お問い合わせはこちら

ブログ

大学生が就職する際にパソコンは必要?

更新日:


就活にパソコンスキルは必要かどうか?

あああああ

ふだんはスマートフォンだけでも不便を感じなくても、仕事ではパソコンを使うことができなければ不都合になることが多くあります。

取引先や会社などの提出する文章の作成などでも、スマートフォンだけでは不十分になることが少なくありません。

パソコンがあれば複雑な資料を作成することも可能になるため、スキルを身につけておくことは必要になります。

普段はスマートフォンでメールなどを送受信していても、企業などの正式な文章などは

パソコンを使うことが多いのでスキルを身につけておくことが必要です。

IT企業に就職を希望している事例では言わずもがなですが、

通常の業務中にはパソコンと向き合う時間が無い仕事であってもパソコンスキルは求められます。

それは、業務を終えた後に1日の売上をデータ化したり受信しているメールの管理を行うという

事務作業はパソコンを使用して行われるためです。

そのため、高度な知識と技術は有していなくてもマウスの役割や操作の仕方を理解しておき、

尚且つキーボードを用いて円滑に作業を進めていけるスキルがあった方が安心です。

パソコンのスキルを身につけておけば、エントリーシートなどの作成なども便利に進めることができます。

希望している企業でもエントリーシートを用意していることが多く、

パソコンがつけなければ作成することができない場合も少なくありません。

WEBを利用したテストなどでもスマートフォンでは受験できない場合もあるため、

パソコンを使えるようにしておくことが必要不可欠になります。

就活で自分のプレゼンなどを提出させることもあるため、本格的な内容にするためにはパソコンのスキルが必要です。

就職先の各企業により使用頻度が高いソフトは異なるものの共通しているのは

表計算ソフトのExcelや文書作成ソフトのWord、メール管理ソフトのOutlookや

プレゼンテーションソフトのPowerPointを使用する事です。

他にもプリインストールされている製品はありますが、事務作業を行う上では欠かせない4つは日常的に使用するため、

高度な作業では無くとも各ソフトを使用して目的の処理や作成物が手がけられるようにすると良いです。

ほとんどの部署で Windows パソコンを使用・マックはあまり使われない

 

ほとんどの企業ではパソコンを利用して仕事を進めていますが、使用しているOSの種類は

Windowsがマックより多いのが特徴です。

イラストなどのような仕事ではマックを使うこともありますが、

文書の作成などではWindowsがほとんどになります。

仕事で作成する文章や取引先などにプレゼンする資料などは、Windowsのパソコンを使うことが多くなります。

自分が普段使うのはマックが多い場合でも、就活にはウインドウズのスキルを身につけておく方が無難です。

民間企業はもとより行政機関においてもWindowsが選ばれており、

Windowsをインストールして販売しているパソコンメーカーにおいても

法人向けに独自の販売プランを提供している事例も多い様子から、

今後も継続的に部署はもちろん企業全体でWindowsの導入率は高い状態で推移していきます。

Macは全く使用されないというわけではなく、動作確認やデザイン関係の現場では

使用されるものの互換性やソフトの対応、慣れなどによりWindowsが多い状況です。

 

99%の企業がマイクロソフトのオフィスソフトを導入

 

企業のほとんどがマイクロソフトが提供しているオフィスを使用しているため、

希望する会社に就職するためには使えるようにしておくことが必要です。

マイクロソフトのオフィスは、日本だけではなく世界中で普及していることが大きな特徴になります。

ビジネス上で必要になることが多いため、使うことができなければ自分が不利益になることが少なくありません。

パソコンを使えるだけではなくオフィスのスキルも身につけておけば、就活が有利になることが期待できます。

社内や社外に向けて配布する文書を作成する場合に使用するWordや経理など数字を扱う際に使用するExcel、

新たなるプロジェクトの発表や進歩の説明などで使用するPowerPointなどはMicrosoftのOfficeと呼ばれており、

企業が導入するWindowsのバージョンではプリインストールされています。

企業にて導入率が高いWindowsにプリインストールされているという事もあり必然的にOfficeの導入率も高くなり、

その割合は99%にも上るので手がけるデータの互換性を心配せずに作成できます。

 

どのくらい知っておけばよいのか?

 

就活で必要になるパソコンのスキルは、メールの送受信の基本的な操作ができることが必要になります。

就職を希望している企業の仕事内容がパソコン主体の場合は、就活中にスキルをチェックされることが少なくありません。

タイピングのスピードや文章などの作成などを求められることもあるため、

基本的な文章の作成などができるようにしておくことも必要です。

事務系の仕事を希望してる場合は、エクセルなどの操作もできるようにしておくことが大切になります。

"有しているパソコンのスキルにより就職活動における面接時に大きなアピールポイントとなりますが、

希望する業種により異なるため面接前に志望している企業の業務内容を理解しておくと良いです。

IT企業であればソフトやアプリの開発に際して使用されている言語を理解し使えるようになると

即戦力として採用して頂けやすくなりますし、パソコンに向き合いデスクワークをする機会が

さほど多くない場合はExcelの入力やシンプルな計算、Wordでの文書作成など基本ができると十分です。

 

 


 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

RECOMMEND

-ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.