行の増やし方

行が足りなかった場合増やすことができます。

10:44 行の高さ変更・幅の広さ変更方法

行の高さや幅の広さを自由に変更することができます。

12:35 表の大きさを変える方法

表全体を大きくすることができます。

12:55 セルの結合方法

1つ1つのマス目である「セル」をくっつける事が出来ます。

14:45 セルの分割方法

1つ1つのマス目であるセルを分割することができます。

15:20 文字の寄せ方・右寄せ・左寄せ・中央揃え

表の中で「上下左右」に揃える事が出来ます。

表の中は高さもあるので、左右だけでなく上下も存在します。

17:06 均等割付

文字をセル内で適度な幅に合わせる事が出来ます。

20:35 線の変更・太さの変更・色の付け方

表の枠線を変更することが可能です。

23:08 セルのスタイル

スタイルと言うのは「色のセット」です。

元々あるものを使えばある程度カッコよいものが作れます。

24:25 水平線の作り方・点線の作り方

一直線に入れる切り取り線のようなものを「水平線」と言います。

Word(ワード)の使い方・初心者向け講座 その3

ワードでより深い表現方法を解説しています。

1:14 文字の効果の付け方

文字をかっこよくすることができます。

2:10 段落罫線の引き方と網掛け

網掛けと言うのは文字の背景に色を付ける事です。

3:45 段組みのやり方

段組みをすると文章が読みやすくなります。

7:15 段区切り

段組みを知った後は区切り位置を変えて見栄えを良くします。

8:00 編集記号の表示・非表示

編集記号が使えるようになるとワードが使いやすくなります。

9:25 ルビの打ち方

フリガナを付ける事が出来ます。

10:58 囲み文字

文字を囲むことができます。

13:00 改ページ

1ページで終わらせたい場合に使います。

13:45 セクション区切り

ページルールの境界線を変えます。

17:00 タブとリーダーとインデント

タブとリーダーとインデントを理解することでワードを使いこなせます。

Word(ワード)の使い方・初心者向け講座 その4

ワードアートや図形や写真について解説しています。

1:15 作り方のコツ

ワードアートの作る方のコツをお話しています。

1:40 ワードアートの入れ方

ワードアートを入れる時のコツを解説しています。

3:00 ワードアートの選択方法

ワードアートを選択する方法です。

この選択方法を知らないとワードアートを操る事ができません。

5:35 ワードアートの色の付け方

ワードアートには「文字の色」と「枠線の色」の2つがあります。

それぞれ覚えておくと便利です。

6:55 ワードアートの影の付け方

ワードアートに影が付くとかっこよくなります。

7:10 ワードアートの反射

ワードアートで反射しているように見える設定をする事が出来ます。

7:45 ワードアートの形の変え方

ワードアートの形を変える事が出来ます。

8:53 テキストボックスの使い方

テキストボックスが使えるようになるとワードが使いやすくなります。

10:50 吹き出し文字の作り方

吹き出し文字を入れる事が出来ます。

その中に文字を入れる事も出来ます。

15:22 写真の入れ方

自分で撮影した写真を入れる事が出来ます。

16:25 文字列の折り返し

写真を入れる事が出来てもワードではすぐに移動することができません。

その理由と動かし方を解説しています。

25:04 イラストの入れ方

イラストを入れる事でワードでの表現が豊かになります。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-ワード

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.