フランチャイズ

パソコン教室の業種は何ですか?

  1. HOME >
  2. フランチャイズ >

パソコン教室の業種は何ですか?

パソコン教室の業種は何か?

パソコン教室の業種は何か?

パソコン教室はどの業種に分類されるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

パソコン教室はサービス業的な要素も含んでいますが、教育に関する業種に含まれる要素も含んでいるため、どちらに分類されるのかそれともどちらにも分類されるのかがわかりにくく、即答できる方も少ないでしょう。

日本政府の統計サイトによるとパソコン教室は、教育・学習支援業に分類されます。

同じ分類には料理教室や陶芸教室、ダンス教室などがあります。

教育・学習支援業に分類されるため、PCスキルはもちろん必須にはなりますが、開業にあたって特別な資格などは必要ありません。

資格は必須ではありませんが、集客のために有名なパソコンスキルを証明する資格などを保有しておくことはおすすめします。

パソコン教室業態 開業タイプ

パソコン教室業態 開業タイプ

パソコン教室を開業したいけどどうやって開業したらいいのか、開業タイプはどういったものがあるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

パソコン教室には大きく分けると2つの開業タイプがあります。

それはテナント型と通信教育型の2つです。

それぞれの特徴について解説していきます。

テナント型

駅前にたくさんあるパソコン教室のようにテナントを借りて開業する方法になります。

テナントを借りて開業するため、ある程度の初期費用が必要になってきます。

テナントの敷金や礼金などはもちろん、テナントの内装などの工事費、生徒さんが使用するパソコンや周辺機器などある程度の金額が必要になってきます。

初期費用や開業費用に関しては地方自治体などの補助金や助成金などを利用できる場合もありますので、興味がある方はお住いの地方自治体へお問合せしてみてください。

また、開業する立地によっても集客が変わってくるためパソコン教室を開業する場所もしっかりと考えて選ばなければなりません。

通信教育型

通信教育型の場合には基本的にはテナント型と比較すると開業にあたっての初期費用を抑えることができます。

テナントを借りるにあたっての初期費用やその他パソコン教室内の設備などの費用を抑えることができるのは通信教育型のメリットであると言えます。

インターネットに接続できる環境であれば授業をおこなうことができ、自宅からオンライン上で授業をおこなえるなど場所にとらわれずに授業を開始することができます。

しかしながらオンライン上で授業をおこなうために、集客がテナント型と比較すると難しいケースが多いです。

テナント型の場合には人通りの多い場所に教室をかまえることによって、教室が人目に付く機会が増え見込み客を教室へ呼び込みやすくなります。

反対に通信教育型の場合には、インターネット上でパソコン教室のPRをおこなわなければならないため、SNSを活用したり、Webで広告を掲載したりとプロモーションスキルも開業に

あたって必要になってきます。

パソコン教室の開業方法

パソコン教室の開業方法

主なパソコン教室の開業方法は、個人開業する場合かフランチャイズ契約をして開業する2つの方法があります。

個人開業する場合、フランチャイズ契約をするのとは異なり、集客やPRなどのパソコン教室を運営していくうえで必要になってくることはすべて自分でする必要があります。

すべてのことを自分の思い通りにできるというメリットはありますが、最初はノウハウがなく大変なことが多いでしょう。

反対にフランチャイズ契約の場合には、教室のPRや集客などはすべてサポートしてくれます。そのためしっかりとパソコン教室の授業に集中することができます。

しかしフランチャイズ契約の場合にはすべてが自分の思い通りにできるわけではなく、ある程度の制限がある点も注意が必要です。

ターゲットと講座作成

ターゲットと講座作成

パソコン教室を開業しようとする際に、ターゲットやどういった講座を提供しようかというのはしっかりと考えなければいない点です。

講座内容の種類としても、パソコン初心者の方にパソコンの基本的な使い方やOffice製品の使い方を教えるのか、子どもを対象としたプログラミング教室にするのか、動画編集や画像編集に特化した教室にするのかなどたくさんあります。

提供する講座を1つにするのか、複数にするのかによってパソコン教室のPR方法なども変わってきますので、講座内容はしっかりと考えることが大切です。

パソコン教室のターゲットもしっかりと考えることも重要です。

年齢層はどうするのか1つを取ったとしても、考えるポイントはたくさんあります。

子ども向けのプログラミング教室を開業しようと考えた場合には、オンラインで提供するタイプよりはテナントを契約して親子で楽しみながら学習できる環境を整えた方が集客はしやすいでしょう。

おすすめとしてはパソコン教室で提供する講座を決め、その講座のターゲットを決めることの方がどちらも考えた教室を開業することにつながるでしょう。

必要なスキルや資格

必要なスキルや資格

基本的なパソコンスキルはもちろん必要ですが、インターネットの基本的な仕組みやOffice製品の応用的な使い方、ビジネス書類を作成するスキルなどは学習しておいた方がいいでしょう。

加えて、提供する講座によって必要なスキルが変わってきます。

動画編集を教える場合には、動画編集ソフトの使用方法やYouTubeなどのSNSへの投稿方法、子ども向けのプログラミング教室であればプログラミングのスキルや子どもに対する指導方法に対する知識も必要になります。

パソコン教室を開業するにあたってスキルや資格は多くて困ることはありませんので、これから習得しようか悩んでいる場合には取っておいて損はないでしょう。

さらに詳しく

パソコン教室に関する情報はこちら

パソコン教室が廃業|失敗するケースに見られる3つの特徴とは?

通い放題(定額制)のパソコン教室のメリットとデメリット|徹底的に調べてみました

パソコン教室の無料体験レッスンってどんな内容なの?内容を徹底解説

パソコン教室に求められる需要とニーズ|2021年度最新版

パソコン教室のフランチャイズで評判の良いスクール|2021年最新

パソコン教室開業に使える助成金を徹底的に調べてみた

パソコン教室のビジネスモデルとは?|2021年最新版

無料やボランティアのパソコン教室(公民館など)ってどう?|詳しく調べてみた

パソコン教室は意味無い?無駄?|必要な人と不要な人がいます

パソコン教室の現状と将来性は?新しい時代に生き残りできるのか

パソコン教室を開くにはどうすればいい?必要な資金と開業の流れ

パソコン教室経営は儲からない?成功する秘訣をお話します

パソコン教室のビジネスモデルとは?|2021年最新版

-フランチャイズ

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5