起業・開業

40代からの独立・起業|失敗しないためのポイントとおすすめの業種

  1. HOME >
  2. 起業・開業 >

40代からの独立・起業|失敗しないためのポイントとおすすめの業種

リストラ・早期退職など、サラリーマンにも厳しい時代が到来しています。

会社に勤めるという当たり前の働き方から、自分が経営者となり独立・起業するという選択肢を選ぶ人も少なくありません。

ただし、40代という世代はリスクが伴う可能性も高く、安易に独立・起業をしてしまうと取り返しのつかない状況に陥ってしまうこともあります。

そこでこの記事では、40代で独立・企業を考えている方に向けて、失敗しないためのポイントをピックアップしてご紹介します。

これから独立・企業を検討している方は、ぜひ情報収集の一環として参考にしてください。

40代で独立・起業するときに注意しなければいけないこと

40代で独立・企業をするときには、注意しなければいけない重要なポイントが4つあります。

自分自身のスキルや経験・資金力を棚卸しすると共に、1つ1つの項目をきちんとクリアしていく必要があります。

どんなポイントが重要になるのか、1つ1つ見ていきましょう。

収入面

独立・企業をする上で最も重要なのは、収入面です。

40代は会社員であれば企業で管理職に就いているケースもあり、安定した収入を得ていることが多いのが特徴です。

しかし、新たに独立・起業をした場合は、安定した収入の保証はありません。

40代は住宅ローンや子供の教育資金など、ライフステージでも大きな出費が重なる時期です。

万が一収入が激減した場合でも、貯金などで賄える経済状況にあるのかどうかを検討する必要があります。

将来性

自分が起業しようとする業種の将来性についても勉強することが必要です。

独立・起業にはさまざまな方法や業種があります。

選択をする際には市場調査や企業の情報を参考にし、どの程度将来性が見込めるのかということを見極めなくてはいけません。

ブームにのった一時的な利益ではなく、安定し継続した事業となることを基本として考えましょう。

家族の理解

独立・起業をする上で最初に乗り越えなければいけないポイントは、家族の理解や協力を得ることです。

今までの生活から変化する可能性があること、マンパワーとして協力してもらう必要があるかもしれないこと…家族の理解や協力がなければ、うまくいかないこともたくさん出てくるのです。

自分一人で話を進めてしまうのではなく、家族と相談しながら、最適な方法を見つけるべきでしょう。

独立起業のリスク

40代で独立・起業をすることで起こり得るリスクを知っておくことも大切です。

仮に起業に失敗した場合、年齢的に再就職は難しいことが多く、収入面でも起業前より下がってしまうことが考えられます。

起業のメリット・デメリットを把握し、どんなリスクが考えられるのかを予め知った上で、計画を立てる必要があります。

40代で独立起業・失敗しないためのポイントとは?

40代で会社を退職し、独立・起業をすることにはリスクが伴います。

また資金面でもやり直しがきかないことが多く、安易に始めてしまうことで周囲に迷惑をかけてしまうこともあるのです。

独立・起業するときに、失敗しないためにはどんなポイントがあるのでしょうか。

フランチャイズを利用する

未経験の業種に挑戦したい場合には、フランチャイズの制度の利用を検討してみましょう。

フランチャイズを利用する大きなメリットは2つ。

  1. 大手のネームバリューを利用できる
  2. 本部が今まで培ってきたノウハウを教えてもらうことができる

フランチャイズ制度を導入している企業では、頻繁に相談会や説明会が行われています。

フランチャイズ制度には企業ごとに大きな差があります。

自分にとって有意義であると思う内容を調査して、開業時の不安を減らしていきましょう。

自己資金を潤沢に持つ

40代はライフステージの中でも、一番お金がかかる時期といっても過言ではありません。

家庭がある場合は子供の教育資金やマイホームのローン、車の買い替えなども視野に入れて計画を立てる必要があります。

安易に借金を重ねてしまうと、返済に追われることになり、生活のレベルを落とさなくてはいけないことも考えられます。

起業後にどの程度の収入が見込めるかは不確定なため、ある程度自己資金を持ち、最悪の事態に備えることも大切です。

補助金や助成金を申請する

独立・起業の際には、受けることのできる補助金や助成金を活用しましょう。

  • 地域創造的起業補助金
  • 事業継承補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 地域中小企業応援ファンド

などが考えられます。補助金や助成金の最大のメリットは、返済が不要であること。

融資ではないため、条件が合致していれば、創業時や事業の見直しの際などに受け取ることができるものです。

少しでも負担を軽減し、事業を発展させるためには利用できる制度や補助金・助成金などを最大限活用するようにしましょう。

40代で独立・起業を目指す人必見!おすすめの業種と選び方

40代で独立・起業を目指すときに、どのような業種を選べば良いのかという点は、一番悩むところかもしれません。

個々の生活状況や資産などによって、選ぶ業種は変わってきます。

ここではおすすめの業種と、選び方のポイントをご紹介します。

自己資金がなくてもできる無店舗型

独立・起業する際に、できるだけ初期費用の負担を少なくすることができるのが、無店舗型の業種です。

  • チャータードライバー
  • 清掃業
  • ネットショップ経営
  • 家事代行サービス など

無店舗型の最大のメリットは、初期費用を抑えて起業できること。

車1台やパソコンだけで起業できる業種もあり、お金をかけずに起業したい人にはおすすめといえるでしょう。

本部のノウハウがしっかりとしているフランチャイズ

独立・起業の際に大きな味方となるのが、本部のしっかりとしたフランチャイズです。

  • コンビニエンスストア
  • ハウスクリーニング
  • 配食サービス
  • リサイクルショップ など

フランチャイズのメリットは、ノウハウがしっかりと確立されているところ。

経営・人事・経理など、わからないことが多いことも丁寧に指導してくれます。

自分の経験やスキルが活かせる分野

自分が携わってきた分野や、知見やスキルがある分野の起業もおすすめです。

  • 美容室
  • 保険代理店
  • ネイルサロン など

顧客が既に確保されている・仕入れや営業のルートがあるなど、本来であれば起業後に確立しなければいけない部分がしっかりとしていることは大きなメリットです。

まとめ

40代での独立・起業は、リスクやデメリットもあります。

しかし、自分の好きなことを仕事にできるというやりがいは、他の何物にも替え難いもの…しっかりと準備した上での起業は、人生の大きな岐路になります。

起業するにはいくつかの方法がありますが、安易に始めることは危険が伴います。

情報収集を行い、自分にとって不利益なことが少しでもなくなるように、準備期間を確保しましょう。

-起業・開業

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5