ブログ

大学生活でパソコンは必要ですか?|徹底的に調べてみました

更新日:


結論から言うと必要です・大学の案内に書いてあります

大学生活でパソコンは必要なのか、昔のようになくても勉強はできるのではないか、

ということですが大学の案内でパソコンが必要であることが書かれているように、

まったくパソコンに触れないで生活することは出来ません。

レポートなど書類を作成したり、パソコンを使って手続きをしなければいけないことが出てきますし、

将来的に社会人として仕事をする上である程度は操作できるスキルを持っていないとフリになります。

スマートフォンでメールやSNSの確認は出来ても、パソコンでしか出来ない操作は多いです。

大学受験に合格し、これから大学生になるならば様々な準備をしておかなければなりません。

その準備の一つがパソコンになります。今までパソコンを持っていない人ならば、

これから購入しなければなりませんが何分高いです。

そこで、本当に大学生活でパソコンが必要になるかが問題になります。

これは、理系でも文系でも例外なく必要と考えてよいでしょう。

そのため、入学する前か入学して少し経過したらそれほど高いものでなくてもよいのでパソコンを購入するべきです。

 

ノートパソコンを購入するなら目的をハッキリさせます。主にレポート・資料作成が多いです

大学生活のためにパソコンを用意したいならば、家でも大学でも場所を選ばずに作業ができるノートパソコンが最適です。

でもノートパソコンにもスペックによって幅広い種類があります。

CPUやメモリによって処理速度が変わってきますし、DVDやブルーレイといったメディアが使えるようにするのか、

サイズ・重量なども重要です。何を購入したらいいのか迷ったら、なんのためにノートパソコンを使うのかをハッキリとさせましょう。

レポート・資料作成を快適に作業を行うために必要な最低限のスペックを満たし、価格が予算内に収まるのかを見ていきます。

そうすれば、使ってみてから後悔をして買い替えをする手間を省けます。

ノートパソコンを購入する場合には、持ち運びができる点で非常に便利です。

どこに持ち運ぶかは、その人の大学生活によって異なるもののおおむね大学の図書館やゼミにいくことが多いでしょう。

通常ゼミは2年生以上になってから行われます。理系の場合には、研究者に入ることになるわけです。

いずれにしても、使用目的はレポートの作成や資料作成が多くなります。

レポートや資料作成は、手書きで行ってもよいですがいろいろと面倒な部分が多くなります。

そのため、データをしっかり管理さえできればパソコンで行うことで質の高いものを作り上げることが可能になるわけです。

 

大学生が買うべきノートパソコンはマックよりもウインドウズが良い

大学生が買うべきノートパソコンではマックよりもウインドウズのほうが良い、

というのは、使えるソフトの数で、ウインドウズのノートパソコンを持っていたほうが有利だからです。

大学の研究者では、マックユーザーが多いのですが、

それは昔は複雑な処理をするのにマックが向いていたという歴史があるからで、

現在では性能に大差はないので好みの問題と言えます。

それに一般の企業ではほとんどがウインドウズを使った仕事をしています。

就職活動でパソコンのスキルを求められるのはウインドウズということが前提です。

将来のことを考えたら、その状況を踏まえて商品を選ぶべきです。

大学生が購入するべきパソコンは、Macとウインドウズのどちらがよいかが問題になります。

基本的にどちらでもよいですが、大学生の中で多く使っているのはウインドウズになるでしょう。

実際に、購入する前の段階で友達などに聞いてみましょう。

大学によってはそうでない場合もありますが、多くの場合ウインドウズを所有している傾向が見受けられます。

分からない場合は、大学の職員などに聞いてみると的確な答えが返ってくる可能性が高いです。

 

大学生が購入するノートパソコンの相場はいくらですか?大学生協は良いですか?

大学生が購入するノートパソコンですが、バイトをして比較的お金が自由になってくる年頃なので

ある程度の予算はあります。レポートや資料の作成などで快適に使えるくらいのスペックということで

15万円前後のノートパソコンが相場です。家電量販店やネット通販ではなく大学生協で

大学生向けのノートパソコンが販売されていますが、スペックの割には価格がかなり割高です。

ですから、機械に詳しいのであれば大学生協で購入するメリットはありません。

しかし大学で講義を受講するために必要なソフトが入っていたり、

普通の店では無償修理をしてくれない範囲まで保証してくれるので安心を求める大学生には良いかもしれません。

大学生が購入するノートパソコンがどれぐらいの金額になるかは、その人の価値観によるところでしょう。

例えば、ブラドリーにこだわるならば日本のメーカーを使うとよいです。

ただ、ある程度標準的なスペックを持ったパソコンでも70000円から80000円くらいの金額になるところです。

もし少しでも安いものを購入したい場合には、型落ちを狙うのが一つの方法です。

特にブランドにこだわらないようならば外国製のものでも問題ありません。

この場合には、50000円ぐらいで購入することが可能です。

 

 

大学生向けノートパソコンは「ワードやエクセル」の有無と性能の良さと持ち運びの有無

 

大学生活でノートパソコンを使うとすればレポートや資料の作成ですから、

購入するときにはワードやエクセルといったオフィスソフトがはじめから入っているのかがポイントになります。

それから、起動や何かのファイルを変換するのに時間がかかりすぎるのは避けたいところですから、

エントリークラスよりもミドルスペッククラスくらいは性能が欲しいところです。

鞄に入れて持ち歩く時、手に持ったり背負ったりするときの負担を考えて軽量タイプであることが理想的です。

大学生向けのノートパソコンを検討している場合には、ワードやエクセルがしっかり入っているものを購入するのが良いです。

せっかく安いパソコンを購入してお得な感じになっても、

ワードやエクセルが入っていなければ後で別売りのものを購入しなければなりません。

ちなみに料金は15000円ほどになります。それよりも、最初からワードやエクセルが入っている方が魅力的でしょう。

性能の良さは標準的なもので十分と言えますが、それよりも持ち運びがしやすいものを利用すべきです。

 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.