マック(Mac)

Mac(マック)でエクセルを使いたい時の方法と費用|無料と有料の違い

Mac(マック)でExcelを使いたい時の方法と費用|無料と有料の違い

Mac(マック)を使っているけどExcelが使いたい。

そういう方多いかと思います。

Excel(エクセル)を使いたいけどMacでも使えるのか?

使えるとしたらどうやって入れたらよいのか?

今回の記事はMac(マック)でExcelを使いたい時の方法と費用|無料と有料の違いについて紹介します。


Mac(マック)の操作って難しいです。

そんなMac(マック)が苦手な方に操作のコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Mac(マック)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン特典で豪華特典

無料LINE登録はこちら

Mac(マック) エクセル 無料と有料の違い 画像解説

Mac(マック)でExcelを使いたい時の方法と費用|無料と有料の違い

Mac(マック)でExcelを使いたい時の方法と費用|無料と有料の違い

さらに詳しい解説

そもそもMac(マック)でエクセルって使えるの?

Mac(マック)を購入して、いざ仕事をしようと思いアプリを探してみたとき、「エクセルがない・・・」と困惑される方も少なくありません。

もともとExcel(エクセル)はMicrosoft社が提供している表計算ソフトなので、Windowsには元々搭載されているものが多いです。

その他、Word(ワード)やPowerPoint(パワーポイント)といったOfficeソフトも同様です。

しかし、Mac(マック)はApple社の製品ですので、標準装備でエクセルは備わっていません。

Mac(マック)でもともとインストールされている表計算ソフトは、「Numbers」というアプリがあります。

「Numbers」については下記の記事で詳しく解説しています。

Mac(マック)|エクセルの代わりのソフトはナンバーズです

しかし、そうはいっても会社で使っているのがエクセルであれば、エクセルを使った方が良いですよね。

前述した通り、エクセルはMicrosoft Officeのため、Mac(マック)にはインストールされていません。

Mac(マック)でエクセルを使うには、自分でダウンロードする必要があります。

Mac(マック)でエクセルを使うための2つの方法

Mac(マック)でエクセルを使う方法は大きく分けて2つです。

  • 有料で使う
  • 無料で使う

この2つの方法があります。

それぞれ、メリットとデメリットがあるので、それを踏まえて自分に合った方を選択すると良いでしょう。

有料でエクセルを使用する2つの選択肢

一言で「有料」と言っても、実はプランがあります。

大きく分けて有料でエクセルを使用する選択肢は2つ。

  • 買い切りの永続版を購入する
  • サブスクリプションで利用料を支払う

この2つの方法があります。

買い切りの永続版を購入する

永続版とは「Excel 2019」や「Excel 2021」というように、その商品を購入するといった方法です。

買い切り型なので、一度購入してしまえばその後の費用は必要ありません。

しかし、逆に言えば、買い替えなければ、新しいバージョンを使用することはできません。

つまり、「Excel 2019」を購入して使っていた人が、新しく「Excel 2021」が出たので、そっちを使いたいと思っても、アップグレードという概念がないので、買い直すということになります。

なので、使いたいと思った時、必要になったタイミングで新たな費用が発生するということです。

また、エクセルだけを購入することもできるので、エクセルだけ必要であれば費用は押さえることができますし、接続できるデバイスは2台までとなっているので、2台使用する場合にも困りません。

ただ、各バージョンにはサポート期間という物もありますから、買い替えはどこかのタイミングで必要になるというのは念頭に置いておきましょう。

サブスクリプションで利用料を支払う

Officeソフトはサブスクでも使用することができます。

この場合、エクセルのみではなく、Word、Excel、PowerPointやOutlookも使うことができます。

プランは「Microsoft 365 Family」と「Microsoft 365 Personal」があります。

Microsoft 365 Family6ユーザーまで使用可能。ユーザーあたり最大5台のデバイスで同時に使用可能。
Microsoft 365 Personal1ユーザー用。同時に最大5台のデバイスで使用可能。

このような違いがあります。

支払いは年額払いと月額払いから選択することができ、年額払いは17%安く利用することができます。

1ユーザーあたり1TBのクラウドストレージも利用することができますし、Mac(マック)だけでなく、Windows・iPhone・iPad・Android スマートフォンやタブレットでもの動作も可能です。

サブスクリプションは、使用する限り料金が必要となりますが、常に最新版を使うことができるのはメリットと言えます。

バージョンアップしたときに新しい機能や関数が追加された場合でも、サブスクであればすぐに使用することができます。

ただ、1ユーザーでサブスクを利用する場合でも、年間で15,000円(年額払い)くらいは必要になるので、使用頻度が少ない人は検討すると良いでしょう。

エクセルのほかにもオフィスソフトを使用したい人にはオススメです。

無料でエクセルを使用する2つの選択肢

無料でエクセルを使用する選択肢は2つ。

  • Office Onlineを利用する
  • 互換性のあるフリーソフトを活用する

この2つの方法があります。

Office Onlineを利用する

Office Onlineとは、その名の通り、Officeソフトをオンライン、つまりWeb上で使うことができるサービスです。

無料でファイルの作成、編集、保存、共有をすることが可能です。

Microsoftアカウントを作成したら、あとはサインインするだけ使用することができます。

無料でオフィスソフトを使用することができますが、Web上での利用になるため、オフラインの環境では使うことができません。

使用する場合は、必ずインターネット環境がある場所というのが前提となります。

インターネット環境さえあれば、無料版でも良いような気もしてくると思いますが、有料版で使える機能が、無料版では一部使用できないなど、全くのなじ物ではないということを理解した上で使う必要があります。

互換性のあるフリーソフト

互換性のあるフリーソフトとは、エクセルではなく、エクセルとは別の表計算ソフトで、エクセルと互換性があるソフトのことです。

エクセルと互換ソフトであれば、エクセルで作成したデータを閲覧・編集することができます。

エクセルと互換性はあっても全く同じというわけではないので注意が必要です。

例えば、メジャーなソフトで言えば、Googleスプレッドシートなどもそうですね。

エクセルのデータをスプレッドシートに読み込んで、オンライン上で複数で操作をするなども可能です。

Mac(マック)の事を根本的に知りたい方はパソコン教室もおすすめです

実際にやってみたけど、うまくいかないという方も多いかと思います。

結局、その部分だけを覚えても、Mac(マック)の基本的なことがわかっていないと操作がうまくいかないことが多いです。

そんな時はパソコン教室も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

ですが、実はMacが学べるパソコン教室ってあまりないのです。

多くのパソコン教室がWindows(ウインドウズ)専門です。

そんな時には「オンライン」対応している「苦手な方専門パソコン教室パレハ」にお任せください。

オンラインというと「動画を見るだけ」とか「オンラインなんてやったことがない」というご不安があるかと思います。

ですが「苦手な方専門のパソコン教室パレハ」の「オンラインレッスン」は、動画ではなく、直接講師に質問できる生レッスンです。

生レッスンでありながらリーズナブルに学べるのが人気の秘密です。

また、苦手な方に特化しているのでパソコンが特に苦手だと言う方には最適です。

パソコンが苦手でも、オンラインできる仕組みがあります。

詳細は下記をご覧ください。

Mac講座

Mac講座の詳細はコチラ

Mac講座

Mac講座の詳細はこちら

Mac(マック)の操作って難しいです。

そんなMac(マック)が苦手な方に操作のコツをまとめたページを用意しました。

「パソコン教室パレハのLINE友達登録」(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

Mac(マック)の操作はもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ライン特典で豪華特典

無料LINE登録はこちら

Mac(マック)の情報をもっと知りたい方

Mac(Macbook)使い方|超初心者向けに図解入りでわかりやすく解説

Mac(マック)で右クリックする超簡単な方法を紹介

Mac(マック)|カタカナに変換する方法(F7使える?)

Mac(マック)で画面録画(収録)する方法

Mac(マック)|コピー&ペーストする方法

Mac(マック)|日本語入力の切り替え方法

Mac(マック)|強制終了する方法

Mac(マック)|スクリーンショットの保存先はどこ?

Mac(マック)|スクリーンショットを撮る方法

パソコン教室|Mac(マック)講座|初心者でも安心

わかりやすい動画解説付き|Mac(マック)|USBの抜き方・安全な取り外し

ゴミ箱のファイルを元に戻す方法|Mac(マック)|動画解説

Mac(マック)|スワイプする方法|わかりやすい解説動画付き

Mac(マック)|ファイルを複数選択する方法|わかりやすい動画解説付き

Mac(マック)|エクセルの代わりのソフトはナンバーズです

Mac(マック)|ファインダーとは?|わかりやすい動画解説

Mac(マック)とWindows|大学生のパソコンはどっちが良いか教えます

Mac(マック)|「ESC」の使い方|わかりやすい動画解説付き

Mac(マック)|シフトキー(Shift)の場所と使い方|わかりやすい解説動画付き

Mac(マック)|音量の調節方法|わかりやすい動画解説付き

Mac(マック)|画面を拡大する方法|わかりやすい動画解説付き

MOSのMac(マック)版はありません|Mac(マック)ユーザーがMOSを取得する方法公開

Mac(マック)の修理はどこ?Appleサポート以外にもある?出す際の注意点

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら