タイピング

タッチタイピングでミスが多い時の対処法

パソコンで入力をしているときにミスって起こります。

正しく入れているつもりでも起こって今うのがタイピングのミスです。

これには原因があります。

今回は、タッチタイピングでミスが多い時の対処法をお話します。


タイピングにはちょっとしたコツがあります。

タイピングが苦手な方向けに「パソコン教室パレハのLINE友達登録」をするだけ(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

タイピングはもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ブラインドタッチライン登録

無料LINE登録はこちら

タイピングミスが起こる原因

タイピングミスが起こる原因

タイピングミスが起こる原因ですが主に下記の5つです。

  1. スピードにこだわりすぎている
  2. 力の弱い指がある
  3. 間違いやすいキーがある
  4. ホームポジションが出来ていない
  5. キーボードの相性

このような点が挙げられます。

それぞれ対処法を上げていきます。

スピードにこだわりすぎている

スピードにこだわりすぎている

スピードを追い求めるあまり、正しい指使いになっていないことが多いです。

確かにスピードは大切なのですが、スピードを意識し、その結果間違いがあるとそれを消す時間が余計にロスになります。

消してさらに入力をするので二度手間です。

正確なタイピングが出来ていないなら、まずはスピードを落として正確さを求めていくとよいです。

力の弱い指がある

力の弱い指がある

人間の指は同じ力ではありません。

指には強さがあります。

強い順に

  1. 人差し指
  2. 中指
  3. 薬指
  4. 小指

この順番です。(親指はスペースの時くらいしか使わないので省きました。)

小指で入力する際に力があまり入らずに押せておらず間違えている可能性があります。


ただ、このように訓練をしていくのって自分のものにするのは非常に難しい場合があります。

タイピングにはちょっとしたコツがあります。

タイピングをする上でのコツをまとめたページを用意しました。

タイピングが苦手な方向けに「パソコン教室パレハのLINE友達登録」をするだけ(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

タイピングはもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ブラインドタッチライン登録

無料LINE登録はこちら

間違いやすいキー

間違いやすいキー

日本人は主にローマ字入力を行いますが、その際に間違いやすいキーがあります。

 

【P】 小指の力がないために押しにくい

【O】 「P」の位置と「O」の位置が分かりにくい

【M】 「N」の隣なので入力が間違いやすい

【N】 「M」の隣なので入力が間違いやすい

【W】 左の薬指の力が入りにくい

このあたりが良く間違いが起こるものです。

そのあたりをクリアできていけば、タイプミスもなくなりやすくなります。

またローマ字入力をする際に、よく登場するアルファベットとあまり登場しないアルファベットがあります。

なので、「Q」のボタンとかは非常に押しにくいですが、ローマ字ではあまり登場しないので入力の回数そのものが少ないです。

ホームポジションが出来ていない

ホームポジションが出来ていない

打ち間違いの原因としてホームポジションの習得が出来ていない方が多いです。

ホームポジションとは、下記です。

タイピングで使う指のポジション説明画像

左手が「A」「S」「D」「F」

右手が「J」「K」「L」「;」

の状況で手を置くことを言います。

必ずその位置に戻すことが大切です。

それによって間違いが少なくなります。

キーボードの相性

キーボードの相性

日常使いなれているキーボードではない場合、入力の勝手が異なりミスになることがあります。

可能であれば同じようなキーボードを使えるようにするとよいです。

根本的な原因の場合

根本的な原因の場合

そもそも、それ以前の問題として前を向いておらず入力されていない人も多いです。

常にモニターを向きながら入力するのが良いです。

いわゆるブラインドタッチをしていくとよいです。

常に前を向いていると、間違えたタイミングで修正が可能です。

下(キーボード)を見ていると間違いに気が付きにくいです。

間違いに気が付かず、結果的に修正に時間がかかっています。

ブラインドタッチをマスターする方法は別記事に書きました。

ブラインドタッチ練習方法|超初心者でも1日でマスターできる方法公開

自分で習得するのが難しい方は「本格的なタイピング講座を学ぶ」という手もあります

タイピングはコツコツと練習していくことが必要です。

「タイピング」は、基本的には反復練習で、自分一人で練習時間を設けて訓練していくことが必要です。

根気が必要なのですが、自分で時間をとってコツコツとするのは難しいです。

そういう時には、弊社のようなタイピングの講座を利用するのも一つの手です。

自分でやるとだらけてしまいますが、講座だと、決まった時間に定期的に実施する事が出来ます。

費用は掛かりますが、効率よく短期間で習得することも可能です。

タイピングがマスターしたいけどうまくいかない方のために「パソコン教室パレハ」では「本格的なタイピングの講座」を設けております。

オンラインでタイピングを習得する事が出来ます。

オンラインというと「動画を見るだけ」とか「オンラインなんてやったことがない」というご不安があるかと思います。

ですが「苦手な方専門のパソコン教室パレハ」の「オンラインレッスン」は、動画ではなく、直接講師と繋げて質問なども出来る生レッスンです。

生レッスンでありながらリーズナブルに習得できるのが人気の秘密です。

タイピングが苦手な方でも習得できるカリキュラムがあります。

詳細は下記をご覧ください。

ブラインドタッチ講座

本格タイピング講座の詳細はコチラ

タイピングにはちょっとしたコツがあります。

タイピングが苦手な方向けに「パソコン教室パレハのLINE友達登録」をするだけ(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

タイピングはもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ブラインドタッチライン登録

無料LINE登録はこちら

ココがおすすめ

関連する情報はこちら

こちらも是非ご覧ください

ココがおすすめ

タイピングに関する情報

タイピング速度はどのくらいが良いのか調べてみました

タッチタイピングをするときは手首をつけるべき?手首を浮かせるべき?

タイピングが速くなるコツ|スピードアップできる練習方法公開

タッチタイピングができる人の割合は意外と少ない?原因は?

タッチタイピングで親指はどう使えばよいのか正しい方法を解説します

タッチタイピングのメリットってどんなものがある?ベスト10を紹介

タッチタイピングが上達しない原因は?理由を知れば上達の道が見えてくる!

タイピングにおススメの本|パソコン教室講師が選ぶ8冊

ブラインドタッチではバックスペースをどの指で押すの?

タイピングでホームポジションがずれる(間違える)時の3つの原因と対処法

タッチタイピングとブラインドタッチの違いを解説

ブラインドタッチの習得期間はどのくらい?実は1日で正しくやれば習得可能なんです!

タイピングする時の変換のコツは?|これを覚えれば速さが10倍に!?

タイピングのホームポジションを矯正する解決方法公開

タイピングで「b」はどの指で入力する?親指は正解?

タイピングで小指をうまく使うコツ|パソコン講師が秘密公開

タイピングの練習アプリ12選

タッチタイピングで数字入力もスピードアップする為の方法を徹底的に調べてみた

タイピングで子供が喜ぶ人気ソフト10選

タイピング|正しい指の位置

ブラインドタッチが出来ない人でも就職できる方法教えます

タイピングで指が動かない時の原因と対策

ブラインドタッチは必要ない?意味ない?|どうなのか調べてみた

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら