Macの使い方|超初心者向けに図解入りでわかりやすく解説

Macの使い方がわからず何をどうしたら良いか悩まれている「超Mac初心者」の為に基本操作を徹底解説します。

MacBookを使いこなそう!

特に今までWindowsのパソコンを使っていた方が、Macのパソコンに変えると初めは非常に使いにくいです。

今回は基本的なWindowsとMacの違いから、Macの基本操作や知っていると便利なショートカットキーについても紹介していきます。

MacとWindowsの違い

MacとWindowsの大きな違いは以下の4つです。

  1. OS(オペレーティング・システム)の違い
  2. ソフトの違い
  3. 操作性の違い
  4. 製品数の違い

これだけではよくわからないと思うので、一つずつ解説していきます。

①OS(オペレーティング・システム)の違い

WindowsとMacの一番の違いは、OS(オペレーティング・システム)です。

そもそもOSとは何のことか分かりますか?

簡単に説明すると、「アプリをデバイスを動かすための基本的なソフトウェア」のことです。

Windowsは「Microsoft」がOSを開発し、パソコンの本体はMicrosoft以外のメーカーが製造しています。

Macの場合は、「Apple」がOS からパソコン本体まですべてを自社で開発しているというのが特徴です。

パソコン自体のそもそもの作り方が異なるので、内容や使い方が変わってくるのは当然です。

②ソフト(アプリ)の違い

パソコンを使う上で一番重要なポイントとなるのが「対応ソフト(アプリ)の数」です。

それぞれの特徴としては、Windowsはビジネス向けに作られていますが、Macは純正のものやWeb系のソフトが豊富です。

ここをしっかりと確認しておかないと、買ってから後悔します。

ただOfficeソフトウェアに関してはどちらも使用することができるので、不自由は感じないでしょう。

あなた自身がパソコンで何をするかによってWindowsかMacのどちらを選ぶかは決まります。

③操作性の違い

WindowsとMacは見た目も違いますが、キーボードやトラックパッドなどの操作機能も異なります。

キーボードの場合だと、Windowsの「Ctrlキー」はMacでは「commandキー」に変わりますし、MacにはWindowsにはない、Touch ID なども搭載されています。

トラックパッドも大きく異なります。(トラックパットはマウスを動かすところです)

MacはWindowsよりもトラックパッドが精巧に作り込まれており、非常に滑らかで操作性が抜群です。

なのでWindowsを使用している人はマウスを利用してる人が多いのに対し、MacBookを利用している人はあまりマウスを使いません。

MacBookからWindowsや、WindowsからMacBookに切り替えるという方は、少し戸惑いますがすぐに慣れるでしょう。

④製品数の違い

製品数の数で言うと圧倒的にWindowsの方が多いです。

Windowsの製品は見た目や性能価格帯などがすべてバラバラです。

それに対し、AppleのMacは値段は少し高いですが統一性があり性能もWindowsの製品には劣りません。

WindowsかMacどちらが良いというのは人によってそれぞれです。

Dockとは?わかりやすく解説

Macパソコンの画面画像1

Dockとは、デスクトップの画面下にある帯状のアプリの一覧のことを指します。

これらは設定をしなくても、初めからデスクトップに表示されています。

よく使うアプリをこのDockに設定しておくことで、仕事の効率化を図ることができます。

自分なりにカスタマイズしていくことで、より使いやすくなるでしょう。

Dockの使い方

それではDockの基本的な使い方について紹介します。

まず初めにやるべきこととしてはDockのカスタマイズです。

Dockをカスタマイズする

カスタマイズ方法は以下の通りです。

【1】デスクトップ左上部にあるアップルマーク→システム環境設定→Dockを選択します。

Macパソコンの画面画像2

【2】必要なオプションを変更します

→サイズや位置、表示方法などを変更することができます。

 詳しくは右下のヘルプボタン(?)をクリックしてみてください。

Macパソコンの画面画像3

Dockを自分なりにカスタマイズすることで、効率化が図れたり非常に使いやすいMacBookになります。

アプリの追加と削除を行う

Dockをカスタマイズしたら次にやることは、「アプリの追加と削除」です。

MacBookで利用できるアプリは、「Launchpad」というアプリの中に全て入っています。

Macパソコンの画面画像4

しかし、毎回Launchpadを開くのは面倒だし、効率も悪いです。

これらの問題を解消するために、あらかじめよく使うアプリをDockに追加しておきましょう。

さらにいらないアプリは削除して、より使いやすくしていきましょう。

アプリの追加・削除方法は以下の通りです。

【1】Launchpadを開く

Macパソコンの画面画像5

【2】必要なアプリを1本指で強く押しながらDockに持って行き移動させる

【3】不要なアプリを1本指で強く押しながらLaunchpadに持って行き移動させる

以上のような手順で行うことで、よく使うアプリをDock内に移動させ、あまり使わないアプリはLaunchpad内にしまうことができます。

この作業をすることで、より自分専用のMacbookになり使いやすくなります。 

Dockの知って得する知識

Dockを利用するにあたり、知っていると少し得をするかもしれない知識が2つあります。

  • 使用中のアプリの下には黒丸が表示される
  • Dockにないアプリを使用すると、Safariアプリの横に表示される(閉じると消えます)

Macパソコンの画面画像6

上記の画像のように、見るとすぐにわかる表示になっています。

知っていると少しだけ便利かもしれません。

Mac入門コース

トラックパッドとは?

トラックパッドとは、マウスの代わりに使用できる便利な機能です。

特にMacBookのトラックパッドは非常に高性能です。

タップはもちろんですが、マルチジェスチャーやスクロール、スワイプなど指の本数や動きなどを正確に読み取り、非常に快適な利用を手助けしてくれる機能です。

トラックパッドを使いこなすことは、MacBookを使いこなすことと言っても過言ではありません。

トラックパットの使い方

トラックパッドは指の本数や、動かし方によって操作方法が異なります。

1本指:クリックなどを利用することができます。

2本指:縮小や拡大、回転やスクロールなどをすることができます。

3本指:スワイプやLaunchpadやデスクトップの表示などができます。

指の動かし方も上や下だけではなく、斜めなども入れることで様々な操作をすることができます。

詳細は以下の方法で確認することができます。

【1】デスクトップのアップルマーク→システム環境設定→トラックパッドを選択

Macパソコンの画面画像7

【2】必要な項目にチェックを入れる

→確認したい項目をクリックすると指の本数は動かし方まで動画付きで解説されています。

Macパソコンの画面画像8

トラックパッドを自分なりにカスタマイズして、自分が操作しやすいパソコンを作っていきましょう。

キーボードの使い方

MacBookのキーボードはWindowsのキーボードとは少し違います。

大きな違いとしては以下のキーがWindowsとは異なります。

  • commandキー
  • Controlキー
  • deleteキー
  • optionキー

上記の4つがWindowsとは大きく異なるキーです。

それではMacBookではどのような使い方ができるのでしょうか?

commandキー

Windowsの場合のCtrlキーのようなものです。

ということはcommandキーは多くの場面で使用することができます。

ショートカットキーなど使う際には、commandキーを使うこととなります。

Controlキー

ここでいうControlキーはWindowsのCtrlキーとは異なります。

Controlキーは、カーソルの移動時にショートカットキーとして重宝します。

Controlキーを正確に使えるかどうかで、作業効率が格段に変わります。 

またControlキーを押しながら、クリックすると右クリックの役割になったりもします。

Controlキーの使い方は覚えておいて損はないでしょう。

deleteキー

deleteキーはWindowsのbackspace機能も兼ね備えています。

MacBookのdeleteキーは「fnキー」を押しながらdeleteキーを押すことでbackspaceと同じ役割を果たします。

最初はMacBookのキーボードにbackspaceがないので戸惑うかもしれませんが、この機能を知っていれば問題なく使うことができるでしょう。

optionキー

optionキーはWindowsでいうと、「altキー」です。

だからこそショートカットキーを利用する際などには、optionキーが必要になることもあります。

Macパソコンの画面画像9

キーボードに関しての詳細設定も、システム環境設定から変更可能などで自分なりにカスタマイズしてみてください。

Finderとは?わかりやすく解説

MacBookを使ったことない人からすると、急に「Finder」と言われても何のことが分からないと思います。

FinderとはMacBookはじめから搭載されている、削除・コピー・移動などのファイルやフォルダ操作を行うアプリケーションのことです。

Macパソコンの画面画像10

上記の画像の一番左下にあるのがFinderです。

ではFinderはどのように使うのでしょうか?

Finderの使い方

Finderは基本的なフォルダやファイルの操作時に使用します。

まず、先ほどのFinderアプリをクリックします。

Macパソコンの画面画像11

すると上記のような画面が表示されるので、まずはサイドバーから自分の目的の項目(アプリや書類関係など)を選択しましょう。

フォルダやファイルをダブルクリックすることで、開くことができます。

選択するとフォルダやファイルの中身を見ることができます。

複雑な操作方法

Macパソコン画面画像12

さらに2本指でトラックパッドを押し込むと、上記のような表示がされます。

名前を変更したり、削除したりなど複雑な操作はこれで対応することが可能です。

フォルダやファイルの移動方法

フォルダやファイルの移動は、指定のフォルダやファイルを選択し1本指でトラックパッド押し込みながら、移動させたい場所まで持っていき離すと、移動することができます。 

動画で解説

デスクトップの設定

デスクトップの設定も自分なりにカスタマイズしてみましょう。

デスクトップを設定することでより使いやすくなったり、自分なりのパソコンに変化させることができます。 

背景を変更する

背景を自分の好きな写真にすることができれば、気持ちよくパソコンを使うこともできます。

背景を変更するための手順は以下の通りです。

【1】アップルマーク→システム環境設定→デスクトップとスクリーンセーバをクリック

Macパソコンの画面画像13

【2】デスクトップを選択し好きな背景を選択する

Macパソコンの画面画像14

写真を背景にしたい場合も同様に、項目から写真を選択して、背景にしたい写真を選択することで背景として設定することができます。

フォルダを作成し整理する

スクリーンショットやPDFなど、様々なファイルをそのままデスクトップに放置しておくとごちゃごちゃしてしまい、使いにくくなってしまいます。

そうならないために、フォルダを作成してわかりやすく整理しておきましょう。

トラックパッドを2本指でクリックするか、fnキーを押しながらクリックをすることで新規フォルダを作成できる画面が現れます。

すると名称未設定フォルダというものが表示されるので、名前を変更して自分だけのフォルダを作成しましょう。

必要なフォルダをドラッグ&ドロップするだけで、フォルダ内にファイルを移動することができます。

よく使うショートカットキー

ショートカットキーも覚えておくことで作業の効率化になります。

よく使用するショートカットキーを一覧で紹介いたします。

  • command+A:全選択
  • command+C:選択した箇所をコピー
  • command+V:コピーした箇所の貼り付け
  • ⅽommand+X:選択した箇所の切り取り
  • command+S:ファイルなどを保存する
  • command+F:検索
  • command+Z:一つ戻る
  • command+Y:一つ進む(復元)

上記のショートカットキーはショートカットキーの中でも基本中の基本の部分です。

初めは難しいショートカットキーは覚えなくても良いので、まずはショートカットキーを使うということから始めましょう。

徐々に慣れてきたら、自分が他に使えそうなショートカットキーを探して、徐々にバリエーションを増やしていくのがおすすめです。 

さらに詳しく

上記をやってみたけどどうしてもわからない方はオンライン講座もあります

Mac入門コース

パソコン教室パレハのライン登録

ココがおすすめ

説明会を行なっております

まずはお気軽に「説明会」を受けてみませんか?

お話だけでも聞いてみる価値は十分にあります。

完全予約制で行なっておりますので、まずはご連絡ください。

    【 お名前 *必須

    【 携帯電話 *必須

    【 ご希望授業 *必須
    実店舗レッスンオンラインレッスン企業研修パソコン修理依頼

    【 ご質問などあればご記入ください 】

    お問い合わせいただきありがとうございます。送信ボタンを押した後、下に「内容を送信しました。ありがとうございます。」とでれば送信完了です。「090-9503-8923」の電話番号にておかけします。説明会の日時を決めさせて頂けたらと思います。

    お問合せリンク画像

    ココがおすすめ

    オンライン対応しております

    オンライン対応しております

    パソコン教室でのレッスン」も「Zoom(ズーム)」を利用した「オンラインレッスン」どちらも対応可能です。

    パレハのパソコンレッスンは、オンラインなのに「生で質問」出来るのが特徴です。

    詳しくは下記をご覧ください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハ直営校

    パソコン教室パレハ直営校

    ■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校|無料体験実施中

    ■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校|無料体験実施中

    ■ 広島市西区にあるパソコン教室パレハ横川校|マンツーマン教室

    ■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校・静岡市葵区伝馬町校

    ■ オデッセイCBT・サーティファイ試験申込パソコン教室パレハ伝馬町校

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハグループ加盟校

    自信をもってご紹介できるパソコン教室

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    ■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション|無料体験実施中

    ■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

    ■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室|無料体験実施中

    ■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

    ■ 福岡県福岡市中央区にある「福岡市パソコン教室平尾校」|無料体験実施中

    ■ 福岡県福岡市中央区にある 「福岡市パソコン教室平尾校」の公式サイトはこちら

    ■ 調布市にあるパソコン教室キュリオステーションつつじヶ丘店|無料体験実施中

    ■ 調布市にあるパソコン教室「キュリオステーションつつじヶ丘店」の公式サイトはこちら

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)|無料体験実施中

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

    全国加盟校一覧

    全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

    ココがおすすめ

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室講座一覧はこちら

    パソコン教室講座一覧はこちら

    他にもパソコンの講座は多数ございます。

    詳しくは下記をご覧ください。

    パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

    さらに詳しく

    パソコン操作情報

    パソコン操作情報を紹介する女性の画像

    わかりやすい動画解説付き|マック(mac)|USBの抜き方・安全な取り外し

    ゴミ箱のファイルを元に戻す方法|マック (mac)|動画解説

    マック(mac)|スワイプする方法|わかりやすい解説動画付き

    マック(mac)|ファイルを複数選択する方法|わかりやすい動画解説付き

    マック(mac)|エクセルの代わりのソフトはナンバーズです

    マック(mac)|ファインダーとは?|わかりやすい動画解説

    MacとWindows|大学生のパソコンはどっちが良いか教えます

    マック(mac)|「ESC」の使い方|わかりやすい動画解説付き

    マック(mac)|シフトキー(Shift)の場所と使い方|わかりやすい解説動画付き

    MOSのMac版はありません|MacユーザーがMOSを取得する方法公開

    マック(mac)|音量の調節方法|わかりやすい動画解説付き

    マック(mac)|画面を拡大する方法|わかりやすい動画解説付き

    MOSのMac版はありません|MacユーザーがMOSを取得する方法公開

    メールの画像

    メールはこちら

    ラインの画像

    LINEはこちら

    電話の画像

    お電話はこちら