MOS資格・パソコン資格

MOSをビジネスで役立てる方法|ビジネスで役立つ資格

事務職のオススメはMOS資格

MOS資格は、事務職に適した資格です。

事務職はパソコンでさまざまな事務作業をおこないますが、その際にMicrosoft officeのWord・Excel・PowerPointなどのソフトを利用することが非常に多いです。

MOS資格を取得すれば、これらのソフトの使用スキルを証明できます。

また取得を目指すうえでさまざまなテクニックが身につくため、事務職にとても役立ちます。

またMOS資格の取得が、企業の事務職への就職や転職で有利にはたらきます。

MOS資格のソフトを自由自在に使いこなせることを証明できれば、MOS資格を取得していない人と比べて採用されやすいです。

また、すでに会社で事務職として働いている人がMOS資格を取得することにより、さまざまな事務処理をこなせるようになります。

事務処理の活躍の場が広がるため、事務のスペシャリストとして評価される可能性が高くなります。

こなせる事務処理の種類が増えれば、たくさんの仕事を任されるようになります。

これらいくつかの理由から、事務職にMOS資格はオススメです。

MOSがビジネスで役立つ理由とは?

MOSの魅力は、ビジネスで全般的に役立つことです。

ビジネスをするうえで、WordやExcelなどの使用は欠かせません。

Wordは文書作成で使用しますし、Excelは表計算で使用します。

これらのMOSに関連したソフトをビジネスで絶対に使用するわけではありませんが、使用する頻度が多いのは確かです。

事務職の場合、報告書の作成・請求書の作成・各種データ管理などで、WordやExcelなどをよく使用します。

Microsoft officeのソフトは使用しやすいので、たとえMOS資格を取得していなくても十分使用できます。

ですがソフトに備わっているさまざまな機能をしっかりと使いこなすのに、MOSの知識やスキルが役立ちます。

ビジネスではいろいろなことができたほうが有利なので、MOSを取得することの価値は大きいです。

またMOSは事務職以外に、営業職や販売職などでも役立ちます。

それぐらいMicrosoft officeは広く使用されているので、MOSはビジネスで役立つ機会が非常に多いです。

つまりMOSを取得する最大のメリットとは、ビジネスで生かせることです。

MOSを仕事で生かす方法は?

MOSは仕事で生かせる資格です。たとえばWordは文書作成に生かせます。

文字のフォントやサイズの変更・下線による内容の強調・ヘッダーやフッターの設定など、きれいで見やすい文書作成をするのにMOSは役立ちます。

仕事で文書作成する際に生かせます。

また表計算ソフトのExcelも、Wordと同様に仕事で生かせます。

セルごとのデータ管理・関数を有効活用した演算の実行・数値のグラフ化などです。

Excelの機能を駆使すれば、仕事で必要な情報をしっかりと管理できます。

表やグラフなどを効果的に挿入することで、データが見やすくなります。

他ではPowerPointも、仕事に生きやすいMOSです。

PowerPointは、企画のプレゼンなどでよく使用されます。

そのためプレゼンの管理・スライドの管理・アニメーションの挿入などを、実際の仕事で生かせます。

退屈しない魅力的なプレゼンを見せられるのが、MOSの魅力です。

MOSは資格を取得したら終わりではありません。

実際の仕事にしっかりと生かせるのが魅力です。

MOSはどのくらいで取得できる?

MOSの取得期間は個人の能力や習熟度によって異なりますが、平均すると1ヶ月程度で取得できるといわれています。

officeやパソコンにそれほどくわしくない初心者は、取得までどうしても時間がかかってしまいます。

最初は覚えることが多いため、1ヶ月から3ヶ月ぐらいかかってしまうケースもめずらしくありません。

人によっては、数ヶ月の期間を要することもあります。

ですがパソコンの操作やofficeに慣れている人なら、1ヶ月もかけずに取得することも十分可能です。

その場合は基礎を飛ばしてMOSの試験対策だけに集中すれば良いので、早ければ2週間ぐらいで取得することも不可能ではありません。

また初心者が短期間で確実にMOSを取得したい場合、パソコン教室のMOS講座を受講する方法もあります。

パソコン教室のMOS講座なら基礎から丁寧に教えて支援してくれるので、途中で挫折にくいのが魅力です。

難易度がそれほど高くない科目のスペシャリストなら、取得するのにそれほど苦労しません。

MOSは他と比べて短期間で取得しやすい資格です。

MOSと合わせて取りたい資格は?

MOSと合わせて取得を目指したい資格の1つに、VBAエキスパートがあります。

VBAエキスパートは、ExcelとAccessのVBAおよびマクロスキルを証明する資格で、MOSにおけるExcelやAccessと深い関連性があります。

VBAやマクロに特化しているので、その点を特に強くアピールしたい時に有効的です。

専門性を求められる分野のため、事前に資格を取得していると就職活動や昇進の査定などで有利です。

また業務効率アップやプログラミングに興味がある方にもおすすめの資格です。

またVBAエキスパート以外に、アドビ認定プロフェッショナルも合わせて取るのにおすすめです。

資格名から推測できる通り、この資格はアドビが公認しています。

MOSのPowerPointと深く関係している資格で、プレゼンをより魅力的に仕上げるのに必要な能力を公的に証明できます。

プレゼンには欠かせない、Photoshopやillustratorの使用スキルが求められます。

ですのでプレゼン機会が多い仕事に向いている資格です。

VBAエキスパートとアドビ認定プロフェッショナルは、MOSと合わせて取りたい代表的な資格です。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ