フランチャイズ(FC)の基礎知識について

  1. HOME >

フランチャイズ(FC)の基礎知識について

FC(フランチャイズ)とは何?

FC(フランチャイズ)とは、本店・本部の成功するノウハウを利用できる権利を購入するシステム

フランチャイズシステムとは、『フランチャイザー(本店または本部)』と契約を結んだ『フランチャイジー(加盟店)』が加盟契約金やロイヤリティなどの対価を支払う事によって、商標やマークなどの使用権、商品やサービスの販売権を取得し、本店・本部の指導やアドバイスを受けて短期間で事業を始めて軌道に乗せることを目指すシステムのことです。

『成功のパッケージ』と呼ばれ、本店・本部が経営を通じて蓄積してきた「成功の素」をまるごと活用できるシステムだからです。

つまり、FC(フランチャイズ)チェーンに加盟すれば、本店・本部と同じ店舗を構え、同じ商品・同じサービスを販売することができます。

開業スタート時から一定の集客力が見込まれます。

独自に開業するより成功する確率は高くなるといえます。

『フランチャイザー(本店または本部)』と『フランチャイジー(加盟店)』の信頼関係が大切

フランチャイズシステムには通常、教育研修やマニュアル、商品の供給や宣伝の支援、経営指導などが含まれています。

本店・本部が的確なサポートをすることによって、加盟者に専門的知識がなくても事業経営ができるのがフランチャイズシステムの特徴です。

『フランチャイザー(本店または本部)』と『フランチャイジー(加盟店)』はあくまでもビジネスパートナーとして対等な関係です。

店舗物件の取得や従業員の人件費、光熱費などの経費は『フランチャイジー(加盟店)』が負担します。

『フランチャイザー(本店または本部)』はそういったコストをかけることなく多店舗化を実現できるメリットがあります。

つまりフランチャイズビジネスは『フランチャイザー(本店または本部)』と『フランチャイジー(加盟店)』の互恵関係が成り立ってはじめて成立します。

お互いの信頼関係が最も重要です。

FCに加盟するにあたって

加盟者は経営者になるということの理解

「お金を払ってFC(フランチャイズ)に加盟したら、本部・本店が何でもやってくれる」と勘違いされている人がいますが、本部・本店と加盟店は独立した事業者同士のビジネスパートナーという対等な関係にあります。

法律的にも財務的にも独立した関係なのです。

ということは、加盟者は単独で独立した時と全く同様の『新たに事業を始める経営者だ』という理解が必要になってきます。

「転職活動をしているけど、良いところがなくて」といった理由でFCに加盟を検討するという人がいますが、FC加盟は会社に就職し雇用されるのとは全く違います。

基本的にすべてのリスクは加盟店である自分自身が負わなければなりません。

さほどやりたいと思えない仕事でも、本部・本店に従っていれば間違いないといった消極的な姿勢だと成功は難しいと思っていたほうがいいです。

自分の夢の実現に近づく本部・本店を選ぶことの大切さ

どんなに『成功のパッケージ』といっても、成功するまでには多くの困難が待ち構えています。

加盟者には困難を乗り越えるためのモチベーションが何よりも必要になります。

その最たるものは、経験やスキルといった自分の得意分野を生かしつつ、「こんな事業をやってみたい」というビジョンが持てるかどうかです。

そのことが出来る本部・本店を選ぶことが一番大切です。

「すぐ開業できる」「リスクが少ない」「すぐに儲かりそう」などのメリット部分ばかりに気を取られて、加盟を急ぎ結果、失敗してしまう例も少なくはありません。

そして、何事も自分で」一から考えて個性を出したいという人には、そもそもFC(フランチャイズ)は不向きです。

FC開業と独自開業の違いをよく理解してどちらが良いのか判断したら良いでしょう。

こんな人がFC加盟に向いている

素直で前向きな人、地域に密着できる人

FC加盟者に必要不可欠な資質は「素直で前向き」であることです。

FC加盟で成功するには本部・本店の指導に従ってそれを徹底することが一番大切だからです。

先ほども言ったように、独自性を出したいと考えている人は不向きです。

顧客となる地元の人々に愛され、リピーターとなってもらえるお店にならないと成功は難しいでしょう。

地域に密着し、地元の人たちとの付き合いを大事にする気持ちが大切です。

 

何に幾ら資金が必要になるのか詳しく知っておくこと

貴重な資金を投じる以上、計画的に準備をする

FCに加盟をして開業をするには、加盟金や研修費などを本部・本店に支払う費用のほかに、店舗取得費用や人件費(加盟オーナー分も含まれる)、広告宣伝費などの様々ン費用が掛かります。

これらの費用が300万円未満という比較的少額のものもありますが、店舗獲得や設備に費用がかかる飲食業は、1000万円から数千万円の資金が必要となる本部・本店が多いです。

貴重な資金を投げ打つ以上は、何にどのくらいの費用がかかるのか、前もってしっかり把握しておく必要があります。

そうしないと、加盟を決めてから開業するまでに想定外の費用がかかる事態となり、準備していた資金が底をついて急遽、融資を受けなくてはならない事態になる、ということになるからです。

資金が幾らあるかで加盟できる本店・本部も変わってくる

幾ら資金が必要なのかの詳細は問い合わせると回答してもらえるでしょう。

その際、きっちり漏れの無いよう説明を求めることが大切です。

 

 

 

 

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5