就職・転職・復職

学生割引でパソコン資格取得|オンライン教室限定

パソコン教室パレハの資格講座 学割プラン

パソコン教室パレハのパソコン資格講座|学割プラン

パソコン教室パレハは学生さんを応援します。

パソコンの資格をオンラインで学んで取得しませんか?

パレハのオンラインレッスンは「生レッスン」です。

動画ではなく、実際に自分でやることで身に着けるカリキュラムです。

人気のパソコン資格(MOS)を将来のためにパソコンを得意分野にするチャンスです。

  • パソコン資格(MOS)対策講座
  • オンライン講座
  • 大学生・高校生・中学生・小学生限定学割プラン

通常価格:5科目:299,000円(税込:328,900円) → 199,800円(税込:219,780円)

※5科目は、Excel、Word、PowerPoint、Excelエキスパート、Wordエキスパートとなります。

※バージョンは、2019か、2016となります。

オンラインでパソコン学べます

学割プランおすすめの方はこちら

学割プランおすすめの方はこちら

パソコンのスキルが必要なのは、大人だけではありません。

ビジネスの場面で必須のスキルですが、社会に出る前からそのスキルを身につけておくことで、就職はもちろん、入社してからもパソコンでの業務が円滑に進みます。

また、小学生や中学生など早い段階でパソコンに慣れ親しみ、スキルを身につけておくことで、高校・大学での授業やレポートなど資料作成もスムーズにできるので、好きなことにも打ち込める時間が増やせますね。

大学生

大学生

資格を取得しておけば、就職の面接でもアピールにつながります。

そして、入社してからもパソコンは必ず必要なスキルになるので、さまざまな業務が非常に効率よく進みますね。

また、レポートや論文などを作成する際にも効率よく進められるスキルを身につけることが可能です。

「スマホは使えるけどパソコンが使えない若者が多い」というのが、就職後の問題になっています。

就職前にスキルを身につけておくことが、新社会人生活を円滑に進めることにつながりそうです。

高校生

高校生

大学進学や就職など、将来の選択を迫られる時期になります。

どちらの道に進んでも、パソコンのスキルは今の社会で間違いなく必須のスキルです。

高校生のうちに取得をしておけば、大学生活でのパソコン操作も早くなりますし、就職した場合にも資格と、スキルがあれば業務の効率が非常に良くなります。

中学生

中学生

高校受験や高校生活に向けてパソコンに慣れておくことはとても良いことです。

入学してからのパソコンの授業についていくのも楽になるでしょう。

さまざまなことを吸収できる時期ですから、MOS資格をきっかけにいろいろな選択肢が広がるきっかけにもなるかもしれませんね。

小学生

小学生

小学校でプログラミングの授業が必須になってから、小学生の年齢でもパソコンに触れる機会が増えました。

今後は社会のデジタル化も大きく進み、パソコンのスキルが必要不可欠になります。

世界では小学生のうちにMOS資格を取得している子供もいるほど、人気がある資格です。

パソコンに興味を持っているお子様におすすめです。

オンライン講座受講に必要なもの

オンライン講座受講に必要なもの

  • パソコン(インターネット接続可能な状態)
  • テキスト
  • Zoomアプリ

この3つがあれは受講可能です。

パレハのオンライン講座の特長

パレハのオンライン講座の特長

実際の教室に通っているのと同じレッスンが受けられる

実際の教室に通っているのと同じレッスンが受けられる

パソコン教室パレハのオンラインレッスンは、動画学習ではなく、実際の教室同様の環境で進められます。

こちらからお送りするZoomのURLにアクセスしていただき、画面を共有してレッスンをします。

生徒さんには、事前にお伝えする勉強方法で学習を進めていただき、インストラクターが画面を確認しながら見守ります。

わからない時にすぐ質問ができる

わからない時にすぐ質問ができる

インストラクターが画面を見ながら、手順を確認し、スムーズに進めているかを見ながら、お声かけしながら、レッスンをします。

生徒さんからの質問がある場合も、オンラインで音声が繋がっているので、その場ですぐに質問が可能です。

もちろん、質問回数に制限もありません。

わからない時にすぐ聞けて、理解できるまで何度でも同じ質問ができる体制が整っています。

インストラクターのレッスンが丁寧

インストラクターのレッスンが丁寧

また、当教室のレッスンはわかりやすいと好評いただいております。

これは、実際に教室に来られている生徒さんも、オンラインで受講されている生徒さんからも喜ばれております。

特にオンラインレッスンでは、本当に満足のいく学習ができるか不安な方もおられると思いますが、パレハには実績もありますので、安心して受講いただければと思います。

画面越しでは伝わりにくいようなことも、インストラクターが質問の意図をしっかりと読み取り、また伝わりやすいように丁寧に解説します。

初心者からでも安心して受講ができる

初心者からでも安心して受講ができる

当教室は、苦手な方専門の教室です。パソコンが得意な方のご入会はお断りしています。

実は、当教室のインストラクターが元々パソコンが苦手だったり、初心者だったのです。

私たちの経験を活かして、パソコンで困っている方の力になりたいと思い、苦手な方専門の教室として、パソコン教室を運営しています。

ですので、初心者の方はもちろん、パソコンに触り慣れていない方、これから始めたい方にも安心して受講していただけます。

オンライン受講のメリット

オンライン受講のメリット

移動時間がないので、有効に時間が使える

移動時間がないので、有効に時間が使える

オンラインであれば、まず移動時間が必要ありません。

外出のために早く起きて準備をしたり、混雑した公共交通機関で移動することもありません。

その分、睡眠時間を確保できたり、家族や友人との時間、あるいは自分自身のために時間を有効に活用しつつ、学習ができるのです。

スケジュール管理がしやすい

スケジュール管理がしやすい

また、動画学習や通信講座での学習では、自分で学習スケジュールを管理しなければなりません。

これは、年齢問わず、学習のタイミングが自由過ぎる分、「後でしよう」を繰り返して、なかなか学習が進みにくくなります。

オンラインレッスンであれば、レッスン時間を決めてスケジュールの管理がしやすく、動画や通信講座での学習よりもはるかに効率よく学ぶことが可能です。

保護者の方も安心できる

保護者の方も安心できる

特に小中学生のお子様をお持ちの保護者の方は、夜遅くにレッスンに通わせたり、遠くまで通わせることも不安かと思います。

自宅での学習ができれば、送り迎えの時間も必要ないですので、保護者の方の時間も有効に使うことができますし、何より安心感があるのでオススメです。

ココがおすすめ

パソコン教室へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

    【 お名前 *必須

    【 携帯電話 *必須

    【 ご希望授業 *必須
    実店舗レッスンオンラインレッスン企業研修パソコン修理依頼

    【 ご質問などあればご記入ください 】

    お問い合わせいただきありがとうございます。送信ボタンを押した後、下に「内容を送信しました。ありがとうございます。」とでれば送信完了です。「090-9503-8923」の電話番号にておかけします。説明会の日時を決めさせて頂けたらと思います。

    お問合せリンク画像

    ココがおすすめ

    オンライン対応しております

    オンライン対応しております

    パソコン教室でのレッスン」も「Zoom(ズーム)」を利用した「オンラインレッスン」どちらも対応可能です。

    パレハのパソコンレッスンは、オンラインなのに「生で質問」出来るのが特徴です。

    詳しくは下記をご覧ください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

     

    大学生にパソコンが必要な理由とは?

    パソコンが必要を表現している画像

    大学生活でパソコンは必要なのか、昔のようになくても勉強はできるのではないか、ということですが大学の案内でパソコンが必要であることが書かれているように、まったくパソコンに触れないで生活することは出来ません。

    レポートなど書類を作成したり、パソコンを使って手続きをしなければいけないことが出てきますし、将来的に社会人として仕事をする上である程度は操作できるスキルを持っていないと不利になります。

    スマートフォンでメールやSNSの確認は出来ても、パソコンでしか出来ない操作は多いです。

    大学受験に合格し、これから大学生になるならば様々な準備をしておかなければなりません。

    その準備の一つがパソコンになります。今までパソコンを持っていない人ならば、これから購入しなければなりませんが、何分高いです。

    そこで、本当に大学生活でパソコンが必要になるかが問題になります。

    これは、理系でも文系でも例外なく必要と考えてよいでしょう。

    そのため、入学する前か入学して少し経過したら、それほど高いものでなくてもよいのでパソコンを購入するべきです。

    身につけておくべき基本スキル

    身につけておくべきを表現している画像

    大学生でパソコンを使用するのはレポートや資料作成が主になります。

    上記で説明するとおり、基本スキルとしてワードやパワーポイントといったオフィスソフトは使用できるようにしておくべきです。

    また、ソフトだけでなく基本的なパソコン操作も身につけておくべきでしょう。

    ファイルの移動や保存、キーボードのブラインドタッチ、ショートカットキーの把握なども知っておくべきです。

    基本的なパソコンスキルについては下記記事で紹介しております。

    簡単なパソコン操作ってどれくらい?|求人に書いてあるレベルは?

    就活でパソコンを使用する機会が増える

    パソコンを使用するを表現している画像

    パソコンが必要になるのは学生生活における話だけではありません。

    就職活動をする際にパソコンを使用する機会が増えます。

    履歴書やエントリーシート、企業から出される課題などはパソコンを使用しなければいけません。

    大学に設置されているパソコンルームでも作成できますが、自身で持っていたほうが何かと便利です。

    就活の際、パソコンが必要かどうかは下記の記事で紹介しておりますので、ぜひ一読ください。

    就活にパソコンは必要?必要無い?どうなのかを徹底的に調べてみた

    パソコンで履歴書を作成する事が多い

    履歴書作成を表現している画像

    上記でも記載したとおり、就活では履歴書作成でパソコンを使用する機会が多くなります。

    従来は手書きで履歴書を作成するのが当たり前でしたが、ITリテラシーを重視する企業が増えたことによりパソコンで作成するのが基本となってきました。

    下記の記事では就活における履歴書作成について詳しく記載されています。

    パソコンで作成するメリットやデメリットについても解説していますので、手書きかパソコンかで悩んだら参考にしてください。

    履歴書は手書きとパソコンのどっちが良い?徹底的に調べてみた

    目的は主にレポート・資料作成が多い

    資料作成を表現している画像

    大学生活のためにパソコンを用意したいならば、家でも大学でも場所を選ばずに作業ができるノートパソコンが最適です。

    でもノートパソコンにもスペックによって幅広い種類があります。

    CPUやメモリによって処理速度が変わってきますし、DVDやブルーレイといったメディアが使えるようにするのか、サイズ・重量なども重要です。何を購入したらいいのか迷ったら、なんのためにノートパソコンを使うのかをハッキリとさせましょう。

    レポート・資料作成を快適に作業を行うために必要な最低限のスペックを満たし、価格が予算内に収まるのかを見ていきます。

    そうすれば、使ってみてから後悔をして買い替えをする手間を省けます。

    ノートパソコンを購入する場合には、持ち運びができる点で非常に便利です。

    どこに持ち運ぶかは、その人の大学生活によって異なるもののおおむね大学の図書館やゼミにいくことが多いでしょう。

    通常ゼミは2年生以上になってから行われます。理系の場合には、研究者に入ることになるわけです。

    いずれにしても、使用目的はレポートの作成や資料作成が多くなります。

    レポートや資料作成は、手書きで行ってもよいですがいろいろと面倒な部分が多くなります。

    そのため、データをしっかり管理さえできればパソコンで行うことで質の高いものを作り上げることが可能になるわけです。

    大学生はマックよりもウインドウズ

    ウインドウズが良いを表現している画像

    大学生が買うべきノートパソコンではマックよりもウインドウズのほうが良い、

    というのは、使えるソフトの数で、ウインドウズのノートパソコンを持っていたほうが有利だからです。

    大学の研究者では、マックユーザーが多いのですが、それは昔は複雑な処理をするのにマックが向いていたという歴史があるからで、現在では性能に大差はないので好みの問題と言えます。

    それに一般の企業ではほとんどがウインドウズを使った仕事をしています。

    就職活動でパソコンのスキルを求められるのはウインドウズということが前提です。

    将来のことを考えたら、その状況を踏まえて商品を選ぶべきです。

    大学生が購入するべきパソコンは、Macとウインドウズのどちらがよいかが問題になります。

    基本的にどちらでもよいですが、大学生の中で多く使っているのはウインドウズになるでしょう。

    実際に、購入する前の段階で友達などに聞いてみましょう。

    大学によってはそうでない場合もありますが、多くの場合ウインドウズを所有している傾向が見受けられます。

    分からない場合は、大学の職員などに聞いてみると的確な答えが返ってくる可能性が高いです。

    大学生が購入するノートパソコンの相場

    相場を表現している画像

    大学生が購入するノートパソコンですが、バイトをして比較的お金が自由になってくる年頃なのである程度の予算はあります。

    レポートや資料の作成などで快適に使えるくらいのスペックということで15万円前後のノートパソコンが相場です。

    家電量販店やネット通販ではなく大学生協で大学生向けのノートパソコンが販売されていますが、スペックの割には価格がかなり割高です。

    ですから、機械に詳しいのであれば大学生協で購入するメリットはありません。

    しかし大学で講義を受講するために必要なソフトが入っていたり、普通の店では無償修理をしてくれない範囲まで保証してくれるので安心を求める大学生には良いかもしれません。

    大学生が購入するノートパソコンがどれぐらいの金額になるかは、その人の価値観によるところでしょう。

    例えば、ブランドにこだわるならば日本のメーカーを使うとよいです。

    ただ、ある程度標準的なスペックを持ったパソコンでも70000円から80000円くらいの金額になるところです。

    もし少しでも安いものを購入したい場合には、型落ちを狙うのが一つの方法です。

    特にブランドにこだわらないようならば外国製のものでも問題ありません。

    この場合には、50000円ぐらいで購入することが可能です。

    大学生向けノートパソコンは「ワードやエクセル」の有無と性能の良さと持ち運びの有無

    有無を表現している画像

     

    大学生活でノートパソコンを使うとすればレポートや資料の作成ですから、購入するときにはワードやエクセルといったオフィスソフトがはじめから入っているのかがポイントになります。

    それから、起動や何かのファイルを変換するのに時間がかかりすぎるのは避けたいところですから、エントリークラスよりもミドルスペッククラスくらいは性能が欲しいところです。

    鞄に入れて持ち歩く時、手に持ったり背負ったりするときの負担を考えて軽量タイプであることが理想的です。

    大学生向けのノートパソコンを検討している場合には、ワードやエクセルがしっかり入っているものを購入するのが良いです。

    せっかく安いパソコンを購入してお得な感じになっても、ワードやエクセルが入っていなければ後で別売りのものを購入しなければなりません。

    ちなみに料金は20,000円~30,000くらいになります。それよりも、最初からワードやエクセルが入っている方が魅力的でしょう。

    性能の良さは標準的なもので十分と言えますが、それよりも持ち運びがしやすいものを利用すべきです。

    学生向けのパソコン教室はどんなの?

    学生向けのパソコン教室はどんなの?

    では学生向けのパソコン教室って言うのはどんなのがあるかまとめてみました。

    結論:学生と言っても年代によります

    結論:学生と言っても年代によります

    2021年現在、パソコンスキルは社会人だけにとどまらず、学生でも必要とされています。

    正確に言うと「学生」というのは「大学生」を指します。

    また、高校生や中学生は「生徒」小学生は「児童」と言うのが正しい言い方です。

    学生さんは本来大学生を指すのですが、パソコン教室では大学から小学生まで幅広くとらえています。

    パソコンを使う年齢は、時代や年代によって変わります。

    1990年代は、Windows95や98などの普及により、家庭にパソコンが増加したものの、学生がパソコンを利用するのはごく一部でした。

    この時代は、パソコンを使ってレポートや論文を作成するということはほとんどなく、情報工学などを中心とした理系の大学が中心でした。

    2000年代以降、大学ではパソコンを使ってレポートや論文を作成する時代になり、大学生協などで学生用パソコンのパソコンを販売するなど、学生にもパソコンが普及しはじめました。

    2010年以降も流れは変わらず、大学生はパソコンが必須とも言える状況です。

    また、高校や中学、小学校の授業でパソコン授業が開始され、学生にとってパソコンは身近な存在です。

    何を学びたいかによって異なります

    何を学びたいかによって異なります

    年代によって学生さんとパソコンの関係性が異なるのですが、2020年代は小学校から大学までほとんどの学生さんでパソコンを扱います。

    そのため、一口に学生さんと言っても、何を学びたいかによって異なります。

    小学生で多いのは「プログラミング」ですが、中学生以上になるとオフィス系の需要も増えます。

    Wordなどのワープロソフトを使ったレポートやExcelなど表計算ソフト、プレゼンテーションソフトは、もはや必須といっても過言ではありません。

    オフィス系以外では、最近では音楽作成や動画編集などの需要が増加しています。

    特にTwitterやYouTubeなどSNSの発展により、パソコンを使って曲を作ってSNSで公開する、YouTubeで動画配信するなど、個人で発信できる機会が増えました。

    今やYouTuberは、学生が憧れる職業で、将来を見据えてパソコン教室に通う方が増えています。

    学生さんがパソコンを学びたいと考えたのであれば、何が学びたいのかを明確にしておいて教室を決めることが好ましいです。

    学生時代に勉強しておくのはとっても良いです

    学生時代に勉強しておくのはとっても良いです

    学生がパソコン教室で学ぶ大きなメリットが、社会人よりも学生の方が自由な時間が多いことです。

    社会人になると、学生に比べて自由な時間が減ります。

    働き方にもよりますが、1日8時間働き、さらに残業などが発生してしまい、家に帰ってもご飯を食べて寝るだけ、というケースもあります。

    親元を離れて一人暮らしを始めると、さらに自由時間が減ります。

    料理や掃除、洗濯など家事全般を行う必要があります。

    平日は仕事だけで1日が終わり、土日は平日できなかった家事や買い出しで休みが潰れることも珍しくありません。

    また、社会人は学生に比べて体力が減ります。

    学生時代は睡眠時間が削って勉強するということもできたかもしれませんが、社会人になり年齢を重ねていくと、無理ができなくなります。

    このように、社会に出てしまうと、勉強の時間はありませんので、学生のうちに学んでおくのが良いです。

    また、学生の内にMOSなどパソコン資格を取ることで、就職に有利に働きます。

    そのため、パソコンを勉強するのであれば、学生時代に勉強することで一生モノのスキルを身につけることが可能です。

    汎用性が高いのはオフィスソフト。それ以外は専門的なものになる

    汎用性が高いのはオフィスソフト。それ以外は専門的なものになる

    学生のうちに学ぶべき、おすすめのパソコンスキルは「オフィスソフト」です。

    オフィスソフトは、高校や大学はもちろん使いますし、社会人になってからも利用頻度が高いソフトです。

    例えば事務系であれば、書類作成でワープロソフトを使いますし、経理系であればエクセルなど表計算ソフトの出番です。

    営業職に就くのであれば、プレゼンテーションソフトは必須です。

    それ以外にも、日報作成など様々な場面で利用する機会があるオフィスソフトは、何処の職についてもある程度使いますが、他は専門的な分野につかない限りは不要です。

    専門的な分野としては、プログラマーやシステムエンジニアなどはプログラミングのスキルが必要です。

    設計士であればCADが必須と言えます。

    映像クリエイターになるのであれば、Adobe Premier ProやFinal Cutなどを使った動画や映像編集スキルがなければ仕事になりません。

    専門的な分野に進むのであれば、オフィスソフト+専門的なパソコンスキルが必要と理解すれば良いのです。

    一度体験で教室の雰囲気も含めて聞いてみるのが良い

    一度体験で教室の雰囲気も含めて聞いてみるのが良い

    学生さんがパソコン教室やパソコンスクールでパソコンスキルを学びたいとなった場合、どのようなパソコン教室を選択すればよいのでしょうか。

    パソコン教室を選ぶ場合、気にしてほしいポイントは大きく2点あります。

    1点目は、パソコン教室で行われる講座、コースです。

    パソコン教室の中には、初心者向けの総合的なパソコンスキルを学べる学校もあれば、専門分野を対象としたパソコンスキルをウリにしている教室など、教室によって特徴が異なります。

    パソコン教室の規模によっては、総合的なスキルと専門的なスキルの両方が学べる教室ももちろんあります。

    もう1つがパソコン教室の立地です。

    主に駅前か郊外かです。

    一般的には駅前立地の方が通いやすいので、色々な年齢層が通います。

    一方で郊外のパソコン教室は、地元の人が通いやすいパソコン教室です。

    パソコン教室に通う層が異なることで、パソコン教室の雰囲気が変わります。

    一般的には郊外の方が、駅前よりもアットホームな雰囲気で学べます。

    とはいえ、駅前のパソコン教室でもアットホームなパソコン教室が存在しますし、郊外でもアットホームでないパソコン教室も当然あります。

    パソコン教室を選ぶ際は、無料で参加可能な体験学習などを活用して一度受講し、実際に学ぶことや、レッスンの雰囲気などをインストラクターなどに質問してみるのをおすすめします。

    パソコン教室は、学びたいと思った時が通うタイミングです。

    いつでも自由に通えるパソコン教室で授業を受け、パソコンスキルを学んでみてはいかがでしょうか。

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハ直営校

    パソコン教室パレハ直営校

    ■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

    ■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

    ■ 広島市西区にあるパソコン教室パレハ横川校|マンツーマン教室

    ■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校・静岡市葵区伝馬町校

    ■ オデッセイCBT・サーティファイ試験申込パソコン教室パレハ伝馬町校

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハグループ加盟校

    自信をもってご紹介できるパソコン教室

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    ■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

    ■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

    ■ 名古屋市緑区にある有松パソコン教室

    ■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

    ■ 福岡市パソコン教室平尾校

    ■ 福岡県福岡市中央区にある 「福岡市パソコン教室平尾校」の公式サイトはこちら

    ■ 調布市にあるパソコン教室キュリオステーションつつじヶ丘店

    ■ 調布市にあるパソコン教室「キュリオステーションつつじヶ丘店」の公式サイトはこちら

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

    全国加盟校一覧

    全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

    ココがおすすめ

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室講座一覧はこちら

    パソコン教室講座一覧はこちら

    他にもパソコンの講座は多数ございます。

    詳しくは下記をご覧ください。

    パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

    ココがおすすめ

    パソコン教室に関連する情報はこちら

    こちらも是非ご覧ください

    ココがおすすめ

    パソコン教室の選び方

    パソコン教室のアルバイトの評判や内容は?

    パソコン教室どこがいい?基準は?教室選びの5つのチェックリスト

    パソコン教室に通う期間はどのくらい?|失敗しないパソコン教室選び

    パソコン購入時に初心者が失敗しないコツ|パソコン教室講師が解説

    安い!激安パソコン教室ってどう?|価格の落とし穴に注意

    通い放題(定額制)のパソコン教室のメリットとデメリット|徹底的に調べてみました

    パソコン教室無料体験レッスンの内容を徹底解説

    夜間・土・日曜に営業しているパソコン教室の特徴

    さらに詳しく

    MOS試験情報はこちら

    MOS資格は役に立たないと言われる理由を徹底解説

    MOS資格は独学で取得できる?初心者でも合格できる具体策を公開

    パソコンスキルで必要な資格一覧|取得するメリット

    メールの画像

    メールはこちら

    ラインの画像

    LINEはこちら

    電話の画像

    お電話はこちら