就職・転職・復職

大学生にパソコンが必要な理由とは?|パソコン教室講師が解説

大学生にパソコンが必要な理由を紹介している女性の画像

今回は大学生にとってパソコンが必要と思われる理由について調べてみました。

結論:大学の案内書に書いてあるので必要です

パソコンが必要を表現している画像

大学生活でパソコンは必要なのか、昔のようになくても勉強はできるのではないか、ということですが大学の案内でパソコンが必要であることが書かれているように、まったくパソコンに触れないで生活することは出来ません。

レポートなど書類を作成したり、パソコンを使って手続きをしなければいけないことが出てきますし、将来的に社会人として仕事をする上である程度は操作できるスキルを持っていないとフリになります。

スマートフォンでメールやSNSの確認は出来ても、パソコンでしか出来ない操作は多いです。

大学受験に合格し、これから大学生になるならば様々な準備をしておかなければなりません。

その準備の一つがパソコンになります。今までパソコンを持っていない人ならば、これから購入しなければなりませんが何分高いです。

そこで、本当に大学生活でパソコンが必要になるかが問題になります。

これは、理系でも文系でも例外なく必要と考えてよいでしょう。

そのため、入学する前か入学して少し経過したらそれほど高いものでなくてもよいのでパソコンを購入するべきです。

大学生のうちに身につけておくべきパソコンの基本スキル

身につけておくべきを表現している画像

大学生でパソコンを使用するのはレポートや資料作成が主になります。

上記で説明するとおり、基本スキルとしてワードやパワーポイントといったオフィスソフトは使用できるようにしておくべきです。

また、ソフトだけでなく基本的なパソコン操作も身につけておくべきでしょう。

ファイルの移動や保存、キーボードのブラインドタッチ、ショートカットキーの把握なども知っておくべきです。

基本的なパソコンスキルについては下記記事で紹介しております。

基本的なパソコンスキル|求人に書いてあるレベルはどのくらい必要?

今回の記事は「基本的なパソコンスキル|求人に書いてあるレベルはどのくらい必要?」について書いております。
求人に書いてあるレベルはどのくらい必要なのか分からない方が多いと思います。
どのくらい必要なのか詳しく解説してみました。

続きを見る

就活でパソコンを使用する機会が増える

パソコンを使用するを表現している画像

パソコンが必要になるのは学生生活における話だけではありません。

就職活動をする際にパソコンを使用する機会が増えます。

履歴書やエントリーシート、企業から出される課題などはパソコンを使用しなければいけません。

大学に設置されているパソコンルームでも作成できますが、自身で持っていたほうが何かと便利です。

就活の際、パソコンが必要かどうかは下記の記事で紹介しておりますので、ぜひ一読ください。

就活にパソコンは必要?必要無い?どうなのかを徹底的に調べてみた

今回の記事は「就活にパソコンは必要?必要無い?どうなのか」について書いております。
就活にパソコンは必要なのか、必要で無いのか悩まれている方が多いと思います。
必要性について調べて詳しく解説してみました。

続きを見る

特に就活では履歴書作成でパソコンを使用することが多い

履歴書作成を表現している画像

上記でも記載したとおり、就活では履歴書作成でパソコンを使用する機会が多くなります。

従来は手書きで履歴書を作成するのが当たり前でしたが、ITリテラシーを重視する企業が増えたことによりパソコンで作成するのが基本となってきました。

下記の記事では就活における履歴書作成について詳しく記載されています。

パソコンで作成するメリットやデメリットについても解説していますので、手書きかパソコンかで悩んだら参考にしてください。

履歴書は手書きとパソコンのどっちが良い?徹底的に調べてみた

今回の記事は「履歴書は手書きとパソコンのどっちが良い?」について書いております。
履歴書は手書きとパソコンのどっちが良いのか悩んでいる方が多いと思います。
徹底的に調べて解説してみました。

続きを見る

ノートパソコンを購入するなら目的をハッキリさせます。主にレポート・資料作成が多いです

資料作成を表現している画像

大学生活のためにパソコンを用意したいならば、家でも大学でも場所を選ばずに作業ができるノートパソコンが最適です。

でもノートパソコンにもスペックによって幅広い種類があります。

CPUやメモリによって処理速度が変わってきますし、DVDやブルーレイといったメディアが使えるようにするのか、サイズ・重量なども重要です。何を購入したらいいのか迷ったら、なんのためにノートパソコンを使うのかをハッキリとさせましょう。

レポート・資料作成を快適に作業を行うために必要な最低限のスペックを満たし、価格が予算内に収まるのかを見ていきます。

そうすれば、使ってみてから後悔をして買い替えをする手間を省けます。

ノートパソコンを購入する場合には、持ち運びができる点で非常に便利です。

どこに持ち運ぶかは、その人の大学生活によって異なるもののおおむね大学の図書館やゼミにいくことが多いでしょう。

通常ゼミは2年生以上になってから行われます。理系の場合には、研究者に入ることになるわけです。

いずれにしても、使用目的はレポートの作成や資料作成が多くなります。

レポートや資料作成は、手書きで行ってもよいですがいろいろと面倒な部分が多くなります。

そのため、データをしっかり管理さえできればパソコンで行うことで質の高いものを作り上げることが可能になるわけです。

大学生が買うべきノートパソコンはマックよりもウインドウズが良い

ウインドウズが良いを表現している画像

大学生が買うべきノートパソコンではマックよりもウインドウズのほうが良い、

というのは、使えるソフトの数で、ウインドウズのノートパソコンを持っていたほうが有利だからです。

大学の研究者では、マックユーザーが多いのですが、それは昔は複雑な処理をするのにマックが向いていたという歴史があるからで、現在では性能に大差はないので好みの問題と言えます。

それに一般の企業ではほとんどがウインドウズを使った仕事をしています。

就職活動でパソコンのスキルを求められるのはウインドウズということが前提です。

将来のことを考えたら、その状況を踏まえて商品を選ぶべきです。

大学生が購入するべきパソコンは、Macとウインドウズのどちらがよいかが問題になります。

基本的にどちらでもよいですが、大学生の中で多く使っているのはウインドウズになるでしょう。

実際に、購入する前の段階で友達などに聞いてみましょう。

大学によってはそうでない場合もありますが、多くの場合ウインドウズを所有している傾向が見受けられます。

分からない場合は、大学の職員などに聞いてみると的確な答えが返ってくる可能性が高いです。

大学生が購入するノートパソコンの相場はいくらですか?大学生協は良いですか?

相場を表現している画像

大学生が購入するノートパソコンですが、バイトをして比較的お金が自由になってくる年頃なのである程度の予算はあります。

レポートや資料の作成などで快適に使えるくらいのスペックということで15万円前後のノートパソコンが相場です。

家電量販店やネット通販ではなく大学生協で大学生向けのノートパソコンが販売されていますが、スペックの割には価格がかなり割高です。

ですから、機械に詳しいのであれば大学生協で購入するメリットはありません。

しかし大学で講義を受講するために必要なソフトが入っていたり、普通の店では無償修理をしてくれない範囲まで保証してくれるので安心を求める大学生には良いかもしれません。

大学生が購入するノートパソコンがどれぐらいの金額になるかは、その人の価値観によるところでしょう。

例えば、ブランドにこだわるならば日本のメーカーを使うとよいです。

ただ、ある程度標準的なスペックを持ったパソコンでも70000円から80000円くらいの金額になるところです。

もし少しでも安いものを購入したい場合には、型落ちを狙うのが一つの方法です。

特にブランドにこだわらないようならば外国製のものでも問題ありません。

この場合には、50000円ぐらいで購入することが可能です。

大学生向けノートパソコンは「ワードやエクセル」の有無と性能の良さと持ち運びの有無

有無を表現している画像

 

大学生活でノートパソコンを使うとすればレポートや資料の作成ですから、購入するときにはワードやエクセルといったオフィスソフトがはじめから入っているのかがポイントになります。

それから、起動や何かのファイルを変換するのに時間がかかりすぎるのは避けたいところですから、エントリークラスよりもミドルスペッククラスくらいは性能が欲しいところです。

鞄に入れて持ち歩く時、手に持ったり背負ったりするときの負担を考えて軽量タイプであることが理想的です。

大学生向けのノートパソコンを検討している場合には、ワードやエクセルがしっかり入っているものを購入するのが良いです。

せっかく安いパソコンを購入してお得な感じになっても、ワードやエクセルが入っていなければ後で別売りのものを購入しなければなりません。

ちなみに料金は20,000円~30,000くらいになります。それよりも、最初からワードやエクセルが入っている方が魅力的でしょう。

性能の良さは標準的なもので十分と言えますが、それよりも持ち運びがしやすいものを利用すべきです。

学生向けのパソコン教室はどんなのがある?

では学生向けのパソコン教室って言うのはどんなのがあるかまとめてみました。

結論:学生と言っても年代によります

2021年現在、パソコンスキルは社会人だけにとどまらず、学生でも必要とされています。

正確に言うと「学生」というのは「大学生」を指します。

また、高校生や中学生は「生徒」小学生は「児童」と言うのが正しい言い方です。

学生さんは本来大学生を指すのですが、パソコン教室では大学から小学生まで幅広くとらえています。

パソコンを使う年齢は、時代や年代によって変わります。

1990年代は、Windows95や98などの普及により、家庭にパソコンが増加したものの、学生がパソコンを利用するのはごく一部でした。

この時代は、パソコンを使ってレポートや論文を作成するということはほとんどなく、情報工学などを中心とした理系の大学が中心でした。

2000年代以降、大学ではパソコンを使ってレポートや論文を作成する時代になり、大学生協などで学生用パソコンのパソコンを販売するなど、学生にもパソコンが普及しはじめました。

2010年以降も流れは変わらず、大学生はパソコンが必須とも言える状況です。

また、高校や中学、小学校の授業でパソコン授業が開始され、学生にとってパソコンは身近な存在です。

何を学びたいかによって異なります

年代によって学生さんとパソコンの関係性が異なるのですが、2020年代は小学校から大学までほとんどの学生さんでパソコンを扱います。

そのため、一口に学生さんと言っても、何を学びたいかによって異なります。

小学生で多いのは「プログラミング」ですが、中学生以上になるとオフィス系の需要も増えます。

Wordなどのワープロソフトを使ったレポートやExcelなど表計算ソフト、プレゼンテーションソフトは、もはや必須といっても過言ではありません。

オフィス系以外では、最近では音楽作成や動画編集などの需要が増加しています。

特にTwitterやYouTubeなどSNSの発展により、パソコンを使って曲を作ってSNSで公開する、YouTubeで動画配信するなど、個人で発信できる機会が増えました。

今やYouTuberは、学生が憧れる職業で、将来を見据えてパソコン教室に通う方が増えています。

学生さんがパソコンを学びたいと考えたのであれば、何が学びたいのかを明確にしておいて教室を決めることが好ましいです。

学生時代に勉強しておくのはとっても良いです

学生がパソコン教室で学ぶ大きなメリットが、社会人よりも学生の方が自由な時間が多いことです。

社会人になると、学生に比べて自由な時間が減ります。

働き方にもよりますが、1日8時間働き、さらに残業などが発生してしまい、家に帰ってもご飯を食べて寝るだけ、というケースもあります。

親元を離れて一人暮らしを始めると、さらに自由時間が減ります。

料理や掃除、洗濯など家事全般を行う必要があります。

平日は仕事だけで1日が終わり、土日は平日できなかった家事や買い出しで休みが潰れることも珍しくありません。

また、社会人は学生に比べて体力が減ります。

学生時代は睡眠時間が削って勉強するということもできたかもしれませんが、社会人になり年齢を重ねていくと、無理ができなくなります。

このように、社会に出てしまうと、勉強の時間はありませんので、学生のうちに学んでおくのが良いです。

また、学生の内にMOSなどパソコン資格を取ることで、就職に有利に働きます。

そのため、パソコンを勉強するのであれば、学生時代に勉強することで一生モノのスキルを身につけることが可能です。

汎用性が高いのはオフィスソフト。それ以外は専門的なものになる

学生のうちに学ぶべき、おすすめのパソコンスキルは「オフィスソフト」です。

オフィスソフトは、高校や大学はもちろん使いますし、社会人になってからも利用頻度が高いソフトです。

例えば事務系であれば、書類作成でワープロソフトを使いますし、経理系であればエクセルなど表計算ソフトの出番です。

営業職に就くのであれば、プレゼンテーションソフトは必須です。

それ以外にも、日報作成など様々な場面で利用する機会があるオフィスソフトは、何処の職についてもある程度使いますが、他は専門的な分野につかない限りは不要です。

専門的な分野としては、プログラマーやシステムエンジニアなどはプログラミングのスキルが必要です。

設計士であればCADが必須と言えます。

映像クリエイターになるのであれば、Adobe Premier ProやFinal Cutなどを使った動画や映像編集スキルがなければ仕事になりません。

専門的な分野に進むのであれば、オフィスソフト+専門的なパソコンスキルが必要と理解すれば良いのです。

一度体験で教室の雰囲気も含めて聞いてみるのが良い

学生さんがパソコン教室やパソコンスクールでパソコンスキルを学びたいとなった場合、どのようなパソコン教室を選択すればよいのでしょうか。

パソコン教室を選ぶ場合、気にしてほしいポイントは大きく2点あります。

1点目は、パソコン教室で行われる講座、コースです。

パソコン教室の中には、初心者向けの総合的なパソコンスキルを学べる学校もあれば、専門分野を対象としたパソコンスキルをウリにしている教室など、教室によって特徴が異なります。

パソコン教室の規模によっては、総合的なスキルと専門的なスキルの両方が学べる教室ももちろんあります。

もう1つがパソコン教室の立地です。

主に駅前か郊外かです。

一般的には駅前立地の方が通いやすいので、色々な年齢層が通います。

一方で郊外のパソコン教室は、地元の人が通いやすいパソコン教室です。

パソコン教室に通う層が異なることで、パソコン教室の雰囲気が変わります。

一般的には郊外の方が、駅前よりもアットホームな雰囲気で学べます。

とはいえ、駅前のパソコン教室でもアットホームなパソコン教室が存在しますし、郊外でもアットホームでないパソコン教室も当然あります。

パソコン教室を選ぶ際は、無料で参加可能な体験学習などを活用して一度受講し、実際に学ぶことや、レッスンの雰囲気などをインストラクターなどに質問してみるのをおすすめします。

パソコン教室は、学びたいと思った時が通うタイミングです。

いつでも自由に通えるパソコン教室で授業を受け、パソコンスキルを学んでみてはいかがでしょうか。

 

もっと詳しく

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

パソコン教室パレハの在宅ワーク

パソコン教室パレハの在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-就職・転職・復職
-, , , , ,

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら