パソコン教室コラム

パソコン教室に通われる人の年齢層はどのくらいなのか調べてみました

結論:パソコン教室によって異なる

結論:パソコン教室によって異なる

パソコン教室に通われる人の年齢層を考えたことはありますか?

例えば自分が20代だった場合、60代が多いパソコン教室で生徒として学習することに不安に感じるでしょう。

パソコン教室に限らず、専門学校やスクールなどに通うことを検討した場合、年齢層が同じ方が通いやすいと考えるのは当然のことです。

パソコン教室の年齢層は、パソコン教室によって異なります。

例えばパソコン教室の営業時間によって、年齢層が変わります。

昼間を中心に営業しているパソコン教室であれば、社会人よりは主婦やシニア層など昼間に時間が空いている人が中心です。

一方、夕方や夜などの時間帯が中心のパソコン教室の場合、仕事終わりの社会人などが増えます。

また、パソコン教室の場所でも年齢層が変わります。

例えば駅前などアクセスが良い場所で、パソコン教室に徒歩で通えるのであれば、若者でも気軽に通えます。

一方で、パソコン教室が郊外にある場合、少し年齢層が高めの方や送り迎えしやすい子供が通いやすい立地です。

営業時間や立地以外にも、受講内容やカリキュラムなどによって年齢層が異なります。

そこで本記事では、パソコン教室に通う人の年齢層に関する情報をまとめました。

パソコン教室に通うことが不安と感じている方でも、安心してもらえるような内容を記載していきます。

オンラインでパソコン学べます

パソコン教室パレハの例

パソコンが苦手な方が多く通われています

パソコン教室にもよりますが、パソコン教室パレハの例を見ると、20-50代の方が多く通われています。

文字は入力できるけど、パソコンやネットの基本操作がいまいちわからない方という方が多いです。

「周りの皆さんみたいにうまくパソコンを操作できない」と悩まれている方に選ばれています。

パソコン教室にはシニアが通っているというのは古い

パソコン教室にはシニアが通っているというのは古い

パソコンが世に出た当時は、パソコン教室に通う人はシニア層が多かったのは事実です。

1990年代から2000年にかけ、インターネットやWindows PCの普及により、パソコン需要が一気に高まりました。

パソコン環境を揃えることは、お金があれば整えられるのですが、何をして良いのか分からない人もたくさんいました。

パソコンは何にでも使用できるというメリットがある反面、できることが多すぎて、何からはじめて良いのかが分からないというデメリットもありました。

シニア層は、新しいことを覚えるには若者よりも時間がかかります。

そのため、パソコンに詳しい人が近くにいたとしても、同じことを何度も繰り返し質問することに抵抗を感じてしまい、パソコンを覚える機会がほとんどなかったのです。

そこで登場したものがパソコン教室です。パソコン教室であれば、何から学べば良いか分からないパソコン初心者でも、パソコンに必要なスキルを基礎から学べます。

また、パソコン教室のインストラクターはプロですから、生徒の気持ちを理解した上であなたのペースに合わせて指導することはもちろんのこと、生徒から同じような質問を何度も受けても嫌な顔をせず対応します。

また、主に公共施設が行っている無料のパソコン教室も存在します。

無料のパソコン教室は、営業時間が昼間のため、昼間に時間が空いているシニア層の割合が増加しました。

しかし、パソコンが世に出て20年以上経過し、現在でパソコンに必要なスキルは多様化しています。

例えばタッチタイピングを覚える、Wordを使ってレポートを作成する、ペイント機能で絵を描く、写真の加工を行う、動画編集するなどです。

そのため、今やパソコン教室に通う年齢層は、シニア層だけでなく、幅広い年代の方が通っているのです。

学びたいものによって年齢層は異なる

学びたいものによって年齢層は異なる

小中学生は、授業の延長で習う方が多い傾向です。

今の時代は、小学生からパソコンの授業があります。

また、2021年度より、中学生で簡単なプログラミングも学んでいます。

学校の授業でパソコンに興味を持った小中学生が、例えばタッチタイピングを学びたい、プログラミングをもっと知りたいという目的でパソコン教室に通います。

高校から大学になると、レポートや論文などをパソコンで作成するなど、学業でパソコンを利用する機会が増えます。

パソコン操作を一通りできるようになるためにパソコン教室に通う人が増えます。

また、レポート作成でよく使われる「オフィス系」ソフトの使い方を学ぶ方も増えています。

社会人になると、基本的なパソコンの使い方に加えて、業務の効率化やスキルアップといった目的でパソコン教室に通います。

表計算ソフトの代表的な「Excel」についても、基本的な部分はもちろんのこと、関数やデータ分析、マクロといった業務効率化に活用できる内容を学びます。

また、MOSやITパスポートなど、パソコン資格に合格するための試験対策でパソコン教室に通う方もいます。

シニア層では、新しい趣味としてパソコンを知ることや、自治体などの団体活動で名簿やお知らせの書類を作成するためにオフィスを学ぶなど、余暇を楽しむためにパソコン教室を利用する傾向があります。

パソコン教室では、様々な年齢層の方がパソコンスキルを身につけるために学んでいるのです。

パソコン教室をひとくくりに考える必要はありません。

さらに詳しく

関連記事

パソコン教室で中学生向けの講座はどんなものがある?

子供向けパソコン教室ってどんなの?料金や授業内容など調べてみた

オフィス系が最も人気

オフィス系が最も人気

パソコンスキルの中でも人気のスキルが「オフィス系」のスキルです。

オフィス系とは、ワープロソフトや表計算ソフト、プレゼンテーション資料作成ソフトなどの総称です。

オフィス系ソフトの中でも一番有名なソフトがMicrosoft Officeです。

Microsoft Officeには、WordやExcel、PowerPoint、Outlook、Accessなどの複数のソフトが搭載されています。

オフィス系ソフトは、年齢層を問わず利用します。

例えば学生時代はWordやExcelを使ってレポート作成を行います。

また、社会人になれば、WordやExcelに加えてPowerPointを使ってプレゼン資料を作成します。

オフィス系ソフトは年令を問わず利用するため、パソコンを使いこなすために必要不可欠なソフトといっても過言ではありません。

そのため、パソコン教室の中でもオフィス系が最も人気で、どのパソコン教室に行っても、オフィス系ソフトのカリキュラムが存在します。

どちらかというと20~50代くらいの方が通われる所

20~50代くらいの方が通われる所

オフィス系ソフトは奥が深いのも特徴の1つです。

例えばExcelは、一般的な表作成やグラフに加えて、関数を使って複雑な計算を行う、マクロを使って自動処理するなど、できることが広がることで仕事の幅が広がります。

WordやPowerPointにしても、できることが広がることで仕事の質があがります。

オフィス系ソフトは、どこまで学んでも学びきれない位たくさんの機能が備わっているソフトなのです。

オフィス系ソフトの需要が高い層は、大学生から社会人です。

そのため、オフィス系ソフトの需要が高い大学生から社会人、年齢層でいえば20~50代がパソコン教室に通う人が多いのです。

パソコン教室に通う年齢層は、時代を経て変わりました。

今やシニア層よりも20~50代が多く、10代がパソコン教室に通うことも珍しくありません。

もし、あなたがパソコンを学びたいと思っているのであれば、パソコン教室をうまく活用し、パソコンスキルを身に着けてしまいましょう。

年齢によって通うパソコン教室は違う?

年齢によって通うパソコン教室は違う?

小学生・中学生向け

小学生・中学生向け

小学生や中学生向けのパソコン教室はプログラミング教室が多いです。

スクラッチを使用したプログラミング教室や、ロボット教室など様々です。

中には、プログラミングも一般的なオフィスソフト(Excel・Word・PowerPoint)も学べる教室もあります。

高校生・大学生向け

高校生・大学生向け

高校生や大学生向けのプログラミングスクールもありますが、高校生以上になるとどちらかというと一般的なパソコン教室で、オフィス(Excel・Word・PowerPoint)を学ばれる人が多いです。

高校生の場合は、きっかけが「親御さんに勧められて」ということが多く、学校の授業でもパソコンは使用しますが、将来を見据えて資格の取得や早めにスキルを身につけるために通う人が多いです。

大学生になると、就活のためにパソコン教室に自ら学びに来られる方が多くなります。

最近では、スマホは使えるけど、パソコンが使えない10代20代の若者が増えている傾向にあり、就職前にスキルを身につけようとパソコン教室に通われる方が増えています。

大人向け

大人向け

大人の方は、一般的なパソコン教室に通われるか、もしくは公民館などで開かれているパソコン教室に行かれる方で分かれます。

継続的にパソコン教室に通う方、イベント的に開かれている場所に行かれる方という感じです。

継続的に通われる方の多くは、お仕事をされている方が多く、仕事で必要なスキルを身につけたり、就職や転職に向けての資格取得で通われる方が多いですね。

公民館で無料で開かれるパソコン教室や、イベント的にセミナーのような形式で開かれるパソコン教室は、比較的シニアの方がパソコンを楽しまれるのに参加されている方が多いようです。

どんな教室がいい?(年齢・年代別)

どんな教室がいい?(年齢・年代別)

小学生・中学生

小学生・中学生

まずは楽しむことが大切です。子供のうちにパソコンへの苦手意識が付いてしまうと、後々大変です。

子供さんが「やりたい」と思う内容をさせてあげるのが一番です。

そして、通うスクールのインストラクターが子供好きで、一緒に喜んであげたりしてくれる教室が良いですね。

高校生・大学生

高校生・大学生

高校生や大学生になると、就職も視野に入ってきます。しっかりと正しいスキルを身につける必要がありますね。

選ばれる教室は、大手や地元の教室、特に問いません。

通うパソコン教室の講師が、同じ目線で目標をもってくれる方が良いです。

仲のいい学校の先生のようなイメージで、一緒に頑張ってくれる講師がいれば、楽しく学べると思います。

社会人

社会人

就職をされている方、転職をする方が通うことが多いです。なので、実践的なことを学べる教室が良いでしょう。

すでに組まれたカリキュラムや動画学習など、教室によってレッスン方法は様々です。

可能であれば、仕事の持ち込みが可能な教室が良いです。実際にパソコンで困ることの多くは仕事です。その悩みを解決してくれる教室を選びましょう。

また、就職や転職で人気のMOS資格取得のために通われる方もいます。その場合は、通われる教室の合格率をチェックしましょう。教室が資格試験の会場にもなっている所であれば尚良いです。

シニア

シニア

優しいインストラクターがいる教室を選びましょう。何度質問しても嫌な顔をせずに快くサポートしてくれるところが良いです。

どうしても高齢になると覚えるまでに時間がかかったりするものです。そういった時に、一緒に足並みをそろえてくれるインストラクターがいる教室の方が安心して学ぶことができます。

公民館などで無料で参加できるものもありますが、無料のためスキルアップにはつながらないこともあります。気分転換やちょっとした趣味であまりこだわりがない場合はそういったところも良いと思います。

他には自宅から教室までが近いか、アクセスがしやすい立地が良いですね。

どんな教室が良い?(タイプ別・目的別)

どんな教室が良い?(タイプ別・目的別)

初心者向け・苦手な人向けのパソコン教室

初心者向け・苦手な人向けのパソコン教室

子供から大人まで新しく何かを始める時はみんな初心者です。また、初心者ではなくても年齢問わず何事にも苦手なものがあります。

そういった時は、初心者向けのパソコン教室、苦手な方のためのパソコン教室がおすすめです。

大事なのは、「自分と同じ目線で話をしてくれるか」です。

初心者や苦手な方に、難しい言葉を並べてくる場合はその時点で辞めておいた方が良いです。

わかりやすいレッスン、何回でも質問ができる和やかな教室が良いでしょう。楽しんで学ぶことが大切です。

専門性の高いスクール

専門性の高いスクール

プロになるためのWebデザインやイラストレーター、フォトショップ、プログラマーになるための本格的なプログラミングなど、プロになるための専門的なことを学ぶときは、大手のパソコン教室が良いです。

もしくはその道のプロの方がされているスクールです。

大前提として、その道のプロになる、その職業に就きたいという場合は、一般的なパソコン教室では限界がありますので、専門のスクールを選びましょう。

無料体験レッスンを受けましょう

無料体験を利用しましょう

いろいろなパターンでの教室の選び方をご紹介しましたが、無料体験を受けてからその教室に通うかの最終判断をされることをおすすめします。

どれだけ口コミが良くても、どれだけ良いことがホームページに書かれていても、実際自分に合うのかどうかは受けてみないとわかりません。

入会してからよりも、ほとんどの教室が無料体験を実施しています。

体験できる場合は積極的に利用して、パソコン教室選びに失敗しないようにしましょう。

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら